*《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア/Vampire Vamp》 [#top]
 効果モンスター
 星7/闇属性/アンデット族/攻2000/守2000
 (1):このカードが召喚に成功した時、
 または自分フィールドに「ヴァンパイア」モンスターが召喚された時に、
 このカードより攻撃力が高い相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
 この効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
 (3):このカードの効果で装備カードを装備したこのカードが墓地へ送られた場合に発動する。
 このカードを墓地から特殊召喚する。

 [[EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−]]で登場した[[闇属性]]・[[アンデット族]]の[[最上級モンスター]]。~
 [[相手]][[モンスター]]を装備する[[起動効果]]、自身の[[効果]]で装備した[[モンスター]]の[[攻撃力]]分だけ自身の[[攻撃力]]を[[強化]]する[[永続効果]]、その状態で[[墓地へ送られた]]時に[[自己再生]]する[[誘発効果]]を持つ。~

 [[攻撃力]]は低いものの、(1)の[[効果]]で[[モンスター]]を[[装備>装備カード]]すれば、(2)の[[効果]]によりそれを補える。~
 [[元々の攻撃力]]のままの[[モンスター]]を奪っていれば[[攻撃力]]は4000を超える事になる。~
 [[攻撃力]]は[[最上級モンスター]]にしては低いが、(1)の[[効果]]で[[モンスター]]を[[装備カード]]とすれば、(2)の[[効果]]によりその[[元々の攻撃力]]分[[強化]]する事で補える。~
 [[相手]][[モンスター]]を[[除去]]しているため、[[戦闘ダメージ]]も期待できる。~

 更に、(3)の[[効果]]により[[自己再生]]が可能であり、[[除去]]に対しても強い。~
 [[墓地へ送られ>墓地へ送られた]]さえすれば[[破壊]]でなくとも良いため、[[ウイルス]]の[[コスト]]にしてしまうのも効果的である。~
 ただし、[[装備カード]]が外れて[[攻撃力]]が戻ってしまうため[[戦闘破壊]]される可能性は高い。~
 他に[[ヴァンパイア]]を[[召喚]]すれば再び[[装備カード]]化[[効果]]が使え、[[強化]]と[[自己再生]]が可能になるものの、大抵は相手の[[除去]]を受けた後なので[[自分]]の[[ターン]]まで維持できるかは怪しい。~
 なるべく[[《ヴァンパイア帝国》]]等で補助しておきたい。~

 [[最上級モンスター]]ではあるが、[[《ヴァンパイア・ソーサラー》]]の[[効果]]で[[リリース]]無しで[[召喚]]できる。~
 [[《ヴァンパイア・ソーサラー》]]を[[戦闘破壊]]した[[モンスター]]の[[攻撃力]]が2000以上なら、この[[カード]]を[[サーチ]]する事で返しの[[ターン]]の反撃に繋ぐことができるため、相性は抜群。~
 [[アンデット族]]の豊富な[[蘇生]][[カード]]群でこの[[カード]]を[[特殊召喚]]し、他の[[ヴァンパイア]]を[[召喚]]するのも良いだろう。~

 なお、[[モンスター]]を[[装備カード]]化する[[効果]]は[[フィールド]]から離せば再度使用可能になる。~
 自身を[[召喚]]後に[[装備カード]]化[[効果]]を使用した後に自ら[[除去]]し、[[自己再生]]させた後、[[《二重召喚》]]などで他の[[ヴァンパイア]]を[[召喚]]することで再び[[装備カード]]化[[効果]]を使える。~
 自身を[[召喚]]後に[[装備カード]]化[[効果]]を使用した後に自ら[[除去]]し、[[自己再生]]させた後、[[《ヴァンパイアの領域》]]などで他の[[ヴァンパイア]]を[[召喚]]することで再び[[装備カード]]化[[効果]]を使える。~

 [[《連撃の帝王》]]で[[相手]][[ターン]]に[[アドバンス召喚]]し、[[相手]]の[[モンスター]]を[[装備カード]]化することもできる。~
 [[《連撃の帝王》]]等で[[相手]][[ターン]]に[[アドバンス召喚]]し、[[相手]]の[[モンスター]]を[[装備カード]]化することもできる。~
 [[墓地へ送る]][[除去]]ではないため、[[相手]]の展開を狂わせることもできる。~

-「[[闇属性]]の[[ヴァンパイア]]」ではなく「[[ヴァンパイア]]」全体を指定している。~
その為、[[TCG]]では[[地属性]]の[[《ブラッド・オーキス/''Vampire'' Orchis》>《ブラッド・オーキス》]]と[[《吸血コアラ/''Vampire'' Koala》>《吸血コアラ》]]が[[ヴァンパイア/''Vampire''>ヴァンパイア]]に含まれている。~

--因みに、この[[カード]]は元々は海外版[[Primal Origin]]で追加された10種の海外新規[[カード]]の内の1枚である。~
これ以前に[[OCG]]で登場した[[ヴァンパイア]]関連[[カード]]は全て「[[闇属性]]の[[ヴァンパイア]]」を指定していたため、上記2種を[[カテゴリ]]に含めないように配慮されていた。~
意図したものか単なる見落としかは不明だが、[[OCG]]側の[[カテゴリ]]の不一致に対する配慮を[[TCG]]側が自ら無視したという事例は流石に珍しい。~

-「ヴァンプ(Vamp)」は、「Vampire([[ヴァンパイア]])の短縮形」「靴の爪先部分」の他に「妖艶な女性」という意味もある。


//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[ヴァンパイア]]

-[[吸収]]
-[[自己再生]]

//―《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−]] EP14-JP036

**FAQ [#faq]
Q:この[[カード]]とこの[[カード]]の[[装備カード]]が[[《ゴッドバードアタック》]]の[[効果]]で同時に[[破壊]]され[[墓地]]へ送られた場合、(3)の[[効果]]は[[発動]]しますか?~
A:はい、[[発動]]します。(14/09/13)

Q:(1)の[[効果処理時]]に[[対象]]の[[モンスター]]が[[裏側表示]]になった場合でも、[[装備カード]]にする[[効果]]は[[適用]]されますか?~
A:はい、[[適用]]され[[裏側表示]]のまま[[装備カード]]になりますが、(2)の[[効果]]は[[適用]]されず[[攻撃力]]はアップしません。(14/09/20)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》,効果モンスター,モンスター,星7/闇属性/アンデット族/攻2000/守2000,ヴァンパイア);