*《&ruby(あんこく){暗黒};の&ruby(ドラゴン){竜王};/Blackland Fire Dragon》 [#top]
 通常モンスター
 星4/闇属性/ドラゴン族/攻1500/守 800
 暗闇の奥深くに生息するドラゴン。
 目はあまり良くない。

 [[Vol.6]]で登場した[[闇属性]]・[[ドラゴン族]]の[[下級モンスター]]。~
 [[《スケルゴン》]]の[[融合素材]]。~

 [[《デビル・ドラゴン》]]と同じ[[レベル]]・[[種族]]・[[属性]]・[[攻撃力]]だが、[[守備力]]が若干低い事から[[下位互換]]に近いため、基本的な役割はあちらを参照。~
 この[[カード]]ならではの利点としては[[《スケルゴン》]]の[[融合素材]]に指定されている事にある。~
 これにより、[[《E・HERO プリズマー》]]での[[墓地送り>墓地へ送る]]、[[《融合準備》]]等での[[サーチ]]、[[《竜魔導の守護者》]]での[[蘇生]]に対応するため、これらの[[カード]]と併用する事で[[《デビル・ドラゴン》]]にはできない動きが取れる。~

 この[[カード]]を有効活用できる[[デッキ]]としては、[[《天翔の竜騎士ガイア》]]を軸とした[[デッキ]]が挙げられる。~
 [[《E・HERO プリズマー》]]で[[墓地へ送って>墓地へ送る]]からの[[サルベージ]]や[[墓地融合]]に繋げる他、[[ランク]]4の[[エクシーズ素材]]にでき、[[《ダイガスタ・エメラル》]]から[[《竜騎士ガイア》]]・[[《暗黒騎士ガイア》]]を[[蘇生]]できる。~
 この[[デッキ]]は同じ[[レベル]]を展開するのは比較的難しいため[[エクストラデッキ]]の圧迫はあまり気にならず、[[《予想GUY》]]からの[[リクルート]]も容易な点もある。~
 [[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]の[[融合素材]]にもなるので、[[獣族]]と併せて利用するのも手か。~

 [[融合]]形態の有用性は低いが、[[手札]]に来ても[[レベル]]や[[属性]]によりある程度活用できるので、[[墓地へ送る]]ためだけに投入してもいいだろう。~

-初期の[[カード]]は、[[英語名]]から「Black」が忌避される傾向にあったが、この[[カード]]には含まれている。~
「Blackland」は「黒土」の意味なので、それならば大丈夫だったのだろうか。~
ちなみに訳すと黒土の火竜となり、日本名とは違う趣の名前になっている。~

-[[OCG]]での[[イラスト]]は原作2巻のコマから抜粋したもの。~
現時点で原作の[[イラスト]]での[[OCG]]化はなされていない。~

-原作・アニメにおいて―~
最初の[[デュエル]]「遊戯vs城之内」戦で登場。~
城之内の《ゾンビ》(アニメDMでは[[《紫炎の影武者》]])を撃破した。~
その後、「遊戯vs海馬」(1戦目)でも、遊戯が最初に[[召喚]]している。~
海馬の[[《ガーゴイル》]]を撃破したが、次の[[ターン]]に[[《ミノタウルス》]]に倒されてしまう。~
[[攻撃]]名は「炎のブレス」。~

--竜の王を名乗る割にはあまり高くない[[ステータス]]だが、これでも当時の[[ドラゴン族]][[下級モンスター]]としては[[攻撃力]]が十分高かった。(遊戯曰く「これ強いんだぜー!」とのこと。)~
この時、原作では[[レベル]]6だったが、なぜかアニメでは[[レベル]]3になっている。~
[[OCG]]では[[レベル]]4となった。~
[[イラスト]]は大幅に異なっており、[[OCG]]版のものは[[《ガーゴイル》]]と対峙しているコマから抜粋している。~

--東映版アニメでも上記とほぼ同様の出番を与えられているが、最初に登場した[[デュエル]]の[[プレイヤー]]が遊戯から本田に変わっている。~
この[[カード]]は城之内が[[召喚]]して本田の《ゾンビ》を[[攻撃]]しているが、墓場フィールドで攻守が倍になった《ゾンビ》に返り討ちに遭うという、原作と真逆の役割を与えられている。~
第15話では、双六が表遊戯との[[デュエル]]で使用している。~

--アニメDMでは「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚の[[カード]]で説明する際に使用した1枚として登場。~
また「KCグランプリ編」の「闇遊戯vsデュエルコンピューター」戦で[[《凡骨の意地》]]によって[[ドロー]]され、[[《スピリット・ドラゴン》]]の強化に貢献している。~
「闇遊戯vsヴィヴィアン」戦では、ヴィヴィアンの[[魔法カード]]《飛龍天舞》の[[効果]]によって[[墓地]]に送られている。~
また、その[[カード]]の[[イラスト]]に描かれている。~

--漫画GXの「十代vs万丈目」(1戦目)では万丈目が使用。~
[[《E・HERO フォレストマン》]]を[[戦闘破壊]]するが、次の[[ターン]]に[[《ハネクリボー LV10》]]の[[効果]]で[[破壊]]され万丈目の敗北を招いてしまった。~
なお、この[[カード]]は原作では[[レベル]]5であり、この時の[[イラスト]]は原作と同じものであったが、[[OCG]]と同様に[[下級モンスター]]として扱われている。~

--平仮名と片仮名が混じったルビのためか、しばしば「あんこくのりゅうおう」と読み間違えられやすい[[カード]]である。~
KCグランプリ編での闇遊戯、漫画版GXの万丈目、東映版の双六がこの読みをしている。~

-コナミのゲーム作品において―~
デュエルリンクス内で開催されたイベント「決闘年代記GX デュエル・アカデミア入学!」においてオベリスク・ブルー時代の万丈目がこの[[カード]]を[[デッキ]]に投入している。~
[[《地獄戦士》]]や[[《地獄将軍・メフィスト》]] といったアニメ版GX初期に万丈目が愛用していた[[カード]]が[[デッキ]]の殆どを占めている中にこの[[カード]]が混ざっているのは、恐らく上記の通り漫画版GXにおいて万丈目が使用していたことを意識した結果だろう。~

**関連カード [#card]
―[[融合]]関連
-[[《スケルゴン》]]
--[[《メデューサの亡霊》]]

//─《暗黒の竜王》の姿が見られる[[カード]]
//-[[《ドラゴニック・タクティクス》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Vol.6]]
-[[鋼鉄の襲撃者−METAL RAIDERS−]] ME-02
-[[DUELIST LEGACY Volume.4]] DL4-002
-[[BEGINNER'S EDITION 2]] BE2-JP036
-[[エントリーパック]] EN01-JP005
----
&tag(《暗黒の竜王》,通常モンスター,モンスター,星4/闇属性/ドラゴン族/攻1500/守800,);