*《&ruby(ブラック・ティラノ){暗黒恐獣};/Black Tyranno》 [#top]
 効果モンスター
 星7/地属性/恐竜族/攻2600/守1800
 相手フィールド上に守備表示モンスターしか存在しない場合、
 このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。

 [[暗黒の侵略者]]で登場した[[地属性]]・[[恐竜族]]の[[最上級モンスター]]。~
 [[相手]][[フィールド]]に[[守備表示]][[モンスター]]しか存在しない場合に[[直接攻撃]]できる[[永続効果]]を持つ。~

 高い[[攻撃力]]による[[直接攻撃]]は魅力的だが、[[適用]]条件が非常に厳しい。~
 そもそもこれだけの[[攻撃力]]を持つのであれば、[[魔法・罠カード]]のない状況下で[[守備表示]][[モンスター]]を避ける意味は薄い。~
 同じ[[恐竜族]]の[[《究極恐獣》]]や[[《ジュラック・メテオ》]]の[[効果]]と噛み合わないのも難点である。~
 更に追い打ちをかけてくるのが[[守備表示]]を持たない[[リンクモンスター]]である。~
 更に追い打ちをかけているのが[[守備表示]]にできない[[リンクモンスター]]である。~

-一応同じ「&ruby(ブラック){暗黒};」の[[《暗黒ブラキ》]]とは[[シナジー]]があるが、いずれにせよ[[適用]]条件の厳しさはカバーしきれない。

-勘違いしやすいが、[[直接攻撃]]を行えるのは''「[[相手]]の[[モンスターゾーン]]に[[守備表示]][[モンスター]]のみが存在し、[[相手]]の[[魔法&罠ゾーン]]・[[フィールドゾーン]]に一切[[カード]]が存在しない場合」''である。~
後に登場した[[《闇の住人 シャドウキラー》]]のように、[[モンスターゾーン]]のみを見る[[効果]]ではない。~
なお、[[相手]][[モンスターゾーン]]に[[守備表示]]の[[罠モンスター]]しか存在しない場合、[[魔法&罠ゾーン]]には[[カード]]が存在しない扱いとなるため、[[直接攻撃]]の条件を満たすことができる。~
[[《ドリラゴ》]]と共に、「[[フィールド]]」と「[[モンスターゾーン]]」のわずか一単語の違いで、有用性が大きく変わってしまっている。~

-[[恐竜族]]で初めての、そして[[《究極恐獣》]]が登場するまで唯一の[[最上級モンスター]]であった。~
また、この[[カード]]が登場するまでは[[《ガーディアン・グラール》]]が[[恐竜族]]で最大の[[攻撃力]]を持っていた。~

-[[カード名]]は「暗黒''恐竜''」ではなく、「暗黒''恐獣''」である。~

-「ブラック・ティラノ」の名の通り、モチーフは肉食恐竜[[ティラノサウルス>《ベビー・ティーレックス》]]だろう。~
[[イラスト]]は[[《究極恐獣》]]や[[《超伝導恐獣》]]に比べると実在のティラノサウルスに近い姿をしているが、前足の指の数など、細部にはかなりの差異が見られる。~
だが、21世紀に入ってから「3本目の指の痕跡」の様な痕を残した化石が発見された。~
ティラノサウルスはまだ全身骨格発見の数が多いとは言えず、もしかすると将来的にティラノサウルスは3本指の恐竜となる可能性もあるかも知れない。~
さすがに[[4本指>《ベビー・ティーレックス》]]、という事はないだろうが。~

--[[《テールスイング》]]の[[イラスト]]ではその力強さを発揮しているが、一方で[[《軍隊ピラニア》]]に襲われている様子も見られる。~
ピラニアはともかく、中生代の水辺にはこの様に恐竜を襲うワニなどの生物が生息していた事実はある。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメオリジナル「KCグランプリ編」の「竜崎&羽蛾vsジーク・ロイド」戦で、竜崎が使用。~
[[先攻]]1[[ターン]]目に[[《超進化薬》]]で[[《バルーン・リザード》]]を[[生け贄]]に捧げて[[特殊召喚]]された。~
しかし、羽蛾の[[《インセクト女王》]]共々、ジーク・ロイドの「[[ワルキューレ]]」達によって1[[ターン]]で敗れ去った。~
状況を見る限り、恐らく[[《ワルキューレ・ツヴァイト》]]の[[効果]]で[[破壊]]され、[[《ワルキューレ・アルテスト》]]に[[攻撃力]]を[[コピー]]されたものと思われる。~

--アニメ版DMで、戦いの儀の前に海馬が遊戯に差し出したジュラルミンケースの中に入っていた[[カード]]の1枚。

--アニメGXでは、完全[[上位互換]]の《ダークティラノ》をティラノ剣山が度々使用している。~
《ダークティラノ》はこの[[カード]]と完全に一致した[[ステータス]]と酷似した[[効果]]を持ち、ただ一点「[[相手]]の場に[[魔法・罠カード]]があっても[[直接攻撃]]できる」という点だけが異なっていた。~

---公式サイトの予告の文章には、本編で《ダークティラノ》が出るはずの部分に《暗黒恐獣》と書かれていた。~
恐らく、元々はこの[[カード]]がアニメに登場する予定だったが、製作途中で[[魔法&罠カードゾーン]]に[[カード]]がある場合[[直接攻撃]]できない事に気づき、急遽《ダークティラノ》という[[オリジナルカード]]に変更したものだと思われる。~

--漫画GXの連載がVジャンプで公表された時に第1話のラフ画が掲載されていたが、そこにはこの[[モンスター]]が登場していた。~
しかし、実際に掲載された第1話では[[《サイバー・ダイナソー》]]に変更されている。~
漫画の[[《サイバー・ダイナソー》]]は一定条件下で[[直接攻撃]]できる[[効果]]を持っており、こちらもアニメと同様の経緯があったものと思われる。~

--アニメARC-V第53話において、榊洋子の回想シーンに登場し、[[《戦士ダイ・グレファー》]]と[[戦闘]]を行っていた。~
アクション[[デュエル]]の黎明期は、このような力自慢の[[モンスター]]をぶつけ合うパワー重視の格闘技のようなものだったらしい。

-コナミのゲーム作品において―~
TAG FORCE SPでは、三沢のハート4イベントでティラノ剣山がこの[[カード]]を使うシーンが見られる。~
他のキャラがアニメ版または漫画版の[[カード]]を使ったことを考慮すると、この場面では逆に《ダークティラノ》の代わりとして使われた可能性がある。~

--デュエルリンクスでは[[テキスト]]が[[エラッタ]]されており、「[[相手]][[フィールド]]上に[[魔法・罠カード]]が存在せず」と書かれている。~
そのため、上記の裁定とは異なり、[[相手]][[フィールド]]に存在する[[カード]]が[[守備表示]]の[[罠モンスター]]のみである場合に[[直接攻撃]]できない。~
また、ティラノ剣山が使用すると[[召喚]]時・[[攻撃]]時にボイスがある。~
上記通りこの[[カード]]自体はアニメで使用していないのだが、「暗黒シリーズ」の[[恐竜族]]は剣山の[[カード]]というポジションらしく、全種にボイスが設定されている。~

**関連カード [#card]
―恐獣[[モンスター]]
-「&ruby(ダイノ){恐獣};」
--[[《超古代恐獣》]]
-「&ruby(ティラノ){恐獣};」
--[[《究極恐獣》]]
--[[《超伝導恐獣》]]
--[[《究極伝導恐獣》]]

―ティラノサウルスがモデルの[[モンスター]]
-[[《剛鬼スープレックス》]]
-[[《銀河暴竜》]]
-[[《ダイナミスト・レックス》]]
-[[《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》]]
-[[《超量機獣ラスターレックス》]]
-[[《Re:EX》]]
-[[《ベビー・ティーレックス》]]

―「&ruby(ブラック){暗黒};」シリーズ
-[[《暗黒プテラ》]]
-[[《暗黒ステゴ》]]
-[[《暗黒ヴェロキ》]]
-[[《暗黒ブラキ》]]

―類似[[効果]]
-[[《ドリラゴ》]]
-[[《ロケット・ジャンパー》]]

//―上位版[[効果]]を持つカード
-[[《闇の住人 シャドウキラー》]]

―《暗黒恐獣》の姿が見られる[[カード]]
-[[《軍隊ピラニア》]]

-[[《テールスイング》]]

-[[《生存競争》]]
-[[《生存境界》]]
-[[《絶滅の定め》]]

**収録パック等 [#pack]
-[[暗黒の侵略者]] 307-020 &size(10){[[Ultra]],[[Parallel]]};
-[[ストラクチャーデッキ−恐竜の鼓動−]] SD09-JP008
-[[EXPERT EDITION Volume.2]] EE2-JP076 &size(10){[[Ultra]]};

**FAQ [#faq]
Q:[[相手]][[フィールド]]上に[[守備表示]][[モンスター]]のみが存在し、[[魔法・罠カード]]がある場合[[直接攻撃]]できますか?~
A:いいえ、できません。~
  この[[カード]]が[[効果]]で[[直接攻撃]]できるのは、[[相手]][[フィールド]]上に、[[攻撃表示]][[モンスター]]と[[魔法・罠カード]]が存在しない場合のみです。~

Q:[[相手]][[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在していないとき、[[魔法・罠カード]]がある場合[[直接攻撃]]できますか?~
A:[[効果]]は[[適用]]されませんが、ルールに従って[[直接攻撃]]できます。~

Q:[[相手]][[フィールド]]上に存在する[[カード]]が[[《メタル・リフレクト・スライム》]]等の[[罠モンスター]]の場合[[直接攻撃]]できますか?~
A:[[魔法&罠ゾーン]]に[[カード]]が存在しませんので、その[[罠モンスター]]が[[守備表示]]ならば[[直接攻撃]]できます。(10/10/25)~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《暗黒恐獣》,効果モンスター,モンスター,星7/地属性/恐竜族/攻2600/守1800);