*《&ruby(ゆいごん){遺言};の&ruby(ふだ){札};/Card of Last Will》 [#top]
 通常罠(使用不可カード)
 (1):自分フィールドのモンスターの攻撃力が0になった場合に発動できる。
 自分は手札が5枚になるようにデッキからドローする。
//http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=5297

 [[アドバンスド・トーナメントパック2014 Vol.3]]で登場した[[通常罠]]。~
 公式[[デュエル]]では使用できない[[カード]]であり、[[自分]]の[[モンスター]]が[[カードの効果]]で[[攻撃力]]0になった時、[[手札]]が5枚になるまで[[ドロー]]する[[効果]]を持つ。~
 公式の[[デュエル]]では使用できない[[カード]]であり、[[自分]]の[[モンスター]]の[[攻撃力]]が0になった場合に[[手札]]が5枚になるまで[[ドロー]]する[[効果]]を持つ。~

 [[ノーコスト>コスト]]で最大5枚もの[[カード]]を[[ドロー]]できる、破格の[[ドロー]][[カード]]。~
 しかし、[[発動条件]]は「[[自分]][[フィールド]]の[[モンスター]]が[[カードの効果]]で[[攻撃力]]0になった時」のため、どの[[デッキ]]でも使用できるというわけではない。~
 [[相手]]の[[デッキ]]に[[発動条件]]を満たす[[カード]]が入っているとは限らないため、[[自分]]で[[発動条件]]を満たせるようにしたい。
 [[相手]]の[[デッキ]]に[[発動条件]]を満たす[[カード]]が入っているとは限らないため、[[自分]]で[[発動条件]]を満たせるようにしたい。~

 [[コンボ]]に使用する[[カード]]は、[[ノーコスト>コスト]]かつ[[発動条件]]のない[[《アルケミー・サイクル》]]が扱いやすい。~
 [[コンボ]]に使用する[[カード]]は、ノー[[コスト]]かつ[[発動条件]]のない[[《アルケミー・サイクル》]]が扱いやすい。~
 [[アンブラル]]を利用する[[デッキ]]であれば[[《アンブラル・グール》]]、[[除外]][[カード]]を用いる[[デッキ]]では[[《ゼロ・フォース》]]も選択肢となる。~
 [[《疫病》]]でも可能だが、[[相手]]が装備可能な[[種族]]の[[モンスター]]を使ってこなければ[[《疫病》]]が[[腐る]]ため上記の方法が有用か。~
 [[攻撃力]]1000以下の[[モンスター]]に[[《流星の弓−シール》]]を使う手なども考えられる。~

-[[イラスト]]には[[《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》]]や[[《魔法石の採掘》]]等、闇マリクが使用した[[カード]]が描かれている。~

-[[カード]]の左下に「公式の[[デュエル]]では使用できません。」と記載されている。~
[[《勝利の方程式》]]や[[《伝説の闇の魔導師》]]などと同様、[[遊☆戯☆王の日]]では使用する事ができる。~

-元々は、[[TCG]]の[[Legendary Collection 4: Joey's World]]で登場した海外新規[[カード]]の内の1枚である。~

-原作・アニメにおいて―~
「バトルシティ編」の「舞vs闇マリク」戦で闇マリクが使用。~
[[《処刑人−マキュラ》]]が[[戦闘破壊]]された事を[[トリガー]]に[[発動]]し、[[手札]]が5枚になるよう[[ドロー]]した。~
原作での登場はこの1回のみだが、アニメでは「城之内vs闇マリク」戦でも使用されている。~
[[《ロケット戦士》]]による[[《ドリラゴ》]]の[[攻撃力]]ダウンを[[トリガー]]に[[発動]]し、[[手札]]を補充している。~

--原作での[[発動条件]]は「自分の[[モンスター]]1体の[[攻撃力]]が0になった時」であり、闇マリクは[[《処刑人−マキュラ》]]が[[戦闘破壊]]された時に[[発動]]している。~
一見不可解だが、原作では「[[戦闘]]等で[[モンスター]]に[[ダメージ]]が発生するとその分[[攻撃力]]または[[守備力]]が減り、0になった場合[[破壊]]される」という処理が行われている。~
つまり、[[攻撃表示]]の[[モンスター]]が[[戦闘破壊]]される場合は、必然的に[[攻撃力]]が0になっているという事になる。~
アニメでは[[発動条件]]が「自軍の[[モンスター]]の[[攻撃力]]が変化した時」に変更されており、[[《アマゾネスの呪詛師》]]や[[《ロケット戦士》]]を[[トリガー]]に[[発動]]する形となった。~

-コナミのゲーム作品において―~
使用不可[[カード]]を含むほぼ全ての[[カード]]を収録したTAG FORCE SPでも、この[[カード]]は収録されていない。~
今のところ使用不可[[カード]]は全て[[無制限カード]]として収録されているので、この[[カード]]も同様に[[3積み>積む]]できるのは強力すぎると判断されたのかもしれない。~

**関連カード [#card]
-[[《遺言状》]]

-[[《八俣大蛇》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》]]
-[[《魔法石の採掘》]]
-[[《ギル・ガース》]]
-[[《メタル・リフレクト・スライム》]]
-[[《ボーガニアン》]]


**収録パック等 [#pack]
-[[アドバンスド・トーナメントパック2014 Vol.3]] AT07-JP0010

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《遺言の札》,罠,通常罠,使用不可カード);