*《&ruby(えんおう){炎王};の&ruby(ことう){孤島};/Fire King Island》 [#top]
 フィールド魔法
 「炎王の孤島」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
 (1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
 自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
 デッキから「炎王」モンスター1体を手札に加える。
 (2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。
 手札の鳥獣族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。
 (3):フィールドゾーンの表側表示のこのカードが、
 墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。
 自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

 [[クロスオーバー・ソウルズ]]で登場した[[フィールド魔法]]。~
 [[自分]]の[[手札]]・[[フィールド]]の[[モンスター]]1体を[[破壊]]して[[炎王]]を[[サーチ]]する[[効果]]、[[炎属性]]・[[鳥獣族]][[モンスター]]を[[手札]]から[[特殊召喚]]する[[効果]]、[[墓地へ送られた]]場合または[[除外]]された場合に[[自分]][[フィールド]]の[[モンスター]]を全て[[破壊]]する[[効果]]を持つ。~

 (1)の[[効果]]は、[[炎王]][[モンスター]]の[[効果]][[トリガー]]となる[[効果破壊]]と[[炎王]][[モンスター]]の[[サーチ]]を同時にこなす[[効果]]。~
 「[[破壊]]と[[サーチ]]が同時に行われる」という扱いなので、[[破壊された]]時に[[発動]]する[[効果]]は[[タイミングを逃す]]ことがない。~
 [[フィールド]]の[[炎王]]を[[破壊]]して[[炎王獣]]を[[サーチ]]した場合、その[[炎王獣]]は「[[炎王]]が[[破壊された]]」事を[[トリガー]]に即座に[[特殊召喚]]できる。~
 [[サーチ]]先は[[炎王]]だが[[破壊]]する[[モンスター]]は[[炎王]]でなくてもよいので、[[効果]]を使った後の[[《バトルフェーダー》]]や[[腐った>腐る]][[モンスター]]を[[破壊]]して[[効果]]を使うこともできる。~
 [[《火舞太刀》]]のように、[[破壊]]を[[トリガー]]とする[[効果]]を持つ[[モンスター]]を[[破壊]]できればなおよい。~

 (2)の[[効果]]により、[[手札]]で腐りがちな[[《炎王神獣 ガルドニクス》]]や[[《ネフティスの鳳凰神》]]を[[特殊召喚]]できる。~
 ただし、[[発動条件]]の関係で[[《炎王の急襲》]]とは噛み合わせが悪い。~
 同一[[ターン]]での[[発動]]は(1)の[[効果]]も含めて1度なので、[[《炎王の急襲》]]も考慮に入れてどちらの[[効果]]を使うかを検討しよう。~

 問題は(3)の[[デメリット]][[効果]]で、[[除去]]された場合に[[自分]][[フィールド]]の[[モンスター]]を全て[[破壊]]してしまう。~
 [[炎王]]の[[効果]][[トリガー]]になるため[[ディスアドバンテージ]]にはなりにくいが、一時的に[[フィールド]]ががら空きになり[[直接攻撃]]を通し放題となってしまうのは痛い。~
 (1)(2)の[[効果]]は[[【炎王】]]の展開サポートとなるため採用したい[[カード]]だが、この[[デメリット]]をいかにフォローするかが課題となる。~
 [[相手]][[ターン]]に残しておく[[メリット]]は何もないので、[[炎王]]でよく使われる[[《炎舞−「天キ」》]]共々[[バウンス]]し、再利用を狙うのも良い。~
// [[デッキ]]に戻った時も[[発動]]しないので、[[《シャッフル・リボーン》]]の[[ドロー]]に変換してしまうのも良いだろう。~
//炎王では除外は痛いので使わないと思います

 [[《天空の虹彩》]]などと同じく、[[破壊された]]時や[[墓地へ送られた]]時に[[効果]]を[[発動]]できる[[カード]]を使用するための採用も期待できる。~
//[[《ドラゴニックD》]]
 ただし、こちらは[[魔法&罠ゾーン]]や[[ペンデュラムゾーン]]の[[カード]]は[[破壊]]できず、[[オッドアイズ]]と比べると[[炎王]]は受けられるサポートに大きな差がある。~
 [[《ドラゴニックD》]]が[[禁止カード]]となったため、代用として使うにも[[炎王]]のサポートが限定される上、[[デメリット]]もある。~
 幸い、[[炎王]]自体は[[破壊された]]時の[[効果]]を持つ[[カード]]も多く、[[シナジー]]が見込める[[デッキ]]も存在する。~

 例えば、[[【炎王】]]以外では[[【ユベル】]]での採用が見込める。~
 [[手札]]・[[フィールド]]の[[《ユベル》]]を(1)の[[効果]]で[[破壊]]すれば、[[《ユベル−Das Abscheulich Ritter》]]を[[特殊召喚]]できる。~
 更に、この[[カード]]を[[《神縛りの塚》]]で上書きすると、(3)の[[効果]]に対し[[《神縛りの塚》]]の[[耐性]]付与が発揮され、[[《ユベル−Das Abscheulich Ritter》]]は[[破壊]]されない。~
 また[[フィールド魔法]]を[[セット]]してこの[[カード]]を[[墓地へ送る]]と、[[《ユベル−Das Abscheulich Ritter》]]が[[破壊]]され[[《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》]]を1[[ターン]]で出せる事になる。~
 (1)の[[効果]]を使うために[[炎王]]を[[デッキ]]に投入する必要はあるが、[[《ユベル》]]を高速で進化させるために有効な[[カード]]である。~
 採用する[[炎王]]は、[[《ユベル−Das Abscheulich Ritter》]]で[[破壊]]して2枚目以降の《炎王の孤島》を[[サーチ]]できる[[《炎王獣 バロン》]]がいいだろう。~

-(3)の[[効果]]が[[手札に戻った>バウンス]]場合に[[発動]]しないのは、[[外敵>《海皇龍 ポセイドラ》]]からの侵略によっても[[戦線を維持できた>《燃え上がる大海》]]ためであろうか。~

-(3)の[[効果]]は「[[フィールドゾーン]]から」と記載されているため、[[《マジカルシルクハット》]]で[[モンスター]]とした後で[[モンスターゾーン]]から[[墓地]]に置かれた場合に[[発動]]することはない。~

-(2)の[[効果]]で[[特殊召喚]]できる[[モンスター]]は[[《炎王の急襲》>《炎王の急襲》#list]]を参照。~

-おそらくイラストのモデルは、鹿児島南西40km沖の火山島「薩摩硫黄島」だろう。~
薩摩硫黄島は多くの火山と溶岩で構成された島であり、島を西側から見て左右反転させるとイラストと同じ構図になる。~
イラスト奥の火山が硫黄岳、イラスト右の山が矢筈山、イラスト手前の崖は長浜溶岩、崖の中の入り江は大浦湾にそれぞれ対応している。~
アクセスには鹿児島港から3時間の船旅を要し、まさに「孤島」と呼ぶにふさわしい。~
-おそらく[[イラスト]]のモデルは、鹿児島南西40km沖の火山島「薩摩硫黄島」だろう。~
薩摩硫黄島は多くの火山と溶岩で構成された島であり、島を西側から見て左右反転させると[[イラスト]]と同じ構図になる。~
[[イラスト]]奥の火山が硫黄岳、[[イラスト]]右の山が矢筈山、[[イラスト]]手前の崖は長浜溶岩、崖の中の入り江は大浦湾にそれぞれ対応している。~
アクセスには鹿児島港から3時間の船旅を要し、まさに「孤島」と呼ぶにふさわしい。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[炎王]]

-[[《永遠の魂》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《炎王神獣 ガルドニクス》]]

―《炎王の孤島》が見られる[[カード]]
-[[《幻煌龍の天渦》]]
-[[《燃え上がる大海》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【炎王】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[クロスオーバー・ソウルズ]] CROS-JP088

**FAQ [#faq]
Q:(1)の[[効果]]によって、[[フィールド]]の[[炎王]]1体を[[破壊]]し、[[《炎王獣 バロン》]]を[[手札]]に加えました。~
  [[効果]]解決後、[[手札]]に加えた[[《炎王獣 バロン》]]の[[効果]]を[[発動]]し、自身を[[特殊召喚]]することはできますか?~
A:はい、[[手札]]に加えた[[《炎王獣 バロン》]]を自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]できます。(15/02/15)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《炎王の孤島》,魔法,フィールド魔法,炎王,);