*《&ruby(おうきゅう){王宮};のお&ruby(ふ){触};れ/Royal Decree》 [#top]
 永続罠
 (1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
 このカード以外のフィールドの全ての罠カードの効果は無効化される。

 [[BOOSTER5]]で登場した[[永続罠]]。~
 [[魔法&罠ゾーン]]に存在する限り、この[[カード]]以外の[[フィールド]]の[[罠カード]]の[[効果]]を[[無効]]にする[[効果]]を持つ。~
// [[魔法カード]]の[[効果]]を[[無効]]にする[[《王宮の勅命》]]と対を成す。~

 [[表側表示]]で存在する限り、自他共にこれ以外の[[永続罠]]及び[[フィールド]]で[[発動]]した[[通常罠]]・[[カウンター罠]]の[[効果]]を全て[[無効]]にする。~
 [[スペルスピード]]2の[[罠カード]]に[[チェーン]]すれば、そのままその[[罠カード]]の[[効果]]を[[無効]]にできる。~

 かつては有名な使い方として「[[罠カード]]を全く投入しない[[デッキ]]にこの[[カード]]のみをフル投入する」というものがあった。~
 しかし、第9期頃から[[罠カード]]全体の採用率が著しく低下してしまったことにより、両[[プレイヤー]]が[[お互い]]に[[罠カード]]を使用しないという状況が散見されるようになったことで、この使い方は廃れてしまった。~
 ただ、[[罠カード]]全体の採用率が大幅に下がったとはいえ、現在も[[罠カード]]を[[キーカード]]としている[[デッキ]]は一部存在しており、そのような[[デッキ]]に対するメタとして[[サイドデッキ]]に投入する価値はあるカードといえるだろう。~

-《王宮のお触れ》の[[カードの発動]]の処理について―
--[[永続効果]]故に[[効果処理時]]に[[フィールド]]に存在しないと[[効果]]が[[適用]]されない。~
そのため、《王宮のお触れ》の[[カードの発動]]に[[チェーン]]され《王宮のお触れ》が[[破壊]]された場合、[[効果]]は[[適用]]されない。~
--[[セット]]してある《王宮のお触れ》を[[表側表示]]にして[[カード]]を[[発動]]したとき、これに[[チェーン]]した[[罠カード]]の[[効果]]は[[無効]]にできない。~
[[チェーン]]処理は[[チェーン]]を積んで逆順処理を行うため、《王宮のお触れ》より後に組まれた[[罠カード]]の[[効果]]は[[無効]]化されないのである。~
例えば、1:《王宮のお触れ》、2:[[《リビングデッドの呼び声》]]~
と[[チェーン]]を組んだ場合、[[《リビングデッドの呼び声》]]が先に処理をされるために[[《リビングデッドの呼び声》]]の[[効果]]は[[無効]]にされない。~
特に[[《サンダー・ブレイク》]]や[[《砂塵の大竜巻》]]を[[チェーン]]すれば[[効果]]を[[適用]]することなく[[破壊]]することができる。~
--一方で《王宮のお触れ》が[[破壊]]されていないなら、より前に[[チェーン]]を組んだ[[罠カード]]は[[無効]]化する。~
1:[[《大嵐》]]、2:[[《リビングデッドの呼び声》]]、3:《王宮のお触れ》~
と[[チェーン]]を組んだ場合、《王宮のお触れ》は最終的には[[破壊]]されるが、[[チェーン]]途中の[[《リビングデッドの呼び声》]]を[[無効]]にしてしまう。~
--[[カウンター罠]]の[[発動]]に[[スペルスピード]]の遅い《王宮のお触れ》を[[チェーン]][[発動]]することはできない。~
従って、[[カウンター罠]]を警戒するなら、あらかじめに[[発動]]しておく必要がある。~
[[相手]]の[[ターン]]でこの[[カード]]を[[発動]]すれば、その[[ターン]]で新たに[[セット]]した[[罠カード]]の[[効果]]を[[無効]]にできるので、その[[罠カード]]をシャットアウトすることもできる([[エンドお触れ>エンドサイク]])。~

-既に[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在している場合の処理について―~
--[[チェーン]]を組まずに[[無効]]化する。~
--《王宮のお触れ》が[[発動]]する以前から既に[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在する[[罠カード]]の[[効果]]は[[無効]]化される。~
---[[永続罠]]だけでなく、既に[[装備カード]]となっている[[通常罠]]についても同様に[[効果]]は[[無効]]化される。~
ただし、[[効果]]は[[無効]]になるものの、装備が外れるわけではなく、[[装備カード]]としてそのまま[[フィールド]]に残り続ける。~
---《王宮のお触れ》が[[フィールド]]から失われた場合、[[表側表示]]で存在している[[罠カード]]の[[効果]]は復活する。
---[[罠カード]]としても扱う[[罠モンスター]]は[[表側表示]]の[[永続罠]]として[[モンスターゾーン]]から消え、[[フィールド]]に残り続ける。~

--このカードは「[[効果]]を[[無効]]化する」[[効果]]であって「[[発動]]を[[無効]]にする」[[効果]]や「[[発動]]を禁止する」[[効果]]ではない。~
---[[効果]]が[[無効]]になるのを承知のうえで、[[墓地を肥やす]]ために[[手札コスト]]などを支払うといった事も可能。~
同じ理屈で、[[《銀幕の鏡壁》]]等の[[維持コスト]]も払い続ける必要がある。~
---「[[カウンター罠]]の[[発動]]に成功する」ことが条件の[[効果モンスター]]である[[《豊穣のアルテミス》]]等は[[効果]]を使うことが可能。~
即ち、この[[カード]]は[[《裁きを下す者−ボルテニス》]]や[[《天空の聖域》]]の影響下にある[[《天空聖者メルティウス》]]の[[効果]]で[[破壊]]することができる。~
[[【エンジェル・パーミッション】]]を使うのであれば覚えておきたい。~

--既に[[適用]]され、かつ既に[[フィールド]]に存在しない罠の[[効果]]は[[無効]]化しない。~
例:[[《和睦の使者》]]の[[効果]]が既に適用されている場合、その後から《王宮のお触れ》の[[カードの発動]]をしても、既に適用済みの[[《和睦の使者》]]の[[効果]]は[[無効]]化されない。~
--[[フィールド]]以外で[[発動]]する[[罠カード]]の[[効果]]は[[無効]]化しない。~
[[墓地]]に送られてからの[[効果]]を持つ[[《黄金の邪神像》]]や、[[発動]]後の[[デッキ]]内の[[《王家の財宝》]]などは有効となる。~
//一方で[[表側表示]]で存在する[[《鎖付き爆弾》]]は[[無効]]化されているため、[[破壊]]され[[墓地]]に送られても、[[破壊]][[効果]]を[[発動]]しない点も注意。~
//要確認→[[《鎖付き爆弾》]]
--[[フィールド]]で[[罠カード]]が[[発動]]したならば、その[[罠カード]]が[[効果処理時]]に[[墓地]]に存在している場合でも[[無効]]化される。~
例:[[《奈落の落とし穴》]]に[[《非常食》]]を[[チェーン]]して直後に[[墓地]]に送っても、[[《奈落の落とし穴》]]の[[効果]]は[[無効]]化される。~

--[[適用]]中に[[発動]]した[[罠カード]]は、[[無効]]化された後、[[通常罠]]・[[カウンター罠]]は[[墓地]]へ送られ([[除外]]される場合もある)、[[永続罠]]は[[フィールド]]に残る。~
---この際[[フィールド]]に残った[[永続罠]]は《王宮のお触れ》が[[フィールド]]から失われれば[[永続効果]]は[[適用]]されることになる。
---《王宮のお触れ》[[適用]]中に[[《スキルドレイン》]]を[[発動]]した場合、[[コスト]]は支払われ、《王宮のお触れ》[[適用]]中は意味のない[[表側表示]]の[[カード]]として残り続ける。~
そして、《王宮のお触れ》が[[フィールド]]からなくなると同時に[[《スキルドレイン》]]の[[効果は適用>効果の適用]]される。(09/02/13)
---[[《リビングデッドの呼び声》]]、[[罠モンスター]]等は[[効果処理時]]に[[無効]]化されてしまうとそのときの処理がなくなってしまうため、《王宮のお触れ》が[[フィールド]]から失われても意味のない[[カード]]として残り続ける。~
--《王宮のお触れ》が[[フィールド]]にあっても[[《アトラの蟲惑魔》]]がいる状態で[[自分]]の[[コントロール]]される[[罠カード]]は[[無効]]にされない。(13/09/22)

-[[《リビングデッドの呼び声》]]とその[[効果]]で[[特殊召喚]]された[[モンスター]]が[[フィールド]]にいる状態で、《王宮のお触れ》の[[効果が適用>効果の適用]]される状態になっているときの扱い。~
--[[《大嵐》]]等で[[《リビングデッドの呼び声》]]と《王宮のお触れ》が同時に[[破壊]]される場合も、[[《リビングデッドの呼び声》]]の[[効果]]で[[モンスター]]が[[破壊]]されることはない。(13/10/16)~
--《王宮のお触れ》が先に[[破壊]]された後は、[[《リビングデッドの呼び声》]]と[[モンスター]]の関係は復活する。(上記、[[無効]]化された[[永続罠]]の効果復活のとおり)
//裁定は《リビングデッドの呼び声》のページより。

-[[デッキ]]構築の際、スロットの圧迫が厳しい場合はこの[[カード]]を投入することで[[罠カード]]のスロットを削る事ができる。~
当然[[キーカード]]としても有効で、この[[カード]]をメイン[[デッキ]]に入れている[[デッキ]]は[[【お触れビート】]]と呼ばれる。~
こちら側は[[罠カード]]をほとんど投入しないことで[[相手]]の[[罠カード]]のみを封じ込め、長い間[[フィールド]]に存在することで[[フィールド]]を[[コントロール]]するのである。~
中でも、[[魔法カード]]を封じる[[効果]]を持つ[[ホルスの黒炎竜]]を併用した[[【お触れホルス】]]は有名。~

-[[サイドデッキ]]の常連として定着している[[罠カード]]対策の基本であり、罠の投入率の高い[[デッキ]]に対しては2戦目から猛威をふるう。~
[[罠カード]]の多い[[【ロックバーン】]]等の[[コントロール]][[デッキ]]に対しては、かなり優位に立つことができるだろう。~

-この[[カード]]と[[《人造人間−サイコ・ショッカー》]]の存在により、かつては[[罠カード]]の採用率が低い時代が続いていた。~
元々この[[カード]]を前提として[[罠カード]]は[[魔法カード]]より強めにデザインされているのだが、あらゆる[[罠カード]]を無力化してしまう効果は強すぎると言われていた。~
現在では、[[《サイクロン》]]の[[無制限カード]]化や、[[《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》]]の登場等の理由で、どちらも以前ほどは影響力を持ってはいない。~

-[[07/09/01>禁止・制限カード/2007年9月1日]]の[[制限改訂]]で[[準制限カード]]に指定された。~
しかし、入れ替わりで[[《人造人間−サイコ・ショッカー》]]が[[準制限カード]]に[[制限緩和]]され、結果的に罠封じ[[カード]]の総数に変化はなかった。~
その後[[08/03/01>禁止・制限カード/2008年3月1日]]の[[制限改訂]]で[[《人造人間−サイコ・ショッカー》]]が[[制限解除]]された。~
さらに[[《神の宣告》]]・[[《魔宮の賄賂》]]・[[《剣闘獣の戦車》]]といった[[カウンター罠]]の蔓延からか、この[[カード]]も[[08/09/01>禁止・制限カード/2008年9月1日]]の[[制限改訂]]で一旦は[[制限解除]]された。~
しかしその後、この[[カード]]で[[無効]]にできる強力な[[罠カード]]が増えすぎたせいか、[[10/03/01>禁止・制限カード/2010年3月1日]]の[[制限改訂]]で再び[[準制限カード]]に舞い戻るものの、[[10/09/01>禁止・制限カード/2010年9月1日]]でまた[[無制限カード]]に戻っている。~
同時に[[《大嵐》]]が[[禁止カード]]に指定されており、多くの伏せ[[カード]]に対処するのが難しくなったことからのバランス調整ともとれそうだが、その当時は[[カウンター罠]]が跋扈する[[環境]]でそれらに対処しやすい[[《盗賊の七つ道具》]]が優先されていた。~
また、高速化した[[環境]]では[[相手]][[ターン]]に大型[[モンスター]]に対処できる[[罠カード]]の採用率は上がっており、[[自分]]も[[罠カード]]を使用しにくくなるこの[[カード]]より共存可能な[[《トラップ・スタン》]]と枠を争う事も多くなった。~

-対を成す[[《王宮の勅命》]]が長らく[[禁止カード]]であった間、何故この[[カード]]が現役なのかとよく問われた1枚。~
主な理由として、[[魔法カード]]と[[罠カード]]では[[魔法カード]]の方が重要性・採用率共に優れている点や、[[エラッタ]]前の[[《王宮の勅命》]]は[[ライフコスト]]を払わない選択をすることでわざと[[自壊]]させて[[相手]]のみ[[ロック]]できた点などが挙げられる。~

-[[ロック]]を打破するのに有効な[[カード]]ではあるが、この[[カード]]自体も[[ロック]]を仕掛ける[[カード]]であることは覚えておかなければならない。~

-この[[カード]]があれば[[《大革命》]]も[[無効]]にできる。~
とはいえ、[[王宮]]や[[暴君]]といった[[カード]]もことごとく[[無効]]にしてしまい、更には[[《王宮の陥落》]]で[[破壊]]されてしまう。~

-最初期から現在まで、長らく関連[[カード]]が登場する[[王宮]]シリーズの始まりの[[カード]]。~
この後も様々な[[カード]]が出ているが、背景ストーリーでは[[謀反>《大革命》]]を起こされ[[終焉>《王宮の陥落》]]を迎えてしまったようである。(詳細については[[王宮]]及び[[《王宮の陥落》]]を参照)~
なお、この[[カード]]を使用すると[[王宮]]及び[[暴君]]、果ては[[《大革命》]]まで[[無効]]にしてしまう。~

-「お触れ」とは、役所からの布令(官署からの命令)や示達(官庁から国民への文書での通知)、つまり権力者から一般民へと法令を知らしめること。~
しかし、[[イラスト]]では他の[[王宮]]シリーズにも見られる王と思われる人物が出ている。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメオリジナル「ドーマ編」において、「海馬vsアメルダ」(1戦目)でアメルダが使用。~
海馬の[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]の[[発動]]を防いだが、後に[[フィールド]]に伏せられた[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]を[[思わぬ形で使用されることになる>《デス・ウイルス・ドラゴン》]]。~

--アニメGXにおいては「十代vs空野」戦において空野が使用。~
十代の[[罠カード]]《シークレット・ミッション》を[[無効]]にし、[[【お触れホルス】]]の布陣を築いた。~

--「決闘者の王国編」において、ペガサスが大会のルール説明をしているシーンがあるが、このシーンの映像とこの[[カード]]の[[イラスト]]はほとんど同じものとなっており、ある程度[[王宮]]とペガサス城の外観は共通している。~
[[イラスト]]の中心に描かれている王の位置にペガサスがいた。~

-コナミのゲーム作品において―~
昔のゲームではCOMの思考に問題があるのか、この[[カード]]が[[発動]]していても[[相手]]は[[罠カード]]を[[発動]]してくる。~
これは[[《王宮の勅命》]]でも同じである。~
[[DUEL TERMINAL]]では隠し[[デッキ]]、「ブラック・メガフレイム」にこの[[カード]]が収録されている。~
おそらく、[[スピードデュエル]]でも[[【お触れホルス】]]を再現させるためだろう。~

**関連カード [#card]
-[[王宮]]

-[[《人造人間−サイコ・ショッカー》]]
-[[《黒の魔法神官》]]

-[[《罠封印の呪符》]]

-[[《トラップ・スタン》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【お触れビート】]]
-[[【お触れホルス】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[BOOSTER5]]
-[[Booster R3]] B3-45 &size(10){[[Rare]]};
-[[Booster Chronicle]] BC-75 &size(10){[[Super]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.4]] DL4-117 &size(10){[[Rare]]};
-[[STRUCTURE DECK−遊戯編− Volume.2]] SY2-053
-[[公認大会賞品(2004年6月)>プロモカード#PC]] PC4-002 &size(10){([[N-Parallel]])};
-[[BEGINNER'S EDITION 2]] BE2-JP106 &size(10){[[Super]]};
-[[ストラクチャーデッキ−戦士の伝説−]] SD5-JP035
-[[GOLD SERIES]] GS01-JP018 &size(10){([[Gold]])};
-[[BEGINNER'S EDITION 2(第7期)]] BE02-JP080 &size(10){[[Super]]};
-[[THE GOLD BOX]] GDB1-JP018 &size(10){[[Gold]]};
-[[ブースターSP−トライブ・フォース−]] SPTR-JP057
-[[20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE]] 20AP-JP019 &size(10){[[N-Parallel]]};

**FAQ [#faq]
Q:[[裏側表示]]のこのカードが[[《砂塵の大竜巻》]]で[[破壊]]されそうになった時に、このカードを[[発動]]して[[破壊]][[効果]]を止めることはできますか?~
A:はい。[[効果]]が[[無効]]になるのでこのカードの[[破壊]]を防ぐことができます。
Q:[[裏側表示]]のこの[[カード]]が[[《砂塵の大竜巻》]]で[[破壊]]されそうになった時に、この[[カード]]を[[発動]]して[[破壊]][[効果]]を止めることはできますか?~
A:はい。[[効果]]が[[無効]]になるのでこの[[カード]]の[[破壊]]を防ぐことができます。

Q:このカードが[[発動]]された時、[[《盗賊の七つ道具》]]の[[効果]]で[[破壊]]する事ができますか?~
Q:この[[カード]]が[[発動]]された時、[[《盗賊の七つ道具》]]の[[効果]]で[[破壊]]する事ができますか?~
A:はい。この[[カードの発動]]に[[チェーン]]すれば、[[無効]]にして[[破壊]]することができます。

Q:このカードと[[相手]]が先に[[発動]]しておいた[[《人造天使》]]が[[表側表示]]で存在しています。~
Q:この[[カード]]と[[相手]]が先に[[発動]]しておいた[[《人造天使》]]が[[表側表示]]で存在しています。~
[[相手]]が[[カウンター罠]]の[[《キックバック》]]などを[[発動]]した場合、[[カウンター罠]]の[[効果]]は[[無効]]になりますが、[[《人造天使》]]の「[[人造天使トークン]]」は[[特殊召喚]]されるのでしょうか?~
A:《王宮のお触れ》の[[効果]]で[[《人造天使》]]が[[無効]]化されているので「[[人造天使トークン]]」を[[特殊召喚]]できません。

Q:《王宮のお触れ》の[[発動]]に[[チェーン]]して[[《砂塵の大竜巻》]]を[[発動]]し、《王宮のお触れ》を[[破壊]]することはできますか?~
A:《王宮のお触れ》よりも後に[[チェーン]]した[[《砂塵の大竜巻》]]の[[効果]]は《王宮のお触れ》では[[無効]]にされないため可能です。

Q:《王宮のお触れ》が存在する時、[[通常罠]]の[[発動]]に[[チェーン]]してその[[通常罠]]を[[《サイクロン》]]で[[破壊]]した場合、[[通常罠]]の[[効果]]は[[無効]]になりますか?~
A:[[無効]]となります。(15/02/23)~

Q:《王宮のお触れ》が存在する時、[[《EMピンチヘルパー》]][[《宝玉の集結》]]などの「自身を[[墓地へ送る]]ことで[[発動]]する[[永続罠]]の[[効果]]」は[[無効]]になりますか?~
A:[[無効]]となります。(15/02/23)~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《王宮のお触れ》,罠,永続罠);