*《&ruby(リバイアサン){海竜神};》 [#top]
 通常モンスター
 星5/水属性/海竜族/攻1800/守1500
 海の主と呼ばれる海のドラゴン。
 津波をおこして全てを飲み込む。

 [[BOOSTER6]]で登場した[[水属性]]・[[海竜族]]の[[上級モンスター]]。~
 初期に登場した数少ない[[海竜族]][[モンスター]]の1体。~

 この[[カード]]の他の[[海竜族]]の[[上級>上級モンスター]][[通常モンスター]]には、[[《カオスエンドマスター》]]に対応する[[《スパイクシードラ》]]と、[[レベル]]6でより攻守の高い[[《海の竜王》]]の2種が存在する。~
 [[レベル]]5であるこの[[カード]]と[[《スパイクシードラ》]]は[[《伝説の都 アトランティス》]]で[[リリース]]なしで[[通常召喚]]でき、[[《ゲイザー・シャーク》]]で[[蘇生]]も可能。~
 [[《カオスエンドマスター》]]を使用しない際は[[攻撃力]]の低い[[《スパイクシードラ》]]よりもこの[[カード]]を優先したい。~

 ただ同じ攻守で元々の[[レベル]]が4の[[《暗黒の海竜兵》]]が方が[[事故]]の心配は少ない。~
 [[《ゲイザー・シャーク》]]・[[《海竜神の怒り》]]に対応する[[レベル]]5の[[水属性]][[海竜族]]にはより[[攻撃力]]が高く[[効果モンスター]]の[[《神竜アクアバザル》]]が存在する。~
 こちらは[[《召喚師のスキル》]]や[[《古のルール》]]等に対応しているが、それを踏まえても使い勝手が悪い。~

 以上により、梶木の[[ファンデッキ]]でもなければ採用の余地はないと言っていい。~
 既に[[絶版]]であり、梶木のファンは大事にしておいた方がよいだろう。

-[[《サイボーグ・バス》]]・[[《水陸の帝王》]]とは[[種族]]以外の[[ステータス]]が全て同じ。~

//-後に名前の似た[[《海竜−ダイダロス》]]・[[《海竜神−ネオダイダロス》]]が登場したが、こちらが原作で[[《海》]]を広げる効果だったのに対してあちらは[[《海》]]を消滅させる[[効果]]である。~

-「リバイアサン(Leviathan)」とは、旧約聖書に登場する海の怪物である。~
名前には「とぐろを巻く者」という意味があり、「[[レヴィアタン>《魔轟神レヴュアタン》]]」とも呼ばれる。~
陸の獣([[ベヒーモス>《百獣王 ベヒーモス》]])と対を成すとされる。~
硬い鱗を持つ巨大な蛇に近い姿をしており、鼻からは煙を、口からは火を吐く。~
元々は神によって作られた神聖な生物という性格が強かったが、中世以降は[[キリスト>《光帝クライス》]]教の影響によって[[悪魔>悪魔族]]として扱われることが多くなった。~
また、メソポタミア神話において神々の母[[ティアマト>《鉄騎龍ティアマトン》]]が産み出した最初の女神ラハムとも言われている。~


-原作・アニメにおいて―~
「決闘者の王国編」の「遊戯vs梶木」戦において梶木が使用した、彼の切り札。~
原作では[[効果モンスター]]であり、その[[効果]]で遊戯の[[フィールド]]のほとんどを[[海>《海》]]で侵食し、[[モンスターの召喚]]を封じた。~
しかし、遊戯の[[発動]]していた[[《魔性の月》]]の[[効果]]で侵食[[効果]]が増強されていた事に気づかずに[[フィールド]]の奥深くまで攻め込んでしまったため、[[《魔性の月》]]が[[破壊>《ムーン・スクレイパー》]]されて侵食が減少した際、他の[[モンスター]]共々陸地に打ち上げられた形になってしまった。~
最後は、他の打ち上げられた[[モンスター]]もろとも[[《燃えさかる大地》]]と[[コンボ]]した[[《カース・オブ・ドラゴン》]]に焼き殺された。~
[[効果]]名は「[[海竜神の怒り>《海竜神の怒り》]]」。~

--原作では、[[攻撃]]と同時に大津波を起こし、[[フィールド]]を「[[海>《海》]]」で侵食する特殊能力を持っていた。~
---王国ルールでは、「[[海エリア>《海》]]」に対応していない[[モンスター]]は「[[海エリア>《海》]]」に[[召喚]]できなかった。~
遊戯の[[手札]]には「[[海エリア>《海》]]」に対応する[[モンスター]]がいなかったため、[[召喚]]封じに等しい[[効果]]となっていた。~

--梶木はフィールドがほぼ全て[[海エリア>《海》]]に浸食された事で勝ちを確信していたが、同時に「今日は妙に《海竜神》の[[効果]]が冴えている」と僅かな違和感も感じていた。~
その理由は[[後に判明する事となる>《ムーン・スクレイパー》]]。~

---既に[[効果モンスター]]の存在する時期に[[OCG]]化されたのだが、原作と違い[[通常モンスター]]になってしまった。~

---[[《海竜神の怒り》]]はこの能力を再現する[[効果]]となっている。~

--王国編で海馬のジュラルミンケースに入っていた[[カード]]の内の1枚。~
「バトルシティ編」では「城之内vs梶木」戦での梶木のアンティ[[カード]]になっていた。~
また、ダーツがその身を[[生け贄]]に[[召喚]]する為のオレイカルコスの神の名前が「巨大竜・リヴァイアサン」であった。~
//http://www.yugioh.com/cards/grand-dragon-leviathan

--原作・東映版アニメ・バンダイ版[[カードダス]]ではなめくじのような姿であったが、OCG化に際し大きくデザインが変更されている。~
//「東映版」の方が記述ページが多く、また劇場版も存在するため片方へ統一

-コナミのゲーム作品において―~
DMシリーズでは「[[フィールド]]を(永続的に)[[《海》]]に変える」[[効果]]を持っていた。~
DM4では遊戯版のみが使える[[カード]]で、[[フィールド魔法]]を使用できない遊戯版にとっては貴重な[[カード]]である。~
単に[[相手]]の得意地形を崩すだけでなく、主力の[[《ベヒゴン》]]・[[《舌魚》]]の[[強化]]、[[《ディスク・マジシャン》]]の[[弱体化]]、この[[カード]]自身も[[強化]]されるなど[[デッキ]]構築次第ではいいこと尽くめである。

--モンスターカプセルGBにおいては、「オーシャントルネード」という[[フィールド]]全体を[[攻撃]]できる技を持っている。~
独自の攻撃演出が用意されているなど、妙に優遇されている。~

--[[WCS2008>ゲーム付属カード#WCS2008]]では、対戦[[相手]]として登場。~
使用[[デッキ]]は[[【伝説の都 アトランティス】]]。

--フォルスバウンドキングダムにも登場。~
対地砲・対空砲に迎撃されない水上型[[モンスター]]であり、[[フィールド]]での移動速度は極端に遅い。~
海峡マップでは帝国側は鈍足なこの[[モンスター]]を先頭に進軍させてくるため、この[[モンスター]]より足の速い[[《カース・オブ・ドラゴン》]]などの後続の[[モンスター]]が行き詰まってしまう。~
[[攻撃]]名の「アクア・ブレス」で、[[《アクア・ドラゴン》]]・[[《海の竜王》]]・[[《シーザリオン》]]の[[攻撃]]名と共通している。~
また、スペシャル技名の「ダイダル・ウェーブ」も[[《アクア・マドール》]]・[[《オクトバーサー》]]のスペシャル技名と同じものである。~
なお、潮を意味する英語は「ダイダル」では無く「タイダル(Tidal)」であるが、[[《海竜−ダイダロス》]]といった[[モンスター]]の存在も考えると、誤植ではなく意識してつけられた可能性もある。~

--この[[カード]]は[[TCG]]では[[海外未発売カード]]であるが、[[遊戯王オンライン]]等では《Kairyu-Shin》の[[英語名]]が与えられており、[[《海竜神の怒り》]]の[[英語名]]にも採用されている。~
//ttp://yugioh.wikia.com/wiki/Kairyu-Shin
何故か日本語名のルビではなく、漢字の直読みになっている。~
また、[[TCG]]では発売されていないにもかかわらずフィギュア化されている。~

**関連カード [#card]
―[[色違い]][[モンスター]]
-[[《ヨルムンガルド》]]

―リバイアサンが名前の由来になっている[[モンスター]]
-[[《虚空海竜リヴァイエール》]]
-[[《トライエッジ・リヴァイア》]]
-[[《No.17 リバイス・ドラゴン》]]
-[[《魔轟神レヴュアタン》]]
-[[《海竜−ダイダロス》]]
//-[[《海竜神−ネオダイダロス》]]

//-[[《海竜神の加護》]]
//モチーフじゃなく名前が似ているって理由ですよね
//上は違うので復帰
//ルビがリヴァイアドラゴンだな

―《海竜神》の姿が見られる[[カード]]
-[[《海竜神の怒り》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[BOOSTER6]]
-[[Booster R3]] B3-07
-[[Booster Chronicle]] BC-48
-[[DUELIST LEGACY Volume.4]] DL4-100
----
&tag(《海竜神》,通常モンスター,モンスター,星5/水属性/海竜族/攻1800/守1500,);