*《&ruby(よろいむしゃ){鎧武者};ゾンビ/Armored Zombie》 [#top]
 通常モンスター
 星3/闇属性/アンデット族/攻1500/守   0
 怨念により蘇った武者。
 闇雲にふりまわすカタナに注意。

 [[Vol.5]]で登場した[[闇属性]]・[[アンデット族]]の[[下級モンスター]]。~

 [[レベル]]3・[[アンデット族]]の[[通常モンスター]]としては[[《ドラゴン・ゾンビ》]]に次いで[[攻撃力]]が高い。~
 [[《キラー・トマト》]]など[[攻撃力]]1500以下の[[サポートカード]]に対応してはいるが、それよりも性能の良い[[サポートカード]]を扱えるためあまり意味がない。~
 差別化を意識するより、2種目の[[《ドラゴン・ゾンビ》]]として採用すべき[[カード]]である。~

 両者は[[《レスキューラビット》]]以外にも、[[《おもちゃ箱》]]・[[《魔の試着部屋》]]に対応しており、[[デッキ]]から複数を抜き出すのは容易。~
 [[エクシーズ召喚]]などを経て[[墓地]]に溜まったものを[[《龍の鏡》]]で[[アタッカー]]に変換する戦術が組み込める。~
 [[《始祖竜ワイアーム》]]と[[《冥界龍 ドラゴネクロ》]]を使い分けられるのは他[[種族]]にない利点。~
 そこそこの[[攻撃力]]があるので、[[《窮鼠の進撃》]]で補助しても良い。~

-[[《鎧武者斬鬼》]]が[[《リビングデッドの呼び声》]]によってゾンビとして復活した[[モンスター]]。~
原作ではこの[[カード]]は存在しないが、OCGでは他の「ゾンビ[[モンスター]]」共々[[通常モンスター]]にされている。~
原作ではこの[[カード]]は存在しないが、[[OCG]]では他の「ゾンビ[[モンスター]]」共々[[通常モンスター]]にされている。~
また、[[《鎧武者斬鬼》]]よりも[[レベル]]が低くなっている。~

//-遊戯王OCGの前身であるバンダイ版のこの[[カード]]は中々に怖い[[イラスト]]である。

-[[BEGINNER'S EDITION 1]]へのリニューアルの際に省かれた[[カード]]の1枚。~

-「ゾンビ」については[[《2人3脚ゾンビ》]]を参照。~

-原作・アニメにおいて―~
「決闘者の王国編」の「城之内vsゴースト骨塚」戦で骨塚が使用。~
バンデット・キースが骨塚に使わせた[[カード]][[《リビングデッドの呼び声》]](原作[[効果]])によって、[[《地を這うドラゴン》]]・[[《マーダーサーカス》]]と共に蘇った[[《鎧武者斬鬼》]]の成れの果て。~
この[[コンボ]]で生み出された「ゾンビ[[モンスター]]」は倒されるたびに[[攻撃力]]がアップして復活するという、文字通り不死であった。~
(ただし、[[攻撃力]]0の時は[[攻撃力]]がアップできないので[[破壊]]されても復活しない)~
他の2体とは違い、全く何もせず最後まで[[フィールド]]に残り続けただけの不遇の[[モンスター]]と言える。~
アニメオリジナル「デュエルクエスト編」では上記のトリオで墓場に出現する敵として登場しており、また不死性を攻守逆転で突破されている。~
その後、「バトルシティ編」のアニメオリジナルデュエル「闇バクラvsゴースト骨塚」戦では、[[OCG]]版仕様となったこの[[カード]]が骨塚の[[手札]]に存在している。~

--アニメGXでは、「十代vs[[ブロン>《暗黒界の狂王 ブロン》]]」戦の観客として登場。~

-コナミのゲーム作品において―~
GBのDMシリーズや真DMでは、どちらかが[[攻撃力]]1200以上の[[戦士族]]と[[アンデット族]]を[[融合]]させることで作り出すことができる。~
両方[[攻撃力]]1200未満の場合は[[《アンデット・ウォーリアー》]]になる。~

**関連カード [#card]
-[[《鎧武者斬鬼》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Vol.5]]
-[[暗黒魔竜復活−REVIVAL OF BLACK DEMONS DRAGON−]] RB-13
-[[DUELIST LEGACY Volume.2]] DL2-102
-[[BEGINNER'S EDITION 1]] BE1-JP149
----
&tag(《鎧武者ゾンビ》,通常モンスター,モンスター,星3/闇属性/アンデット族/攻1500/守0);