*《&ruby(きこうてい){輝光帝};ギャラクシオン/Starliege Lord Galaxion》 [#top]
 エクシーズ・効果モンスター
 ランク4/光属性/戦士族/攻2000/守2100
 「フォトン」と名のついたレベル4モンスター×2
 1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を2つまで取り除いて発動できる。
 この効果を発動するために取り除いたエクシーズ素材の数によって以下の効果を適用する。
 ●1つ:手札から「銀河眼の光子竜」1体を特殊召喚する。
 ●2つ:デッキから「銀河眼の光子竜」1体を特殊召喚する。

 [[JUDGMENT OF THE LIGHT]]で登場した[[光属性]]・[[戦士族]]の[[エクシーズモンスター]]。~
 [[エクシーズ素材]]を取り除くことで[[デッキ]]か[[手札]]から[[《銀河眼の光子竜》]]を[[特殊召喚]]する[[起動効果]]を持つ。~

 [[エクシーズ素材]]は[[フォトン]]に限定されているが、自己[[特殊召喚]][[効果]]を持つ[[レベル]]4[[フォトン]]は[[《フォトン・スラッシャー》]]・[[《フォトン・アドバンサー》]]・[[《フォトン・バニッシャー》]]と粒ぞろい。~
 これらは[[《増援》]]や[[《フォトン・オービタル》]]で[[サーチ]]もしやすいので、[[【フォトン】]]であれば[[エクシーズ召喚]]の手段には困らない。~

 [[デッキ]]内の[[《銀河眼の光子竜》]]を[[リクルート]]できる貴重な[[効果]]の持ち主。~
 総[[攻撃力]]は5000となり、[[《銀河眼の光子竜》]]の[[効果]]で[[戦闘破壊]][[耐性]]を持つ[[モンスター]]なども[[一時的に除外>一定期間だけ除外]]した後にこの[[カード]]で追撃できる。~
 総[[攻撃力]]は5000となり、[[《銀河眼の光子竜》]]の[[効果]]で[[戦闘破壊]][[耐性]]を持つ[[モンスター]]なども[[一時的に除外>一定期間だけ除外]]しつつ、この[[カード]]で追撃できる。~
 [[《銀河遠征》]]・[[《銀河騎士》]]等の[[発動条件]]・[[召喚条件]]を一気に満たす事も可能。~
 [[《フォトン・ハンド》]]・[[《フォトン・チェンジ》]]・[[《破滅のフォトン・ストリーム》]]等の[[《銀河眼の光子竜》]][[サポートカード]]を腐りにくくする上でも重要な[[カード]]と言える。~
 [[リクルート]][[効果]]を使い終えると[[バニラ]]同然だが、[[攻撃力]]が2000あるので[[《銀河眼の煌星竜》]]の[[リンク素材]]として活用できる。~

 なお[[手札]]からも[[特殊召喚]]可能だが、それならば[[《銀河眼の光子竜》]]を[[手札]]から[[特殊召喚]]しつつ[[耐性]]まで付与できる[[《輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴン》]]を優先すべき。~
 [[《銀河眼の光子竜》]]を[[サーチ]]する効果を持つ[[《フォトン・バニッシャー》]]を[[エクシーズ素材]]に使う場合も、[[《輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴン》]]が優先されがちである。~
 とはいえ、[[《フォトン・スラッシャー》]]+[[《フォトン・アドバンサー》]]からの展開を行う事も少なくないので、[[【フォトン】]]ではこの[[カード]]も併用すべきであろう。~

-[[フォトン]]は全て[[光属性]]のため、同じ[[エクシーズ素材]]の組み合わせで[[《輝光子パラディオス》]]を[[エクシーズ召喚]]できる。~
あちらは[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]を0にして[[効果]]を[[無効]]にする[[効果]]を持つため、状況に応じて使い分けたい。

-登場当初は[[レベル]]操作などをせずに[[エクシーズ素材]]にできる[[モンスター]]が極めて少なく、[[《フォトン・スラッシャー》]]と[[《フォトン・クラッシャー》]]の組合せ以外で[[エクシーズ召喚]]を狙うのは現実的ではなかった。~
その後もこの組合せ以上に有力な[[カード]]が長年登場しなかったが、近年は条件に合い[[特殊召喚]]もできる[[モンスター]]が増えたため、[[エクシーズ召喚]]は大分楽になった。~

-輝光帝は「きこうてい」と読むが、[[機皇帝]]とは特に関係が無い。

-原作・アニメにおいて―~
アニメZEXAL&ruby(セカンド){II};の「カイトvsミザエル」(2戦目)においてカイトが使用。~
[[《フォトン・スラッシャー》]]と《フォトン・デルタ・ウィング》を[[エクシーズ素材]]に[[エクシーズ召喚]]された。~
その後、[[エクシーズ素材]]を2つ取り除き、[[デッキ]]から[[《銀河眼の光子竜》]]を[[特殊召喚]]したが、次のミザエルの[[ターン]]で[[《No.107 銀河眼の時空竜》]]に倒された。~
--アニメ版の[[《銀河眼の光子竜》]]は[[特殊召喚モンスター]]なので、[[召喚条件]]を無視して[[特殊召喚]]する[[効果]]であったものと思われる。~
また、カイトはこの[[カード]]を所持していながら、このシーン以外で素材が揃っている時でもこの[[カード]]を使用せず、[[手札]]から[[《銀河眼の光子竜》]]を[[特殊召喚]]する場合が多い。~
このためアニメ[[効果]]では[[デッキ]]からしか[[特殊召喚]]できないものだと思われる。~
[[《銀河眼の光子竜》]]が設定上1体しか存在しない点も含め、[[OCG]]より使いにくい[[カード]]になっていると言える。~

--Dチーム・ゼアルの「カイトvsフュージョン・マスク」戦でもカイトが使用。~
[[《フォトン・スラッシャー》]]と[[《フォトン・サークラー》]]を素材に[[エクシーズ召喚]]され、[[デッキ]]から[[《銀河眼の光子竜》]]を[[特殊召喚]]した。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[フォトン]]

-[[《銀河眼の光子竜》]]

-[[《輝光子パラディオス》]]

**エクシーズ素材にできるモンスター [#list]
#taglist(フォトン^星4-儀式モンスター-融合モンスター-シンクロモンスター-エクシーズ素材にできない)
#taglist(フォトン^星4^儀式モンスター-エクシーズ素材にできない)
//-[[《光子竜の聖騎士》]]

//―《輝光帝ギャラクシオン》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【フォトン】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[JUDGMENT OF THE LIGHT]] JOTL-JP050 &size(10){[[Super]]};

//**FAQ
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《輝光帝ギャラクシオン》,エクシーズモンスター,効果モンスター,特殊召喚モンスター,エクストラデッキ,モンスター,ランク4/光属性/戦士族/攻2000/守2100,);