*《&ruby(アルティメットコンダクターティラノ){究極伝導恐獣};/Ultimate Conductor Tyranno》 [#top]
 特殊召喚・効果モンスター
 星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200
 このカードは通常召喚できない。
 自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
 (1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
 自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
 相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
 (2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
 (3):このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。
 相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

 [[ストラクチャーデッキR−恐獣の鼓動−]]で登場した[[光属性]]・[[恐竜族]]の[[特殊召喚モンスター]]。~
 [[墓地]]の[[恐竜族]]2体を[[除外]]して[[特殊召喚]]する[[召喚条件]]、[[相手]][[モンスター]]全てを[[裏側守備表示]]にする[[誘発即時効果]]、[[全体攻撃]]を行える[[永続効果]]、[[攻撃]]した[[守備表示]][[モンスター]]を[[墓地へ送り>墓地へ送る]][[ダメージ]]を与える[[誘発効果]]を持つ。~

 [[墓地]]の[[恐竜族]]2体の[[除外]]という、かなり緩い[[召喚条件]]で[[特殊召喚]]できる。~
 [[《レスキューラビット》]]による2体の[[リクルート]]、[[《ロストワールド》]]による[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]、[[《魂喰いオヴィラプター》]]で[[《ベビケラサウルス》]]を[[サーチ]]して[[《真竜皇リトスアジムD》]]でそれらを[[破壊]]するなど、高速で[[墓地]]に[[恐竜族]]2枚を送り込む方法は多い。~
 [[攻撃力]]が[[除外]]枚数に比例する[[《ディノインフィニティ》]]とも相性が良い。~
 一度[[召喚条件]]を満たせば[[蘇生]]・[[帰還]]も可能である。~

 (1)は[[自分]][[モンスター]]1体を[[破壊]]する代わりに、全ての[[相手]][[モンスター]]を[[裏側守備表示]]にする[[効果]]。~
 [[相手]][[メインフェイズ]]でも[[発動]]できるため、[[起動効果]]や[[シンクロ召喚]]・[[エクシーズ召喚]]・[[リンク召喚]]の妨害になる他、自身の(3)の[[効果]]の補助となる。~
 [[対象]]を取らず[[破壊]]も介さないため[[耐性]]を持つ[[モンスター]]は少なく、妨害手段としての通りがたいへん良い。~
 また[[《ジュラック・グアイバ》]]や[[《ハイドロゲドン》]]の[[攻撃]]の的を用意する役割も兼ねられる。~

 [[恐竜族]]は展開にそこまで長けた[[種族]]ではないので、[[破壊]]する[[モンスター]]はできれば[[手札]]の方を選びたい。~
 [[《ベビケラサウルス》]]・[[《プチラノドン》]]を[[破壊]]すれば[[恐竜族]]の[[リクルート]]が可能であり、[[召喚]]した[[《暗黒プテラ》]]を[[破壊]]すれば[[手札]]に戻って毎[[ターン]]利用できる。~
 [[破壊]]する[[モンスター]]の[[種族]]や[[属性]]に制限はないので、[[破壊された]]場合に[[効果]]を[[発動]]する[[炎王]]などと併用しても良い。~

 (2)の[[効果]]により、3500という極めて高い[[攻撃力]]での[[全体攻撃]]が可能。~
 相手[[モンスター]]を一掃しつつ大きな[[戦闘ダメージ]]を期待できる。~

 (3)の[[効果]]により、[[守備表示]][[モンスター]]と[[戦闘]]を行う場合、[[ダメージ計算]]する事なく[[除去]]と[[バーン]]を行える。~
 自身の他の[[効果]]との兼ね合いが良く、(1)の[[効果]]で全ての[[相手]][[モンスター]]を[[裏側守備表示]]にした後、(2)の[[全体攻撃]]と(3)を併用する事で一掃する事が可能。~
 [[攻撃力]]で上回る相手や[[戦闘破壊]][[耐性]]を持つ[[モンスター]]も突破でき、この[[カード]]の攻撃性能を更に高めている。~
 [[対象をとらず>対象をとる(指定する)効果]][[墓地へ送る]]ため、[[マジェスペクター]]などの強固な[[耐性]]を持つ[[モンスター]]もそのほとんどを[[除去]]可能。~
 [[ダメージステップ開始時]]に[[発動]]するため[[リバースモンスター]]の[[効果]]も[[発動]]させることなく[[除去]]できる。~

 軽い[[召喚条件]]、(1)の[[効果]]による高い妨害能力、3つの[[効果]]の兼ね合いによる突破力、そして圧倒的な[[攻撃力]]による[[全体攻撃]]と、どこを取っても高水準な能力を持っている。~
 [[【恐竜族】]]の切り札と呼ぶにふさわしい強力な[[モンスター]]と言えるだろう。~

-(1)の[[効果]]で自身を[[破壊]]することも可能である。~
だたし、[[《ガーディアンの力》]]のような[[破壊]]を肩代わりする[[効果]]を[[使用]]してしまうと、[[裏側表示]]にする処理は行われない点には注意。~
ただし、[[《ガーディアンの力》]]のような[[破壊]]を肩代わりする[[効果]]を[[使用]]してしまうと、[[裏側表示]]にする処理は行われない点には注意。~

-[[《究極恐獣》]]と[[《超伝導恐獣》]]を合わせたような[[カード名]]となっており、[[モンスター効果]]も両者を意識したものとなっている。~
前者とは(2)の[[全体攻撃]]が、後者とは(3)の[[バーン]]の数値が共通する。~
--[[召喚条件]]はアニメで[[《超伝導恐獣》]]を[[特殊召喚]]するために使用した[[《究極進化薬》]]を意識したものか。~

--[[イラスト]]も両者を意識しており、体つき、特に脚部は[[《究極恐獣》]]とよく似ており、全身の紫の球体は[[《超伝導恐獣》]]の尾や胸部にあるものと似ている。~
頭部の形状が[[《暗黒恐獣》]]に似ている他「[[相手]]の[[モンスター]]がすべて[[守備表示]]」に関する[[効果]]を持つ点を踏まえると、既存の&ruby(ティラノ){恐獣};[[モンスター]]の要素を統合した姿といえるだろう。~

-[[恐竜族]]で[[元々の攻撃力]]・[[元々の守備力]]共に最も高い数値を持つ。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]

―&ruby(ティラノ){恐獣};[[モンスター]]は[[《暗黒恐獣》]]を参照。~

―《究極伝導恐獣》の姿が見られる[[カード]]
-[[《生存境界》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【恐竜族】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ストラクチャーデッキR−恐獣の鼓動−]] SR04-JP001 &size(10){[[Ultra]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《究極伝導恐獣》,特殊召喚モンスター,効果モンスター,モンスター,星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200,);