*《&ruby(きょだいせんかん){巨大戦艦}; ビッグ・コアMk−III/B.E.S. Big Core MK-3》 [#top]
 効果モンスター
 星8/光属性/機械族/攻2700/守1900
 (1):相手フィールドにモンスターが存在し、
 自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
 このカードは手札から守備表示で特殊召喚できる。
 (2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
 このカードにカウンターを3つ置く。
 (3):このカードは戦闘では破壊されない。
 (4):このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動する。
 このカードのカウンターを1つ取り除く。
 取り除けない場合このカードを破壊する。
 (5):墓地のこのカードを除外して発動できる。
 自分の墓地の「巨大戦艦」モンスターを全てデッキに戻す。

 [[マキシマム・クライシス]]で登場した[[光属性]]・[[機械族]]の[[最上級モンスター]]。~
 [[半上級モンスター]]であり、[[巨大戦艦]]共通の[[効果]]の他に、自身を[[特殊召喚]]する[[召喚ルール効果]]、[[墓地]]の自身を[[コスト]]に[[墓地]]の[[巨大戦艦]]を[[デッキ]]に[[戻す]][[起動効果]]を持つ。~
//共通効果の詳細や分類は巨大戦艦のページに記載

 (1)の[[効果]]は[[《サイバー・ドラゴン》]]などと同様。~
 類似[[効果]]を持ち[[レベル]]8として場に出せる初めての[[モンスター]]であり、[[ランク]]8の[[エクシーズ素材]]や[[《アドバンスドロー》]]の[[コスト]]などに使いやすい。~
 ただし[[守備表示]]限定なのでそのまま[[アタッカー]]にすることは難しい。~

 (2)(3)(4)は[[巨大戦艦]]の共通[[効果]]だが、[[召喚]]と[[特殊召喚]]の両方で[[カウンター]]が乗るため他の[[巨大戦艦]]に比べ格段に扱いやすい。~

 (5)は[[墓地]]の[[巨大戦艦]]を全て[[デッキ]]に[[戻す]][[効果]]で、[[《ボスラッシュ》]]のサポートとなる。~
 ただしこの[[カード]]は[[除外]]されて[[デッキ]]に戻らないため、再び[[《ボスラッシュ》]]で[[リクルート]]するには2枚目を用意するか、[[除外]]されたこの[[カード]]を[[デッキ]]に[[戻す]][[カード]]が必要になる。~

 [[【巨大戦艦】]]では[[効果]]・[[ステータス]]共に筆頭戦力となる[[キーカード]]であり、優先的に[[フィールド]]に出したい。~
 また、自身の(1)の[[効果]]と[[《巨大要塞ゼロス》]]の[[効果]]により簡単に[[特殊召喚]]できるので、[[ランク]]8を中心とする[[デッキ]]への採用も検討できる。~
 [[機械族]][[サポート>サポートカード]]を共有できる[[【ギミック・パペット】]]、[[《銀河戦士》]]の[[手札コスト]]にもなる[[【ギャラクシー】]]などが主な候補となる。~

-[[《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》]]の[[適用]]下にある[[《巨大戦艦 ビッグ・コア》]]と同様、[[《閃光を吸い込むマジック・ミラー》]]が存在する場合[[戦闘破壊]]されない[[効果]]のみが残る。~

-[[《ボーン・フロム・ドラコニス》]]で[[特殊召喚]]すると他の[[カード]]の[[効果を受けない]][[耐性]]と[[戦闘破壊]][[耐性]]両方を得てかなり堅い[[壁]]となる。~
もっとも自身の[[効果]]による[[自壊]]は防げない。~

-第9期からの[[テキスト]]で5つ目の[[効果]]を持つ[[カード]]は、[[《オシリスの天空竜》]]、[[《オベリスクの巨神兵》]]に続いて3例目である。~

-この[[カード]]の登場により、[[巨大戦艦]]に6[[属性]]全てが揃った。~

//-原作・アニメにおいて―~

-コナミのゲーム作品において―~
シューティングゲーム『グラディウス』シリーズに登場する、[[初代>《巨大戦艦 ビッグ・コア》]]・[[第2式>《巨大戦艦 ビッグ・コアMk−II》]]の系統を継ぐボスキャラ。~
シューティングゲーム『グラディウス』シリーズに登場する、[[初代ビッグ・コア>《巨大戦艦 ビッグ・コア》]]・[[第2式>《巨大戦艦 ビッグ・コアMk−II》]]の系統を継ぐボスキャラ。~
初出は『グラディウスIII』であり、ステージ3のボスとして登場する。~
[[イラスト]]のようなカバーに設置された2つの砲門から極太のレーザーを発射して自機を間に閉じ込め、そこに二本の細いレーザーを斜めに発射し、極太レーザーに反射させる攻撃を行う。~
また、前方2つのコアが破壊されると反射レーザーの代わりに二連装の短いレーザーを乱射するようになる。~
『IV』では[[ボスラッシュ>《ボスラッシュ》]]の1体として改良版が登場し、こちらは反射レーザーの角度を変化させたり、極太レーザーを放ちつつ中央先端からレーザーを撃ってきたりするが、耐久力が大きく下がっている。~
『后戮任[[ボスラッシュ>《ボスラッシュ》]]の中の1体として登場、通常弾砲台などが追加され、突進した後に戻りながらの攻撃や背中側を向けてレーザー攻撃など攻撃方法が増えている。~
極太レーザーを放ちつつ反射レーザーを撃つ攻撃では砲台から通常弾もばら撒くようになっている上後述の攻略パターンも通用しないが、それとは関係なくコアの左上下に[[安全地帯>《安全地帯》]]が存在してしまっている。~
『IV』・『后戮任盥況睚法に変化を加えたものが[[ボスラッシュ>《ボスラッシュ》]]の1体として登場する。~

--なお、AC版『グラディウスIII』の反射レーザーには一定のパターンが存在するため、[[特定位置>《安全地帯》]]にいれば回避でき、そのまま奥のコアを破壊する、もしくは自爆まで逃げ切る攻略法が存在する。~
だが、[[イラスト]]の[[ビックバイパー>《超時空戦闘機ビック・バイパー》]]は一番敵に近寄るパターン(中央先端部のあたり)より前に出てしまっている。~
//以下の議論板にて議論を行いました
//http://yowiki.yugioh-portal.net/bbs/read.cgi?no=1810

--『極上パロディウス』ではこの機体のパロディとして、唇の上下に生えた手に生クリーム絞り器を握っているという外観をしたデコレーションコアが登場する。~
//--『極上パロディウス』ではこの機体のパロディとして、唇の上下に生えた手に生クリーム絞り器を握っているという外観をしたデコレーションコアが登場する。~
//極太レーザーが生クリーム状になっており、やはり反射レーザーを発射する攻撃を行う他、体当たりと極太レーザーを発射してから体当たりするフェイント攻撃の計3パターンの攻撃方法を持つ。~

**関連カード [#card]
-[[巨大戦艦]]

-[[《巨大戦艦 ビッグ・コア》]]
-[[《巨大戦艦 ビッグ・コアMk−II》]]

-[[相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に特殊召喚できるモンスター>《サイバー・ドラゴン》#SS]]~

//―《巨大戦艦 ビッグ・コアMk−III》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

―[[イラスト]]関連~
-[[《超時空戦闘機ビック・バイパー》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【巨大戦艦】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[マキシマム・クライシス]] MACR-JP032 &size(10){[[Super]],[[Secret]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《巨大戦艦 ビッグ・コアMk−III》,モンスター,効果モンスター,星8/光属性/機械族/攻2700/守1900,巨大戦艦);