*《&ruby(ぎんまく){銀幕};の&ruby(ミラーウォール){鏡壁};/Mirror Wall》 [#top]
 永続罠
 相手の攻撃モンスターの攻撃力は半分になる。
 この効果はこのカードがフィールド上に存在する限り適用される。
 このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に2000ライフポイントを払う。
 または、2000ライフポイント払わずにこのカードを破壊する。
//テキストはBE01を参照

 [[Curse of Anubis −アヌビスの呪い−]]で登場した[[永続罠]]。~
 高い任意の維持[[ライフコスト]]と、[[相手]]の[[攻撃モンスター]]全ての[[攻撃力]]を半分にする[[効果]]を持つ。~

 同じく[[コンバットトリック]]として比較される、[[《収縮》]]との主な違いは以下の通り。~

+[[対象をとる効果>対象をとる(指定する)効果]]ではない。
+[[相手]][[モンスター]]全体に影響を与える。
+「[[元々の攻撃力>元々の攻撃力(守備力)]]」と「[[攻撃力]]」の違い。
+複数[[ターン]]に渡って維持して[[相手]]の[[攻撃力]]を削ぐ事が出来る。
+[[罠カード]]なので[[発動]]にタイムラグがあり、無力化されやすい。
+[[永続罠]]なので[[《サイクロン》]]を始めとした[[伏せ除去]]に弱い。
+[[相手]][[モンスター]]が[[攻撃]]してこないと[[適用]]されない。
//+[[永続効果]]で、[[カードの発動]]後[[効果の発動]]もないので[[《大寒波》]]に阻害されない。

 [[【死皇帝の陵墓】]]では大量の[[ライフ回復]]手段を組み込んであるため、場合によっては複数[[ターン]]に渡ってこの[[カード]]を維持する事も可能である。~
 [[【キュアバーン】]]では[[《マジック・キャンセラー》]]との関係で[[《収縮》]]・[[《突進》]]が使えないため、攻防の要として大活躍する。~
 [[【アステカ】]]では[[《立ちはだかる強敵》]]と組み合わせてかなりの[[反射ダメージ]]が期待出来るだろう。~

-[[効果]]について
--[[フリーチェーン]]で[[発動]]できる[[永続罠]]である。~
故に[[《おとり人形》]]・[[《撲滅の使徒》]]等には[[耐性]]がある。~
--[[ダメージステップ]]でも[[発動]]できる。~
[[《収縮》]]・[[《突進》]]と同じタイミングで[[発動]]できる。(詳しくは[[ダメージステップ]]参照)~
--「[[攻撃モンスター]]」と書いてある事に注意。~
半減[[効果]]は[[攻撃宣言]]を行った[[相手]][[モンスター]]のみに[[適用]]される。~
[[効果の適用]]中でも[[攻撃宣言]]を行っていない[[モンスター]]の[[攻撃力]]を半減しない。
--[[ダメージステップ]][[発動]]の際は即座に半減[[効果]]の[[適用]]。~
既に[[発動]]済みである場合、[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃宣言]]後すぐ[[適用]]される。
--[[効果の適用]]なので[[チェーンブロック]]を作らない。~
//[[フリーチェーン]]であることも合わせてこれが[[《大寒波》]]にも強い理由。~
//無論[[永続罠]]故[[モンスター効果]]等で[[破壊]]される危険性はあるので、[[《スキルドレイン》]]などと併用できると強い。
//↑必要?
--一度半減[[効果]]の[[適用]]を受けるとこの[[永続罠]]が存在する限りそのままとなる。~
これは、「[[モンスター]]が[[表側表示]]で存在し続ける場合」であり、[[裏側表示]]になった場合や[[フィールド]]を離れた場合はキャンセルされる。~
また、2回攻撃しても4分の1になったりはしない。~
また、2回[[攻撃]]しても4分の1になったりはしない。~
--この[[カード]]が2枚存在する場合、[[攻撃力]]は4分の1になる。~
//http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/faq_search.action?ope=5&fid=68&keyword=&tag=-1
//--半分にする[[効果]]は重複しない。~
//また、この[[カード]]が2枚以上存在していても4分の1になったりはしない。~
--[[スタンバイフェイズ]]の2000[[ライフポイント]]の支払いは維持[[コスト]]。~
[[《王宮のお触れ》]]の影響下でも、もちろん支払わなければ[[破壊]]される。~
[[チェーンブロック]]は作らない。
--[[《邪神ドレッド・ルート》]]や[[《邪神アバター》]]の[[効果]]のように最後に[[適用]]される[[効果]]である。~
[[攻撃]]を行った[[モンスター]]のみに[[効果]]が[[適用]]される[[《邪神ドレッド・ルート》]]と考えると分かりやすいかもしれない。~
また、他の最後に[[適用]]される[[効果]]と同様に、最後に[[適用]]される[[効果]]同士が重複した場合の処理は[[特殊裁定]]など難しい裁定が多いので注意が必要である。~
例えば、[[《邪神アバター》]]と同時に存在する場合は、この[[カード]]の[[効果]]が最後に[[適用]]される。~
また、[[《邪神ドレッド・ルート》]]と同時に存在する場合は、後から場に出た方が最後に[[適用]]される。~

>
[[セット]]状態からでも[[ダメージステップ]]時に[[発動]]できるのは大きな利点。~
これにより、1度は[[スペルスピード]]2の[[魔法・罠カード]]の妨害を受けずに[[効果]]を[[適用]]させることができる。~
似たような[[効果]]を持つ[[《モンスターBOX》]]には無い強みである。~

>
[[《魔装戦士 ドラゴディウス》]]を事前に[[ペンデュラムゾーン]]に[[発動]]しておけば、[[相手]][[モンスター]]が[[自分]]の[[モンスター]]に[[攻撃]]する[[ダメージステップ開始時]]の[[《魔装戦士 ドラゴディウス》]]の[[ペンデュラム効果]]に[[チェーン]]してこの[[カード]]を[[発動]]することで一気に[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]を8分の1にできる。

//>
//この[[カード]]は[[効果]]を[[適用]]した[[モンスター]]の[[攻撃力]]の変動がある場合一番最後に[[攻撃力]]を計算し直す[[効果]]のため、[[効果]][[適用]]後の処理は[[《邪神ドレッド・ルート》]]に近い。~
//[[攻撃]]した[[相手]][[モンスター]]にのみ対応する[[永続罠]]になった[[《邪神ドレッド・ルート》]]ともいえる。~

//>
//[[《邪神ドレッド・ルート》]]と異なりこの[[カード]]を使用すれば[[フィールド]]に出た順番を問わず、[[攻撃]]してきた[[《邪神アバター》]]の[[攻撃力]]を半分にできる。~
//これは、この[[カード]]の[[効果]]が[[攻撃]]を行った後に[[適用]]されるものであり、[[《邪神アバター》]]の[[効果]]の後からこの[[カード]]の[[効果]]の[[適用]]が起こるためである。~
//したがって、[[《邪神アバター》]]が[[召喚]]された場合でも、[[魔法・罠カード]]を封じる[[誘発効果]]に[[チェーン]]してこの[[カード]]を[[発動]]すれば[[《邪神アバター》]]の[[攻撃]]をためらわせることができる。~
//上記に移動

-[[《大寒波》]]が[[禁止カード]]ではなかった頃には、[[《大寒波》]]に[[チェーン]]して[[発動]]し、その[[ターン]]の[[攻撃]]をある程度防ぐことができる[[罠カード]]として有効だった。

-原作・アニメにおいて―~
「決闘者の王国編」において、準決勝戦「闇遊戯vs孔雀舞」戦で孔雀舞が使用。~
初手で[[召喚]]された[[《暗黒騎士ガイア》]]は、この[[カードの効果]]により[[《ハーピィ・レディ》]]に一蹴される。~
その後も、遊戯の主力[[モンスター]]をことごとく[[弱体化]]させて返り討ちにしていったが、[[《カタパルト・タートル》]](原作効果)によって[[破壊]]された。~
「舞vs闇マリク」戦では、[[スフィアモード>《ラーの翼神竜−球体形》]]と化した[[《ラーの翼神竜》]]を起動させる謎を解く時間を稼ごうとしたが、[[《バイサー・ショック》]]によって[[手札]]に[[戻された>戻す]]。~
アニメ版の同対戦においては、[[《仮面魔獣デス・ガーディウス》]]の[[攻撃]]時に[[発動]]して返り討ちにしたが、[[《罠はずし》]]によって[[破壊]]された。~
そのため、後のシーンでは[[《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》]]が代わりに使用されている。~
アニメオリジナル「ドーマ編」の舞の回想において、大会での名も無き決闘者との[[デュエル]]でも使用している。~

--舞曰く「数百種類ある[[罠カード]]の中でも最高の[[レアカード]]」。~
原作においては維持[[コスト]]が存在しない(正確には[[発動]]後再び[[セット]]される)ため、その様な扱いでも不思議ではない。~

--原作では「鏡壁中の分身に代わりに[[攻撃]]を受けさせる事で[[攻撃力]]をダウンさせる」描写であったため、[[攻撃]]を封じる[[効果]]も備わっていた。~

--舞がこの[[カード]]に託した本当の意味は「自分と向き合え」とのこと。~

--「ドーマ編」の「城之内vs孔雀舞」(1戦目)と、アニメGXの「エドvsカイザー亮」戦にて登場した時の[[《トラップ・ジャマー》]]の[[イラスト]]に描かれている。~

-コナミのゲーム作品において―~
真DM2における[[効果]]も基本的には同じだが、原作同様[[ライフコスト]]が無いため極めて強力な[[カード]]だった。~
そのため、特定の[[パスワード]]を入力することでしか入手できない。~
「WORLD CHAMPIONSHIP 2008」では、この[[カード]]を複数[[発動]]していると累積して[[攻撃力]]が減少する。~

**関連カード [#card]
-[[《邪神ドレッド・ルート》]]
-[[《地球巨人 ガイア・プレート》]]

-[[《収縮》]]

-[[《モンスターBOX》]]

//-[[《戦乙女の契約書》]]

//―《銀幕の鏡壁》が見られる[[カード]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Curse of Anubis −アヌビスの呪い−]] CA-16 &size(10){[[Super]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.1]] DL1-104 &size(10){[[Rare]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 1]] BE1-JP078
-[[BEGINNER'S EDITION 1(第7期)]] BE01-JP070

**FAQ [#faq]
Q:この[[カード]]によって[[攻撃力]]を半減された[[モンスター]]は、この[[カード]]が[[フィールド]]上に存在しなくなった場合も半減されたままですか?~
A:いいえ、元に戻ります。

Q:[[攻撃モンスター]]とは[[攻撃表示]][[モンスター]]のことですか?~
A:「この[[カード]]が[[発動]]されている時に[[攻撃宣言]]を行った[[モンスター]]」の[[攻撃力]]を半減させます。~
 [[攻撃表示]]の[[モンスター]]でも、[[攻撃宣言]]を行わなければ[[攻撃力]]は半分になりません。

Q:[[《凶暴化の仮面》]]を装備した[[《ジェネティック・ワーウルフ》]]の[[攻撃力]]は、いくつになりますか?~
A:(2000+1000)÷2=1500となります。

Q:上記の例で[[攻撃力]]1500となった後に[[《凶暴化の仮面》]]が存在しなくなった場合、[[攻撃力]]はいくつになりますか?~
A:[[攻撃力]]を再度計算するため、2000÷2=1000となります。

//Q:この[[カードの効果]]で[[攻撃力]]1250になった[[《デーモンの召喚》]]に[[《凶暴化の仮面》]]を装備した場合、[[攻撃力]]はいくつになりますか?~
//A:変動数値の1250に1000を加え、2250になります。~
//なお、2250になった後で再び[[攻撃]]を行っても、半分になる[[効果]]は既に[[適用]]されているため、更なる変化は発生しません。

Q:《銀幕の鏡壁》の[[効果]]が[[適用]]された[[《ジェネティック・ワーウルフ》]]に[[《デーモンの斧》]]を装備した場合、[[攻撃力]]はどうなりますか?~
A:《銀幕の鏡壁》の[[効果]]を受けた[[モンスター]]は、その[[モンスター]]の[[攻撃力]]が変化する度に、常に[[攻撃力]]の再計算を行います。~
  そのため、[[攻撃力]]を再計算し、1500になります。(17/01/06)
//裁定変更との事。同一ケースと思われる[[《デーモンの召喚》]]と[[《凶暴化の仮面》]]についてのQ&Aは参考として残しておく。

Q:《銀幕の鏡壁》の[[効果]]が[[適用]]され、[[攻撃力]]1500になった[[《青眼の白龍》]]に[[《BF−疾風のゲイル》]]の[[効果]]を[[発動]]した場合、[[攻撃力]]はどうなりますか?~
A:[[《BF−疾風のゲイル》]]の[[効果]]を受けることで1500÷2=750となり、その直後《銀幕の鏡壁》の[[効果]]が再計算され、750÷2=375になります。(17/03/06)

Q:[[《邪神ドレッド・ルート》]]が[[フィールド]]にいる時、[[攻撃力]]が1500になっている[[《青眼の白龍》]]が[[攻撃]]してきました。~
  この時《銀幕の鏡壁》を[[発動]]した場合、[[攻撃力]]はどうなりますか?~
A:半分の750になります。(17/03/06)

Q:《銀幕の鏡壁》の[[効果]]で[[《青眼の白龍》]]の[[攻撃力]]が1500になっています。~
  [[《邪神ドレッド・ルート》]]が[[フィールド]]に[[召喚]]された時、[[攻撃力]]はどうなりますか?~
A:半分の750になります。(17/03/15)
//後出し優先なことを示す裁定

Q:《銀幕の鏡壁》が[[発動]]している時に[[《邪神アバター》]]が[[攻撃]]してきた場合[[攻撃力]]はどうなりますか?~
A:[[《邪神アバター》]]の[[攻撃力]]は半分になります。~
  なお、その後[[《邪神アバター》]]以外の[[フィールド]]の[[攻撃力]]が一番高い[[モンスター]]の[[攻撃力]]が変化した場合、その一番高い[[攻撃力]]+100の数値の[[攻撃力]]・[[守備力]]になった直後に《銀幕の鏡壁》の[[効果]]が再計算され[[攻撃力]]が半分になります。(17/03/12)


//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《銀幕の鏡壁》,罠,永続罠,);