*《&ruby(げんせ){現世};と&ruby(めいかい){冥界};の&ruby(ぎゃくてん){逆転};/Exchange of the Spirit》 [#top]
 通常罠
 「現世と冥界の逆転」はデュエル中に1枚しか発動できない。
 (1):お互いの墓地のカードがそれぞれ15枚以上の場合に
 1000LPを払って発動できる。
 お互いのプレイヤーは、それぞれ自分のデッキと墓地のカードを全て入れ替え、
 その後デッキをシャッフルする。

 [[週刊少年ジャンプ(2002年4・5合併号) 付属カード>書籍付属カード#WJ]]で登場した[[通常罠]]。~
 [[お互い]]の[[墓地]]の[[カード]]がそれぞれ15枚以上の場合に、[[デッキ]]と[[墓地]]の[[カード]]を全て入れ替える[[効果]]を持つ。~

 [[デッキ]]と[[墓地]]を入れ替えるという他に類を見ない豪快な[[効果]]である。~
 しかし[[発動条件]]が厳しく、高速化した現[[環境]]では[[墓地]]に[[カード]]が15枚も溜まることは少ない。~
 [[発動条件]]を満たすには[[お互い]]に[[手札交換]]を行う[[カード]]を複数枚併用するのが得策。~
 しかしそもそも[[デッキ]]と[[墓地]]を入れ替えても直接的な[[アドバンテージ]]にならず、やる意味があるのかという疑問が残る。~

 活用法として、[[【終焉のカウントダウン】]]や、[[【トランス】]]のような特に[[デュエル]]が長引く[[デッキ]]において、[[デッキ切れ]]を回避し[[カード]]を再利用する目的で使うことが考えられる。~
 どうせなら[[相手]]の[[墓地]]利用に[[チェーン]]して[[不発]]にしてやるといい。~

 それ以外だと、この[[カード]]の[[発動]]に[[チェーン]]して[[相手]]の[[墓地]]枚数を減らすことで、大幅な[[デッキ破壊]]を行う専用[[デッキ]]を組めるかもしれない。~
 [[《デビル・コメディアン》]]を[[発動]]して[[コイントス]]を当てれば、[[相手]]の[[墓地]]を0にした上で[[デッキ]]と入れ替えるため、[[デッキ切れ]]による[[1ターンキル]]が成立する。~
 当然ながら運が絡むため、[[《セカンド・チャンス》]]の併用は必須と言える。~

 また、[[融合モンスター]]など、最初から[[エクストラデッキ]]に入っている[[モンスター]]は[[デッキ]]ではなく[[エクストラデッキ]]に戻るため、残り[[デッキ]]枚数に加算されない。~
 [[墓地]]に[[融合モンスター]]などしかない状況で[[発動]]すれば、[[相手]]の[[メインデッキ]]は0枚となり、[[1ターンキル]]が成立する。~
 もちろん無理に[[1ターンキル]]にこだわる必要はなく、[[相手]]の[[デッキ]]枚数が大幅に減った所で[[《皆既日蝕の書》]]などで[[デッキ切れ]]に追い込めば良い。~
 下準備には[[《轟雷帝ザボルグ》]]を使うと良く、こちらの[[墓地]]も増えるので[[発動条件]]を満たしやすくなる。~

 もっとも、[[《デビル・コメディアン》]]・[[《轟雷帝ザボルグ》]]ともに本来[[デッキ破壊]]と無縁な[[カード]]である。~
 更に前者なら[[自分]]の[[墓地を肥やす]][[カード]]、後者なら[[アドバンス召喚]]の[[サポートカード]]と、さらに[[デッキ破壊]]と無縁な[[カード]]を積まないといけない。~
// さらに前者は失敗した場合に逆に自分が[[デッキ切れ]]に追い込まれ、後者は本来大した被害のない[[《奈落の落とし穴》]]などの[[召喚]]反応[[罠カード]]が致命傷になりうる。~
//デビルコメディアンはチェーン発動するので入れ替える前に自分の墓地が肥え、デッキ切れしにくくなる。
 ただ[[デッキ破壊]]をしたいだけならオーソドックスな[[【デッキ破壊】]]の方がまだやりやすいだろう。
//普通のデッキ破壊と異なる構築なのだから、普通のデッキ破壊に入らないカードがあるのは当然
//普通のデッキに入らないカード入れるから弱点や事故が増えて普通のよりやりづらいって話

 [[《メタモルポット》]]や[[《手札断殺》]]などの[[お互い]]に[[手札交換]]する[[カード]]を繰り返し利用する場合は[[発動条件]]を満たし易くなる。~
 さらに使用後は[[デッキ]]と[[墓地]]が入れ替わり、[[自分]]の[[デッキ]]にそれまで使用した[[デッキ破壊]][[カード]]が再び入るため、[[手札交換]]で再び[[ドロー]]して使用することで[[デッキ切れ]]に持ち込むことも不可能ではない。~

-普通に[[発動]]した場合、この[[カード]]自身は「入れ替え」が終わってから[[墓地へ送られる>墓地へ送る]]。~
この[[カード]]も[[デッキ]]に戻したいというのであれば、[[発動]]時に[[《非常食》]]等を[[チェーン]]して[[墓地へ送れ>墓地へ送る]]ば[[デッキ]]に戻ることになる。~
しかし、[[エラッタ]]により「[[デュエル]]中に1枚」の[[発動]]制限が付き、[[デッキ]]に戻したこの[[カード]]を引いても[[腐る]]だけのため、現在では行う意味は薄い。~

-この[[カード]]の「入れ替える」という処理は「[[墓地へ送る]]」として扱われない。~
よって、この[[効果]]で[[《ダンディライオン》]]や[[シャドール]]等が[[墓地]]に置かれても、それらの[[効果]]は[[発動]]しない。~
また、[[《マクロコスモス》]]や[[《次元要塞兵器》]]が存在していても[[デッキ]]の[[カード]]は問題なく[[墓地]]に置かれる。~

-[[《破壊輪》]]などと共に、[[エラッタ]]によって[[弱体化]]された[[カード]]の一枚。~
[[エラッタ]]前の[[テキスト]]は以下の通り。~
 自分の墓地にカードが15枚以上ある時、1000ライフを払い発動。
 お互いに自分の墓地と自分のデッキのカードを全て入れ替える。
 その際、墓地のカードはシャッフルしてデッキゾーンにセットする。
この[[カード]]を軸としたのが、驚異の[[先攻]][[デッキ破壊]][[1ターンキル]][[デッキ]][[【現世と冥界の逆転】]]である。~
[[《処刑人−マキュラ》]]などで[[先攻]]1[[ターン]]目に[[発動]]すれば、[[相手]]は[[後攻]]1[[ターン]]目の[[通常のドロー]]が行えず即敗北となる。~
また、[[《魂の解放》]]や[[《デビル・コメディアン》]]の[[効果]]に成功させる等で[[相手]]の[[墓地]]を0にした上で[[発動]]すれば、[[相手]]は次の[[ドローフェイズ]]に敗北となる。~
当時の[[【現世と冥界の逆転】]]には、[[《天使の施し》]]・[[《苦渋の選択》]]・[[《第六感》]]等の[[ドロー]]・[[墓地肥やし>墓地を肥やす]][[カード]]が搭載されており、高速で[[墓地]]に15枚の[[カード]]を確保する事ができた。~
また、[[相手]]の[[デッキ]]に[[カード]]が残った場合のトドメとして[[《サイバーポッド》]]や[[《手札抹殺》]]等も投入されており、死角はなかった。~

--他にも、[[【Vドラコントロール】]]や[[【トランス】]]で[[相手]]を[[デッキ切れ]]で逃げさせないために投入される場合もあった。~
手軽に[[1ターンキル]][[デッキ]]を作れることから、[[02/05/01>禁止・制限カード/2002年5月1日]]の[[制限改訂]]で[[制限カード]]に指定されることになる。~
その後は、[[【デッキ破壊1キル】]]の[[サイドデッキ]]で使用されていたのだが、[[06/03/01>禁止・制限カード/2006年3月1日]]にて[[禁止カード]]に指定される。~

--「もし[[発動条件]]に[[相手]]の[[墓地]]の枚数も含まれていたら、これほどの活躍はなかっただろう。」と言われていた[[カード]]。~
後に[[エラッタ]]され、本当に[[相手]]の[[墓地]]の枚数も[[発動条件]]となった上で[[15/01/01>リミットレギュレーション/2015年1月1日]]に[[制限復帰]]を果たした。~
復帰後に[[環境]]で目立った活躍も無かったためか、[[15/04/01>リミットレギュレーション/2015年4月1日]]で[[制限解除]]された。~

-この[[カード]]が収録された週刊少年ジャンプでは[[《デビル・コメディアン》]]との[[コンボ]]が紹介されていた。~

-[[イラスト]]の背景は、[[《ハ・デスの使い魔》]]や[[《グラナドラ》]]に使われている背景の[[色違い]]。~

-マスターガイドでは「2000年のジャンプに付属」と誤植されている。~

-原作・アニメにおいて―~
「バトルシティ編」における「海馬vsイシズ」戦においてイシズが使用。~
海馬の[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]と[[《魔法除去細菌兵器》]](共に原作効果)の2枚による[[デッキ破壊]]を喰らい壊滅状態だった彼女の[[デッキ]]は、この[[カード]]で蘇った。~
その結果、逆に海馬の[[デッキ]]が壊滅的な打撃を受け、残り[[デッキ]]枚数が僅か6枚となってしまう。~
闇マリク曰く、この[[コンボ]]のために表マリクはイシズに勝ったことが一度もないらしい。~
ちなみに、原作での[[効果]]は[[エラッタ]]前の[[OCG]]版と概ね同じだが[[シャッフル]]処理がなく、[[相手]]の[[デッキ]]内容に加えて[[通常のドロー]]順も完全に把握することが出来た。~

--アニメGXでは「死神と契約せし[[1ターンキル]]男」橘一角の[[デッキ]]に入っていた。~
なお、この時は実在しない第3期以降の[[カード]]デザインにて登場した。~
同様に再販されていない[[《ドローン》]]は第1期のものだったことから「この[[カード]]は最新仕様で再録される予定があるのでは?」と憶測を呼んだ。~
//事実、[[エラッタ]]されたものの[[再録]]を果たした。~
//三期のデザインで出たから三期に採録されると考えられていたんだろう

--漫画ARC-Vの「零児vsアイザック」戦では、アイザックがこの[[カード]]をモチーフにしたと思われる[[罠カード]]《現世と鏡界の逆転》を使っている。

-コナミのゲーム作品において―~
[[TAG FORCE>ゲーム付属カード#TF1]]では、ブルー生徒の野畑義賢が切り札として使用している。~
しかし、その後の[[制限改訂]]で[[禁止カード]]に指定されたため、2以降は全く違う[[デッキ]]になっている。~
±デュエルリンクスにおいては、この[[カード]]自体は実装されていないものの、「決闘年代記 激突!!バトル・シティ」において敵CPU専用スキルとしてイシズが「現世と冥界の逆転」を使用する。~
--デュエルリンクスにおいては、この[[カード]]自体は実装されていないものの、「決闘年代記 激突!!バトル・シティ」において敵CPU専用スキルとしてイシズが「現世と冥界の逆転」を使用する。~
[[デュエル]]開始から数[[ターン]]後に[[お互い]]の[[墓地]]に関係なく使用してくるので、場合によっては[[デッキ切れ]]により敗北する可能性がある。~


**関連カード [#card]
-[[《デビル・コメディアン》]]

-[[《ペンギン・ナイト》]]

-[[デュエル中に1度しか使用できない効果を持つカード>1ターンに1度#duel]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【現世と冥界の逆転】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[週刊少年ジャンプ(2002年4・5合併号) 付属カード>書籍付属カード#WJ]] WJ-04 &size(10){[[Ultra]]};
-[[決闘者の栄光−記憶の断片− side:武藤遊戯]] 15AX-JPM51 &size(10){[[Millennium>N-Parallel#MR]],[[Secret]]};
-[[デュエリストパック−王の記憶編−]] DP17-JP037

**FAQ [#faq]
Q:この[[カードの効果]]で[[《ダンディライオン》]]等が[[墓地へ送られた]]場合、その[[カードの効果]]は[[発動]]しますか?~
A:いいえ、[[発動]]しません。(15/01/01)
//DBより

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《現世と冥界の逆転》,罠,通常罠,);