*《&ruby(ブラックメタルドラゴン){黒鋼竜};/Black Metal Dragon》 [#top]
 効果モンスター
 星1/闇属性/ドラゴン族/攻 600/守 600
 (1):自分メインフェイズに自分フィールドの
 「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
 自分の手札・フィールドからこのモンスターを
 攻撃力600アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
 (2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
 デッキから「レッドアイズ」カード1枚を手札に加える。

 [[クラッシュ・オブ・リベリオン]]で登場した[[闇属性]]・[[ドラゴン族]]の[[下級モンスター]]。~
 [[手札]]か[[フィールド]]から[[レッドアイズ]]に装備し[[攻撃力]]を600上げる[[起動効果]]、[[フィールド]]から[[墓地へ送られた]]場合に[[レッドアイズ]]を[[サーチ]]する[[誘発効果]]を持つ。~

 (1)の[[効果]]は、[[手札]]・[[フィールド]]から[[レッドアイズ]][[モンスター]]に装備して[[攻撃力]]を増強する[[効果]]。~
 上昇値は微量だが、[[《真紅眼の黒竜》]]に装備すれば3000、[[《真紅眼の飛竜》]]に装備すれば[[上級]]ラインの2400にまで上げられる。~
 また、[[召喚権]]を消費せず[[モンスターゾーン]]を圧迫せずに[[フィールド]]に出せるため、(2)の[[効果]]にもつなげやすくなる。~
 変わったところでは、[[《真紅眼の不死竜》]]の[[攻撃力]]を上げて[[戦闘破壊]]可能な[[アンデット族]][[モンスター]]の範囲を広げるという方法もある。~

 (2)の[[効果]]は、[[フィールド]]から[[墓地へ送られた]]場合に[[レッドアイズ]][[カード]]を[[サーチ]]する[[効果]]。~
 [[サーチ]]する[[カード]]は[[モンスターカード]]に限らないため、[[《真紅眼融合》]]など[[デッキ]]の[[キーカード]]となる[[カード]]を状況に応じて[[サーチ]]できる。~
 (1)の[[効果]]で[[装備カード]]となっている場合に[[墓地]]へ送られても[[発動]]するため、[[アドバンテージ]]の消費を抑える事ができる。~
 [[タイミングを逃さない>タイミングを逃す]][[効果]]なので、[[エクシーズ素材]]以外の各種素材や[[コスト]]として[[墓地へ送って>墓地へ送る]]も[[サーチ]]できる。~
 また、[[《金華猫》]]でこの[[カード]]を[[特殊召喚]]すれば、[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]を[[特殊召喚]]した上で[[レッドアイズ]][[カード]]も[[サーチ]]できる。~

 [[制限カード]]である[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]も[[サーチ]]できるため、[[【真紅眼の黒竜】]]以外の各種[[【ドラゴン族】]]でも採用を検討できる。~
 ただし、その場合は(1)の[[効果の対象]]がいないことが多いので、他の[[レッドアイズ]]も採用したい。~

-(2)の[[効果]]は近年の[[カード]]にしては珍しく、[[同名カード]]を含めた回数制限が無い。~
そのため、複数回[[フィールド]]から[[墓地へ送る]]ことで同一[[ターン]]で2枚以上の[[レッドアイズ]]を[[サーチ]]できる。~
~
以下はその[[コンボ]]の一例である。~
ただし、[[エクストラデッキ]]の枠を大量に消費するので、採用するかどうかは[[自分]]の[[デッキ]]と相談したい。~
>
+[[《スケープ・ゴート》]]の[[効果]]を[[発動]]→4体の[[羊トークン]]を[[特殊召喚]]。~。
+[[《スケープ・ゴート》]]の[[効果]]を[[発動]]→4体の[[羊トークン]]を[[特殊召喚]]。~
+[[羊トークン]]AとBで[[《ミセス・レディエント》]]を[[リンク召喚]]する。
+《黒鋼竜》を[[召喚]](又は他[[カード]][[効果]]で[[特殊召喚]])し、その《黒鋼竜》と[[羊トークン]]Cで[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]Aを[[特殊召喚]]し、[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]を[[サーチ]]する。~
+[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]Aを[[除外]]して[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]を[[特殊召喚]]し、その[[効果]]で《黒鋼竜》を[[蘇生]]する。~
+[[羊トークン]]Dとその《黒鋼竜》で[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]Bを[[特殊召喚]]し、[[《真紅眼の鎧旋》]]を[[サーチ]]する。~
+[[《ミセス・レディエント》]]と[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]で[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]Cを[[特殊召喚]]する。~
+[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]B・Cで[[ギャラクシーアイズ]][[エクシーズモンスター]]を[[エクシーズ召喚]]し、更に重ねて[[《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》]]を[[エクシーズ召喚]]する。~
+[[《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》]]の[[コスト]]で[[《伝説の黒石》]]・[[《真紅眼の黒竜》]]・[[《真紅眼の黒炎竜》]]を[[墓地へ送る]]。~
+[[墓地]]の[[《伝説の黒石》]]を(2)の[[効果]]で回収する。~
<
これにより、次の[[ターン]]に[[《伝説の黒石》]]と[[《真紅眼の鎧旋》]]で[[ランク]]7の[[エクシーズ召喚]]の準備が整い、[[《真紅眼の鎧旋》]]の(2)の[[効果]]によるリカバリーも補える。~

-原作・アニメにおいて―~
「決闘者の王国」の「城之内vsキース」戦において、城之内が《闇竜族の爪》という[[装備魔法]][[カード]]を使用している。~
[[効果]]は「[[闇属性]]の[[ドラゴン族]][[モンスター]]の[[攻撃力]]を600アップ」というものであり、この[[カード]]と似ている。~
この[[カード]]が[[レッドアイズ]]に対応しているのは、原作で《闇竜族の爪》が使用されたのが[[《レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン》]]だったことに由来するのだろう。
--ちなみに、アニメでは王国編の「城之内vsダイナソー竜崎」戦にて竜崎が《闇竜族の爪》を使用するシーンが追加されている。~
この[[デュエル]]において《闇竜族の爪》は[[《真紅眼の黒竜》]]に装備された。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[レッドアイズ]]

-[[《レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン》]]

-[[《超重武者装留イワトオシ》]]

―《黒鋼竜》の姿が見られる[[カード]]
-[[《真紅眼の鎧旋》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【真紅眼の黒竜】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[クラッシュ・オブ・リベリオン]] CORE-JP022

**FAQ [#faq]
Q:(1)の[[効果]]で[[対象]]に選択した[[モンスター]]が[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在しなくなったり、[[コントロール]]が[[相手]]に移り[[装備カード]]にする処理ができなくなった場合、この[[カード]]は[[墓地]]へ送られますか?~
A:はい、[[墓地]]へ送られます。(15/04/24)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《黒鋼竜》,モンスター,効果モンスター,星1/闇属性/ドラゴン族/攻600/守600);