*《&ruby(ざいほう){財宝};への&ruby(かく){隠};し&ruby(つうろ){通路};/Secret Pass to the Treasures》 [#top]
 通常魔法
 表側表示で自分フィールド上に存在する攻撃力1000以下のモンスター1体を選択する。
 このターン、選択したモンスターは相手プレイヤーを直接攻撃する事ができる。

 [[Pharaonic Guardian −王家の守護者−]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[攻撃力]]1000以下の[[モンスター]]1体を[[対象に取って>対象をとる(指定する)効果]]、その[[ターン]]限りの[[直接攻撃]]能力を付与する[[効果]]を持つ。~

 [[デメリット]]なく[[直接攻撃]]が可能になるが、低[[攻撃力]][[モンスター]]しか対象にできず、その[[ターン]]限りという[[適用]]期間の制約も厳しい。~
 ただ使うだけなら[[《ご隠居の猛毒薬》]]を使用すれば同程度の[[ダメージ]]になり、[[戦闘]]を介さないで済む分そちらの方が扱いやすい。~
 [[《隼の騎士》]]等の[[連続攻撃]][[効果]]で[[戦闘ダメージ]]を狙うか、[[黒蠍]]等の[[戦闘ダメージ]]を[[トリガー]]とする[[モンスター効果]]との[[コンボ]]を狙うことになる。~

 [[攻撃力]]が参照されるのは[[発動]]時のみなので、[[起動効果]]等でこの[[カード]]の[[発動]]後に[[自己強化]]するか、他の[[カード]]で強化してやることで高い[[攻撃力]]で[[攻撃]]することが可能。~
 [[《お注射天使リリー》]]のような[[モンスター]]と相性が良いと言える。~
 その他、[[《超重武者ビッグベン−K》]]は[[守備表示]]のまま[[攻撃]]でき、その高い[[守備力]]を[[攻撃力]]として扱うので、高い[[戦闘ダメージ]]が期待できる。~

-かつて、この[[カードの効果]]を[[適用]]した[[モンスター]]が何らかの[[効果]]で[[攻撃力]]1001以上になった場合、関係が断ち切られ[[直接攻撃]]が不可能になるとの裁定が出ていた。~
つまり、[[ダメージステップ]]中に[[攻撃力]]を1001以上にする[[任意効果]]は[[発動]]すらできなかったのである。~
類似[[効果]]を持つ[[《威圧する魔眼》]]は、最初から[[発動]]後に[[モンスター]]を[[強化]]しても関係は断ち切られない裁定であった。~
現在は[[《威圧する魔眼》]]同様、[[攻撃力]]を1001以上に[[強化]]しても[[直接攻撃]]できる。~

-ザ・ヴァリュアブルブック8では[[レアリティ]]表記が「Norma」と誤植されている。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ5D'sの「クロウvsイェーガー」(2戦目)において、イェーガーがこの[[カード]]に似た[[効果]]を持つ、[[永続魔法]]《隠し通路》を使用した。~

--アニメZEXAL&ruby(セカンド){II};では、完全[[下位互換]]の《シャイニング・ブリッジ》が登場している。

-コナミのゲーム作品において―~
遊戯王ONLINE DUEL ACCELERATORでは初期から実装されていたが、2010年7月30日を境に突如[[《霊魂消滅》]]と共に使用不能となった。~
公式ページにもその告知が載せられたが、[[禁止カード]]になるどころか存在自体がゲームから抹消されてしまったのである。~
また、[[OCG]]やアニメ[[オリジナルカード]]を問わず、あらゆる[[カード]]を収録しているTAG FORCEシリーズでも、[[裁定変更]]後に配信されたTAG FORCE SPまで収録されなかった。~
上記の[[裁定変更]]前の関係が断ち切られる処理が難しかったためと思われる。~
//--デュエルリンクスには初期から実装されており頻繁に使用されている。

--アプリゲーム「デュエルリンクス」では、[[裁定変更]]後の配信だったため初期から実装されている。~
初期の[[環境]]では[[《カラテマン》]]と[[《閃光の双剣−トライス》]]を併用した【カラテマン1キル】で[[キーカード]]として使用されていた。~
その後は[[《墓守の従者》]]と[[《ユニオン・アタック》]]を併用した高スコア獲得[[デッキ]]【ユニオン従者】での[[キーカード]]として活躍している。~
また、[[サイレント・ソードマン]]や[[《沈黙の剣》]]が実装された際には彼らと併用した【サイレント・ソードマン1キル】の[[キーカード]]として、久々に[[環境]]に姿を現した。~
デュエルリンクスのルールでは初期[[ライフ]]が4000であり、使用できる[[カード]]の違いから、[[直接攻撃]]可能にした[[モンスター]]を強化し[[1ターンキル]]を狙う戦術が[[OCG]]と比べ成功しやすいのである。~
【サイレント・ソードマン1キル】での活躍が決定打となったのか、「いつでもデュエルを終わらせる強さを持った[[カード]]」として2018/06/26からLIMIT2に指定されることになった。


**関連カード [#card]
-[[《流星の弓−シール》]]
-[[《光学迷彩アーマー》]]
-[[《威圧する魔眼》]]
-[[《エレキー》]]

-[[《狭き通路》]]
-[[《暗黒界に続く結界通路》]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Pharaonic Guardian −王家の守護者−]] PH-36
-[[DUELIST LEGACY Volume.5]] DL5-121
-[[BEGINNER'S EDITION 2]] BE2-JP234

**FAQ [#faq]
Q:この[[カードの効果]]が[[適用]]された[[モンスター]]の[[攻撃力]]が1000より高くなった場合、[[直接攻撃]]できますか?~
A:はい、[[直接攻撃]]できます。(14/09/01)~

//Q:この[[カード]]で[[対象]]に指定した[[《お注射天使リリー》]]の[[効果]]を[[ダメージ計算]]時に[[発動]]できますか?~
//A:いいえ、できません。~
//  これに限らず、[[任意効果]]で[[攻撃力]]を1001以上に上げられません。(14/02/07)~

//Q:この[[カード]]の[[効果]]が[[適用]]されている[[モンスター]]がこの[[カード]]の[[効果]]で[[直接攻撃]]を行う際の[[バトルステップ]]時や[[ダメージステップ]]時にその[[モンスター]]に[[《突進》]]([[攻撃力]]を1000超える状況の場合)を[[発動]]する事自体できますか?~
//A:いいえ、できません。(14/02/07)

//Q:[[自分]]の[[手札]]は1枚だったので[[攻撃力]]が900の状態の[[《ムカムカ》]]に[[メインフェイズ]]にこの[[カード]]を[[発動]]しました。~
//  その後[[《強欲な瓶》]]を使用し[[カード]]を1枚[[ドロー]]しました。~
//  [[攻撃力]]が1001以上になりましたがこの場合の処理はどうしますか?~
//A:[[強制効果]]で[[攻撃力]]が1000を上回った場合は、この[[カード]]との関係が断ち切られ、[[直接攻撃]]ができなくなります。(08/12/25)

//Q:[[攻撃力]]900の[[《ムカムカ》]]にこのカードを適用、他の[[モンスター]]で、相手の[[《悪魔の偵察者》]]を[[攻撃]]して[[リバース]]しました。~
//  3枚[[ドロー]]した結果[[魔法カード]]は存在せず、[[《ムカムカ》]]の[[攻撃力]]は1800になりました。~
// この場合、[[直接攻撃]]の権利はどうなりますか?~
//A:この[[カード]]との関係が断ち切られ、[[直接攻撃]]ができなくなります。(09/01/12)

//Q:[[《閃光の双剣−トライス》]]を装備し[[攻撃力]]が1000以下となった[[モンスター]]にこの[[カードの効果]]を[[適用]]しました。~
//  その後[[バトルフェイズ]]に入った時[[相手]]が[[《サイクロン》]]を[[発動]]し[[《閃光の双剣−トライス》]]を[[対象]]に指定し[[破壊]]しました。~
//  [[攻撃力]]が1001以上になりましたが処理はどうしますか?~
//A:[[直接攻撃]]ができなくなるため、[[バトルステップの巻き戻し]]を行います。(09/01/28)



//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《財宝への隠し通路》,魔法,通常魔法,);