*《&ruby(シエン){紫炎};の&ruby(よりこ){寄子};/Shien's Squire》 [#top]
 チューナー(効果モンスター)
 星1/地属性/戦士族/攻 300/守 700
 自分フィールド上に存在する「六武衆」と名のついたモンスターが戦闘を行う場合、
 そのダメージ計算時にこのカードを手札から墓地へ送って発動する。
 そのモンスターはこのターン戦闘では破壊されない。

 [[STORM OF RAGNAROK]]で登場した[[地属性]]・[[戦士族]]の[[下級モンスター]]の[[チューナー]]。~
 [[戦闘]]を行う[[六武衆]]に、[[戦闘破壊]][[耐性]]を付与する[[誘発即時効果]]を持つ。~

 [[六武衆]]を[[戦闘破壊]]から守る[[手札誘発]][[効果]]の持ち主。~
 [[戦闘破壊]][[耐性]]はその[[ターン]]中持続するため、後続の[[攻撃]]も凌げるが、[[戦闘ダメージ]]を0にする[[効果]]はないので、[[六武衆]]が[[攻撃表示]]の場合は[[ダメージ]]を受けてしまう。~
 その上、[[手札誘発]][[カード]]は現在[[モンスター効果]]を対策するほうが主流であり、[[戦闘破壊]]対策となる[[手札誘発]]の需要は多くない。~
 [[《紫炎の狼煙》]]や[[《六武の門》]]で[[サーチ]]できないなど取り回しもイマイチで、[[効果]]の有用性は高いとはいえない。~

 [[効果]]を無視して[[地属性]]の[[レベル]]1[[チューナー]]として利用するという手もある。~
 [[レベル]]1[[戦士族]]なので[[《トゥルース・リインフォース》]]に対応しており、[[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]でも[[リクルート]]しやすい。~
 ただ、同[[属性]]・同[[種族]]の[[レベル]]1[[チューナー]]には[[《アタック・ゲイナー》]]も存在し、あちらの方が[[効果]]を活用できる機会は多い。~

 [[【六武衆】]]においては[[《紫炎の道場》]]で[[リクルート]]しやすいのも利点になる。~
 しかし、[[【六武衆】]]の[[レベル]]1[[チューナー]]としては、[[《影六武衆−フウマ》]]の方が圧倒的に使いやすい。~
 あちらは[[六武衆]]の名を持つため、[[《紫炎の狼煙》]]・[[《六武衆の結束》]]・[[《諸刃の活人剣術》]]などにも対応し、受けられる[[サポートカード]]の数が段違いである。~
 [[地属性]]なので[[《真六武衆−キザン》]]と共に[[《ナチュル・ビースト》]]を[[シンクロ召喚]]できるのは利点であるが、[[サポートカード]]の差は如何ともしがたく、かなり厳しい立場に置かれている。~

-かつては[[【六武衆】]]の主力[[レベル]]1[[チューナー]]として重宝されていた。~
[[《紫炎の道場》]]に[[武士道カウンター]]を1つ乗せて[[リクルート]]し、[[《真六武衆−キザン》]]等の[[レベル]]4[[六武衆]]と共に[[《真六武衆−シエン》]]の[[シンクロ素材]]となるのが主な仕事であった。~
この任務をつつがなくこなし、他にも多数の[[メリット]]を持つ[[《影六武衆−フウマ》]]の登場により、一気に評価を落としてしまった[[カード]]である。~

-この[[カード]]の攻守は同[[カテゴリ]]に属する[[《紫炎の足軽》]]の攻守を入れ替えたものとなっている。~
下記の通りこの[[カード]]は[[《紫炎の足軽》]]と[[イラスト]]が似通っており、意識して設定されたのだろう。~

-[[イラスト]]では、武装した猿の姿をしている。~
[[獣戦士族]]か[[獣族]]を思わせる姿をしているが、あくまでも[[戦士族]]である。~

--姿が猿であるのは[[《紫炎の足軽》]]と同じく木下藤吉郎をモチーフとしているからだと思われる。~
詳細は[[《紫炎の足軽》]]を参照。~

--[[イラスト]]には[[《紫炎の足軽》]]と似通った要素が多く存在しており、「猿の姿をしており、[[獣戦士族]]か[[獣族]]を思わせる[[イラスト]]だが、[[戦士族]]である」という点も共通している。~
この[[カード]]が[[戦士族]]なのも、[[《紫炎の足軽》]]と同じく、[[六武衆]]と[[種族]]を統一するという[[カード]]デザイン上の理由に加えて、モチーフが人間であるという事が関係するのだろう。~

--ちなみに、猿と言っても[[《紫炎の足軽》]]とは猿としての種類や毛色も異なっている。~
[[《紫炎の足軽》]]と共に描かれている[[イラスト]]もあることから、同一のキャラクター・個体ではないようである。~
//もしかしたら[[《紫炎の足軽》]]の幼少期なのかもしれない。~

-「寄子」とは「寄親」の対になる言葉。~
中世日本において親子を模して結ばれた主従関係の内、寄親の配下にある者を指す。~
分かりやすく言えば「親分・子分」の「子分」となるだろうか。~
--英単語「Squire」には「地方裁判官」などいくつかの意味があるが、この場合は「騎士の従者」「高官のお供」あたりだろう。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[紫炎]]
-[[六武衆]]

―類似[[効果]]
-[[《ガード・ヘッジ》]]
-[[《H・C ソード・シールド》]]
-[[《BF−蒼天のジェット》]]

―《紫炎の寄子》の姿が見られる[[カード]]
-[[《影六武衆−キザル》]]

-[[《忍の六武》]]
-[[《透破抜き》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【六武衆】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[STORM OF RAGNAROK]] STOR-JP026

**FAQ [#faq]
//Q:~
//A:

Q:効果分類は何ですか?~
A:[[誘発即時効果]]です。(10/12/02)

Q:1回の[[戦闘]]で複数のこの[[カード]]を[[発動]]できますか?~
A:1度の[[戦闘]]につき、1枚だけ使えます。(10/11/27)

Q:この[[カード]]の[[モンスター効果]]が[[適用]]された[[六武衆]]が[[《月の書》]]で[[裏側守備表示]]にされた場合、その[[効果]]は消えますか?~
A:[[裏側守備表示]]になっために[[効果が適用>効果の適用]]されず、[[戦闘破壊]]されるようになります。(11/12/08)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《紫炎の寄子》,チューナーモンスター,効果モンスター,モンスター,星1/地属性/戦士族/攻300/守700,紫炎,);