*《&ruby(ガーディアン){守護者};スフィンクス/Guardian Sphinx》 [#top]
 効果モンスター
 星5/地属性/岩石族/攻1700/守2400
 このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
 このカードが反転召喚に成功した時、
 相手フィールド上に存在するモンスターを全て持ち主の手札に戻す。

 [[Pharaonic Guardian −王家の守護者−]]で登場した[[地属性]]・[[岩石族]]の[[上級モンスター]]。~
 [[サイクル・リバース]][[モンスター]]の一体であり、自身を[[裏側守備表示]]にする[[起動効果]]と、[[相手]][[フィールド]]上の[[モンスター]]を[[バウンス]]する[[誘発効果]]を持つ。

 「[[バウンス]]から[[直接攻撃]]」という流れを、1体の[[モンスター]]で毎[[ターン]]行える。~
 [[リリース]]が必要になるが、[[地属性]]・[[岩石族]]は数が多く、[[《トランスターン》]]で[[リクルート]]しやすい。~
 [[サイクル・リバース]][[モンスター]]には該当する[[ステータス]]の[[モンスター]]も多い。~
 また[[《縮退回路》]]と[[コンボ]]すれば、[[相手]][[フィールド]]の[[モンスター]]を全て[[除外]]できる。~
 [[《死皇帝の陵墓》]]とも相性が良く、[[【死皇帝の陵墓】]]でも採用を検討できる。~

 [[相手]][[ターン]]では[[裏側守備表示]]で存在する場合が多いので、[[《地砕き》]]や[[《ライトニング・ボルテックス》]]等の[[表側表示]]に限定された[[除去]][[カード]]にも強い。~
 ただし、[[表示形式]]を問わずに[[除去]]する[[カード]]には注意が必要。~

 [[反転召喚]]を繰り返す都合、[[召喚]]を[[トリガー]]とする[[《激流葬》]]や[[《奈落の落とし穴》]]、[[《神の宣告》]]等に対応される事も多いので、[[《王宮のお触れ》]]等で[[罠カード]]には対策しておきたい。~
//[[相手]]の[[フィールド]]がガラ空きになった時も、[[《冥府の使者ゴーズ》]]が[[特殊召喚]]される可能性がある。~
 また、[[ペンデュラム召喚]]の連発に長けた[[相手]]は[[バウンス]]してもまた展開されやすく、[[バウンス]]後の戦術の厚みがより要求される[[環境]]となったのは否めないだろう。~
 [[守備力]]についても、登場当初ならともかく、現[[環境]]では2500以上の[[モンスター]]が出てくることも多く、[[戦闘破壊]]される可能性も高い。~

-[[サイクル・リバース]][[モンスター]]のお約束として、[[《継承の印》]]や[[《リビングデッドの呼び声》]]で[[蘇生]]させた場合でも[[裏側守備表示]]にする[[効果]]を発動する事で[[完全蘇生]]となる。~
この[[カード]]の登場当初は[[《早すぎた埋葬》]]が[[無制限カード]]であり、これ単体でも[[カード]]プールの乏しかった当時としては驚異的な性能を誇っていたこともあって、[[02/05/01>禁止・制限カード/2002年5月1日]]には[[準制限カード]]に指定されている。~
//「[[禁止カード]]にすべき」との意見すらあったほどであった。~
その後[[03/04/10>禁止・制限カード/2003年4月10日]]の[[制限改訂]]で[[制限解除]]されている。~
[[表示形式]]・[[ステータス]]等を問わす[[相手]][[モンスター]]のみを全て[[バウンス]]できるのは現在でも稀有な[[効果]]であり、期が進んだ昨今でも類似[[効果]]を持つ[[カード]]はほとんど存在しない。~
//現在も[[召喚]]に手間のかかる[[シンクロモンスター]]や[[エクシーズモンスター]]にとっては脅威の[[効果]]であり、大打撃を与えることが出来る。~

//-[[サイクル・リバース]][[モンスター]]の宿命として[[《強奪》]]には弱い。~
//奪われた後で[[裏側守備表示]]にされた場合、完全に[[コントロール]]を奪われてしまう。~
//[[07/09/01>禁止・制限カード/2007年9月1日]]の[[制限改訂]]で[[《強奪》]]が[[禁止カード]]指定を受けた事の恩恵に預かった[[モンスター]]の内の一体である。~
//しかし後に[[《堕落》]]や[[《薔薇の刻印》]]が登場し、再び[[コントロール]]が奪われる危険ができた。~
//これらの[[カード]]は[[装備魔法]]なので、[[裏側守備表示]]で相手[[ターン]]を迎えればやり過ごせるが、[[《太陽の書》]]や[[《光の護封剣》]]などで[[表側表示]]にされると[[コントロール]]を奪われてしまうので注意が必要。

-[[アドバンスセット]]される、数少ない[[上級モンスター]]である。~
流行当時は次の[[相手]][[ターン]]に[[反転召喚]]させないため、あえて[[攻撃]]を仕掛ける決闘者が多かったが、それを逆手にとって[[《地獄詩人ヘルポエマー》]]を[[セット]]する作戦もあった。~
現在でも[[攻撃]]を誘いやすいため、[[《D2シールド》]]や[[《クロスカウンター》]]等と組み合わせて使うのも面白い。~

-当時としては珍しい、[[ガーディアン]]と[[スフィンクス]]の、2つの[[カテゴリ]]を併せただけの[[カード名]]である。~
もっとも、[[ガーディアン]]も[[スフィンクス]]もこの[[カード]]が登場した後に成立した[[カテゴリ]]なので、意図したものではなく結果的にそうなったのだが。~
もっとも、[[ガーディアン]]も[[スフィンクス]]もこの[[カード]]が登場した後に成立した[[カテゴリ]]なので、意図したものではなく結果的にそのような[[カード名]]になったのだが。~
//現在では、[[《トゥーン・サイバー・ドラゴン》]]や[[《EMオッドアイズ・シンクロン》]]などいくつか存在している。~

-スフィンクスについては[[スフィンクス]]を参照。

-原作・アニメにおいて―~
アニメ版DMで、戦いの儀の前に海馬が遊戯に差し出したジュラルミンケースの中に入っていた[[カード]]の1枚。~

--アニメGXの第49話で双六の店のショーケースの中に置かれているのが確認できる。~
「十代vs遊戯」戦で登場した[[装備魔法]]《インパクト・フリップ》の[[イラスト]]で、[[裏側表示]]のこの[[カード]]が[[《ハーピィ・レディ・SB》]]の[[攻撃]]を受けている。~

-コナミのゲーム作品において―~
[[遊戯王オンライン]]では、2006年6月6日の[[制限改訂]]にてなぜか[[準制限カード]]に指定された。~
OCGでも[[準制限カード]]に指定された事はあるが、この頃に指定する必要があったのかは微妙なところである。~
[[WORLD CHAMPIONSHIP 2008>ゲーム付属カード#WCS2008]]では、謎解きを行うという伝承に従ってか、[[詰めデュエル]]を出題してくる。

**関連カード [#card]
-[[ガーディアン]]
-[[スフィンクス]]

-[[《番兵ゴーレム》]]
-[[《ガーディアン・スタチュー》]]

-[[《守護神エクゾード》]]

-[[《神風のバリア −エア・フォース−》]]
-[[《武神隠》]]

―《守護者スフィンクス》の姿が見られる[[カード]]
-[[《旅人の試練》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【岩石族】]]
-[[【守護神エクゾード】]]
-[[【除去反転】]]
-[[【バウンス・コントロール】]]
-[[【バウンス・ハンデス】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Pharaonic Guardian −王家の守護者−]] PH-25 &size(10){[[Ultra]],[[Parallel]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.5]] DL5-110 &size(10){[[Ultra]],[[Parallel]]};
-[[STRUCTURE DECK−マリク編−]] SDM-004
-[[ストラクチャーデッキ−守護神の砦−]] SD7-JP005
-[[BEGINNER'S EDITION 2]] BE2-JP224 &size(10){[[Ultra]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 2(第7期)]] BE02-JP182 &size(10){[[Ultra]]};

//**FAQ [#faq]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《守護者スフィンクス》,効果モンスター,モンスター,星5/地属性/岩石族/攻1700/守2400,ガーディアン,スフィンクス,);