*《&ruby(しゅごりゅう){守護竜};アガーペイン》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻1500
 【リンクマーカー:上/下】
 ドラゴン族モンスター2体
 自分は「守護竜アガーペイン」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
 その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
 自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
 (2):自分メインフェイズに発動できる。
 2体以上のリンクモンスターのリンク先となるEXモンスターゾーンまたは自分フィールドに、
 EXデッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[SAVAGE STRIKE]]で登場した[[闇属性]]・[[ドラゴン族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[同名カード]]を含めて[[1ターンに1度]]しか[[特殊召喚]]できない[[効果外テキスト]]、[[ドラゴン族]]しか[[特殊召喚]]できない[[永続効果]]、2体以上の[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]となる[[モンスターゾーン]]に[[ドラゴン族]]を[[特殊召喚]]する[[起動効果]]を持つ。~

 (1)は[[ドラゴン族]]以外の[[特殊召喚]]を制限する[[効果]]。~
 [[《守護竜エルピィ》]]・[[《守護竜ピスティ》]]同様、[[フィールド]]に存在する間のみ[[適用]]される。~
 こちらは他に[[モンスター]]が存在すれば[[《スリーバーストショット・ドラゴン》]]の[[リンク素材]]にして[[フィールド]]から離せるため、展開ルートの調整をし易い。~

 (2)は[[ドラゴン族]]を[[エクストラデッキ]]から[[特殊召喚]]する[[効果]]。~
 [[《守護竜エルピィ》]]・[[《守護竜ピスティ》]]とは異なり、[[エクストラモンスターゾーン]]にも条件を満たしていれば[[特殊召喚]]できる。~
 それが狙えるのは自身を[[エクストラモンスターゾーン]]の真下に[[蘇生]]させた場合程度だが、覚えておくと良い。~

 自身の[[リンクマーカー]]の向きからして、基本的には[[エクストラモンスターゾーン]]にこの[[カード]]を出し、その下の[[メインモンスターゾーン]]の左右に別の[[リンクモンスター]]を出して[[特殊召喚]]する事になるだろう。~
 [[発動条件]]を満たすのは一見難しく思えるが、[[《星遺物の守護竜》]]を使用すれば比較的簡単に条件は整う(詳細はあちらを参照)。~
 横向きの[[リンクマーカー]]を持つ[[リンクモンスター]]を[[蘇生]]や[[帰還]]させるなどして条件を満たすのも良い。~

 勘違いしやすいが(2)の[[効果]]の[[特殊召喚]]先はこの[[カード]]の[[リンク先]]である必要はない。~
 あくまで2体以上の[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]となる自分の[[モンスターカードゾーン]]であるため、例えば相手の[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]がこちらの[[メインモンスターゾーン]]を向いている時、同じ場所に[[リンク先]]が向くように他の[[リンクモンスター]]を用意すれば、この[[カード]]を[[蘇生]]・[[帰還]]などさせても[[特殊召喚]][[効果]]を狙える。~
 同様のことは類似[[効果]]をもつ[[《守護竜ピスティ》]]・[[《守護竜エルピィ》]]にも言えるため、覚えておくといいだろう。~
 あくまで2体以上の[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]となる[[自分]]の[[モンスターカードゾーン]]であるため、例えば[[相手]]の[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]がこちらの[[メインモンスターゾーン]]を向いている時、同じ場所に[[リンク先]]が向くように他の[[リンクモンスター]]を用意すれば、この[[カード]]を[[蘇生]]・[[帰還]]などさせても[[特殊召喚]][[効果]]を狙える。~
 同様のことは類似[[効果]]を持つ[[《守護竜ピスティ》]]・[[《守護竜エルピィ》]]にも言えるため、覚えておくといいだろう。~

 
 [[特殊召喚]]は[[エクストラデッキ]]からであるため、選択肢が多数ある。~
 ただ、自身を含め[[リンクモンスター]]を複数使うことになるため、[[ドラゴン族]]の[[リンクモンスター]]を併用しておきたいところ。~
 [[ヴァレル]]であれば[[効果]]も申し分なく、この[[カード]]を含めた[[リンク召喚]]も十分狙える範疇。~
 その他は、[[制圧]]狙いであれば[[《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》]]・[[《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》]]あたりが候補。~
 [[戦闘ダメージ]]を稼いで勝負を決める場合は[[《ヴァレルソード・ドラゴン》]]・[[《セイヴァー・デモン・ドラゴン》]]等が選択肢か。~
 [[ギャラクシーアイズ]]を出して[[《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》]]を重ねる事で[[墓地アドバンテージ]]を一気に稼ぐのも良い。~

-[[カード名]]は「アガペー」(キリスト教において「無償の愛」を意味する)と「[[サーペント>《ヴェノム・サーペント》]]」、「ペイン(痛み)」を組み合わせたものと思われる。

--蛇(サーペント)はユダヤ・キリスト教においては悪魔の象徴とされている。~

--サーペントは蛇神を意味する言葉でもあるが、蛇のかたちをとる神は西洋・東洋ともにドラゴン(竜)と混同されることが多かった。~
その影響か、創作においてはサーペントと竜を結びつけている事が少なくない。~

-[[《星遺物−『星槍』》]]から生まれた「守護竜」であると思われる。~
[[イラスト]]下部に見られるのは、[[《星遺物−『星槍』》]]の[[イラスト]]に描かれている建築物の残骸だろう。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]

―《守護竜アガーペイン》の姿が見られる[[カード]]
-[[《オルフェゴール・リリース》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[SAVAGE STRIKE]] SAST-JP053 &size(10){[[Super]],[[Secret]],[[20th Secret>Secret]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《守護竜アガーペイン》,モンスター,リンクモンスター,効果モンスター,リンク2,闇属性/ドラゴン族/攻1500,);