*《&ruby(シルバー){渋い};&ruby(にんじゃ){忍者};/Senior Silver Ninja》 [#top]
 効果モンスター
 星6/地属性/戦士族/攻2300/守2200
 このカードがリバースした時、
 自分の手札・墓地から「渋い忍者」以外の「忍者」と名のついたモンスターを
 任意の数だけ裏側守備表示で特殊召喚する事ができる。
 「渋い忍者」はフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

 [[PHOTON SHOCKWAVE]]で登場した[[地属性]]・[[戦士族]]の[[上級モンスター]]。~
 [[忍者]]の1体であり、[[リバース]]した時に[[手札]]・[[墓地]]から[[同名カード]]以外の[[忍者]]を任意の数[[セット]]できる[[誘発効果]]と、[[同名カード]]の存在を制限する[[ルール効果]]を持つ。~

 [[リバース]]時に[[忍者]]を大量展開できるが、全て[[裏側守備表示]]での[[特殊召喚]]となる。~
 そのため展開時に即座に[[攻撃]]に転じれるわけではなく、[[《忍者マスター SASUKE》]]等とは相性が悪い。~
 よってこの[[カード]]を活かすのであれば、なるべく[[リバースモンスター]]の[[忍者]]と併用したい。~
 [[墓地]]だけでなく[[手札]]からの[[セット]]も可能なので、[[デュエル]]序盤から積極的に狙ってもよい。~

 しかし[[上級モンスター]]を[[セット]]する時点で非常に珍しいプレイングである。~
 性質上[[忍者]][[モンスター]]を併用するため、伏せた[[モンスター]]の正体がこの[[カード]]である事を[[相手]]に容易に推定・警戒させる。~
 そのため、敢えてこの[[カード]]と認識させつつ、即座に[[リバース]]できる[[サポートカード]]を採用したい。~
 性質上[[忍者]][[モンスター]]を併用するため、伏せた[[モンスター]]の正体がこの[[カード]]である事を[[相手]]に容易に推測・警戒させる。~
 そのため、敢えてこの[[カード]]と認識させつつも、即座に[[リバース]]できる[[サポートカード]]を採用したい。~

 [[アドバンスセット]]だけでは手間が掛かるので、[[《死皇帝の陵墓》]]や[[《浅すぎた墓穴》]]による[[サポート>サポートカード]]が欲しいところ。~
 [[《バースト・リバース》]]は[[相手]][[ターン]]に[[セット]]できるため、自[[ターン]]で即座に[[リバース]]できる。~
 同様に[[《忍法 分身の術》]]で[[相手]][[ターン]]にこの[[カード]]を[[セット]]させることで、自分の[[ターン]]ですぐに[[リバース]]できる。~
 [[《バースト・リバース》]]は[[相手]][[ターン]]に[[発動]]でき、[[エンドフェイズ]]に[[セット]]することで自[[ターン]]で即座に[[リバース]]できる。~
 同様に[[《忍法 分身の術》]]でも[[相手]][[ターン]]にこの[[カード]]を[[セット]]させることができる。~
 [[リリース]]に使った[[忍者]]も[[蘇生]]でき、対応する[[レベル]]6にはこの[[カード]]に加え[[《赤竜の忍者》]]も利用できる。~
 いずれも[[リバース]]及び[[反転召喚]]で[[効果]]を[[発動]]できるため相性は抜群。~

 やむを得ず[[アドバンスセット]]する場合は、[[除去]]を兼ねつつ[[リリース]]できる[[《帝王の烈旋》]]や[[《クロス・ソウル》]]を使うと良い。~
 [[カラクリ]][[忍者]]が使いにくくなるが、[[戦士族]]で統一すれば[[《不死武士》]]も[[リリース]]要員に採用できるか。~

 即座に[[リバース]]させる手段としては[[《召喚制限−猛突するモンスター》]]が候補に上がる。~
 [[《浅すぎた墓穴》]]等で[[セット]]すれば即座に[[リバース]]して[[忍者]]を[[セット]]でき、その[[セット]]した[[忍者]]も[[リバース]]する。~
 この時[[《青い忍者》]]や[[《赤い忍者》]]、[[《カラクリ忍者 参参九》]]を[[セット]]できれば[[除去]][[効果]]を[[発動]]した後に[[攻撃]]に参加できる。~
 これ以外には[[《硫酸のたまった落とし穴》]]と組み合せても面白い。~
 [[守備力]]が2000より高い[[モンスター]]なので[[リバース]]時に[[破壊]]されず、一時的に[[表側表示]]となって[[裏側守備表示]]状態へと戻る。~

-[[《青い忍者》]]等と同じく、色の名前を持つ[[忍者]]であり、その読みは当て字である。~
「渋い」と書いて「シルバー」と読ませるのは、「&ruby(いぶ){燻};し銀」という言葉からきているのだろうか。~
下記の[[英語名]]から見るに「高齢」という意味もある様で、忍者の中でも古参の兵なのだろう。~

--[[英語名]]の「Senior」は「年長の」という意味。~
日本では「シルバー」には「高齢者」という意味もあるが、英語の「Silver」にはそういう意味はないので、「Senior」が追加されたのだろう。

--最初の[[《青い忍者》]]が登場したのは1999年5月27日。~
その後、[[《赤い忍者》]]が2003年4月24日、[[《白い忍者》]]が2005年2月24日に登場している。~
そしてこの[[カード]]が登場したのは2011年7月16日。~
[[《青い忍者》]]登場からゆっくりと着実に仲間を増やしている。~
//↑白い忍者から移動
//黒い忍者はカウントしないんですか?

-[[《カラクリ忍者 七七四九》]]に続く[[上級>上級モンスター]][[忍者]]であり、こちらの方がより[[レベル]]が高い。~
[[忍者]]に関する[[効果]]持ちということもあり、[[《忍法 変化の術》]]と組み合せるのであればこちらの方が有用である。~

-[[同名カード]]が1体しか存在できない[[効果]]を持つが、元々[[同名カード]]は[[特殊召喚]]できないので、あまり気にする必要はないだろう。

-Vジャンプ2013年12月号掲載の闇川の[[デッキ]]レシピでは、この[[カード]]の収録弾が「[[ORCS>ORDER OF CHAOS]]」と書かれている。

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[忍者]]

//-[[《渋い忍者》]]
-[[《成金忍者》]]
-[[《青い忍者》]]
-[[《白い忍者》]]
-[[《赤い忍者》]]

―《渋い忍者》の姿が見られる[[カード]]
-[[《忍者マスター HANZO》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【忍者】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[PHOTON SHOCKWAVE]] PHSW-JP031

**FAQ [#faq]
Q:この[[カード]]が[[チェーン]]2以降で[[リバース]]した場合、[[タイミングを逃さず>タイミングを逃す]][[効果]]を[[発動]]することができますか?~
A:いいえ、[[タイミングを逃し>タイミングを逃す]]、[[発動]]する事ができません。(12/03/17)

Q:この[[カード]]を[[対象]]に[[《硫酸のたまった落とし穴》]]を使用した場合、[[タイミングを逃さず>タイミングを逃す]][[効果]]を[[発動]]することができますか?~
A:はい、[[《硫酸のたまった落とし穴》]]の[[効果]]処理が終了した後に、この[[カード]]の[[効果]]を[[発動]]する事ができます。(13/02/03)

Q:《渋い忍者》の[[効果]]で任意枚数の[[忍者]]を[[裏側守備表示]]で[[特殊召喚]]する際は、全ての[[モンスター]]を同時に[[セット]]する扱いですか?~
A:はい、《渋い忍者》の[[効果]]によって[[裏側守備表示]]で[[特殊召喚]]する[[忍者]]と名のつく[[モンスター]]は、全て同時に[[特殊召喚]]された扱いとなります。(12/03/23)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《渋い忍者》,効果モンスター,モンスター,星6/地属性/戦士族/攻2300/守2200,忍者,);