*《&ruby(じゅくれん){熟練};の&ruby(くろまじゅつし){黒魔術師};/Skilled Dark Magician》 [#top]
 効果モンスター
 星4/闇属性/魔法使い族/攻1900/守1700
 このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
 自分または相手が魔法カードを発動する度に、
 このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大3つまで)。
 また、魔力カウンターが3つ乗っているこのカードをリリースして発動できる。
 自分の手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。

 [[黒魔導の覇者]]で登場した[[闇属性]]・[[魔法使い族]]の[[下級モンスター]]。~
 [[魔法カード]]が[[発動]]する度に[[魔力カウンター]]を乗せる[[永続効果]]と、[[《ブラック・マジシャン》]]を[[特殊召喚]]する[[起動効果]]を持つ。~

 [[《ブラック・マジシャン》]]の[[サポートカード]]の中でも比較的古くから存在する一枚。~
 [[除外]]以外の全ての領域から[[《ブラック・マジシャン》]]を[[特殊召喚]]でき、[[アタッカー]]もこなせるので登場当時は重宝された。~
 しかし[[魔力カウンター]]3個という[[発動条件]]は、現在では[[重く>重い]]即効性が低いと言わざるをえない。~
 [[魔法カード]]で[[魔法カード]]を[[サーチ]]できる[[《トゥーンのもくじ》]]や[[《テラ・フォーミング》]]、[[《魔力掌握》]]を利用すればある程度加速できる。~
 だが、[[カード]]プールが増加した現在では[[《ブラック・マジシャン》]]をより高速で[[サーチ]]・[[リクルート]]する手段が多数存在しており、敢えてこの[[カード]]で[[《ブラック・マジシャン》]]を出す理由は見出し難いのが現状である。~

 この[[カード]]を使うならば、[[魔力カウンター]]をいくつも乗せられる[[アタッカー]]として運用した方が良い。~
 [[【魔力カウンター】]]や[[【魔法族の里】]]ならば[[《魔導騎士 ディフェンダー》]]や[[《クルセイダー・オブ・エンディミオン》]]とサポートを共有できるため相性が良い。~

-[[魔法カード]]の[[効果]]処理時が[[魔力カウンター]]を乗せるタイミングとなる。~
[[発動]]が条件であるため、[[カウンター罠]]などで[[魔法カード]]の[[発動]]を[[無効]]にされると[[魔力カウンター]]は乗らない。

-[[手札]]・[[デッキ]]・[[墓地]]に、[[《ブラック・マジシャン》]]がいない状態で[[起動効果]]を[[発動]]することは[[空撃ち]]になるため不可能。~
[[《竜騎士ブラック・マジシャン》]]は[[蘇生]]のみ対応する。

-対となる[[モンスター]]に、[[《バスター・ブレイダー》]]が[[召喚]]できる[[《熟練の白魔導師》]]がいる。~
おそらくは共に[[《超魔導剣士−ブラック・パラディン》]]を[[召喚]]させるための布石としてデザインされたのだろう。~
実際には当時から[[手札融合]]される事が多く、併用する[[デッキ]]はほとんど見られなかった。

//-「黒魔術師」の元ネタは、TVゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズに登場するジョブ(職業)の「黒魔道士」と思われる。~
//攻撃や状態異常の付加等を専門とする黒魔法を使用する事ができるジョブである。~
//ブラックマジックが黒魔術、ブラックマジシャンなら黒魔術師と訳せるため、FFとは関連がない

-原作・アニメにおいて―~
アニメオリジナル「KCグランプリ編」における「闇遊戯vsヴィヴィアン」戦において闇遊戯が使用。~
[[《強欲な壺》]]・[[《竜破壊の証》]]・[[《死者転生》]]で1[[ターン]]の間に[[魔力カウンター]]を全て乗せ[[効果]]を[[発動]]させ、[[デッキ]]の[[《ブラック・マジシャン》]]を[[特殊召喚]]し、[[《超魔導剣士−ブラック・パラディン》]][[融合召喚]]の布石にした。~
[[《強欲な壺》]]・[[《竜破壊の証》]]・[[《死者転生》]]で1[[ターン]]の間に[[魔力カウンター]]を全て乗せ[[効果]]を[[発動]]させ、[[《死者転生》]](アニメ効果)で[[デッキ]]に戻した[[《ブラック・マジシャン》]]を[[特殊召喚]]し、[[《超魔導剣士−ブラック・パラディン》]][[融合召喚]]の布石にした。~
このとき[[魔力カウンター]]が乗るたびに両肩と胸元の装飾に光が灯る描写がなされた。~

--小説版付録のデッキリストによれば、劇場版『光のピラミッド』で遊戯が使用した[[デッキ]]にはこの[[カード]]が2枚入っていたようだ。~
劇中ではこの[[カード]]が[[手札]]に来ることはなかったため、海馬の[[永続罠]]《完全破壊−ジェノサイド・ウィルス−》によって[[デッキ]]から[[墓地]]へ送られてしまったものと見られる。~

--アニメGXでは覇王十代の側近五人衆の一人として登場。~
[[《熟練の白魔導師》]]とタッグを組んでエドと[[デュエル]]し、[[《D−HERO Bloo−D》]]によって敗れた。

--アニメ5D'sでカップラーメンマン(クロウ)に負けた男が持っていたのを確認できる。~

**関連カード [#card]
-[[魔力カウンター]]

-[[《ブラック・マジシャン》]]

//-[[《熟練の黒魔術師》]]
-[[《熟練の白魔導師》]]
-[[《熟練の青魔道士》]]
-[[《熟練の赤魔術士》]]

-[[《魔導召喚士 テンペル》]]

―[[《ブラック・マジシャン》]]を[[デッキ]]から[[特殊召喚]]する
-[[《マジシャンズ・ローブ》]]

-[[《黒魔術のカーテン》]]
-[[《賢者の宝石》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【ブラック・マジシャン】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[黒魔導の覇者]] 303-011 &size(10){[[Super]]};
-[[STRUCTURE DECK−遊戯編− Volume.2]] SY2-015
-[[EXPERT EDITION Volume.1]] EE1-JP120 &size(10){[[Rare]]};
-[[ストラクチャーデッキ−魔法使いの裁き−]] SD6-JP006
-[[ストラクチャーデッキ−ロード・オブ・マジシャン−]] SD16-JP010
-[[決闘王の記憶−闘いの儀編−]] 15AY-JPC19

**FAQ [#faq]
Q:[[特殊召喚]]する[[《ブラック・マジシャン》]]を選ぶタイミングはどのタイミングですか?~
A:[[効果処理時]]に[[特殊召喚]]する[[《ブラック・マジシャン》]]を選択します。 (08/12/08)

Q:[[対象をとる効果>対象をとる(指定する)効果]]ですか?~
A:[[対象をとらない効果]]です。(08/12/08)

Q:このカードを含めて[[自分]][[フィールド]]上に5体の[[モンスター]]がいるとき、[[効果]]を発動できますか?~
A:できます。(10/05/09)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
-----
&tag(《熟練の黒魔術師》,効果モンスター,モンスター,星4/闇属性/魔法使い族/攻1900/守1700,);