*《&ruby(しょうかんじゅう){召喚獣};メルカバー/Invoked Mechaba》 [#top]
 融合・効果モンスター
 星9/光属性/機械族/攻2500/守2100
 「召喚師アレイスター」+光属性モンスター
 (1):1ターンに1度、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、
 そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚墓地へ送って発動できる。
 その発動を無効にし除外する。

 [[ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−]]で登場した[[光属性]]・[[機械族]]の[[融合モンスター]]。~
 [[相手]]が[[発動]]したのと同じ種類の[[カード]]を[[手札コスト]]にその[[発動]]を[[無効]]にして[[除外]]できる[[誘発即時効果]]を持つ。~
 [[相手]]が[[発動]]したのと同じ[[種類のカード>カードの種類]]を[[手札コスト]]にその[[発動]]を[[無効]]にして[[除外]]できる[[誘発即時効果]]を持つ。~

 [[《召喚魔術》]]を使用すれば、[[相手]]の[[墓地]]の[[光属性]]も[[融合素材]]として[[融合召喚]]できる。~
 [[光属性]][[モンスター]]の採用率は比較的高いため、[[《超融合》]]で[[相手]][[フィールド]]の[[モンスター]]を巻き込むことも狙いやすい。~
 [[自分]]の[[カード]]のみで[[融合]]する場合、[[手札誘発]]である[[《エフェクト・ヴェーラー》]]や[[《幽鬼うさぎ》]]、[[除外]]時に[[効果]]を[[発動]]する[[サンダー・ドラゴン]]等は[[《召喚魔術》]]によって[[墓地]]から[[除外]]する[[融合素材]]として使いやすい。~
 [[《召喚魔術》]]で[[《召喚師アレイスター》]]を[[融合素材]]として[[除外]]し、[[手札]]に[[戻す]][[効果]]を使用すれば[[モンスター効果]]を1回[[無効]]にする分の[[コスト]]も確保できる。~

 既に[[《召喚魔術》]]が[[手札]]にある場合、[[《E・HERO プリズマー》]]で[[《召喚師アレイスター》]]を[[墓地へ送る]]ことでこの[[カード]]の[[融合素材]]を揃えられる。~
 [[《召喚魔術》]]で[[墓地]]の[[《召喚師アレイスター》]]を[[除外]]すれば、[[《召喚師アレイスター》]]を[[手札]]に回収することも可能。~
 もっとも、[[《召喚師アレイスター》]]を先に[[召喚]]して[[《召喚魔術》]]を[[サーチ]]、[[手札]]の[[光属性]][[モンスター]]と[[融合召喚]]しても消費自体は同じ。~
 [[カード]]消費にこだわらなければ[[《融合呪印生物−光》]]の[[起動効果]]でも出せるので、[[《フォトン・スラッシャー》]]のような場に出し易い[[モンスター]]、[[《ワンタイム・パスコード》]]や[[《フォトン・サンクチュアリ》]]のような[[光属性]][[トークン]]とで[[特殊召喚]]する手もある。~
 [[《サイバース・ガジェット》]]と[[レベル]]2[[チューナー]][[モンスター]]で[[《ドロドロゴン》]]を[[シンクロ召喚]]すれば即座に[[融合召喚]]する準備が整うことから[[シンクロ召喚]]主体の[[デッキ]]にも[[出張]]できる。~

 [[無効]]範囲は[[《神の摂理》]]と同じだが、[[スペルスピード]]の違いと[[破壊]]ではなく[[除外]]であるという点が異なる。~
 幅広い[[カウンター]]を狙う場合は複数の種類の[[カード]]を[[手札]]に保持しないといけないが、数枚の[[手札]]を握っているだけでも相応のプレッシャーはかけられる。~
 [[無効]]化した[[カード]]を[[除外]]するため、[[墓地]]で機能する[[カード]]に対しても強い。~
 ただ[[ステータス]]はそこまで高くないので、単純な[[戦闘破壊]]を狙ってくる[[相手]]は苦手。~
 [[シンクロモンスター]]や[[エクシーズモンスター]]などの大型[[モンスター]]を出す以前の素材に対して[[効果]]を[[発動]]しても良いだろう。~

-同[[レベル]]同[[属性]]の[[融合モンスター]]である[[《アルカナ ナイトジョーカー》]]に比べ[[融合素材]]が少なく指定も緩いにもかかわらず、[[無効]]化の範囲が広い上に[[ダメージステップ]]でも[[効果の発動]]が可能、さらには[[除外]][[効果]]も付与されている。~
[[種族]]は異なり[[ステータス]]はあちらが高いので単純な[[上位互換]]というわけではないが、時代の差を感じる能力差である。~

-[[18/04/01>リミットレギュレーション/2018年4月1日]]に[[《召喚師アレイスター》]]の緩和と入れ替わる形で[[制限カード]]となる。~
[[召喚獣]]の中でも[[制圧]]的な[[効果]]を持っていた事や[[光属性]]という採用率の高い[[属性]]である事が影響した形だろうか。~
--その後も[[出張]]セットは[[環境]]で時折見られたのだが、純構築でない限りは複数採用される事はまず無いためか、[[20/01/01>リミットレギュレーション/2020年1月1日]]に[[制限解除]]された。~
同時期には[[8体目の召喚獣>《召喚獣アウゴエイデス》]]が登場しているので販売促進も考慮されてのものと思われる。~

-「メルカバー」とはヘブライ語で[[戦車(チャリオット)>《剣闘獣の戦車》]]を指す単語である。~
旧約聖書の1つエゼキエル書では『神の戦車』、『天の車』、『聖なる神の玉座』等とも称されている。~
現実世界でもイスラエル国防軍で運用されている戦車に「メルカバ」の名が付けられている。~
[[カード名]]の通り、[[イラスト]]にも戦車の姿をした[[モンスター]]が描かれている。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[召喚獣]]

-[[《召喚師アレイスター》]]

―類似[[効果]]
-[[《アルカナ ナイトジョーカー》]]

-[[《神の摂理》]]

//―《召喚獣メルカバー》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【召喚獣】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−]] SPFE-JP032 &size(10){[[Super]]};
-[[LINK VRAINS PACK]] LVP1-JP097  &size(10){[[Rare]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《召喚獣メルカバー》,モンスター,融合モンスター,効果モンスター,星9/光属性/機械族/攻2500/守2100,召喚獣);