*《&ruby(こころが){心変};わり/Change of Heart》 [#top]
 通常魔法(禁止カード)
 相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
 このターンのエンドフェイズ時まで、選択したモンスターのコントロールを得る。
//テキストはBE01のもの

 [[Vol.5]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[コントロール奪取]]の開祖にして、その最高峰[[カード]]である。
 [[対象]]の[[相手]][[モンスター]]1体の[[コントロール]]を[[エンドフェイズ]]まで得る[[効果]]を持つ。

 [[ノーコスト>コスト]]かつ[[表示形式]]を問わず、[[コントロール奪取]]できる。~
 [[裏側守備表示]][[モンスター]]を一方的に[[コントロール奪取]]できる[[カード]]は希少であり、特に[[魔法カード]]ではこれと[[《精神操作》]]位のものである。~
 過去には[[裏側表示]]の[[《聖なる魔術師》]]を奪って[[リバース]]すれば、[[相手]]の[[魔法カード]]の回収を防ぎ、[[自分]]はもう1度[[魔法カード]]を回収した後にまた使うという光景も見られた。~

 また、劣勢時に[[相手]]の切り札[[モンスター]]を[[コントロール奪取]]し、逆転勝利してしまう事もあった。~
 そのまま[[攻撃]]してしまってもいいが、奪った[[相手]][[モンスター]]を[[上級モンスター]][[召喚]]の為に[[リリース]]したり、[[《神秘の中華なべ》]]の[[コスト]]にしたり、[[シンクロ素材]]・[[エクシーズ素材]]にしてしまったりと、用法を挙げればキリがない。~
 特に[[召喚条件]]が厳しい[[モンスター]]を[[コントロール奪取]]されてしまうのは精神的にも厳しいものがあり、[[プレイヤー]]のモチベーションを大きく下げる[[カード]]でもあった。~
// 現在では、完全[[下位互換]]である[[《精神操作》]]も[[シンクロ素材]]・[[エクシーズ素材]]とする事で同じような芸当ができるが、この[[カード]]のパワーには及ばない。

-その利便性から、[[00/04/01>禁止・制限カード/2000年4月1日]]に[[制限カード]]に指定され、[[禁止カード]]が導入された[[04/03/01>禁止・制限カード/2004年3月1日]]で即座に[[禁止カード]]に指定された。~
[[04/09/01>禁止・制限カード/2004年9月1日]]に[[制限カード]]に復帰するも、完全[[下位互換]]の[[《洗脳−ブレインコントロール》]]等が登場すると、[[05/03/01>禁止・制限カード/2005年3月1日]]に再び[[禁止カード]]に指定された。~
//その[[《洗脳−ブレインコントロール》]]や[[《精神操作》]]の規制状況は、如何に[[コントロール奪取]]が強力な[[効果]]であるかの表れとも言える。~
その[[《洗脳−ブレインコントロール》]]の長期規制から弱体化[[エラッタ]]への推移は、[[発動条件]]のゆるい[[コントロール奪取]]が如何に強力な[[効果]]であるかの表れとも言える。~
--インフレの進んだ現在のゲームバランスでは、[[対象]]とならない[[耐性]]を持つ[[モンスター]]の増加や、大型[[モンスター]]自体を容易に出せるようになったため、[[コントロール奪取]]をした所で相手にとって致命傷となりえないケースも増えている。~
一方で、その大型[[モンスター]]を奪えれば大打撃であるし、殆どの[[モンスター]]を素材にできる[[リンクモンスター]]の登場もありこの[[カード]]自体の有用性は決して衰えていない。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ版「決闘者の王国編」の「闇遊戯vs闇バクラ」戦において、闇バクラが使用。~
表遊戯の魂が宿った[[《ブラック・マジシャン》]]を[[操り>コントロール奪取]]、仲間同士で戦わせようと[[発動]]したが、この[[カード]]に宿った表人格の獏良が自ら[[《ハイ・プリーステス》]]へと乗り移り失敗に終わった。~
アニメオリジナルの「乃亜編」における「遊戯vs乃亜」戦では、乃亜が使用した。~
遊戯[[デッキ]]の象徴である[[《ブラック・マジシャン》]]を奪い、[[《火之迦具土》]][[召喚]]の[[生け贄]]としている。~
ちなみにこの時、横には[[攻撃力]]ならば[[《ブラック・マジシャン》]]より高い[[《マジシャン・オブ・ブラックカオス》]]がいた。~
あえてこちらを選ばなかったのは、直前の[[ターン]]に[[《ブラック・マジシャン》]]が[[《竜宮之姫》]]の[[効果]]で[[守備表示]]の為に[[ライフ]]を減らせなかったからであろう。~
//サブタイトルにライフ10000vs100となっていたため、脚本のミスということはまずない
また、アニメでは海馬も所持しており、王国編ではジュラルミンケースに入れており、海馬がモクバを突き飛ばした時に落ちていた[[カード]]の内の1枚であり、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚の[[カード]]で説明する際に使用した1枚でもある。~
アニメ版「バトルシティ編」における「闇遊戯vs海馬」においては闇遊戯が使用している。~
海馬の[[永続魔法]]《マジック・サンクチュアリ》の[[効果]]で、[[デッキ]]から[[手札]]に加えられた。~
その後、《クロス・サクリファイス》([[《クロス・ソウル》]]参照)の[[効果]]で[[自分]]の[[モンスター]]が[[生け贄]]可能な状態になった時に[[発動]]され、海馬の[[モンスター]]を奪って[[《オベリスクの巨神兵》]]の[[召喚]]を阻止しようとした。~

--原作における[[《洗脳−ブレイン・コントロール》>《洗脳−ブレインコントロール》]]は、[[OCG]]におけるこの[[カード]]と同一の[[効果]]を持っていた。~

-コナミのゲーム作品において―~
GB、GBAの非OCGルールのゲームシリーズでは、永続的に[[コントロール]]を奪うという極悪な[[効果]]だった。~
DM3で初登場して以降、その強力さから当然の様に[[制限カード]]に指定され続けた。~
だが、DM3・DM8終盤の[[制限カード]]を無視したデュエリスト達は、当たり前のように3枚[[積み>積む]]しており、3[[ターン]]連続で[[モンスター]]を奪われるという悲惨な事態も起こり得る。~
CPUも[[制限カード]]を遵守しているDM4では2枚以上投入している相手はいないが、代わりとして[[《サクリファイス》]]等で補われている事が多い。~

--双六のスゴロクでは、遊戯のスーパーパワー(各キャラクターごとに存在する特殊能力)として登場している。~
[[フィールド]]上の[[モンスター]]1体を一定の確率で自分の[[モンスター]]にするパワーである。~

**関連カード [#card]
-[[《大邪神 レシェフ》]]

-[[《エネミーコントローラー》]]
-[[《強奪》]]
-[[《精神操作》]]
-[[《洗脳−ブレインコントロール》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Vol.5]] &size(10){[[Ultra]],[[Parallel]]};
-[[EX]]
-[[暗黒魔竜復活−REVIVAL OF BLACK DEMONS DRAGON−]] RB-60 &size(10){[[Ultra]],[[Parallel]]};
-[[EX-R]] EX-32
-[[STRUCTURE DECK−遊戯編−]] YU-22
-[[STRUCTURE DECK−ペガサス・J・クロフォード編−]] PE-28
-[[DUELIST LEGACY Volume.2]] DL2-135 &size(10){[[Super]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 1]] BE1-JP168 &size(10){[[Ultra]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 1(第7期)]] BE01-JP141 &size(10){[[Super]]};

**FAQ [#faq]
Q:《心変わり》等で[[自分]]の[[モンスター]]を[[相手]]が[[コントロール]]している時に、その[[モンスター]]が[[戦闘破壊]]された時、[[《命の綱》]]を[[発動]]する事はできますか?~
A:[[戦闘破壊]]された[[モンスター]]が[[自分]]の[[墓地へ送られた]]のであれば、[[《命の綱》]]を[[発動]]する事は可能です。

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《心変わり》,魔法,通常魔法);