*《&ruby(レッドアイズ・スラッシュドラゴン){真紅眼の黒刃竜};》 [#top]
 融合・効果モンスター
 星7/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
 「真紅眼の黒竜」+戦士族モンスター
 (1):「レッドアイズ」モンスターの攻撃宣言時に
 自分の墓地の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターを攻撃力200アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
 (2):自分フィールドのカードを対象とするカードの効果が発動した時、
 自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
 その発動を無効にし破壊する。
 (3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
 このカードに装備されていたモンスターを自分の墓地から可能な限り特殊召喚する。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除
//ソース:4/21発売のVJ

 [[デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−]]で登場する[[闇属性]]・[[ドラゴン族]]の[[融合モンスター]]。~
 [[レッドアイズ]]の[[攻撃]]時に[[墓地]]の[[戦士族]]を装備する[[効果]]、[[装備カード]]を[[コスト]]に[[カードの効果]]を[[無効]]にする[[効果]]、自身が[[破壊された]]場合に[[装備カード]]としていた[[モンスター]]を展開する[[効果]]を持つ。~

 [[融合素材]]に[[《真紅眼の黒竜》]]と[[戦士族]]を指定する。~
 [[《真紅眼の鉄騎士−ギア・フリード》]]は[[レッドアイズ]]や[[装備カード]]を利用した戦術を共有できるため[[融合素材]]として利用しやすい。~
 [[墓地を肥やす]][[効果]]を持つ[[《終末の騎士》]]や[[《ダーク・グレファー》]]等は従来の[[【真紅眼の黒竜】]]でも無理なく採用できる。~
 [[《融合》]]を[[サーチ]]できそのまま[[融合素材]]となる[[《E・HERO ブレイズマン》]]や、[[《真紅眼の黒竜》]]を[[墓地へ送れる>墓地へ送る]][[《E・HERO プリズマー》]]も採用候補となる。~
 [[《暗黒騎士ガイアロード》]]は[[ランク]]7の[[エクシーズ素材]]としても使えるので[[エクシーズ召喚]]軸の[[【真紅眼の黒竜】]]にも無理なく投入でき、さらに[[《龍の鏡》]]による[[《天翔の竜騎士ガイア》]]の[[融合召喚]]も狙える。~

 (1)は[[レッドアイズ]]の[[攻撃宣言]]時に[[墓地]]の[[戦士族]]を[[攻撃力]]200アップの[[装備カード]]扱いとして装備する[[効果]]。~
 [[融合素材]]として[[墓地へ送った>墓地へ送る]][[戦士族]]を装備できるため、自身の[[攻撃]]時には最低でも[[攻撃力]]3000となる。~
 [[レッドアイズ]]の[[攻撃宣言]]の度に[[発動]]できるため、[[墓地を肥やした>墓地を肥やす]]上で他の[[レッドアイズ]]で[[攻撃]]を繰り返せば複数枚の[[装備カード]]を得ることも可能。~
 [[装備カード]]となった[[戦士族]]は(2)(3)の[[効果]]に利用できる。~
 特に[[《E・HERO シャドー・ミスト》]]のような場所を問わず[[墓地へ送られた]]場合の[[効果]]を持つ[[カード]]との相性は抜群で、使いまわす事で[[アドバンテージ]]を稼ぐことができる。~

 (2)は[[装備カード]]を[[コスト]]に[[自分]][[フィールド]]の[[カード]]を[[対象とする効果>対象をとる(指定する)効果]]の[[発動]]を[[無効]]にし[[破壊]]する[[効果]]。~
 (1)の[[効果]]で装備した[[戦士族]]を[[コスト]]にするのが基本となる。~
 ただし、自身の[[効果]]で[[装備カード]]を得られるのは[[攻撃宣言]]時なので、[[融合召喚]]した[[メインフェイズ]]に[[《強制脱出装置》]]等を使われれば対処できない。~

 (3)は[[戦闘]]・[[効果]]で[[破壊された]]場合に、この[[カード]]に装備されていた[[モンスター]]を可能な限り[[蘇生]]する[[効果]]。~
 [[破壊]]された場合にもリカバリーが効き、[[装備カード]]が多い程威力が増すため、(1)の[[効果]]や自身の[[効果]]で[[装備カード]]となる[[《黒鋼竜》]]を利用したい。~
 [[《E・HERO エアーマン》]]や[[《終末の騎士》]]等を装備しておけば、その[[特殊召喚]]時の[[効果]]の[[トリガー]]にもなる。~
 [[自分]]の[[カード]]で[[破壊された]]場合にも[[蘇生]]できるため、[[攻撃]]後に[[破壊]]して追撃するといった[[コンボ]]も狙える。~

 欠点として、[[破壊]]以外の[[除去]]には対応しない点には注意したい。~
 また、[[《真紅眼融合》]]を使用した[[ターン]]に[[破壊]]された場合は制約により[[モンスター]]を[[特殊召喚]]できない。~
 [[特殊召喚]]できるのは[[自分]]の[[墓地]]からのみのため、[[《鎖付き真紅眼牙》]]で装備した[[相手]][[モンスター]]は[[特殊召喚]]できない点も注意したい。~

 [[先攻]]ではルールの都合上(1)の[[効果]]を[[発動]]することができず、結果として(2)(3)の[[効果]]も無意味なものになりやすい。~
 [[先攻]]で出す場合は、[[《真紅眼融合》]]で[[戦士族]]を[[墓地へ送る]]ものとして運用し、[[効果]]は無いものと考えたほうがよいだろう。~
 一応、[[先攻]]でも[[《黒鋼竜》]]を装備すれば(2)(3)の[[効果]]の[[発動条件]]を満たすことはできるが、[[《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》]]を出した方がいい場合も多い。~

-[[融合素材]]の一方が[[《真紅眼の黒竜》]]の[[カード名]]を指定しているため、[[《沼地の魔神王》]]等の[[融合素材代用モンスター]]+[[戦士族]][[モンスター]]でも[[融合召喚]]できる。~
この[[カード]]単体でも装備からの[[無効]]化や[[戦士族]]の[[蘇生]]を狙えるため、[[融合召喚]]の要素を持つ[[【戦士族】]]であれば一考の余地がある。~
[[《E・HERO プリズマー》]]による[[《真紅眼の黒竜》]]の代役も可能なので、[[【E・HERO】]]寄りの構築に混合させる手もある。~
--[[特殊召喚]]への制約が無いため、[[《融合呪印生物−闇》]]の[[起動効果]]も利用可能であり、この場合は[[《融合》]]等が不要となる。~

-[[イラスト]]は[[《真紅眼の黒竜》]]が[[《真紅眼の鉄騎士−ギア・フリード》]]の鎧を纏ったような姿をしている。~
上記2体を[[融合素材]]にこの[[カード]]を[[融合召喚]]することもできる。~
//--[[《真紅眼の黒竜》]]と[[《鉄の騎士 ギア・フリード》]]は共に原作・アニメDMにおいて城之内が使用した[[モンスター]]である。~
--[[《真紅眼の黒竜》]]と[[《真紅眼の鉄騎士−ギア・フリード》]]の[[リメイク]]元である[[《鉄の騎士 ギア・フリード》]]は共に原作・アニメDMにおいて城之内が使用した[[モンスター]]である。~

--装甲を纏った[[《真紅眼の黒竜》]]の繋がりか、[[攻撃力]]・[[守備力]]・[[属性]]は[[《レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン》]]と共通している。~

-この[[カード]]より先に出た似た名前の[[《銀河眼の光波刃竜》]]の読み方は「ブレード・ドラゴン」だがこちらは「スラッシュドラゴン」である。~
混同しない様に注意。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[レッドアイズ]]

-[[《ソードハンター》]]

//―《真紅眼の黒刃竜》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−]] DP18-JP003

//**FAQ [#faq]

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《真紅眼の黒刃竜》,効果モンスター,モンスター,融合モンスター,星7/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400,レッドアイズ);