*《&ruby(はりむし){針虫};の&ruby(そうくつ){巣窟};/Needlebug Nest》 [#top]
 通常罠
 (1):自分のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。

 [[THE DUELIST GENESIS]]で登場した[[通常罠]]。~
 [[自分]]の[[デッキの上>デッキの一番上]]から5枚の[[カード]]を[[墓地へ送る]][[効果]]を持つ。~

 [[《おろかな埋葬》]]のようにピンポイントで[[カード]]を[[落とす]]ことはできないが、こちらは[[墓地アドバンテージ]]の枚数で勝る。~
 [[コスト]]や[[発動条件]]がないため、序盤から[[墓地を肥やす]]事ができる。~
 しかし、[[罠カード]]であるが故に、1[[ターン]]待たねば[[発動]]できないというタイムラグが難点となっている。~
 [[墓地肥やし>墓地を肥やす]][[カード]]としてはある種の[[発動条件]]と言えるほどであり、[[エンドサイク]]等も掻い潜らなければならない。~
 また、手軽に[[墓地を肥やす]][[カード]]としては、[[ライトロード]]や[[《カードガンナー》]]も存在しており、これらは[[墓地肥やし>墓地を肥やす]][[効果]]以外の[[モンスター効果]]も有している。~
 これらは使いきりの[[罠カード]]と違い、即座に[[ディスアドバンテージ]]とはならない。~

 この[[カード]]自体は決して弱くないが、上記の点から全体的に中途半端さが否めない。~
 短期決着を目標とする[[ビートダウン]]では、即効性がある上に[[墓地]]へ送りたい[[カード]]をピンポイントで送れる[[《おろかな埋葬》]]・[[《終末の騎士》]]等が優先される。~
//一応[[《人造人間−サイコ・リターナー》]]のような[[タイミングを逃す]]可能性がある[[カード]]か[[《アークブレイブドラゴン》]]のような[[相手]][[ターン]]に[[墓地]]へ送りたい[[カード]]と組み合わせるという手が考えられるが、やはり運任せになってしまう点が気になる。~
//おろかな埋葬、終末の騎士でもタイミングを逃さないのは変わらない

 [[ランダム]]の[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]にしても前述の[[ライトロード]]等、多くのライバルが存在する。~
 ただしそれらにしても[[エンドフェイズ]]までの維持等、クリアしなければならない条件はあり、また[[《一族の結束》]]等をはじめとする[[カード]]の登場もある。~
 質より量を重視する[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]を目的とする場合にはこちらが有用であることも多くなっており、そうした[[デッキ]]での採用は十分検討できる性能である。~

-[[コスト]]ではないため、[[《マクロコスモス》]][[適用]]下であっても問題なく[[発動]]できる。~
無論、[[墓地へ送る]]代わりに[[除外]]する事になるが。~

-[[自分]]の[[デッキ]]の枚数が5枚未満の時は[[発動]]できない。

-単体では[[カード・アドバンテージ]]を得られないこともあって[[ライトロード]]等の影に隠れがちだったが、[[効果]]で[[墓地へ送られた]]場合を[[発動条件]]とする[[効果]]を持つ[[シャドール]]との相性の良さから注目を浴びた。~
その後[[《クリバンデット》]]の登場により[[【シャドール】]]での採用率は低下していたが、[[14/07/01>リミットレギュレーション/2014年7月1日]]にて似た立場の[[《終末の騎士》]]共々[[制限カード]]に指定された。~
しかし、[[【シャドール】]]の更なる規制に伴い、見当違いの規制と判断されたのか、すぐに[[14/10/01>リミットレギュレーション/2014年10月1日]]で解除された。

-[[カード名]]・[[イラスト]]・[[効果]]から[[《ニードルワーム》]]を意識していると思われる。~
[[イラスト]]には16体もの[[《ニードルワーム》]]と思しき針虫が描かれているが、頭部の形が若干異なる。~
また、1匹だけ[[《ラーバモス》]]と同じ配色の個体が含まれている。~

//-読みは「はりむしのそうくつ」であって、「はりむしのすくつ」ではない。~
//よく間違われる読み方であるため、[[《マインドクラッシュ》]]などで[[カード名]]を[[宣言]]する場合には気をつけておきたい。~
//当て字でもないし、間違えないよ、普通。

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXの「十代vsクロノス」(2戦目)で十代が、[[発動]]時に[[デッキ]]の上から[[カード]]を5枚[[墓地へ送る]][[魔法カード]]《テイク・オーバー5》を使用している。~
アニメGXの「十代vsクロノス」(2戦目)で十代が、[[発動]]時に[[デッキ]]の上から[[カード]]を5枚[[墓地へ送る]][[通常魔法]]《テイク・オーバー5》を使用している。~
こちらは[[墓地]]にある限り[[自分]]の[[カード]][[効果]]で[[カード]]を[[デッキ]]から[[墓地]]に送るのを[[無効]]にする[[デメリット]]と[[発動]]した次の[[スタンバイフェイズ]]に[[手札]]、[[デッキ]]、[[墓地]]にある[[同名カード]]を全て[[除外]]する事で[[カード]]を1枚[[ドロー]]する[[効果]]を持つ。~
また、「十代vsミスターT(ヨハン)」戦にてミスターT(ヨハン)が使用した[[罠カード]]《鉱山爆破》に[[効果]]が類似している。~
また、「十代vsミスターT(ヨハン)」戦にてミスターT(ヨハン)が使用した[[通常罠]]《鉱山爆破》に[[効果]]が類似している。~
こちらには「次の[[ドローフェイズ]]に[[ドロー]]できない」という[[デメリット]]が存在したため[[下位互換]]である。~

--漫画GXの「十代vs三沢」(2戦目)でも、十代が[[魔法カード]]《フュージョン・バース》を使用している。~
こちらには追加[[効果]]として、[[デッキ]]から[[墓地へ送った]]5枚の中に[[融合素材]]が含まれていれば[[融合モンスター]]を[[特殊召喚]]できるという[[効果]]が付いており、この[[カード]]の[[上位互換]]と言える。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《苦渋の選択》]]

-[[《デステニー・デストロイ》]]
-[[《デビル・コメディアン》]]
-[[《ラヴァル・ガンナー》]]
-[[《リチュア・ノエリア》]]

-[[《玄翼竜 ブラック・フェザー》]]

-[[《武神帝−カグツチ》]]

-[[《パワー・ウォール》]]

//―[[イラスト]]関連
//-[[《ニードルワーム》]]
//-[[《ラーバモス》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[THE DUELIST GENESIS]] TDGS-JP079 &size(10){[[N-Rare]]};
-[[DUELIST EDITION Volume 3]] DE03-JP033
-[[デュエリストセット Ver.ライトロード・ジャッジメント]] DS14-JPL31 &size(10){[[Ultra]]};
-[[ストラクチャーデッキR−巨神竜復活−]] SR02-JP038

//**FAQ [#faq]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《針虫の巣窟》,罠,通常罠,);