*《&ruby(サテラナイト){星因士}; ウヌク/Satellarknight Unukalhai》 [#top]
 効果モンスター
 星4/光属性/戦士族/攻1800/守1000
 「星因士 ウヌク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
 デッキから「星因士 ウヌク」以外の「テラナイト」カード1枚を墓地へ送る。

 [[ザ・デュエリスト・アドベント]]で登場した[[光属性]]・[[戦士族]]の[[下級モンスター]]。~
 [[召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した]]場合に[[同名カード]]以外の[[テラナイト]]1枚を[[デッキ]]から[[墓地へ送る]][[誘発効果]]を持つ。

 [[《終末の騎士》]]型の[[墓地肥やし>墓地を肥やす]][[効果]]を持つが、[[メインデッキ]]の[[テラナイト]]に[[墓地へ送る]]事で[[効果]]を[[発動]]できる[[カード]]はない。~
 [[《星因士 アルタイル》]]や[[《リビングデッドの呼び声》]]など、序盤で腐りやすい[[蘇生]][[カード]]を安定して運用する手段として活用する事はできるだろう。~
 重要な[[サーチャー]]である[[《星因士 デネブ》]]を[[デッキ]]から引っ張り出せる点は、[[《星因士 デネブ》]]自身にはできない[[メリット]]である。~

-[[墓地へ送る]]ことができるのは[[テラナイト]][[カード]]なので[[魔法・罠カード]]にも対応しており、[[《星因士 ベテルギウス》]]で回収できる。~
ただし、現時点では[[テラナイト]]に関する[[効果]]を持つ[[罠カード]]は全て[[テラナイト]]の名を持たない。~

-他の[[テラナイト]]の多くとは異なり、[[イラスト]]に影のようなエフェクトが確認できる。~
この影は[[《星因士 シリウス》]]にも見受けられる。

-[[カード名]]の由来は、へび座α星の「ウヌクアルハイ(Unukalhai)」だろう。~
アラビア語で「へびの首」を意味する。
--へび座はギリシャ神話において、アスクレーピオスの医者としての功績を星座化したものであり、かつてはへびつかい座の一部であった。~
彼は死者をも蘇らせることが出来るほどの力を身につけたが、そのことが[[冥王ハーデース>《冥界の魔王 ハ・デス》]]の怒りを買ってしまい、ゼウスに打ち殺されてしまったとされている。~

-マスターガイド5によると、[[シャドール]]との戦いの中で[[シャドール]]の中に[[《ヴェルズ・ケルキオン》]]の力を感じ取り、救出を試みたとの事。~
吸収され[[《シャドール・リザード》]]になってしまったが、杖を[[テラナイト]]に託し、[[《星輝士 デルタロス》]]への進化を促した。~
吸収され[[《シャドール・リザード》]]になってしまったが、杖を[[テラナイト]]に託し、[[《星輝士 デルタテロス》]]への進化を促した。~
一方、吸収されたことで[[シャドール]]にも「星をつなぐ力」を与えてしまっている。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[テラナイト]]

-[[《シャドール・リザード》]]

-[[召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に自分のデッキからカード1枚を墓地へ送る効果を持つモンスター>《終末の騎士》#card]]

―《星因士 ウヌク》の姿が見られる[[カード]]
-[[《影牢の呪縛》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【テラナイト】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ザ・デュエリスト・アドベント]] DUEA-JP022

**FAQ [#faq]
Q:(1)の[[効果]]を[[ダメージステップ]]中に[[特殊召喚]]された時に[[発動]]できますか?~
A:はい、できます。(14/04/19)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《星因士 ウヌク》,効果モンスター,モンスター,星4/光属性/戦士族/攻1800/守1000,テラナイト);