*《&ruby(せいはいけんし){星杯剣士};アウラム》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク2/炎属性/サイバース族/攻2000
 【リンクマーカー:左下/右下】
 「星杯」モンスター×2
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。
 (2):このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、
 そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
 (3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
 手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除


 [[CODE OF THE DUELIST]]で登場した[[炎属性]]・[[サイバース族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[自分]]の[[墓地]]の[[星遺物]][[モンスター]]に比例した[[自己強化]]をする[[永続効果]]、[[リンク先]]の[[星杯]][[モンスター]]を[[リリース]]してそれ以外の[[墓地]]の[[モンスター]]を[[リンク先]]に[[蘇生]]する[[起動効果]]、[[フィールド]]から[[墓地へ送られた]]場合に[[手札]]から[[星杯]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[誘発効果]]を持つ。~

 [[《星杯竜イムドゥーク》]]を先に[[リンク召喚]]し、その[[効果]]で[[手札]]の[[星杯]][[モンスター]]を[[召喚]]すれば[[リンク素材]]が揃う。~
 もしくは、[[《レスキューラビット》]]や[[《おもちゃ箱》]]等の[[通常モンスター]][[サポートカード]]を利用しても[[星杯]][[モンスター]]を[[フィールド]]に揃えることができる。~
 [[《星杯を戴く巫女》]]と[[《星杯に選ばれし者》]]は[[《魔の試着部屋》]]にも対応し、上手くいけば(2)の[[効果]]の[[リリース]]分も含めて展開できる。~
 [[《星杯を戴く巫女》]]なら[[レベル]]2以下の展開手段も多いため[[リリース]]分も揃えやすい。~

 (2)の[[効果]]は[[星杯]][[モンスター]]を[[墓地]]の[[モンスター]]と入れ替える[[効果]]。~
 [[蘇生]][[対象]]に制限がなく、[[バニラ]]の[[星杯]][[モンスター]]を[[効果モンスター]]に入れ替えることができる。~
 [[リンク素材]]と[[リリース]]で3体の[[星杯]][[モンスター]]を消費することになるので、なるべく[[アドバンテージ]]を回復できる[[モンスター]]を狙いたい。~
 [[《星杯竜イムドゥーク》]]を[[蘇生]]させれば[[《星杯戦士ニンギルス》]]の[[リンク召喚]]も狙える。~
// なお、[[特殊召喚]]先の都合上、何らかの[[カード]]でこの[[カード]]を[[蘇生]]してもこの[[効果]]は[[発動]]できないので注意が必要。~

 (3)は自身が[[墓地へ送られた]]場合に[[手札]]の[[星杯]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]。~
 [[星杯]][[リンクモンスター]]の共通[[効果]]である。~
 [[リンク素材]]などに使った場合でも[[発動]]するため、(2)の[[効果]]で[[蘇生]]させた[[モンスター]]と絡めれば大量展開の起点ともなる。~
 例えば、(2)の[[効果]]で[[《ダンディライオン》]]を[[蘇生]]させ、この[[カード]]と[[リンク]]3を出し、[[星杯]]と[[綿毛トークン]]でさらなる[[リンクモンスター]]に繋ぐことができる。~
 ただし、[[星杯]][[リンクモンスター]]は皆この[[効果]]を持っているため、連続で[[リンク召喚]]を行った場合などは[[手札]]消費が荒くなりがちである。~
 [[墓地]]の[[星杯]][[モンスター]]を[[《星遺物の加護》]]で回収したり、[[《星杯の妖精リース》]]で[[手札]]を補充するなどしてフォローしたい。~

-他の[[星杯]][[リンクモンスター]]と比べ、この[[モンスター]]だけ、[[元となったと思われるモンスター>《星杯に選ばれし者》]]とは異なる[[種族]]設定になっている。~
-他の[[星杯]][[リンクモンスター]]と比べるとこの[[モンスター]]だけ、[[元となったと思われるモンスター>《星杯に選ばれし者》]]とは異なる[[種族]]設定になっている。~

-他の[[カード]]から察するに、[[イラスト]]は[[星杯>《星遺物−『星杯』》]]の[[加護>《星遺物の加護》]]を受けた[[《星杯に選ばれし者》]]だろう。~
鎧の胸当て部分には[[《星遺物−『星杯』》]]を小型にしたペンダントのようなものが見られる。~

-アウラムの由来は、ラテン語の単語「Aurum」だろうか。~
金の元素記号「Au」の由来となったこの単語は「輝き」などを意味する。~
また[[幼馴染>《星杯神楽イヴ》]]の名前から考えると聖書に登場する「アダムとイヴ」の「アダム」ともかかっている可能性がある。

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[星杯]]
-[[星遺物]]

―[[イラスト]]関連
-[[《星杯に選ばれし者》]]
-[[《星遺物−『星杯』》]]

―《星杯剣士アウラム》の姿が見られる[[カード]]
-[[《星遺物の導き》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【星杯】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[CODE OF THE DUELIST]] COTD-JP049 &size(10){[[Super]],[[Secret]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《星杯剣士アウラム》,モンスター,リンクモンスター,効果モンスター,リンク2,炎属性,サイバース族,攻2000,星杯);