*《&ruby(せっか){雪花};の&ruby(ひかり){光};》 [#top]
 通常魔法
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
 自分はデッキから2枚ドローする。
 このカードの発動後、このデュエル中に自分は「雪花の光」以外の魔法・罠カードの効果を発動できない。
 (2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
 手札のモンスター1体を相手に見せ、デッキに戻してシャッフルする。
 その後、自分はデッキから1枚ドローする。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[FLAMES OF DESTRUCTION]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[自分]]の[[墓地]]に[[魔法・罠カード]]が存在しない[[発動条件]]と[[発動]]後に[[同名カード]]以外の[[魔法・罠カード]]の[[効果の発動]]を封じることで2枚[[ドロー]]できる[[効果]]、[[墓地]]から自身を[[除外]]して[[手札交換]]を行う[[効果]]を持つ。~

 (1)はノー[[コスト]]で2枚の[[ドロー]]という、[[《強欲な壺》]]と同じ[[ドロー]][[効果]]。~
 しかし、[[魔法・罠カード]]が[[墓地]]に存在しないことが[[発動条件]]となっており、さらにこの[[デュエル]]中[[同名カード]]以外の[[魔法・罠カード]]の使用は不可能になる。~
 [[同名カード]]の[[発動]]は制限していないので、(2)の[[除外]]や[[モンスター効果]]による[[サルベージ]]等を行い[[墓地]]からこの[[カード]]をどかせば、次の[[ターン]]以降に再び[[発動]]できる。~

 (2)は[[墓地]]の自身を[[除外]]し[[手札交換]]を行う[[効果]]。~
 [[手札事故]]を回避しつつ、[[墓地]]のこの[[カード]]が存在しなくなる事で2枚目以降の[[同名カード]]の[[手札]]からの[[効果]]を可能にできる。~
 [[墓地へ送られた]][[ターン]]にも[[発動]]できるため、(1)で[[手札]]に来てほしくない[[モンスター]]を引き込んでしまった場合でも即座に[[デッキ]]に戻せるのも利点。~

 (1)の[[発動条件]]と[[デメリット]]により、他の[[魔法・罠カード]]を使わない[[【フルモンスター】]](正確には[[【ほぼモン】>【フルモンスター】#hobomon]])でのみ使える有力な[[ドローソース]]である。~
 (一応(2)は[[【フルモンスター】]]以外でも使おうと思えば使えるが、そのためだけに採用する[[メリット]]は薄いので現実的ではない。)~
 [[手札交換]]のオマケつきの[[《強欲な壺》]]が3枚[[デッキ]]に搭載できるのは後述の[[デメリット]]を考慮しても非常に魅力的。~
 [[【海皇水精鱗】>【水精鱗】]]などの元々の[[モンスター]]比率が高い[[デッキ]]ではこの[[カード]]のためだけに【ほぼモン】を組む事すら検討できる。~
 [[【海皇水精鱗】>【水精鱗】]]や[[【彼岸】]]などの元々の[[モンスター]]比率が高い[[デッキ]]ではこの[[カード]]のためだけに【ほぼモン】を組む事すら検討できる。~
//「フルモンを強化できる」であってこのカード3枚使うためにフルモンにするって逆転してる
//このカード3枚以外にフルモン用のカードを入れてない水精鱗や彼岸が大会で結果を残してる

 ただし、採用するにあたって相応に[[デメリット]]もある。~
 まず、[[《星見獣ガリス》]]や[[《フィッシュボーグ−プランター》]]などは[[デッキ]]に[[モンスター]]以外を採用すると[[効果]]が外れるリスクが生じる。~
 また、(1)の[[効果]]使用後は[[ペンデュラムモンスター]]の[[ペンデュラムゾーン]]への[[発動]]も不可能になるため、有力な[[ペンデュラム効果]]も見送らざるを得なくなる。~
 [[《エキセントリック・デーモン》]]の[[魔法・罠除去]]による[[《スキルドレイン》]]対策、[[《EMシール・イール》]]の[[無効]][[効果]]による[[《始祖竜ワイアーム》]]対策が使えなくなる事は懸念材料ではある。~
 [[【超重武者】]]の場合は上記の[[デメリット]]に加え、[[《超重荒神スサノ−O》]]の[[効果]]で奪った[[魔法・罠カード]]が[[発動]]できず、[[超重武者装留]]の[[装備魔法]]としての[[効果]]も使えなくなる。~
 一応、[[《超重武者装留イワトオシ》]]や[[《超重武者装留バスター・ガントレット》]]等の[[効果]]には影響が無いが、展開の要である[[《超重武者装留チュウサイ》]]が機能しなくなるのは痛いので、採用は難しいだろう。~

 総じて[[デッキ]]の[[回転]]力を上げて[[手札事故]]率を低下させる代わりに構築の幅を狭める[[カード]]であるので、採用の際は[[デッキ]]調整をよく考える必要がある事は肝に銘じておきたい。~
 [[マッチ]]戦で[[相手]]が[[《スキルドレイン》]]や[[《始祖竜ワイアーム》]]を投入しているようならば、2戦目以降はそれらへの[[メタカード]]と入れ替えても良いだろう。~

// 変わったところでは[[【ダイヤモンドガイ】]]と相性がいい。~
// [[《D−HERO ダイヤモンドガイ》]]の[[効果]]で[[発動]]する場合は[[発動条件]]を無視でき、また[[カードの発動]]扱いではなくなるため、[[魔法・罠カード]]が[[発動]]できなくなる[[デメリット]]は[[適用]]されない。~
// ただし、[[《D−HERO ダイヤモンドガイ》]]でも[[発動]]回数は無視できない。~
// もっとも、2枚の[[ドロー]]を狙うなら通常の[[発動]]も可能な[[《強欲で貪欲な壺》]]の方が使い勝手は良い。~
//結局強貪で十分という結論だし、素の発動が難しいドローソースなら終わりの始まりの方が強い
//とりあえず、無視できるという事実だけ記載で
-「[[自分]]の[[墓地]]に[[魔法・罠カード]]が存在しない場合に[[発動]]できる」は「[[カードの発動]]」を行う際の制限である。~
また、「この[[カード]]の[[発動]]後、この[[デュエル]]中に[[自分]]は《雪花の光》以外の[[魔法・罠カード]]の[[効果]]を[[発動]]できない」も「[[カードの発動]]」を行った際の[[デメリット]]である。~
よって、[[《D−HERO ダイヤモンドガイ》]]の[[効果]]ならば、この両方をスルーできる。

-(1)の[[チェーンブロック]]に[[《精霊の鏡》]]を[[チェーン]]することはできない。

-(1)の[[効果]]ではなく[[発動]]が[[無効]]になった場合も[[使用]]したことにはなるので、同一[[ターン]]中に2枚目の《雪花の光》の[[カードの発動]]は行えない。~
ただしこの場合、「《雪花の光》以外の[[魔法・罠カード]]の[[効果]]を[[発動]]できない」制約はキャンセルされる。

-[[魔法・罠カード]]の[[効果の発動]]が行えなくなるため、[[魔法・罠カード]]の[[カードの発動]]([[効果処理時]]に処理する内容がない[[永続カード]]の[[発動]]も含め)や[[ペンデュラムモンスター]]の[[ペンデュラムゾーン]]への[[発動]]も行えない。~
[[効果の発動]]には[[カードの発動]]が含まれるからである(詳細は[[カードの発動]]や[[効果の発動]]のページを参照)。~

-[[デメリット]]となる[[魔法・罠カード]]の[[効果の発動]]も行われない。~
例えば、[[《虚無空間》]]を既に[[発動]]している状態でこの[[カード]]を[[発動]]すれば、[[自壊]]する[[デメリット]][[効果]]が[[発動]]しなくなるため、[[自壊]]を回避することができる。~
ただし、当然この[[カード]]以外の[[魔法・罠カード]]を[[デッキ]]に投入する必要があるので、狙って活用するのは難しいだろう。~


//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]

―[[イラスト]]関連
-[[《電光−雪花−》]]

//―《雪花の光》の姿が見られる[[カード]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【フルモンスター】]](正確には[[【ほぼモン】>【フルモンスター】#hobomon]])
--[[【海皇水精鱗】>【水精鱗】]](【ほぼモン】構築)

**収録パック等 [#pack]
-[[FLAMES OF DESTRUCTION]] FLOD-JP062

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《雪花の光》,魔法,通常魔法,);