*《&ruby(せんりつ){戦慄};の&ruby(きょうこう){凶皇};−ジェネシス・デーモン/Archfiend Emperor, the First Lord of Horror》 [#top]
 効果モンスター
 星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守2000
 (1):このカードはリリースなしで召喚できる。
 (2):このカードの(1)の方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になり、エンドフェイズに破壊される。
 (3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
 自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。
 (4):1ターンに1度、自分の手札・墓地の「デーモン」カード1枚を除外し、
 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
 そのカードを破壊する。 

 [[JUDGMENT OF THE LIGHT]]で登場した[[闇属性]]・[[悪魔族]]の[[最上級モンスター]]。~
 [[リリース]]なしで[[妥協召喚]]できる[[召喚ルール効果]]とその場合に[[元々の攻撃力(守備力)]]が半減し[[エンドフェイズ]]に[[自壊]]する[[ルール効果]]、[[悪魔族]]以外の[[特殊召喚]]を封じる[[永続効果]]、[[手札]]か[[墓地]]の[[デーモン]]1枚を[[除外]]して[[単体除去]]を行う[[起動効果]]を持つ。~

 [[半上級モンスター]]として見た場合、[[弱体化]]と[[自壊]]の[[デメリット]]が[[重い]]。~
 [[《スキルドレイン》]]を[[使用]]しても[[自壊]]は免れられず、[[《神獣王バルバロス》]]や[[《可変機獣 ガンナードラゴン》]]よりも扱いづらい。~
//[[弱体化]]するために[[ウイルス]]の[[媒体]]にもできず、[[除去]][[効果]]も単体では[[使用]]できない。~
//弱体時は死のデッキ破壊ウイルスに対応
 [[使用]]するならば自身の[[効果]]と[[サポートカード]]を活かせる[[【デーモン】]]で採用するべきろう。~

 [[妥協召喚]]した場合でも[[除去]][[効果]]を[[使用]]でき、[[自壊]][[デメリット]]も[[《万魔殿−悪魔の巣窟−》]]や[[《デーモンとの駆け引き》]]の[[トリガー]]として利用できる。~
 この点は[[《ミストデーモン》]]同様[[《強制転移》]]との相性が良く、[[送りつけ]]た後の[[自壊]]で[[《万魔殿−悪魔の巣窟−》]]の[[効果]]を[[使用]]できる。~
 [[特殊召喚]]の手段も豊富であり[[《伏魔殿−悪魔の迷宮−》]]による[[リクルート]]や[[《デーモンの騎兵》]]・[[《デーモンの呼び声》]]による[[蘇生]]も可能。~
 [[弱体化]]を[[リセット]]できるため、積極的にこれらで[[特殊召喚]]に繋げたい。~

 [[除去]][[効果]]は[[単体除去]]であり、[[コスト]]として[[手札]]か[[墓地]]の[[デーモン]]を[[除外]]する必要がある。~
 [[墓地コスト]]の確保としては[[《魔サイの戦士》]]や[[《終末の騎士》]]、[[《ダーク・グレファー》]]などを採用すると良い。~
 [[《おろかな埋葬》]]や[[《悪魔の嘆き》]]等も[[召喚権]]を消費せずに[[墓地を肥やせる>墓地を肥やす]]。~
 [[《デーモン・ソルジャー》]]採用型ならばこの[[カード]]に阻害されずに[[通常召喚]]できる[[《レスキューラビット》]]も検討できるだろう。~
 その他、[[《万魔殿−悪魔の巣窟−》]]を採用する場合は、これを[[サーチ]]しつつ自身を[[墓地へ送る]]事のできる[[《ジェネラルデーモン》]]も候補となる。~

 [[除外]]した[[デーモン]][[モンスター]]は[[《闇次元の解放》]]や[[《トランス・デーモン》]]との[[コンボ]]も可能。~
 [[ディスアドバンテージ]]ではあるが手早く[[手札]]から[[デーモン]]を[[除外]]、[[除去]]して[[帰還]]からの戦力増強に繋げるのも手だろう。~
 その点では[[《ヘル・エンプレス・デーモン》]]との相性がよく、[[《デーモンの雄叫び》]]等から[[自壊]]させればこの[[カード]]を[[完全蘇生]]できる。~
 [[《伏魔殿−悪魔の迷宮−》]]でお互いを[[リクルート]]でき、[[《トレード・イン》]]や[[《デーモンとの駆け引き》]]の共有もしやすい。~
 [[最上級モンスター]]ゆえに[[手札事故]]の危険はあるが、高[[攻撃力]][[モンスター]]の連続展開が狙える。~

 ただ、[[デメリット]]として[[フィールド]]にこの[[カード]]が存在する限り、[[自分]]は[[悪魔族]]以外を[[特殊召喚]]できなくなる。~
 [[【デーモン】]]においては[[【シンクロデーモン】 >【デーモン】#decktype3]]等の他[[種族]]の[[デーモン]]を多用する場合もあり、この[[カード]]を一時的に[[フィールド]]から離す必要も出てくる。~
 [[自壊]]や自身の[[破壊]][[効果]]でどかす以外では、この[[カード]]を[[シンクロ素材]]・[[リンク素材]]に利用するのが手っ取り早いだろう。~
 特に[[リンクモンスター]]にはサポートを共有しやすい[[《パーペチュアルキングデーモン》]]や、[[《トロイメア・マーメイド》]]以外の[[トロイメア]]に繋げられる。~
 [[シンクロモンスター]]には[[《魔轟神レヴュアタン》]]や[[《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》]]が存在するが、どちらも[[シナジー]]は薄い。~
 有用とは言い難く、実質「高打点を維持しつつこの[[カード]]を[[フィールド]]からどかす」という目的に採用することになる。~
 なお、現状[[ランク]]8[[エクシーズモンスター]]にはこのカードを[[エクシーズ素材]]にできる[[モンスター]]が存在しない。~

-[[除外]][[コスト]]は[[デーモン]]と名がつけば良いので、[[魔法・罠カード]]でもよい。~
[[使用]]した[[《デーモンの雄叫び》]]、[[《デーモンとの駆け引き》]]や[[除去]]されてしまった[[《伏魔殿−悪魔の迷宮−》]]等も利用できる。~
//ただしこれらは、この[[カード]]が[[墓地]]にいった段階で有効なものであるため、効率よく利用するならば他の[[蘇生]][[カード]]などと組み合わせたい。~
//↑何を「効率よく利用する」のか、なぜ他の蘇生カードと組み合わせるのかわからないので。

-[[妥協召喚]]による[[弱体化]]と[[除去]][[効果]]が混在するため、[[モンスター効果]]の[[無効]]化には間接的な[[耐性]]があると言える。~
[[除去]][[効果]]を嫌って[[《エフェクト・ヴェーラー》]]を使うと[[攻撃力]]3000になってしまい、[[相手]]からすればたまったものではない。~
[[エンドフェイズ]]の[[自壊]]は[[適用]]されるが、この[[ターン]]はしのげると踏んで[[除去]]の[[無効]]化を優先したばかりに、[[《堕落》]]が飛んできて[[ライフ]]が0になる、といったケースも起こりうる。~

-[[闇魔界の脅威]]以来10年ぶりとなる[[デーモン]]を指定する[[カード]]であり、そのデザインも[[《デーモンの召喚》]]や、その流れを汲む[[チェスデーモン]]との共通性が見られるなど、ある意味で正統な[[カテゴリ]][[モンスター]]と言える存在である。~
[[チェスデーモン]]とは異なる種類のネーミングであるが、同弾で登場し、これと類似した[[効果]]を備える[[《迅雷の魔王−スカル・デーモン》]]とは文字の区切り方まで完全に一致する。~

--[[海皇]]・[[希望皇ホープ]]・[[三幻魔]]等の様に、「皇」という単語が熟語として末尾に用いられる場合、それが造語であっても「おう」の読みを充てるのが一般的である。~
「凶皇」は単に「凶々しい皇帝」といった意味合いだけでなく、カトリックにおける最高地位である「教皇」にかけたものであると推測できる。~
これは「創世記」を意味する「ジェネシス」という宗教的な単語を使用している点や、地位・役職を[[カード名]]にもつ[[デーモン]]が多く存在する点、それが既存の[[デーモン]]と重複せず、かつ最高の[[ステータス]]を持つという点からも推測できる。~

--[[攻撃力]]では上回るが、[[《ヘル・エンプレス・デーモン》]]とは[[ステータス]]の合計値が同じである。~
なお世俗上の最高権力である皇帝・女帝が即位するにあたり、王冠を授けるのが上記の教皇であるが、こちらは宗教上の最高権力であって、どちらかが上の地位という事はない。~
そういった意味では絶妙と言える[[ステータス]]である。~

--[[イラスト]]では足元に[[《デーモン・ソルジャー》]]と[[《ジェネラルデーモン》]]が跪いている。~
両者と比較するに、非常に巨大な[[モンスター]]のようだ。~

-原作・アニメにおいて―~
Dチーム・ゼアルの「遊馬vs亜隈雷蔵」戦において雷蔵が使用。~
自身の[[効果]]で1体目が[[妥協召喚]]された後、[[《伏魔殿−悪魔の迷宮−》]]の[[効果]]により2体目が登場した。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[デーモン]]

-[[妥協召喚]]

-[[《魔導法士 ジュノン》]]

-[[《ヴァンパイアジェネシス》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《デーモン・ソルジャー》]]
-[[《ジェネラルデーモン》]]

―《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》の姿が見られる[[カード]]
-[[《デーモンの呼び声》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【デーモン】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[JUDGMENT OF THE LIGHT]] JOTL-JP031 &size(10){[[Rare]]};
-[[ストラクチャーデッキR−闇黒の呪縛−]] SR06-JP007

**FAQ [#faq]
Q:効果分類は何ですか?~
A:[[悪魔族]]以外を[[特殊召喚]]できない効果は[[永続効果]]、[[デーモン]]を除外してフィールド上のカードを破壊する効果は[[起動効果]]です。~
また、自身を[[リリース]]なしで召喚し、[[攻撃力]]と[[守備力]]が半分になり、[[エンドフェイズ]]に破壊される[[効果]]は、特定の効果に分類されない効果([[召喚ルール効果]])となります。(13/06/13)~
Q:[[効果]]分類は何ですか?~
A:[[悪魔族]]以外を[[特殊召喚]]できない[[効果]]は[[永続効果]]、[[デーモン]]を[[除外]]して[[フィールド]]上の[[カード]]を[[破壊]]する[[効果]]は[[起動効果]]です。~
また、自身を[[リリース]]なしで[[召喚]]し、[[攻撃力]]と[[守備力]]が半分になり、[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]される[[効果]]は、特定の[[効果]]に分類されない[[効果]]([[召喚ルール効果]])となります。(13/06/13)~

Q:[[エンドフェイズ]]時の[[破壊]]は[[チェーンブロック]]を作りますか?~
A:いいえ、作りません。(13/04/24)

Q:この[[カード]]を[[リリース]]無しで[[召喚]]した後に[[《スキルドレイン》]]を[[発動]]した場合、[[攻撃力]]と[[守備力]]を半分にする[[効果]]と[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]される[[効果]]は[[無効]]になりますか?~
A:その場合、[[攻撃力]]と[[守備力]]は元に戻りますが、[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]される処理は行います。(13/05/09)

Q:[[《スキルドレイン》]]が[[フィールド]]上に存在している時にこの[[カード]]をこの[[カード]]を[[リリース]]無しで[[召喚]]した場合、[[攻撃力]]と[[守備力]]を半分にする[[効果]]と[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]される[[効果]]は[[無効]]になりますか?~
A:その場合でも、[[攻撃力]]と[[守備力]]は元に戻りますが、[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]される処理は行います。(13/05/23)

//Q:[[《禁じられた聖杯》]]が[[適用]]されている状態で[[破壊]]処理を行い[[破壊]]を免れた場合、同じ[[エンドフェイズ]]中に再び処理する必要はありますか。~
//A:いいえ、[[破壊]]処理は同じ[[エンドフェイズ]]中に1度だけ行います。~
// ただし、それ以降[[お互い]]の[[エンドフェイズ]]を迎えるたびに1度ずつ[[破壊]]処理を行います。(13/04/24)
//↑ リリース無しで召喚を行った後に無効にしても破壊される裁定が出ている。

Q:[[エンドフェイズ]]時の[[破壊]][[効果]]によって[[破壊]]されなかった場合、その後、[[攻撃力]]・[[守備力]]はどうなりますか?~
A:半分のままになります。(13/04/24)

Q:[[エンドフェイズ]]時の[[破壊]][[効果]]によって[[破壊]]されなかった場合、次の[[相手]][[ターン]]の[[エンドフェイズ]]で[[破壊]]する処理は行われますか?~
A:はい、その後も[[エンドフェイズ]]の度に[[破壊]]する処理を行ないます。(13/04/24)

Q:[[エンドフェイズ]]時の[[破壊]][[効果]]は[[カードの効果]]で[[破壊]]される扱いですか?~
A:はい、[[カードの効果]]による[[破壊]]です。(13/05/22)~
  [[《機皇帝ワイゼル∞》]]の特殊召喚も可能です。(13/05/23)
  [[《機皇帝ワイゼル∞》]]の[[特殊召喚]]も可能です。(13/05/23)

Q:この[[カード]]を[[リリース]]無しで[[召喚]]した後にこの[[カード]]を[[《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》]]や[[《閃こう竜 スターダスト》]]の[[効果]]の対象とした場合、[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]されますか?~
Q:この[[カード]]を[[リリース]]無しで[[召喚]]した後にこの[[カード]]を[[《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》]]や[[《閃こう竜 スターダスト》]]の[[効果の対象]]とした場合、[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]されますか?~
A:いいえ、[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]される処理は行われません。(13/05/23)

Q:[[リリース]]無しで[[召喚]]したこの[[カード]]が[[《月の書》]]の[[効果]]で[[裏側表示]]になった後に再び[[表側表示]]になった場合、その[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]時にこの[[カード]]は[[破壊]]されますか?~
A:いいえ、[[破壊]]されません。(13/06/05)

Q:[[リリース]]無しで[[召喚]]したこの[[カード]]が[[《亜空間物質転送装置》]]の[[効果]]で[[除外]]され[[フィールド]]上に戻った場合、その[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]時にこの[[カード]]は[[破壊]]されますか?~
A:いいえ、[[破壊]]されません。(13/06/05)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》,効果モンスター,モンスター,星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守2000,デーモン,);