*《&ruby(ちょう){超};こいこい/Super Koi Koi》 [#top]
 通常魔法
 「超こいこい」は1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、
 その中の「花札衛」モンスターを可能な限り、召喚条件を無視して特殊召喚する。
 この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは2になり、効果は無効化される。
 残りのカードは裏側表示で除外し、自分は除外したカードの数×1000LPを失う。
 (2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
 手札から「花札衛」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 [[インベイジョン・オブ・ヴェノム]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[花札衛]]を[[召喚条件]]を無視して[[特殊召喚]]する2種類の[[効果]]を持つ。~

 (1)の[[効果]]は[[デッキトップ]]を3枚[[めくり>カードをめくる]]、その中の[[花札衛]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]。~
 成功すれば1度に複数体の[[花札衛]]を並べることができるが、単体では運の要素が強く、最大で3000もの[[ライフ]]を失ってしまう。~
 できれば[[《花積み》]]と併用して[[デッキトップ]]を操作し、[[花札衛]]3体を確実に[[リクルート]]したい。~
//か[[《札再生》]]
//花札衛3枚を持ってこないと「3体を確実に」は無理
 ただし[[【花札衛】]]は[[メインデッキ]]の[[花札衛]]の枚数を増やす構築が多く、2体以上[[花札衛]]を[[特殊召喚]]できる可能性も低くはない。~
 実戦では[[ライフロス]]のリスクを負っても運任せで[[発動]]する事もしばしば求められる。~

 この[[効果]]で[[特殊召喚]]された[[花札衛]]は[[レベル]]が2に固定される。~
 [[《花札衛−柳−》]]・[[《花札衛−芒−》]]・[[《花札衛−桐−》]]の[[特殊召喚]]条件を満たせるが、[[リリース]]の[[レベル]]を指定された[[花札衛]][[特殊召喚モンスター]]の[[リリース]]には使えない。~
 [[効果]]も[[無効]]となるので、[[シンクロ素材]]にするか、[[レベル]]が2に統一される点を活かして[[ランク]]2の[[エクシーズ召喚]]に繋げる形となる。~
 また、一部の[[特殊召喚モンスター]]の[[花札衛]]は2000と十分な打点を持っているため、場面によっては[[アタッカー]]に利用する手もある。~

 (2)の[[効果]]は、[[手札]]の[[花札衛]]を[[召喚条件]]を無視して[[特殊召喚]]する[[効果]]。~
 [[《花札衛−柳に小野道風−》]]などの[[リリース]]先に制限のある[[花札衛]][[特殊召喚モンスター]]をサポートするのが基本となる。~
 こちらも[[《花積み》]]と相性が良く、あちらで[[サルベージ]]した[[花札衛]]をそのまま[[特殊召喚]]できる。~

 変わったところでは[[三幻神]]の[[リリース]]をこの[[カード]]一枚で揃えることもできる。~
 [[《カード・アドバンス》]]なら[[召喚]]権の確保もでき、[[デッキトップ]]操作でこの[[カード]]の補助もできる他、[[《真実の名》]]とも相性が良い。~

-(1)の[[効果]]で[[特殊召喚]]された[[《花札衛−柳に小野道風−》]]や[[《花札衛−牡丹に蝶−》]]は[[レベル]]変動[[効果]]を失う。~
他の2体も含めて[[レベル]]2になるのであまり気にする必要はないが、それ以外の[[花札衛]]は元々の[[レベル]]のままなので、追加1体を含めた[[《花札衛−雨四光−》]]の[[シンクロ召喚]]は難しい。~

-「こいこい」は、花札を使った遊戯の一つ。~
1対1で行い、場の札と手札もしくは山札の札を使って、同じ月の札を集め役の完成を目指していく。

-原作・アニメにおいて―~
アニメARC-Vで徳松が使用する[[カード]]。~
「遊矢vs徳松」戦で初登場。~
[[《花札衛−萩に猪−》]]・[[《花札衛−紅葉に鹿−》]]・[[《花札衛−牡丹に蝶−》]]を[[ドロー]]し、[[シンクロ召喚]]に繋げた。~
その後も徳松の[[デュエル]]全てに登場し、全て[[モンスター]]を引いている。~

--アニメでは以下の[[テキスト]]だった。~
 (1):自分のデッキからカードを3枚ドローし、お互いに確認する。
 確認したカードによって以下の効果を適用する。
 ●「花札衛」モンスター:手札からそのモンスターを自分フィールドに召喚条件を無視して特殊召喚する。
 この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは2になり、攻撃力・守備力は0になる。
 ●「花札衛」モンスター以外のカード:手札からそのカードを墓地へ送り、
 自分はそのカードの数×1000ダメージを受ける。

--シンジ曰く「奇跡の[[ドロー]]」として徳松が人気を博した[[カード]]らしく、この[[カード]]で[[ドロー]]する度に、本人やギャラリーが「こいこい、こいこい」という掛け声を入れる。~
10年前に試合に負けられない焦りからイカサマに手を染めて以来、徳松はこの[[カード]]を[[ドロー]]できなくなり、[[ドロー運に頼らない戦術>《花札衛−雨四光−》]]をとる様になってしまった。~
しかし遊矢との[[デュエル]]で感化された事で再び[[ドロー]]に賭けた結果、見事この[[カード]]を引き当て自身の引きの強さが健在だった事を確信する。~
「柚子vs徳松」戦で[[発動]]後に「エンジョイ長次郎完全復活」と宣言した事からも、「エンジョイ長次郎」としての徳松を象徴する[[カード]]と言える。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[花札衛]]

-[[《魔の試着部屋》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《魔宮の賄賂》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【花札衛】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[インベイジョン・オブ・ヴェノム]] INOV-JP056 &size(10){[[Rare]]};

**FAQ [#faq]
***(1)の効果について [#faq1]
Q:[[《王宮の鉄壁》]]が存在する場合、[[発動]]できますか?~
A:[[発動]]できません。~
 なお《超こいこい》に[[チェーン]]して[[《王宮の鉄壁》]]が[[発動]]された場合、《超こいこい》は[[カード]]をめくる処理など一切を行わず効果処理を終了します。(16/07/09)~
  なお《超こいこい》に[[チェーン]]して[[《王宮の鉄壁》]]が[[発動]]された場合、《超こいこい》は[[カード]]をめくる処理など一切を行わず[[効果]]処理を終了します。(16/07/09)~

***(2)の効果について [#faq2]
Q:『「超こいこい」は1ターンに1枚しか[[発動]]できない。』と書かれていますが、ここには「1ターンに1度」ではなく、「1ターンに1枚」と書かれています。~
(1)の[[効果]]を[[発動]]して[[墓地]]に送られた《超こいこい》はそのターン、「1ターンに1枚」の範囲内で[[墓地]]で (2)の[[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:『「超こいこい」は1ターンに1枚しか発動できない』とは、[[手札]]や[[セット]]していた《超こいこい》を、[[魔法&罠ゾーン]]で[[発動]]した時の枚数だけを指しています。よって、 (1)の[[効果]]を[[発動]]し、[[墓地]]へ送られた《超こいこい》の (2)の[[効果]]の[[発動]]は、『1枚』にならないため、続けて (2)の[[効果]]を[[発動]]できます。 (17/02/15) ~
Q:『「超こいこい」は1[[ターン]]に1枚しか[[発動]]できない。』と書かれていますが、ここには「[[1ターンに1度]]」ではなく、「1[[ターン]]に1枚」と書かれています。~
  (1)の[[効果]]を[[発動]]して[[墓地]]に送られた《超こいこい》はその[[ターン]]、「1[[ターン]]に1枚」の範囲内で[[墓地]]で(2)の[[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:『「超こいこい」は1[[ターン]]に1枚しか[[発動]]できない』とは、[[手札]]や[[セット]]していた《超こいこい》を、[[魔法&罠ゾーン]]で[[発動]]した時の枚数だけを指しています。~
  よって、 (1)の[[効果]]を[[発動]]し、[[墓地へ送られた]]《超こいこい》の (2)の[[効果]]の[[発動]]は、『1枚』にならないため、続けて (2)の[[効果]]を[[発動]]できます。 (17/02/15) ~


//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《超こいこい》,魔法,通常魔法);