*《&ruby(サラマングレイト){転生炎獣};ヒートライオ/Salamangreat Heatleo》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
 【リンクマーカー:上/左下/右下】
 炎属性の効果モンスター2体以上
 (1):このカードがリンク召喚に成功した場合、
 相手の魔法&罠ゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
 そのカードを持ち主のデッキに戻す。
 (2):このカードが「転生炎獣ヒートライオ」を素材としてリンク召喚されている場合、
 1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体と、
 自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
 対象のフィールドのモンスターの攻撃力は、ターン終了時まで対象の墓地のモンスターの攻撃力と同じになる。

 [[SOUL FUSION]]で登場した[[炎属性]]・[[サイバース族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[リンク召喚に成功した]]場合に[[相手]]の[[魔法&罠ゾーン]]の[[カード]]1枚を[[デッキ]]に[[戻す]][[誘発効果]]、[[同名カード]]を素材に[[リンク召喚]]されている場合に[[モンスター]]1体の[[攻撃力]]を[[自分]]の[[墓地]]の[[モンスター]]1体の[[攻撃力]]と同じにする[[起動効果]]を持つ。~

 [[リンク素材]]は[[炎属性]]の[[効果モンスター]]が指定されているものの、[[リンク]]2を経由できる。~
 [[《トロイメア・フェニックス》]]は緩い条件で出せる[[リンク]]2なので、そちらを経由すれば[[炎属性]]以外が多くとも[[リンク召喚]]を狙える。~
 この[[カード]]を出した後、[[リンク]]2を[[蘇生]]させれば(2)の[[効果]]を得られる条件も満たせる。~

 (1)は[[リンク召喚]]成功時に[[相手]][[魔法・罠カード]]を[[デッキ]][[バウンス]]できる[[効果]]。~
 ただ、[[伏せカード]]の多くは[[特殊召喚]]妨害や[[効果]]を[[無効]]にする[[カード]]であることが多く、[[チェーン]]される可能性は高い。~
 [[相手]][[フィールド]]でキーとなっている[[永続カード]]を狙う、あるいはこの後で本命を通すために「通ればラッキー」の露払いとして使うのがいいだろう。

 (2)の[[効果]]は、[[同名カード]]を素材に[[リンク召喚]]されている場合に[[発動]]できる[[攻撃力]]変動[[効果]]。~
 用途は大きく分けて「[[墓地]]の低打点を利用し[[相手]][[モンスター]]の[[弱体化]]」「[[墓地]]の高打点を利用し[[自分]][[モンスター]]の[[強化]]」の2つとなる。~
 [[弱体化]]を狙うのならば[[攻撃力]]0の[[《転生炎獣モル》]]が狙い目だろう。~
 正規の方法でこの[[効果]]を得ようとすると《転生炎獣ヒートライオ》と「[[炎属性]][[効果モンスター]]2体」もしくは「[[リンク]]2[[炎属性]][[効果モンスター]]1体」で[[リンク召喚]]することになる。~
 [[《転生炎獣の意志》]]で[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]を[[蘇生]]するなど、消費を抑える方法はあるが、基本的には[[《転生炎獣の聖域》]]との併用が前提の[[効果]]と考えてよいだろう。~
 [[《フォーマッド・スキッパー》]]でこの[[カード]]を見せて、[[リンク素材]]及び[[効果]]の獲得条件を満たすのもいい。~
 [[墓地]]の[[モンスター]]を要するため[[除外]]などに妨害されやすい点は注意。~

 (2)の[[効果]]を狙うには[[《転生炎獣の聖域》]]を併用しかつ[[エクストラデッキ]]を2枠消費するか、[[《フォーマッド・スキッパー》]]との併用がほぼ必須となる。~
 しかしそこまでしても得られるのは[[強化]]、[[弱体化]]のみで、手間に見合うほどとは言いがたい。~

 総じて、単体の性能としては決して強力な[[モンスター]]とは言えず、[[デッキ]]の切り札としては力不足。~
 だが[[【サラマングレイト】]]には、[[リンクモンスター]]に対する極めて豊富な[[サポートカード]]が存在する。~
// その一方で、他の[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]は展開を補助するタイプの[[モンスター]]であり、戦闘向けなのはこの[[カード]]のみ。~
//《転生炎獣パイロ・フェニックス》が登場したためCO
 よって、単体の性能ではなく、[[サポートカード]]を当て込んで採用するタイプの珍しいエースモンスターといえるだろう。~

 なお、(1)の[[効果]]で[[伏せカード]]を除去して(2)の[[効果]]で[[元々の攻撃力]]と異なる[[攻撃力]]を持つ[[モンスター]]を用意できるので、[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]のサポートとして起用することも考えられる。~

-(1)の[[対象]]にできるのは[[魔法&罠ゾーン]]の[[カード]]なので、[[フィールド魔法]]や[[メインモンスターゾーン]]に存在する[[罠モンスター]]は[[バウンス]]できない。~

-(2)の[[効果]]で選択できる[[墓地]]の[[モンスター]]は[[サラマングレイト]]に限られていない。~
[[《F・G・D》]]などを[[墓地]]へ置いておけば[[攻撃力]]5000にもできる。~

-後述のアニメで「百獣の王」と称せられている事からも、モチーフはライオンだと思われるが、通常版の[[イラスト]]からはモチーフが少々わかりにくい。~
[[ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー−]]に収録された[[イラスト]]ではたてがみのように炎を噴き出しているので、上記のモチーフを連想しやすいと言える。~

-[[リンク]]3の[[リンクモンスター]]・[[サイバース族]]・上/左下/右下の[[リンクマーカー]]・[[攻撃力]]2300と、[[《デコード・トーカー》]]との共通点が多い。~
アニメにおけるそれぞれの使用キャラクターの立ち位置を考慮すると恐らくは意図的に類似性を持たせたのだろう。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSにおいて穂村尊/Soulburnerが使用するエース[[モンスター]]。~
初登場は「vsビットブート」戦であり、[[《転生炎獣フォクシー》]]・[[《転生炎獣ファルコ》]]・[[《転生炎獣ミーア》]]の3体で[[リンク召喚]]される。~
(1)により[[破壊]][[耐性]]が加わった[[リンクマジック>魔法カード]]《&ruby(ジャッジメント・アローズ){裁きの矢};》を[[デッキ]]に[[バウンス]]し、続く[[直接攻撃]]で大[[ダメージ]]を与えた。~
返しの[[ターン]]に[[攻撃力]]4800の《Dスケイル・フルメタルダンクル》に[[攻撃]]されたが、[[通常罠]]《エナジー・オブ・ファイア》によって[[破壊]]を免れた。~
次の[[ターン]]に[[《転生炎獣の聖域》]]の[[効果]]により[[フィールド]]の1体目を[[リンク素材]]として2体目の《転生炎獣ヒートライオ》が「転生リンク召喚」された。~
再び(1)により《裁きの矢》を[[除去]]、更に(2)により《Dスケイル・フルメタルダンクル》の[[攻撃力]]を800に[[弱体化]]し、そのまま[[戦闘破壊]]して[[フィニッシャー]]となった。~
[[攻撃]]名は「ヒートソウル」、(1)の[[効果]]名は「リザウディング・ロアー」、(2)の[[効果]]名は「フレイムポゼッション」。~

--同作でSoulburnerが使用した[[通常魔法]]《リターン・オブ・リンクファイア》の[[イラスト]]に描かれている。~

--[[同名カード]]を[[リンク素材]]に用いた[[リンク召喚]]をSoulburnerは「転生リンク召喚」と呼んでいる。~
初の「転生リンク召喚」の際には「逆巻く炎よ、浄化の力でヒートライオに真の力を呼び覚ませ!転生[[リンク召喚]]!甦れ、炎の平原を駆け抜ける百獣の王。《転生炎獣ヒートライオ》!」という口上を述べている。~
--初の「転生リンク召喚」の際には「逆巻く炎よ、浄化の力でヒートライオに真の力を呼び覚ませ!転生[[リンク召喚]]!甦れ、炎の平原を駆け抜ける百獣の王。《転生炎獣ヒートライオ》!」という口上を述べている。~
//作中テキストでも「ヒートライオのみを素材として」じゃなくて「ヒートライオを素材として」だから、通常の「ヒートライオ+炎属性2体」のリンク召喚でも効果使える=転生リンク召喚は効果に必須ではないと思われる
---事前に1体目を[[リンク召喚]]する際「[[リンク素材]]は2体以上」と明言しているため、[[リンク素材]]1体で行われた転生リンク召喚は観戦者を大きく驚かせた。


--[[イラスト]]では翼などから炎を噴き出しているが、アニメでは[[同名カード]]を素材とせずにこの[[モンスター]]が[[リンク召喚]]された場合、炎を噴き出していない状態で現れる。~
「転生リンク召喚」されると翼から炎を噴き出すだけでなく、首のあたりからたてがみのように炎を噴き出すようになる。~
[[ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー−]]に収録されたこの[[カード]]の[[イラスト]]には、上記の「転生リンク召喚」後の《転生炎獣ヒートライオ》が描かれている。~
同[[ストラクチャーデッキ]]のCMでは「転生リンク召喚」の演出に合わせて[[イラスト]]が変化する演出がなされた。~

---62話からはこれまで全て手描きであったこの[[モンスター]]にCGモデルが使用されるようになった。~
CGモデルのこの[[モンスター]]は[[同名カード]]を素材としていない場合でも少量の炎を噴き出している。~
ちなみに「転生リンク召喚」された場合にたてがみのように炎を噴き出すようになるのはCGモデルでも同じである。~

--「vsウィンディ」戦では実に6回も[[特殊召喚]]されており、エース[[モンスター]]が1度の[[デュエル]]でこれほどの回数出る事は珍しい。~

--第113話の「vsロボッピ」戦では同じくライオンをモチーフとする《扇風機塊プロペライオン》と対峙した際に、遠くからモニターで[[デュエル]]を観戦していたAiから「プロペライオンとヒートライオのライオン対決!」と銘打たれた。~

--第86話の冒頭の字幕では《転生炎獣ヒートライオ''ン''》と誤植されていた。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[サラマングレイト]]

―《転生炎獣ヒートライオ》の姿が見られる[[カード]]
-[[《転生炎獣の烈爪》]]
-[[《転生炎獣の聖域》]]
-[[《転生炎獣の意志》]]

-[[《サラマングレイト・ロアー》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【サラマングレイト】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[SOUL FUSION]] SOFU-JP040 &size(10){[[Super]],[[Secret]],[[20th Secret>Secret#SE20th]]};
-[[ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー−]] SD35-JP040 &size(10){[[Ultra]]};
-[[ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー− エクストラデッキ強化パック>ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー−#pack]] SD35-JPP03 &size(10){[[N-Parallel]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《転生炎獣ヒートライオ》,リンクモンスター,効果モンスター,モンスター,リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300,サラマングレイト);