*《&ruby(ブラック・オブ・レジェンド){伝説の黒石};/The Black Stone of Legend》 [#top]
 効果モンスター
 星1/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
 「伝説の黒石」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
 (1):このカードをリリースして発動できる。
 デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
 (2):このカードが墓地に存在する場合、
 自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを手札に加える。

 [[クラッシュ・オブ・リベリオン]]で登場した[[闇属性]]・[[ドラゴン族]]の[[下級モンスター]]。~
 自身を[[リリース]]して[[レベル]]7以下の[[レッドアイズ]]を[[リクルート]]する[[起動効果]]、[[墓地]]の[[レベル]]7以下の[[レッドアイズ]]を[[デッキ]]に[[戻し>戻す]]て自身を[[サルベージ]]する[[起動効果]]を持つ。

 (1)の[[効果]]は、自身を[[リリース]]して、[[レベル]]7以下の[[レッドアイズ]]を[[リクルート]]する[[効果]]。~
 [[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]こそ対応しないが、[[特殊召喚モンスター]]である[[《Sin 真紅眼の黒竜》]]を除く全ての[[レベル]]7以下の[[レッドアイズ]]を[[リクルート]]可能。~
 [[サポートカード]]の多い[[《真紅眼の黒竜》]]の他、[[通常召喚]]権が残っていれば、[[《真紅眼の黒炎竜》]]・[[《真紅眼の凶雷皇−エビル・デーモン》]]の[[再度召喚]]にもつなげられる。~
 その場合は、この[[カード]]に[[通常召喚]]権を用いないよう、[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]等を活用したいところ。~
 [[リクルート]][[対象]]の補充には、(2)の[[効果]]の他、[[《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》]]の[[効果]]等を使用できる。~

 (2)の[[効果]]は、[[レベル]]7以下の[[レッドアイズ]]を[[デッキ]]に[[戻し>戻す]]つつ、自身を[[サルベージ]]するという[[効果]]。~
 再度[[リクルート]]を狙う以外にも、[[ハンド・アドバンテージ]]の回復や、[[《真紅眼融合》]]の準備として用いることもできる。~
 また、[[《竜の霊廟》]]や[[《ダーク・グレファー》]]によって、[[レベル]]7以下の[[レッドアイズ]]と共に[[デッキ]]から[[落とせ>落とす]]ば、疑似的な[[サーチ]]として使用可能である。~
 ただし、同一[[ターン]]中には2つの[[効果]]のうち片方しか[[発動]]できないので、(1)の[[効果]]を使うには次の[[ターン]]まで待つ必要がある。~
 加えて、十分に[[墓地が肥えて>墓地を肥やす]]いない場合には、[[《真紅眼の鎧旋》]]等による[[蘇生]]を阻害しかねない点にも留意したい。~

 [[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]や[[《金華猫》]]でこの[[カード]]を[[蘇生]]させれば、上記の制約を回避して[[レッドアイズ]][[モンスター]]を毎[[ターン]][[特殊召喚]]できる。~
 [[《金華猫》]]が[[獣族]]である点も見逃せず、この[[カード]]と合わせて[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]を[[特殊召喚]]する事が可能。~
 あるいは[[《真紅眼の黒竜》]]を[[リクルート]]して[[《黒炎弾》]]を[[発動]]した後で、[[《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]を[[特殊召喚]]するのもよいだろう。~

-英語版では[[シークレットレア>Secret]]にまで[[レアリティ]]が格上げされている。~

-その見た目から[[《伝説の白石》]]と同じく[[《真紅眼の黒竜》]]の卵だと思われる。~
しかし、[[効果モンスター]]としての両者には[[レベル]]・[[種族]]にしか共通点は見られない。~
どちらかと言うと、後に登場した[[《太古の白石》]]の方が[[効果]]の性質としては近い。~
--本来卵から生まれるのは雛であるはずなのだが[[《黒竜の雛》]]は[[カード名]]の都合上[[生まれること>特殊召喚]]ができない。~
[[《真紅眼の幼竜》]]は[[生まれる>特殊召喚]]できるので、[[雛>《黒竜の雛》]]の時期を飛ばしてしまっている。~
一方で、[[デーモン]]である[[《真紅眼の凶雷皇−エビル・デーモン》]]が[[生まれたり>特殊召喚]]できる等不思議な卵である。~
-[[《伝説の白石》]]と[[《青眼の白龍》]]の関係と同じように、こちらは[[《真紅眼の黒竜》]]の卵だと思われる。~
しかし、[[効果]]の性質としては、[[《伝説の白石》]]よりも、後に登場した[[《太古の白石》]]の方に近い。~
--卵から生まれるのは[[《黒竜の雛》]]だと考えられるが、この[[カード]]から[[リクルート]]することはできず、一足飛びに[[《真紅眼の幼竜》]]や[[《真紅眼の黒竜》]]を[[特殊召喚]]することになる。~
そればかりか、[[ドラゴン族]]ですらない[[《真紅眼の凶雷皇−エビル・デーモン》]]や[[《真紅眼の鉄騎士−ギア・フリード》]]までも[[特殊召喚]]でき、謎の多い卵と言えよう。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[レッドアイズ]]

-[[《伝説の白石》]]

―《伝説の黒石》の姿が見られる[[カード]]
-[[《紅玉の宝札》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【真紅眼の黒竜】]]


**(1)の[[効果]]で[[リクルート]]可能な[[レベル]]7以下の[[レッドアイズ]][[モンスター]] [#list]

―[[通常モンスター]]
#taglist(レッドアイズ^星1~~7^通常モンスター);

―[[効果モンスター]]
#taglist(レッドアイズ^効果モンスター^星1~~4-融合モンスター-儀式モンスター-シンクロモンスター-特殊召喚モンスター);
#taglist(レッドアイズ^効果モンスター^星5~~6-融合モンスター-儀式モンスター-シンクロモンスター-特殊召喚モンスター);
#taglist(レッドアイズ^効果モンスター^星7-融合モンスター-儀式モンスター-シンクロモンスター-特殊召喚モンスター);

**上記以外で、(2)の[[効果]]で[[デッキ]]に戻せる[[レベル]]7以下の[[レッドアイズ]][[モンスター]] [#list]

―[[効果モンスター]]
#taglist(レッドアイズ^効果モンスター^星1~~4^{融合モンスター+儀式モンスター+シンクロモンスター+特殊召喚モンスター});
#taglist(レッドアイズ^効果モンスター^星5~~6^{融合モンスター+儀式モンスター+シンクロモンスター+特殊召喚モンスター});
#taglist(レッドアイズ^効果モンスター^星7^{融合モンスター+儀式モンスター+シンクロモンスター+特殊召喚モンスター});

**収録パック等 [#pack]
-[[クラッシュ・オブ・リベリオン]] CORE-JP021 &size(10){[[Rare]]};

**FAQ [#faq]
Q:[[《転生断絶》]]の[[効果]]で(2)の[[効果]]で[[対象]]に選択した[[モンスター]]が[[デッキ]]に戻る代わりに[[除外]]された場合、[[墓地]]のこの[[カード]]を[[手札]]に加える処理は行われますか?~
A:いいえ、行われません。(15/04/24)

Q:(2)の[[効果]]で[[《真紅眼の黒竜剣》]]を選択して、その[[モンスター]]が[[デッキ]]に戻る代わりに[[エクストラデッキ]]に戻った場合でも、[[手札]]に加わる処理は行われますか?~
A:はい、行われます。(15/05/23)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《伝説の黒石》,モンスター,星1,闇属性,ドラゴン族,効果モンスター,攻0,守0,);