*《&ruby(ばくえんしゅうごうたい){爆炎集合体}; ガイヤ・ソウル/Gaia Soul the Combustible Collective》 [#top]
 効果モンスター
 星4/炎属性/炎族/攻2000/守   0
 自分フィールド上の炎族モンスターを2体まで生け贄に捧げる事ができる。
 この効果で生け贄を捧げた場合、このモンスターの攻撃力は
 生け贄の数×1000ポイントアップする。
 このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
 このカードの攻撃力が守備表示モンスターの守備力を越えていれば、
 その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
 エンドフェイズ時にこのカードを破壊する。
 ※[[テキスト]]中の「[[生け贄]]」は「[[リリース]]」を指す。~

 [[RISE OF DESTINY]]で登場した[[炎属性]]・[[炎族]]の[[下級モンスター]]。~
 [[自己強化]]する[[起動効果]]、[[相手]]に[[貫通]][[ダメージ]]を与える[[永続効果]]、[[エンドフェイズ]]に[[自壊]]する[[誘発効果]]を持つ。~

 「1[[ターン]]で[[自壊]]する[[炎属性]]の[[デメリット]][[アタッカー]]」としては、[[《ラヴァル・ランスロッド》]]の方が使い勝手が良い。~
 特にこの[[カード]]の[[守備力]]が0なのに対し、[[《ラヴァル・ランスロッド》]]は[[守備力]]200で[[《真炎の爆発》]]に対応している点は大きく水を開けられている。~
 ただし[[《フレムベル・ヘルドッグ》]]で[[リクルート]]した後[[《フレムベル・ヘルドッグ》]]と共に[[ランク]]4を出せるのは[[《ラヴァル・ランスロッド》]]にはできない点である。~

 [[自己強化]]する[[起動効果]]を使えば[[攻撃力]]は最大4000に達する。~
 しかし[[ボード・アドバンテージ]]の損失が大きい上、[[リリース]]できるのが[[炎族]]に限られており扱いが難しい。~
 [[炎族]]を展開しやすいものと言えば[[火の玉トークン]]か[[《真炎の爆発》]]くらいであり、前者はともかく後者は[[《ラヴァル・ランスロッド》]]がますます優先されてしまう。~

 「[[攻撃力]]4000で[[貫通]][[攻撃]]が可能な[[下級モンスター]]」というポテンシャル自体は高く、[[トークン]]などを殴れば[[相手]]の[[ライフポイント]]を一撃で半分持っていき引導[[火力]]となる可能性は持っている。~
 [[《火霊術−「紅」》]]を併せれば、瞬間火力は更に高まる。~
 だが、逆に言えば引導[[火力]]以外の仕事は極端に苦手であり、普段は場持ちの悪い[[下級モンスター]]でしかなく、[[手札事故]]を呼びやすい。~
 理論上のポテンシャルは高いが、実戦で使いこなすのはかなり難しい[[カード]]である。~

-[[テキスト]]が不正確であり、読み取れない[[裁定]]が多いので注意。~
--[[攻撃力]]をアップする[[効果]]は[[1ターンに1度]]しか[[発動]]できない。~
--[[炎族]][[モンスター]]を2体まで[[リリース]]する行為は[[効果]]でなく[[コスト]]である。(10/05/21)~
[[テキスト]]には「この[[効果]]で[[生け贄を捧げた>生け贄に捧げる]]場合」と書いてありなおさら紛らわしい。~


-元々は[[デメリット]]を避けるのが難しい使いきりの[[カード]]だったが、[[シンクロ召喚]]や[[エクシーズ召喚]]が登場した事で[[自壊]]する危険性が大幅に軽減された。~

-[[《フレムベル・ヘルドッグ》]]で[[特殊召喚]]できる[[モンスター]]の中でも高い[[攻撃力]]を持っていたが、[[《ラヴァル・ランスロッド》]]の登場によりその座を奪われてしまい、活躍の機会が減ってしまった。~

-「ガイア(Gaia)」の名を持つ[[カード]]のうち、この[[カード]]のみ「ガイヤ」表記である。~

-登場時から「Magic: the Gathering」のクリーチャー《ボール・ライトニング/Ball Lightning》との類似が指摘されていた。~
//ボール・ライトニング→http://mtg-jp.com/js/findcard.cgi?name=ボール・ライトニング
容姿・[[自壊]]・[[貫通]]に共通点が見られる。~
//あちらにちなんでこちらも「歩く[[火力]]」という異名で呼ばれることがある。~
//ソース無し・主観的すぎるのでコメントアウト
//何を根拠にすれば主観的でないと言うのでしょうか。単に削除したいだけでは? 当時の「めたぽの壺の中(wikiでも使用されている辞書の作成者のサイト)」で「これはボール・ライトニングですね」と書かれていましたが、個人サイトだからダメと言うんでしょうね。
//めたぽの壺の中で書かれている情報を全てのカードに記述するつもり?
//多くのサイトで言われてるならまだしも1つだけとか
//このwikiの俗称一覧レベルの記述だよこれは
//↑では50歩譲って、歩く火力と呼ばれた部分を削除で 効果に類似性があるのは、双方を見ればわかるはずです


//-「Magic: the Gathering」のクリーチャー[[Ball Lightning:http://ww2.wizards.com/gatherer/CardDetails.aspx?id=26620&oracle=no]]がモデルと思われる。~
//容姿・[[自壊]]・[[貫通]]に共通点が見られる。~
//モデルにちなんでこちらも「歩く[[火力]]」という異名で呼ばれることがある。~
//トランプルと自壊が一致してるだけじゃ、モデルとはいえない。イラストも似ていない。
//必ずMTGに元ネタがあるという前提ならそう見えるけど、そんな事実はないからこじつけくさいな

-コナミのゲーム作品において―~
デュエルリンクスの期間限定イベント「異次元の塔〜炎の章〜」のボスとして登場し、[[《炎霊神パイロレクス》]]を投入した[[【炎属性】]]を使用してくる。~
[[プレイヤー]]側はそれまでの[[デュエル]]で引き継いだ[[ライフポイント]](最大4000)で、《爆炎集合体 ガイヤ・ソウル》の8000[[ライフポイント]]を削り切らなければならない。~
ボスに辿り着くまでの[[デュエル]]では[[相手]]が[[バーン]]を使用してくる為、[[プレイヤー]]側が万全の状態で挑む事は難しくなっており、ボスとの[[デュエル]]を一層厳しいものにしている。~
---また、期間限定イベント「異次元の塔〜闇の章〜」では、異次元からの乱入者としても登場する。~
--また、期間限定イベント「異次元の塔〜闇の章〜」では、異次元からの乱入者としても登場する。~


**関連カード [#card]
―「[[リリース]]によって[[自己強化]]する」[[効果]]を持つ[[モンスター]]は[[《アイルの小剣士》]]を参照。

―[[貫通]][[効果]]を持つ[[モンスター]]は[[貫通>貫通#list]]を参照

-[[《電池メン−角型》]]

**収録パック等 [#pack]
-[[RISE OF DESTINY]] RDS-JP028 &size(10){[[Rare]]};
-[[ストラクチャーデッキ−灼熱の大地−]] SD3-JP012
-[[EXPERT EDITION Volume.3]] EE3-JP088 &size(10){[[Rare]]};

**FAQ [#faq]
Q:この[[カードの効果]]を[[発動]]しない、[[攻撃]]をしない場合も[[エンドフェイズ]]時に[[破壊]]しますか?~
A:はい、[[破壊]]します。

Q:この[[カード]]が[[召喚]]後、[[手札]]に戻された場合も[[自壊]][[効果]]は[[発動]]しますか?~
A:いいえ。[[自壊]][[効果]]は基本的に[[フィールド]]上で[[表側表示]]になっているときのみ[[発動]]します。

Q:[[《リビングデッドの呼び声》]]等で[[蘇生]]された場合も[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]されますか?~
A:はい、[[破壊]]されます。

Q:[[自壊]]は[[チェーンブロック]]を作りますか?~
A:はい、作られます。(11/03/24)
//A:いいえ、作りません。(08/09/20)

Q:[[炎族]][[モンスター]]を[[リリース]]する[[効果]]は、1[[ターン]]に何度でも[[発動]]できますか?~
  (複数回に分けて、[[炎族]][[モンスター]]を[[リリース]]することはできますか?)~
A:いいえ、[[1ターンに1度]]しか[[発動]]できません。(09/04/17)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《爆炎集合体 ガイヤ・ソウル》,効果モンスター,モンスター,星4/炎属性/炎族/攻2000/守0,);