*《&ruby(まかいげきだん){魔界劇団};−ファンキー・コメディアン/Abyss Actor - Funky Comedian》 [#top]
 ペンデュラム・効果モンスター
 星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
 【Pスケール:青8/赤8】
 (1):1ターンに1度、自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体をリリースし、
 自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
 リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。
 【モンスター効果】
 「魔界劇団−ファンキー・コメディアン」の(2)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できず、
 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
 このカードの攻撃力はターン終了時まで、
 自分フィールドの「魔界劇団」モンスターの数×300アップする。
 (2):このカード以外の自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、このカードの攻撃力分アップする。

 [[ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−]]で登場した[[闇属性]]・[[悪魔族]]の[[下級>下級モンスター]][[ペンデュラムモンスター]]。~
 [[魔界劇団]]を[[リリース]]して[[単体強化]]させる[[ペンデュラム効果]]、[[召喚・特殊召喚に成功した]]場合に[[自己強化]]する[[誘発効果]]、[[魔界劇団]]1体に自身の[[攻撃力]]を加える[[起動効果]]を持つ。~

 [[ペンデュラム効果]]は[[リリース]]した[[魔界劇団]]の[[攻撃力]]分の[[強化]]。~
 [[《魔界劇団−デビル・ヒール》]]と比べると[[強化]]か[[弱体化]]かの違いがあるが、こちらは[[相手]][[フィールド]]に[[対象]][[耐性]]や[[効果を受けない]][[モンスター]]がいる場合でも使える。~
 [[《魔界劇団−デビル・ヒール》]]ともども[[リリース]]からの[[ペンデュラム召喚]]に適しているが、こちらの[[効果]]は[[魔界劇団]]が最低2体いないと[[発動]]できない。~
 [[魔界劇団]]では[[《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》]]などに頼らずに[[効果]][[耐性]]を持つ[[モンスター]]を[[破壊]]できる数少ない[[カード]]である。~

 (1)の[[モンスター効果]]は[[魔界劇団]]に応じた[[自己強化]]。~
 [[元々の攻撃力]]及び[[強化]]値は低いため、(2)の[[効果]]に繋げるものと割り切りたい。~

 (2)の[[モンスター効果]]は[[魔界劇団]]に自身の[[攻撃力]]を加える[[効果]]。~
 (1)の[[モンスター効果]]を含めれば最大で1800の[[強化]]が望めるが、自身が[[攻撃]]できなくなる。~
 総合[[ダメージ]]だけを見れば[[攻撃力]]がわずかに低いも[[《魔界劇団−サッシー・ルーキー》]]や同じく[[自己強化]]を行える[[《魔界劇団−ワイルド・ホープ》]]を最初から出したほうがいいため[[強化]]を有効活用できるようにしたい。~
 [[《魔界台本「火竜の住処」》]]は[[戦闘破壊]]を[[トリガー]]とするため大きな[[強化]]を望めるこの[[カード]]とは相性がいい。~
 [[強化]]値は現在の[[攻撃力]]を参照とするため、[[全体強化]]を行える[[カード]]と合わせるのも手である。~

 [[レベル]]1のため[[ペンデュラム召喚]]が難しいのが難点。~
 高い[[ペンデュラムスケール]]を持つ[[魔界劇団]]という点を見ても[[《魔界劇団−ダンディ・バイプレイヤー》]]が存在する。~
 しかしその[[カード]]の他、[[《魔界劇団−プリティ・ヒロイン》]]・[[《魔界劇団−エキストラ》]]などで再利用は容易。~

-ファンキー (funky)には色々な意味があるが、後述の描写を踏まえるとこの場合は(良い意味で)「独創的な」「型破りな」の意味で用いられていると考えられる。~
-「ファンキー (funky)」には色々な意味があるが、後述の描写を踏まえるとこの場合は(良い意味で)「独創的な」「型破りな」の意味で用いられていると考えられる。~
//「怯えた」「悪臭を放つ」と言った意味の他に「一風変わった」「独創的な」と言った意味がある。~
「コメディアン」については[[《デビル・コメディアン》]]参照。

-原作・アニメにおいて―~
アニメARC-Vで沢渡が使用する[[魔界劇団]]の1体。~
「ランサーズ候補7人(途中乱入4人含む)vsオベリスク・フォース3人組」戦のバトルロイヤルで初登場。~
[[《魔界劇団−デビル・ヒール》]]と共に[[ペンデュラムゾーン]]に置かれ、[[《魔界劇団−ビッグ・スター》]]を[[ペンデュラム召喚]]した。~
その後権現坂の[[ターン]]に[[《超重武者ヌス−10》]]と[[《超重武者ヒキャ−Q》]]の[[効果]]により、権現坂を経由して[[《魔界劇団−デビル・ヒール》]]共々黒咲の手に渡る。~
そして、彼の[[ターン]]に[[《RR−ワイルド・ヴァルチャー》]]3体の[[ペンデュラム召喚]]を可能にした。~
「沢渡vsユーゴ」戦では[[ペンデュラム効果]]を初めて使用しており、[[《魔界劇団−ビッグ・スター》]]を[[エクストラデッキ]]に加えることで[[《魔界劇団−サッシー・ルーキー》]]の[[攻撃力]]を[[強化]]している。~

--アニメでの[[ペンデュラム効果]]は[[リリース]]ではなく[[エクストラデッキ]]に加えることが[[発動条件]]であり、[[強化]]する数値は[[フィールド]]での数値を参照している。~
[[モンスター効果]]は(1)の[[強化]]は[[ターン]]終了後も継続し、(2)の[[効果]]はなかった。~

--「遊矢vs権現坂vs沢渡vs月影」戦において[[ペンデュラム効果]]を使用した際、[[テキスト]]に反して[[強化]]が[[ターン]]終了後も継続している。~

--ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!の「遊矢vs沢渡」(2戦目)においても沢渡が使用。~

--アニメARC-Vで沢渡が使用した[[通常罠]]《魔界即興劇−インプロ》、[[永続罠]]《魔界劇団の欠員》の[[イラスト]]に描かれている。~

--沢渡が何度も使用している[[カード]]だが、アニメ・漫画含め[[モンスターゾーン]]に登場したことは一度もない。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[魔界劇団]]

―《魔界劇団−ファンキー・コメディアン》の姿が見られる[[カード]]
-[[《盆回し》]]
-[[《魔界劇場「ファンタスティックシアター」》]]

-[[《魔界劇団のカーテンコール》]]
-[[《魔界劇団の楽屋入り》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【魔界劇団】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−]] SPDS-JP017 &size(10){([[N-Parallel]])};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。

----
&tag(《魔界劇団−ファンキー・コメディアン》,モンスター,ペンデュラムモンスター,効果モンスター,星1/闇属性/悪魔族/攻300/守200,スケール8,魔界劇団);