*《&ruby(みくらとり){魅幽鳥};》 [#top]
 効果モンスター
 星4/闇属性/鳥獣族/攻1300/守1500
 (1):このカードがメインモンスターゾーンに存在する限り、
 その位置によって以下の効果を得る。
 ●左端:このカードの攻撃力・守備力は1000アップする。
 ●右端:このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
 ●中央:このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
 ●それ以外:このカードと同じ縦列のモンスターは効果を発動できない。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[EXTREME FORCE]]で登場した[[闇属性]]・[[鳥獣族]]の[[下級モンスター]]。~
 自身の[[カードの位置]]によって4つの[[永続効果]]内、いずれか1つを得る。~
 自身の[[カードの位置]]によって4つの[[永続効果]]の内、いずれか1つを得る。~

// [[カードの位置]]によって[[効果]]が変化する特異な[[モンスター]]。~
 自身の存在する[[カードの位置]]によって[[効果]]が変化する[[モンスター]]。~
 [[鳥獣族]]・[[闇属性]]・[[レベル]]4であるため、[[《RR−フォース・ストリクス》]]で[[サーチ]]することが可能。~

 左端に存在する場合は、[[攻撃力]]・[[守備力]]を1000アップする[[効果]]。~
 [[攻撃力]]2300、[[守備力]]2500となり、[[デメリット]]を持たない[[下級モンスター]]の最高値を超える。~
 [[下級モンスター]]として破格の[[ステータス]]を緩い条件で得られるので、仮想敵によっては、この[[効果]]目当ての採用もあり得るだろう。~

 右端に存在する場合は、[[モンスター]]に[[2回攻撃]]ができるようになる[[効果]]。~
 [[モンスター]]に対してのみの[[2回攻撃]]だが、[[攻撃力]]1300では倒せない[[モンスター]]の方が多い。~
 [[《月鏡の盾》]]などの[[装備カード]]で[[強化]]するべきだろう。~

 中央に存在する場合は、[[相手]]の[[効果の対象]]にならず、[[相手]]の[[効果]]で[[破壊されない]][[耐性]]を得る[[効果]]。~
 様々な[[カードの効果]]での[[除去]]はされにくいが、[[ステータス]]が低く[[戦闘破壊]]されやすい。~
 [[アドバンテージ]]を得られる[[効果]]もないため、この[[耐性]]を活かすには[[ステータス]]を[[強化]]する手段を併用したい。~
 また、[[《進撃の帝王》]]にもあるように、[[環境]]のインフレに伴い、突破できる[[除去]]手段も増えてきているため、安心はできない。~
//[[耐性]]を得ても元の[[ステータス]]が低くては、簡単に[[戦闘破壊]]されてしまう。~
//[[耐性]]を獲得しても元の[[ステータス]]が低く、簡単に[[戦闘破壊]]されてしまう。~
//↑濫用すべきでないのは承知ですが、この2種類がついてたら「強力な耐性」と言って差し支えないと思うんですが
//差し支えあり。「効果を受けない」耐性はどうするんだよ。超強力とでもするのか?
//↑「強力」でいいじゃないですか。この対応関係いりますか?それとも他の程度を表す形容詞も全部検閲しますか?この場合ポジティブな評価をしなければ「ステータスを強化すべきだ」に繋がりません。あと削除ではなくCOにしてください。
//ダメ。同一の耐性は多くのカードが持つが、いずれも現在の環境では見ない
//↑多くありませんし少し前までカオスMAXがいましたね。それにスタンダード時代ではないので単独の効果の強さは環境入りを担保しません。基準にするならば「効果への耐性」としての序列です。その場合「効果を受けない」に次ぐ位置であり十分強力です。繰り返しますが耐性についてポジティブな評価を下さなければ「ステータスを強化すべきだ」に繋がりません。

 それ以外の場所の場合は、同じ縦列の[[モンスター効果の発動]]を封じる[[効果]]。~
 [[メインモンスターゾーン]]に対しては、5箇所の内の1箇所を制限するに過ぎず、影響力が小さい。~
 しかし、この場合、同じ縦列には[[エクストラモンスターゾーン]]も存在しており、[[リンクモンスター]]などに対する[[メタ]]として機能する。~
 あるいは、[[エクストラモンスターゾーン]]の[[自分]][[モンスター]]に対し、[[デメリット]][[効果]]の[[発動]]を阻害させる使い方もできる。~
 ただし、あくまで「[[効果の発動]]」を封じるもので、[[効果]]を[[無効]]にするわけではない点に注意したい。~
 [[効果の発動]]に対し[[チェーンブロック]]を作らずに妨害できるが、前もってこの[[効果]]が[[適用]]されている必要がある。~
 また、[[効果の発動]]を伴わない[[永続効果]]などを[[無効]]にすることもできない。~

 このように、4つの[[効果]]を使い分けられるものの、[[効果]]の実用性にはバラつきが見られる。~
 [[モンスター効果の発動]]の制限を主としつつ、状況に応じて[[自己強化]]し[[アタッカー]]とする運用になるだろう。~

-[[《ポジションチェンジ》]]なら[[ターン]]毎に位置を左右にずらして獲得できる[[効果]]を変えられる。~
左から二番目の位置なら[[ロック]]、[[強化]]、[[耐性]]の3つを状況に応じて切り替えられる。~

-この[[カード]]の[[効果]]をコピーした場合、その[[モンスター]]が[[メインモンスターゾーン]]に存在していなければ、[[効果]]は[[適用]]されない。~
そのため、[[エクストラモンスターゾーン]]の[[《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》]]や[[《WW−クリスタル・ベル》]]などでコピーしても、実質的に[[効果]]は得られない。~

- [[カード名]]の由来は、渡り鳥を意味する「migratory bird(ただしmigratoryの読みは「マイグレートリー」に近い)」に当て字したものだと思われる。~
//「みくらとり」である由来は、位置で効果が変わることからこれが一番近そう
また、神・君の座所のことである「御座」または「神座」とかけている可能性もある。~
神輿の御座の装飾として[[鳳凰>《鳳凰》]]が乗せられることもあり、鳳凰のデザインをしているのはここから来ていると思われる。~
人魂のように囲まれているのは、鳳凰は中国古代神話において死者の魂を天上へ運ぶ役割も持っているからと考えられる。~
//-「&ruby(みくら){魅幽};」の由来は、即位や朝賀などの大礼の際に使用される天皇の座所である「&ruby(たかみくら){高御座};」だろう。~
//八角の屋根にで、中央に大きな鳳凰、おのおのの隅に蕨手の飾を出し、その上に小さな鳳凰を立てたデザインとなっている。~
//中央に鳳凰を据えたデザインは「高御座」を元にしているとは思う
//ついでに中国古代神話において鳳凰は死者の魂を天上へ運ぶ役割も持っているそうなので、中央の鳥は鳳凰の可能性が高いと思います

//-「&ruby(みくら){魅幽};」の由来ははっきりしない。~
//三つの席を意味する「三座」、神・君の座所のことである「御座」または「神座」、官司や社寺の貴重物を納める倉である「御倉」または「御蔵」のいずれかだろうか。~
//ちなみに、伊豆諸島には&ruby(みくらじま){御蔵島};という島もある。~
--「幽」の訓読み「&ruby(くら){幽};い」で文字を当てているが、この読みは当て字であり、載っていない辞書も多い。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[カードの位置]]

//―《魅幽鳥》の姿が見られる[[カード]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[EXTREME FORCE]] EXFO-JP032

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《魅幽鳥》,効果モンスター,モンスター,星4/闇属性/鳥獣族/攻1300/守1500);