*《&ruby(むげんこう){無限光};アイン・ソフ・オウル/Infinite Light》 [#top]
 永続罠
 自分の魔法&罠ゾーンの表側表示の「無限械アイン・ソフ」1枚を墓地へ送ってこのカードを発動できる。
 (1):このカードは相手の効果では破壊されない。
 (2):自分フィールドの「時械神」モンスターは効果の対象にならず、
 お互いにフィールドの「時械神」モンスターをデッキに戻す事はできない。
 (3):1ターンに1度、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
 自分の手札・デッキ・墓地からそれぞれ1体まで、
 カード名の異なる「時械神」モンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。

 [[COLLECTORS PACK 2018]]で登場した[[永続罠]]。~
 [[《無限械アイン・ソフ》]]を[[墓地へ送る]][[発動条件]]、[[相手]]の[[効果]]で[[破壊されない]][[効果]]、[[時械神]]への[[耐性]]付与と[[デッキ]][[バウンス]]を防ぐ[[効果]]、[[手札]]・[[デッキ]]・[[墓地]]から[[時械神]]を[[召喚条件]]を無視して[[特殊召喚]]する[[効果]]を持つ。~

 [[《虚無械アイン》]]を[[墓地に送って>墓地へ送る]][[発動]]できる[[《無限械アイン・ソフ》]]を更に[[墓地へ送り>墓地へ送る]][[発動]]できるという[[重い]][[発動条件]]を持つ。~
 [[《虚無械アイン》]]からの進化でこの[[カードの効果]]を十全に使おうとするなら、[[《虚無械アイン》]]の[[セット]]から4[[ターン]]と[[墓地]]に[[時械神]]3体が必要になる。~
 [[時械神]]はその[[効果]]の性質上[[墓地]]に行きにくいため、意識して[[墓地を肥やす]]必要があるだろう。~
 [[《無限械アイン・ソフ》]]やこの[[カード]]が[[手札]]に来た場合は、手間を省いてすぐに[[発動]]する事ができるが、当然その分[[ディスアドバンテージ]]になる。~

 (1)は自身への[[効果破壊]][[耐性]]。~
 [[自分]]の[[効果]]では[[破壊]]されるが、[[《虚無械アイン》]]・[[《無限械アイン・ソフ》]]に比べ[[耐性]]に回数制限がないため場持ちは更に良くなっている。~

 (2)は[[時械神]]に[[耐性]]を付与し、[[デッキ]]にも戻せなくなる[[効果]]。~
 [[スタンバイフェイズ]]に戻る[[デメリット]]がなくなり、さらに[[対象]][[耐性]]により場持ちも良くなる。~
 (3)の[[効果]]により[[1ターンキル]]級の[[ダメージ]]を与えることも難しくなく、その補助が狙える。~

 (3)は[[時械神]]を最大で3体まで[[特殊召喚]]できる[[効果]]。~
 [[手札]]・[[デッキ]]・[[墓地]]からそれぞれ1体ずつ、さらに[[同名カード]]は不可という制約はあるが、[[時械神]]を2体以上同時に並べる貴重な手段である。~
 [[時械神]][[モンスター]]に[[攻撃力]]制限が存在しないので、[[攻撃力]]4000の[[《究極時械神セフィロン》]]と[[《時械神サンダイオン》]]も[[特殊召喚]]できる。~
 [[《無限械アイン・ソフ》]]同様に、[[《時械神ミチオン》]]と[[《時械神サンダイオン》]]を並べて[[《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》]]を絡めて[[1ターンキル]]を狙っても良い。~

 ただ、[[《無限械アイン・ソフ》]]の時点ですでに十分な[[カード]]パワーを備えており、この[[カード]]の[[発動]]まで狙うと[[オーバーキル]]となる可能性が高い。~
 この[[カード]]自身が[[事故]]要因になる事も考えられるので、こちらも[[デッキ]]に投入するならこの[[カード]]を最大限に活かせるように構築を工夫する必要があるだろう。
 この[[カード]]自身が[[事故]]要因になる事も考えられるので、こちらも[[デッキ]]に投入するならこの[[カード]]を最大限に活かせるように構築を工夫する必要があるだろう。~
 
-(2)の[[効果]]は[[対象]][[耐性]]は[[自分]][[フィールド]]の[[時械神]]に限定されるが、[[デッキ]]に戻せなくなる[[効果]]は[[お互い]]の[[フィールド]]の[[時械神]]に作用される。~
//[[自分]]の[[時械神]]を[[コントロール奪取]]された場合、居座り続ける事になる上に[[《時械神ガブリオン》]]などの[[デッキ]][[バウンス]]による[[除去]]も効かなくなる。~
//[[ミラーマッチ]]では[[お互い]]の[[時械神]]が[[フィールド]]に維持され続けるため状況が膠着する事も起こり得る。~
//このカード発動した時点で大抵ミチオンサンダイオングスタフで決まるし、そうでなくても戦闘するだけで効果使えるんで、普通は殴りにいくだろうし、膠着はほぼありえない。あと相手にカミオンやガブリオン取られたら時械神じゃなくてこのカードをバウンスされるがな。

-(3)の[[効果]]は[[召喚条件]]を無視できるが、[[蘇生制限]]は無視できない。~
よって、[[《究極時械神セフィロン》]]を[[墓地]]から[[蘇生]]するにはその[[モンスター]]を一旦正規の方法で[[特殊召喚]]し、[[蘇生制限]]をクリアしておく必要がある。~

-「アイン・ソフ・オウル(Ain Soph Aur)」とはヘブライ語で無限光という意味で、数字では000で表される。~
「Ain」は無、「Ain Soph」は無限を意味し、この世界の生成は[[アイン>《虚無械アイン》]]から[[アイン・ソフ>《無限械アイン・ソフ》]]、[[アイン・ソフ>《無限械アイン・ソフ》]]からアイン・ソフ・オウルが生じたとされる。~
これら3つは生命の樹の上に描かれており、10の[[セフィラ]]を通じて人間が神生を知覚できると考えられている。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ5D'sの「遊星vsZ-ONE」戦でZ-ONEが使用。~
[[手札]]が0枚のZ-ONEを見て「次の[[ターン]]にZ-ONEが[[時械神]]を[[ドロー]]できなければZ-ONEの[[フィールド]]は空になる」と遊星が考えた直後に[[発動]]。~
[[手札]]が0枚のZ-ONEを見て「次の[[ターン]]にZ-ONEが[[時械神]]を[[ドロー]]できなければZ-ONEの[[フィールド]]は空になる」と遊星が考えていたところに[[発動]]。~
//(なお演出の関係上、遊星が[[ドローフェイズ]]の[[通常のドロー]]を行う直前に[[発動]]しているが、[[OCG]]では[[ドロー]]後でなければ[[発動]]できない。)~
//ドローしてから発動していた(思考→ドロー→発動)
展開済みであった5体の[[時械神]]が[[デッキ]]に戻らなくなる[[効果]]を説明する事で1度は遊星の心を完全に折ることに成功する。~
[[効果]]により展開済みであった5体の[[時械神]]が[[デッキ]]に戻らなくなること、[[《無限械アイン・ソフ》]]が[[フィールド]]を離れたことで[[《時械神サンダイオン》]]の[[攻撃力]]が4000に戻ったことを告げ、1度は遊星の心を完全に折ることに成功する。~
最終的には自身の[[効果]]で[[墓地へ送られ>墓地へ送る]]て[[《究極時械神セフィロン》]]を[[特殊召喚]]した。~

--アニメでの[[効果]]は以下の通り。~
 このカードは自分の魔法・罠ゾーンに表側表示で存在する「無限械アイン・ソフ」を墓地に送り発動する。
 手札のレベル10以上のモンスターを特殊召喚する事ができる。
 このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する場合、
 「時械神」と名のつくモンスターは1体以上存在する事ができ、
 スタンバイフェイズにデッキに戻る効果を無効にする。
 10種類の「時械神」と名の付くモンスターを自分フィールド上に召喚・特殊召喚している場合、
 このカードを墓地に送る事でデッキ・手札・墓地から「究極時械神セフィロン」1体を特殊召喚する事ができる。
--「[[時械神]]が1体以上存在できる」とあるが、アニメ版の[[時械神]]にはそもそも1体しか存在できない[[ルール効果]]はない。~
//1以上は1を含む
ちなみに、アニメ版の[[《無限械アイン・ソフ》]]には[[時械神]]の[[召喚]]・[[反転召喚]]・[[特殊召喚]]できない[[効果]]を[[無効]]化する[[効果]]が存在する。~

--[[OCG]]版の(3)の[[効果]]は、アニメ版[[《究極時械神セフィロン》]]の「[[時械神]]を[[攻撃力]]4000にして可能な限り[[自分]][[フィールド]]に[[特殊召喚]]する[[効果]]」をモチーフにしていると思われる。~
なお、[[OCG]]の[[《究極時械神セフィロン》]]は1[[ターン]]に1体しか[[特殊召喚]]できないため、(3)の[[効果]]で[[《究極時械神セフィロン》]]を呼び出しても最大4体までの展開となる。~

--[[《無限械アイン・ソフ》]]同様の[[特殊召喚]][[効果]]を持つが、この[[カード]]は使用していない。~
また、この[[カード]]を[[発動]]した[[ターン]]に全ての[[時械神]]が[[戦闘破壊]]されているため、遊星を絶望させた「[[時械神]]が[[デッキ]]に戻らなくなる[[効果]]」も使用されなかった。~
そのため、この[[カード]]が使用した[[効果]]は[[《究極時械神セフィロン》]]の[[特殊召喚]][[効果]]のみとなっている。~

--この[[カード]]が使用された時、遊星は《スピード・ワールド 2》での[[ドロー]]の権利を残した状態で絶望していた。~
[[《荒野の大竜巻》]]等を[[ドロー]]してこの[[カード]]を[[除去]]できれば勝利が見える状況であり、絶望するのはやや早かったようにも思える。~
OCG版の[[耐性]]があった場合はそれも不可能となるため、原作のシーンにつじつまを合わせられる[[効果]]が追加されたと言える。
[[OCG]]版の[[耐性]]があった場合はそれも不可能となるため、原作のシーンにつじつまを合わせられる[[効果]]が追加されたと言える。~

-コナミのゲーム作品において―~
[[OCG]]に先駆けて、[[TAG FORCE 6>ゲーム付属カード#TF6]]にてオリジナル[[効果]]で登場している。~
ゲームでの[[効果]]は以下の通り。~
 自分フィールド上に表側表示で存在する「無限械アイン・ソフ」1枚を墓地へ送って発動する。
 自分フィールド上に表側表示で存在する「時械神」と名のついたモンスターをデッキに戻す事はできない。
 自分のターンに1度、手札から「時械神」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。
 相手ターンに1度、手札から「時械神」と名のついたモンスター1体を捨てる事で、
 デッキからカードを2枚ドローする。
 フィールド上に表側表示で存在するこのカードが墓地へ送られた時、
 自分のデッキ・手札・墓地から「究極時械神セフィロン」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する事ができる。
ゲーム版の[[《無限械アイン・ソフ》]]に、[[デッキ]]に戻せなくなる[[効果]]と[[《究極時械神セフィロン》]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]が加わったもの。
ゲーム版の[[《無限械アイン・ソフ》]]に、[[デッキ]]に戻せなくなる[[効果]]と[[《究極時械神セフィロン》]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]が加わったもの。~

--[[OCG]]化の際、[[ドロー]][[効果]]を失った代わりに[[墓地]]・[[デッキ]]からも[[特殊召喚]]できるようになった。~
1[[ターン]]に最大3体まで[[特殊召喚]]可能で、さらに[[破壊]][[耐性]]もあるため、十分強力だろう。~
なお、[[《究極時械神セフィロン》]]を指名してはいないものの、(3)の[[効果]]で[[特殊召喚]]できる。
なお、[[《究極時械神セフィロン》]]を指名してはいないものの、(3)の[[効果]]で[[特殊召喚]]できる。~

**関連カード [#card]
-[[時械神]]
-[[《無限械アイン・ソフ》]]

-[[《Z−ONE/罠C》]]

//―[[イラスト]]関連

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【時械神】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[COLLECTORS PACK 2018]] CP18-JP029

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《無限光アイン・ソフ・オウル》,罠,永続罠,);