*《-/Junk Speeder》 [#top]
 Synchro/Effect
 LV5/WIND/Warrior/ATK1800/DEF1000
 1 "Synchron" Tuner + 1+ non-Tuner monsters
 If this card is Synchro Summoned:
 You can Special Summon as many "Synchron" Tuners
 as possible with different Levels from your Deck in Defense Position.
 You cannot Special Summon monsters from the Extra Deck,
 except Synchro Monsters, the turn you activate this effect.
 When an attack is declared involving this card that was Synchro Summoned this turn and another monster:
 You can make this card's ATK become double its original ATK until the end of this turn.
 You can only use each effect of "Junk Speeder" once per turn.

 日本語訳
 シンクロ・効果モンスター
 星5/風属性/戦士族/攻1800/守1000
 「シンクロン」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか発動できない。
 (1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
 デッキからレベルの異なる「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する。
 この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
 (2):このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
 このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

 [[TCG]]の[[2018 Mega-Tins>Tin#CT15]]で登場した[[風属性]]・[[戦士族]]の[[シンクロモンスター]]。~
 [[シンクロ召喚に成功した]]場合に[[レベル]]の異なる[[シンクロン]][[チューナー]]を[[リクルート]]する[[効果]]、[[モンスター]]と[[戦闘]]を行う時に[[元々の攻撃力]]の倍になる[[効果]]を持つ。~

 [[チューナー]]側に[[シンクロン]]を指定しており、(1)の[[効果]]も合わせると[[シンクロン]]を多用する[[デッキ]]の採用が主になる。~
 [[《ジャンク・シンクロン》]]は1枚でこの[[カード]]を[[シンクロ召喚]]でき、他にも自己[[特殊召喚]]可能な[[《ジェット・シンクロン》]]・[[《アンノウン・シンクロン》]]も使いやすい。~

 (1)の[[効果]]は[[シンクロン]][[チューナー]]の[[リクルート]]。~
 最大で5体まで呼び出せるが[[効果]]により[[シンクロモンスター]]以外の[[エクストラデッキ]]からの展開が封じられる。~
 連続[[シンクロ召喚]]を狙う場合は前の[[ターン]]に[[リンク召喚]]しておくか、[[リンクモンスター]]を[[蘇生]]・[[帰還]]するといった動きが必要となる。~
 [[守備表示]]で[[特殊召喚]]されるためそのままでは[[攻撃]]できないが、[[表示形式]]を変更する[[カード]]や[[《真魔獣 ガーゼット》]]を使うことで[[相手]]の[[ライフ]]を削りにいくことも可能。~

 [[シンクロ召喚]]したこの[[カード]]と[[リクルート]]した[[チューナー]]で[[シンクロ召喚]]を行うのも手。~
 [[レベル]]1と3の[[チューナー]]を[[リクルート]]し、[[《水晶機巧−グリオンガンド》]]を[[シンクロ召喚]]すれば[[相手]]の[[カード]]3枚の[[除外]]が可能。~
 この[[カード]]と[[レベル]]3[[チューナー]]で[[レベル]]8[[レッド・デーモン]]を[[シンクロ召喚]]し、さらに[[レベル]]2[[チューナー]]を合わせて[[《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》]]に繋げられる。~
 ここから残った[[チューナー]]の1体を[[リリース]]すれば先ほどの[[レベル]]8[[レッド・デーモン]]の[[蘇生]]も可能。~
 [[《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》]]ならば、[[全体除去]]に残った[[チューナー]]を巻き込む事で[[バーン]][[ダメージ]]を稼ぐ事にも繋がる。~
 合計[[レベル]]5となる[[チューナー]]2体とで[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》]]を[[シンクロ召喚]]すれば、高確率で[[全体除去]]+3500の[[ダイレクトアタック]]を通せる。~

 (2)は[[シンクロ召喚]]した[[ターン]]に[[攻撃力]]を倍にする[[効果]]。~
 [[攻撃力]]は3600となるため多くの[[モンスター]]を[[戦闘破壊]]できるようになる。~
 (1)の[[効果]]で[[《ドリル・シンクロン》]]を[[特殊召喚]]することで[[貫通]][[効果]]も付与できる。~
 [[《チェンジ・シンクロン》]]を[[シンクロ素材]]にこの[[カード]]を[[シンクロ召喚]]すれば、[[効果]]を使って[[守備表示]][[モンスター]]を用意することが可能。~
 ただし、[[強化]]は[[攻撃宣言]]時のため[[コンバットトリック]]に弱い点は注意。~
 また、1[[ターン]]限りでもあるので[[メインフェイズ]]2に[[リクルート]]した[[モンスター]]と[[シンクロ素材]]にしてしまいたい。~

 [[《ジャンク・ウォリアー》]]とは[[シンクロン]][[チューナー]]を素材とする点や、[[攻撃力]]を[[強化]]する点が類似する。~
 あちらは[[チューナー]]が指定されていることや高い[[攻撃力]]を得るには専用構築が必要になるため、[[エクストラデッキ]]の圧迫を気にするならば[[シンクロ素材]]が緩く展開[[効果]]を持つこちらが優先される。~
 [[ウォリアー]][[サポートカード]]を意識する場合はあちらを優先する意義もあるため、[[デッキ]]内容とよく相談しておきたい。~

 また、[[《ジャンク・シンクロン》]]を3枚のみ採用という、[[シンクロン]]がさほど多くない[[デッキ]]でも採用を検討できる。~
 [[《ジャンク・シンクロン》]]の[[効果]]で[[レベル]]2を[[蘇生]]すればこの[[カード]]を出せ、(1)の[[効果]]で2体目を[[リクルート]]できるため、1枚で容易に[[レベル]]8の[[シンクロ召喚]]までつながる。~

 この[[カード]]の(1)の[[効果]]で複数の[[シンクロン]]の[[リクルート]]を狙う場合、[[シンクロン]][[チューナー]]の[[レベル]]が分散することになる。~
 それはこの[[カード]]の[[シンクロ召喚]]にも使うため、[[レベル]]の合計が5になるように非[[チューナー]]も用意する必要があるように見えるが、[[【ジャンクドッペル】]]などなら元々[[レベル]]2以下を複数採用しやすく、それらの組み合わせで[[レベル]]調整をすれば良い。~
 ただ、[[《クイック・シンクロン》]]に限っては後述の理由で若干相性が悪く、使い所が難しいい。~
 ただ、[[《クイック・シンクロン》]]に限っては後述の理由で若干相性が悪く、使い所が難しい。~

-[[《クイック・シンクロン》]]は(1)の[[効果]]で[[リクルート]]できる中では唯一[[レベル]]5である。~
ただ、[[レベル]]10に[[シンクロン]][[チューナー]]を指定した[[モンスター]]はいないため、そのままでは[[リクルート]]した後にこの[[カード]]と[[シンクロ召喚]]はできない。~
また、この[[カード]]の[[シンクロ素材]]に使うには[[レベル]]調整が必要になり、若干相性が悪い。~


-この[[カード]]の[[効果]]で[[特殊召喚]]する[[シンクロン]]の[[モンスター効果]]は[[無効]]にならない。~
そのため、[[《スチーム・シンクロン》]]で[[相手]][[ターン]]に[[シンクロ召喚]]できる他、[[《EMオッドアイズ・シンクロン》]]で[[ペンデュラムゾーン]]を使用した[[シンクロ召喚]]が可能。~
もっとも[[《EMオッドアイズ・シンクロン》]]を利用する場合は何かしらの手段で[[エクストラモンスターゾーン]]を空けるか、[[リンク先]]を事前に確保しておく必要がある。~

-[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]が[[リンク召喚]]可能なら、[[相手]][[ターン]]に以下のような[[コンボ]]が可能となる。~
>
+[[自分]][[ターン]]に[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を[[リンク召喚]]し、[[効果]]で[[《幻影王 ハイド・ライド》]]を[[特殊召喚]]
+[[相手]][[ターン]]の[[メインフェイズ]]に[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]の[[効果]]で[[《フォーミュラ・シンクロン》]]を[[特殊召喚]]
+[[《フォーミュラ・シンクロン》]]と[[《幻影王 ハイド・ライド》]]でこの[[カード]]を[[シンクロ召喚]]
+この[[カード]]の[[効果]]で[[《スチーム・シンクロン》]]、[[《ジェット・シンクロン》]]を含む[[シンクロン]][[チューナー]]を[[リクルート]]
+[[《スチーム・シンクロン》]]と[[《ジェット・シンクロン》]]とこの[[カード]]で[[《水晶機巧−グリオンガンド》]]を[[シンクロ召喚]]
<
結果的に[[フィールド]]に[[《水晶機巧−グリオンガンド》]]と[[リクルート]]した[[モンスター]]により[[レベル]]2、4、5の[[シンクロン]][[チューナー]]が残る。~
また、[[《水晶機巧−グリオンガンド》]]の[[効果]]で[[相手]][[モンスター]]を3枚まで[[除外]]、[[《フォーミュラ・シンクロン》]]の[[効果]]で1枚の[[ドロー]]と[[《ジェット・シンクロン》]]で[[ジャンク]][[モンスター]]の[[サーチ]]が可能となる。~

-[[《エンタメデュエル》]]の1つ目の[[ドロー]]条件を単体で満たすことができる。~

-[[カード名]]や[[イラスト]]などから[[《スピード・ウォリアー》]]及び[[《ジャンク・ウォリアー》]]を意識した[[モンスター]]であることがうかがえる。~
(2)の[[効果]]も[[《スピード・ウォリアー》]]に類似している。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[日本未発売カード]]

-[[ジャンク]]
-[[シンクロン]]

-[[《ジャンク・ウォリアー》]]
-[[《スピード・ウォリアー》]]

//―《Junk Speeder》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

**リクルート可能なレベル別のシンクロンチューナー [#list]
-[[レベル]]1
#taglist(シンクロン^チューナーモンスター^星1-シンクロモンスター)
-[[レベル]]2
#taglist(シンクロン^チューナーモンスター^星2-シンクロモンスター)
-[[レベル]]3
#taglist(シンクロン^チューナーモンスター^星3-シンクロモンスター)
-[[レベル]]4
#taglist(シンクロン^チューナーモンスター^星4-シンクロモンスター)

-[[レベル]]5
#taglist(シンクロン^チューナーモンスター^星5-シンクロモンスター)

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[2018 Mega-Tins>Tin#CT15]] CT15-EN002 &size(10){[[Secret]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
//海外新規カードについては、タグをつけないでください