*【オルフェゴール】 [#top]

#contents

**[[デッキ]]の概要 [#abstract] 
 [[墓地]]から[[除外]]する事により同[[カテゴリ]]の[[モンスター]]を展開できる[[オルフェゴール]][[モンスター]]を用いた[[リンク召喚]]系[[ビートダウン]][[デッキ]]。~
 さらに[[フィールド魔法]][[《オルフェゴール・バベル》]]によって、[[オルフェゴール]][[モンスター]]は[[相手]][[ターン]]でも[[効果]]を[[発動]]できるようになる。~
 これらの特徴により[[墓地]]さえ肥えてしまえば[[自分]]・[[相手]][[ターン]]問わずの[[制圧]]・展開が可能になり、高い持久力、[[制圧]]力を誇る。~
 また、[[カテゴリ]]の[[カード]]は少数精鋭で、[[リクルート]]や、間接的な[[サーチ]]等が可能かつ[[除外]]されている[[モンスター]]を[[デッキ]]に戻せるため、ある程度[[カテゴリ]]の[[カード]]を抜いて汎用[[カード]]を大量に積み込むという事も可能。~
 加えて、[[カテゴリ]]内に[[デッキ]]からの直接的な[[サーチ]][[カード]]は存在しない為、[[《手違い》]]等での妨害を受けにくい。

 《オルフェゴール・バベル》
 フィールド魔法
 (1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
 元々のカード名に「オルフェゴール」を含む、
 自分フィールドのリンクモンスター及び自分の墓地のモンスターが発動する効果は、
 相手ターンでも発動できる効果になる。
 (2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
 墓地のこのカードを手札に加える。
 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 《オルフェゴール・ガラテア》
 リンク・効果モンスター
 リンク2/闇属性/機械族/攻1800
 【リンクマーカー:右上/左下】
 「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):リンク状態のこのカードは戦闘では破壊されない。
 (2):除外されている自分の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターをデッキに戻す。
 その後、デッキから「オルフェゴール」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。

 《オルフェゴール・ディヴェル》
 効果モンスター
 星4/闇属性/機械族/攻1700/守1400
 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):墓地のこのカードを除外して発動できる。
 デッキから「オルフェゴール・ディヴェル」以外の
 「オルフェゴール」モンスター1体を特殊召喚する。
 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

**[[デッキ]]構築に際して [#introduction]
 [[メインデッキ]]の[[オルフェゴール]][[モンスター]]、および[[《星遺物−『星杖』》]]は以下の共通[[効果]]を持つ。~

 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):墓地のこのカードを除外し(〜を対象とし)て発動できる。
 (同名カード以外の「オルフェゴール」モンスター1体を)特殊召喚する。
 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

 [[墓地]]に存在すれば[[除外]]する事により[[モンスター]]を展開していけるため、[[墓地を肥やす]]事さえできれば戦力を簡単に補給できる。~
 後述する[[オルフェゴール]][[リンクモンスター]]の[[効果]]は[[除外]]された[[機械族]][[カード]]を[[デッキ]]に戻しつつ[[効果]]を処理するため、[[特殊召喚]]し展開した上で[[効果]]の[[発動条件]]を満たす事ができ、展開を行なえば必然的に[[リンク召喚]]の素材も場に出せるため[[シナジー]]は強い。~
 ただし[[発動]]した[[ターン]]は[[闇属性]]以外の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]できなくなるため、[[闇属性]]以外の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]したい場合は[[発動]]前にのみ可能となる。

 一方、[[リンクモンスター]]の[[オルフェゴール]][[モンスター]]は以下の共通[[テキスト]]を持つ。~

 「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体(以上)
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):リンク状態のこのカードは(戦闘・効果・その両方)では破壊されない。
 (2):除外されている自分の機械族モンスター○体を対象として発動できる。
 そのモンスターをデッキに戻す。
 (固有効果)

 1つ目の[[効果]]により[[リンク状態]]であれば[[耐性]]を得られる為、そこそこに場持ちは良い。~
 また、全ての[[オルフェゴール]][[リンクモンスター]]は、少なくとも左上・上・右上いずれかの方向に[[リンクマーカー]]が向いているため、[[相手]][[フィールド]]上の[[モンスター]]を使って[[リンク状態]]にする事もできる。~
 2つ目の[[効果]]はいずれも強力な[[効果]]であり、[[自分]]の[[機械族]][[モンスター]]が[[除外]]されているという条件も上述した[[オルフェゴール]][[モンスター]]の共通[[効果]]によって容易に満たす事が可能となっている。~

 これらの[[効果]]を[[《オルフェゴール・バベル》]]によって[[相手]][[ターン]]でも[[発動]]して圧倒的な[[アドバンテージ]]を稼ぎ、[[カテゴリ]]内外の[[リンクモンスター]]で[[制圧]]していくことが基本となる。

***[[メインデッキ]]の[[モンスター]]について [#monster]

―[[オルフェゴール]]~

-共通[[効果]]を持つ[[オルフェゴール]]~
[[オルフェゴール]]共通の[[特殊召喚]][[効果]]は[[同名カード]]含め[[1ターンに1度]]しか[[発動]]できない。~
また、[[《星遺物−『星杖』》]]は[[カテゴリ]]には含まれないものの、ほぼ同様の[[効果]]を持つためここに記載する。

--[[《オルフェゴール・カノーネ》]]~
[[オルフェゴール]]唯一の[[チューナー]]であり、[[手札]]から[[オルフェゴール]]1体を[[特殊召喚]]できる。~
[[オルフェゴール]][[モンスター]]は[[手札]]に存在するよりかは[[フィールド]]や[[墓地]]に存在した方が良いので、唯一直接的な[[アドバンテージ]]を稼げないものの優秀な[[効果]]と言えるだろう。~

--[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]~
[[オルフェゴール]]を[[墓地]]から[[特殊召喚]]できる。~
また、他2体と違い[[オルフェゴール]][[リンクモンスター]]も[[特殊召喚]]可能である点も見逃せない。~

--[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]~
[[オルフェゴール]]を[[デッキ]]から[[特殊召喚]]できる。~
この[[効果]]で[[特殊召喚]]した[[オルフェゴール]]を[[墓地]]に送りその[[効果]]を[[発動]]すれば損失なく2枚分の[[モンスター]]を展開できるため、優先して[[墓地]]に送りたい[[カード]]である。

--[[《星遺物−『星杖』》]]~
[[除外]]されている[[オルフェゴール]]を[[特殊召喚]]できる。~
[[《トレード・イン》]]、[[《闇の誘惑》]]、[[《オルフェゴール・プライム》]]と3つの[[ドロー]][[カード]]の[[コスト]]に対応しているため、それらを採用している構築では十二分にその役割を全うできるだろう。~
この[[カード]]自体は[[オルフェゴール]][[カテゴリ]]に含まれて居ないが、一部の[[オルフェゴール]][[カード]]は[[星遺物]][[カード]]も指定しているため、この[[カード]]もその恩恵を受けることができる。

―[[特殊召喚]]可能な[[チューナー]][[モンスター]]~

 後述する[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を基点とした[[コンボ]]を使用する場合は必須となる。~
 その中で特に相性の良い[[モンスター]]を挙げていく。~

-[[《亡龍の戦慄−デストルドー》]]~
[[フィールド]]に6以下の[[レベル]]を持つ[[モンスター]]がいれば[[墓地]]または[[手札]]から[[特殊召喚]]可能な[[チューナー]]。~
[[闇属性]]であるために[[オルフェゴール]][[モンスター]]の[[デメリット]]の影響を受けず、[[特殊召喚]]が可能で、[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]の[[リンク素材]]にもなれる。~
[[ライフポイント]]が半分になるという[[デメリット]]も、[[相手]][[ターン]]に[[モンスター]]を展開し、[[壁]]を作る事が可能なこの[[デッキ]]ではリスクを軽減できる。

-[[《グローアップ・バルブ》]]~
[[墓地]]に存在するとき、[[デュエル]]中1度だけ[[デッキの一番上]]の[[カード]]を[[墓地へ送>墓地へ送る]]り[[特殊召喚]]可能な[[モンスター]]。~
[[《ローンファイア・ブロッサム》]]や[[《ワン・フォー・ワン》]]に対応し、[[《おろかな埋葬》]]等の、この[[デッキ]]と相性の良い[[カード]]からも[[特殊召喚]]できる。~
上記の時点で十分に利点を持つが、この[[デッキ]]におけるこの[[カード]]の真髄は、1枚で[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]が[[リンク召喚]]できる事だろう。~
手順は[[このカード>《グローアップ・バルブ》]]のページで述べられているのでそちらを参照。

-[[《ジェット・シンクロン》]]~
[[《グローアップ・バルブ》]]同様に1枚から[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]が[[リンク召喚]]可能で、[[《ワン・フォー・ワン》]]にも対応している。~
また、その経過で[[機械族]][[モンスター]]であるこの[[カード]]を[[除外]]できる。~
[[手札コスト]]が必要となるが、[[オルフェゴール]][[モンスター]]は[[墓地]]に存在するときに[[効果]]を[[発動]]できるため[[コスト]]に役割を持たせることができる。~
さらにこの[[カード]]を使用せずに[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を[[リンク召喚]]できた場合、この[[カード]]を[[リクルート]]して[[《サモン・ソーサレス》]]を[[特殊召喚]]し、再度この[[カード]]を[[《サモン・ソーサレス》]]の[[リンク先]]に[[特殊召喚]]すれば直ちに[[オルフェゴール]]を[[リクルート]]できる。

―その他の[[モンスター]]~

 [[メインデッキ]]には[[《星遺物−『星杖』》]]まで合わせても[[カテゴリ]]に4枚の[[カード]]しか存在しない。~
 そのため展開を補佐したり、[[オルフェゴール]]を[[墓地へ送る]]ことができる[[カード]]もしくは[[制圧]]力を高める[[カード]]を採用したい。~

-[[《終末の騎士》]]~
[[召喚]]すればそのまま[[闇属性]][[カード]]である[[オルフェゴール]][[モンスター]]を[[デッキ]]から[[墓地へ送る]]事が可能である。~
また、[[闇属性]]なので[[《闇の誘惑》]]にも対応している。~

-[[《ダーク・グレファー》]]~
[[手札コスト]]が付いた代わりに、[[レベル]]5以上の[[闇属性]][[モンスター]]を[[手札]]から[[捨てる]]事によって、「[[特殊召喚]]できる[[《終末の騎士》]]」の様に扱える。~
[[コスト]]の利用も容易く、[[特殊召喚]]する際に[[手札]]に余りがちな[[星遺物]][[カード]]を[[墓地へ送る]]ことができる。

-[[《マスマティシャン》]]~
[[《終末の騎士》]]同様[[オルフェゴール]][[モンスター]]を[[デッキ]]から[[墓地へ送る]]事が可能であり、[[《グローアップ・バルブ》]]を[[墓地]]に送れば一枚で[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を[[特殊召喚]]できる。~

-[[《電送擬人エレキネシス》]]~
[[種族]]・[[属性]]に[[シナジー]]は無いものの、[[オルフェゴール]][[リンクモンスター]]の[[効果の発動]]に必要な[[リンク状態]]を無理やり作り出すことができる。~
[[フリーチェーン]]なので[[《オルフェゴール・バベル》]]を活かせる。~
//更に[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]にも対応しているので[[腐る]]ことは少ない。~
//リンク先に特殊召喚された場合の効果であり、「移動」させるだけのこのカードでは発動しない

-[[星遺物]][[モンスター]]~
4枚の[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]が可能な[[《星遺物の醒存》]]を採用する場合に採用される。~
[[《星遺物−『星杖』》]]以外では展開力と[[制圧]]力を高められる[[《星遺物−『星冠』》]]、[[リンクモンスター]]の[[打点>攻撃力]]を大幅に上げ、[[コンバットトリック]]が可能な[[《星遺物−『星槍』》]]が候補に挙がるだろう。~
また、一部の[[オルフェゴール]][[カード]]は[[星遺物]]にも対応している上、[[機械族]]・[[闇属性]]と[[オルフェゴール]]と共通した[[種族]]・[[属性]]であるため無駄が無い。

***[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]について [#extradeck]
 主力は[[リンクモンスター]]となるが、[[《オルフェゴール・カノーネ》]]が[[チューナー]][[モンスター]]であり、[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を採用する場合はさらに[[チューナー]]を採用する事になるため、[[シンクロモンスター]]を採用しても良いだろう。

―[[オルフェゴール]][[リンクモンスター]]~

 いずれも[[オルフェゴール]][[モンスター]]を含むという[[縛り]]を持ち、[[除外]]ゾーンに[[機械族]][[モンスター]]が存在しないと[[効果]]を[[発動]]できないという難点を持つ。~
 [[墓地]]の[[オルフェゴール]]を[[除外]]しながら展開して行くと良いだろう。~

-[[リンク]]2~
[[《オルフェゴール・ガラテア》]]~
[[リンク]]2の[[モンスター]]で、[[除外]]された[[機械族]][[モンスター]]1体を[[デッキ]]に戻し[[デッキ]]からの[[オルフェゴール]][[魔法・罠カード]]の[[セット]]する[[効果]]、[[リンク状態]]の時に[[戦闘破壊]][[耐性]]を得る[[効果]]を持つ。~
主に[[セット]]する[[カード]]はこの[[デッキ]]の中核となる[[《オルフェゴール・バベル》]]になるだろう。~
既に[[手札]]に引き込んでいる場合は、継続的に[[アドバンテージ]]を稼いでいける[[《オルフェゴール・アインザッツ》]]、[[《オルフェゴール・バベル》]]を[[破壊]]から守れる[[《オルフェゴール・コア》]]が有力候補か。~

-[[リンク]]3~
[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]~
[[除外]]された[[機械族]][[モンスター]]二体を[[デッキ]]に戻し[[リンク状態]]の[[相手]][[モンスターカード]]一枚を[[墓地へ送る]]事が可能な[[効果]]と、[[リンク状態]]の時に[[効果]]による[[破壊]]への[[耐性]]を得る[[効果]]を持つ。~
[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]の[[効果]]で[[相手]][[ターン]]に[[特殊召喚]]して[[除去]][[効果]]を打つ、[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]と共に出してお互いに[[耐性]]を持った状態で[[制圧]]を行う等の行動ができる。~

-[[リンク]]4~
[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]~
[[除外]]された[[機械族]][[モンスター]]三体を[[デッキ]]に戻し、[[リンク状態]]の[[相手]][[モンスターカード]]の[[効果]]を[[無効]]化し、[[弱体化]]する[[効果]]と、[[リンク状態]]の時に[[効果]]による[[破壊]]と[[戦闘]]による[[破壊]]への[[耐性]]を得る[[効果]]を持つ。~
[[リンク]]4なので若干重いものの、[[《オルフェゴール・コア》]]と自身の[[効果]]によって[[耐性]]を付与すれば[[対象]]に取れず、[[戦闘]]・[[効果]]では[[破壊されない]][[攻撃力]]3000と[[相手]]からすればかなり厄介な[[モンスター]]となるだろう。~
また、自身の[[効果]]を[[適用]]した[[攻撃表示]][[モンスター]]に[[攻撃]]すれば3000[[ダメージ]]を与えられる為[[引導火力>火力]]にも成り得る。~
[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]と違い、[[相手]]の[[リンク状態]]の[[モンスター]]全てに[[効果]]が及ぶため、一気に複数体の[[モンスター]]の無力化が可能な点も見逃せない。

―[[闇属性]]の[[リンクモンスター]]~

 [[オルフェゴール]][[モンスター]]の[[効果]]を[[発動]]した[[ターン]]は[[闇属性]]以外の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]できないため、採用する[[リンクモンスター]]は必然的に[[闇属性]]のものが多くなる。

-[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]~
この[[デッキ]]なら容易に出せる上[[全体除去]]も使いやすい。~
更に[[《オルフェゴール・バベル》]]が[[フィールド]]に存在し[[墓地]]に[[オルフェゴール]][[モンスター]]が存在すれば、[[相手]][[ターン]]にこの[[カード]]の[[リンク先]]に[[モンスター]]を[[特殊召喚]]し、擬似[[《ブラック・ホール》]]を打つことが可能となる。~
特に[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]の[[効果]]で[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]または[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]をこの[[カード]]の[[リンク先]]に[[蘇生]]し、かつ[[蘇生]]した[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]をもう一方の[[エクストラモンスターゾーン]]に向ければ、[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]と[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]はそれぞれの[[効果]]により[[破壊]]されず、それぞれの[[効果]]でこの[[カード]]の弱点である「[[エクストラモンスターゾーン]]に存在する[[モンスター]]を[[破壊]]できない」という弱点を補えるため非常に[[シナジー]]が強い。

-[[《トポロジック・トゥリスバエナ》]]~
上記の[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]と同様の[[コンボ]]が狙えるものの、[[発動]]すれば[[自分]]の[[《オルフェゴール・バベル》]]等も[[除外]]されてしまうのが痛い。~
[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]等を出しても[[除外]]されてしまう。~
とは言え、[[相手]]の[[デッキ]]によっては[[相手]][[ターン]]の[[エンドフェイズ]]時に[[効果]]を使用したり、[[自分]][[ターン]]の詰めの一局で[[効果]]を使えば絶大な威力を発揮するだろう。

-[[《リンクリボー》]]~
[[《オルフェゴール・カノーネ》]]を[[通常召喚]]してそれを素材にこの[[カード]]を出し、[[《オルフェゴール・カノーネ》]]の[[効果]]で[[手札]]の[[オルフェゴール]]を[[特殊召喚]]すれば[[リンク]]2の[[リンク召喚]]ができる。

-[[《サモン・ソーサレス》]]~
この[[カード]]の[[リンク先]]に[[オルフェゴール]]等の[[効果]]を用いて[[機械族]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]すれば、[[デッキ]]から[[オルフェゴール]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]できる。

-[[《トロイメア・ユニコーン》]]~
[[縛り]]も緩く、[[効果]]の[[汎用性]]も高い。~
特に[[シナジー]]があるわけでは無いものの採用して損は無いだろう。

-[[《見習い魔嬢》]]~
特に強い[[シナジー]]は無いが、左下と右下に[[リンクマーカー]]を持っており、[[破壊]]された場合でも[[墓地]]の[[闇属性]][[モンスター]]を[[サルベージ]]できるため使いやすい。~
また、500の打点アップにより[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]の弱点である[[戦闘破壊]]を妨害できる。

-[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]~
[[効果の対象]]にならない[[効果]]等を持つ。~
[[オルフェゴール]][[リンクモンスター]]は自力で[[対象]]を取る[[効果]]への[[耐性]]を身に着ける事はできないため、[[相手]]が[[対象を取る>対象をとる(指定する)効果]][[破壊]]以外の[[除去]]手段を中心に攻めて来る場合はこの[[カード]]を出すのも悪くない。~

-[[《ペンテスタッグ》]]~
[[オルフェゴール]][[リンクモンスター]]に[[耐性]]と[[貫通]][[効果]]を与える。~
ほぼ[[デメリット]]にしかならない上向きの[[リンクマーカー]]も、この[[デッキ]]ならばあまり気にならない。~

―その他の[[リンクモンスター]]~

-[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]~
[[リンク召喚]]成功時にデッキから[[《オルフェゴール・カノーネ》]]等の[[機械族]][[チューナー]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]すれば、[[《サモン・ソーサレス》]]を[[特殊召喚]]できる。~
[[特殊召喚]]した[[モンスター]]が[[《幻獣機オライオン》]]であれば、[[幻獣機トークン]]を[[《サモン・ソーサレス》]]の[[リンク先]]に[[特殊召喚]]する事でそのまま[[デッキ]]から[[オルフェゴール]]を[[リクルート]]できる。~

-[[《アークロード・パラディオン》]]~
[[星遺物]][[カード]]を採用する場合はその[[制圧]]効果を存分に発揮できる。~
また、相手が強[[耐性]]、高[[攻撃力]]の[[モンスター]]を出してきた場合の突破に役立つ。~

―[[シンクロモンスター]]~

-[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]~
この[[デッキ]]と相性の良い[[《亡龍の戦慄−デストルドー》]]から簡単に[[シンクロ召喚]]でき、[[オルフェゴール]]は[[フィールド]]ががらあきになっても容易に展開できる為相性が良い。

***[[魔法・罠カード]]について [#spell_trap]

―[[オルフェゴール]]~

-[[《オルフェゴール・バベル》]]~
この[[カード]]を[[フィールド]]に出しておくことによって[[相手]][[ターン]]でも[[オルフェゴール]][[モンスター]]の[[効果]]を[[発動]]できるようになる、[[制圧]]・展開両面で重要な[[フィールド魔法]]。~
だが、自力での[[サルベージ]][[効果]]を持ち、[[《オルフェゴール・ガラテア》]]の[[効果]]で[[デッキ]]から[[セット]]する事が可能なため、無理に[[《盆回し》]]や[[《テラ・フォーミング》]]を採用しなくても良いだろう。~

-[[《オルフェゴール・アインザッツ》]]~
[[永続魔法]]であり、存在さえすれば簡単に[[アドバンテージ]]を稼げる[[効果]]を持つものの、[[《幽鬼うさぎ》]]等によって[[除去]]されると[[効果]]が使えないためこの[[カード]]に頼り切るのは危険である。

-[[《オルフェゴール・プライム》]]~
[[手札]]で余った[[星遺物]]や[[オルフェゴール]]を[[墓地]]に送りつつ、2枚の[[カード]]を[[ドロー]]する事ができる。~
それ以外でも[[フィールド]]の[[オルフェゴール]][[カード]]を[[墓地]]に送り[[閃刀姫]][[カード]]の[[発動]]を補佐したり、[[《オルフェゴール・ガラテア》]]の[[効果]]で[[セット]]し[[《オルフェゴール・ガラテア》]]を[[墓地]]に送って[[発動]]して無理やり[[手札]]を増強することもできる。

-[[《オルフェゴール・アタック》]]~
[[ディスアドバンテージ]]は免れないものの、[[《オルフェゴール・ガラテア》]]から[[セット]]できる唯一の[[除去]]・[[制圧]]札である。~
そのためそれらを安定して用意できない構築では採用しても良いだろう。

-[[《オルフェゴール・コア》]]~
[[墓地]]の[[カード]]の[[除外]][[効果]]、[[フィールド]]の[[オルフェゴール]][[モンスター]]に[[対象]]を取る[[効果]]への[[耐性]]を与える[[効果]]、他の[[オルフェゴール]][[魔法・罠カード]]の[[破壊]]を肩代わりする[[効果]]、と優秀な[[効果]]を持つ。~
特に[[《オルフェゴール・バベル》]]は[[相手]]からすれば最優先[[破壊]][[対象]]であるため、それを[[破壊]]しようとした[[相手]]の意表を突く事が可能となる。

―その他

-[[《星遺物の醒存》]]~
[[デッキ]]に[[星遺物]][[カード]]をある程度投入する必要があるものの、損失なく4枚の[[墓地]]肥やしが可能で、[[星遺物]][[カード]]ともある程度[[シナジー]]のあるこの[[デッキ]]では採用圏内となる。

-[[《闇の誘惑》]]~
特性上[[闇属性]]を多く積み、さらに[[オルフェゴール]][[リンクモンスター]]は[[機械族]][[モンスター]]が[[除外]]されていないと[[効果]]を[[発動]]できないこの[[デッキ]]では強力な[[ドローソース]]だろう。

-[[《おろかな埋葬》]]~
実質的にこの[[カード]]一枚で[[オルフェゴール]]の[[リクルート]]、[[蘇生]]、[[手札]]からの[[特殊召喚]]のいずれかを賄う事ができる。~
[[《グローアップ・バルブ》]]等を採用している場合は更に役割が多くなる。

-[[《墓穴の指名者》]]~
[[カテゴリ]]の[[モンスター]]の数が少ないこの[[デッキ]]では、[[《エフェクト・ヴェーラー》]]や[[《灰流うらら》]]一枚で[[《オルフェゴール・ガラテア》]]や[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]を止められると、無抵抗のまま[[相手]]に[[ターン]]を渡す、という事が多い。~
そのため、それを防げる上[[汎用性]]も高いこの[[カード]]は優先して入れたい一枚だろう。

-[[《閃刀機−イーグルブースター》]]~
[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]との[[コンボ]]をメインに見据える場合、どうしても[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]の[[耐性]]の無さ、展開途中での[[《無限泡影》]]での妨害等が弱点となってしまう。~
この[[カード]]を[[手札]]に引き込んでいる場合、[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]の[[除去]]や[[自分]]の[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]に[[チェーン]]して[[発動]]された[[《無限泡影》]]に[[チェーン]]してこの[[カード]]を[[発動]]すればそれらの[[除去]]、及び[[効果]][[無効]]化から守れる上、[[《閃刀起動−エンゲージ》]]と共に強力な[[閃刀]]カードを採用する事ができる。~

-[[《ツインツイスター》]]・[[《サンダー・ブレイク》]]~
[[手札コスト]]を有意義に活用できるため、この[[デッキ]]に少ない[[除去]][[効果]]を存分に発揮する事が可能。~

-[[《鋼鉄の襲撃者》]]~
全ての[[オルフェゴール]]と[[星遺物]]に対応しており、やや苦手とする[[戦闘]]を補助したうえで更なる展開を狙える。~
[[効果]]を[[強化]]する[[《オルフェゴール・バベル》]]とは一長一短の関係であり、あちらと併用しても良いか。~

-[[《ワン・フォー・ワン》]]~
[[《オルフェゴール・カノーネ》]]を[[リクルート]]して、[[手札コスト]]とした[[オルフェゴール]]の[[効果]]で別の[[オルフェゴール]]を[[特殊召喚]]すれば[[召喚権]]の消費なしで[[リンク]]2や[[シンクロ召喚]]を狙える。~

-[[《にらみ合い》]]~
[[オルフェゴール]][[リンクモンスター]]の[[効果の発動]]に必要な[[リンク状態]]を無理やり作り出すことができ、(2)により[[蘇生]]などからでも[[耐性]]や[[効果]]を狙える。~
ただし、あくまで「移動する」なので[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]の[[効果]]には利用できない。~

-[[《機械複製術》]]~
[[オルフェゴール]]関連[[モンスター]]で対応するのは[[《オルフェゴール・カノーネ》]]と[[《星遺物−『星杖』》]]だけだが[[《オルフェゴール・カノーネ》]]は展開手段が多いので腐りにくい。[[墓地を肥やせる>墓地を肥やす]][[《カードガンナー》]]を採用するのも良いだろう。~
[[オルフェゴール]]関連[[モンスター]]で対応するのは[[《オルフェゴール・カノーネ》]]と[[《星遺物−『星杖』》]]だけだが[[《オルフェゴール・カノーネ》]]は展開手段が多いので腐りにくい。~
[[《ジェット・シンクロン》]]や、[[墓地を肥やせる>墓地を肥やす]][[《カードガンナー》]]を採用するのも良いだろう。~

**戦術 [#strategy]

 序盤に安定して墓地に[[オルフェゴール]][[モンスター]]を[[墓地]]に送りながら[[リンクモンスター]]を展開していく事ができれば高い[[制圧]]力を誇る。~
 [[《オルフェゴール・アインザッツ》]]や[[《オルフェゴール・ガラテア》]]により毎[[ターン]]差を広げていくことができ、突破されても溜まった[[墓地アドバンテージ]]を活用して簡単に巻き返すことが可能。~
 よって、できるだけ初手でなんとかして[[制圧]]布陣+[[墓地]]に[[オルフェゴール]][[モンスター]]という状況を作りだしたい。~

***[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を用いた展開パターン [#combo1]
 [[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を[[《グローアップ・バルブ》]]や[[《終末の騎士》]]から[[リンク召喚]]し、展開していくパターン。

―パターン1

 条件:[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]の[[リンク召喚]]が可能。~
 [[デッキ]]、または[[手札]]に[[《幻獣機オライオン》]]、[[《オルフェゴール・バベル》]]、[[デッキ]]に[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]、[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]。

 結果:[[自分]]から見て右の[[エクストラモンスターゾーン]]に[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]、[[フィールド]]に[[《オルフェゴール・バベル》]]、[[墓地]]に[[《オルフェゴール・ガラテア》]]、[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]、[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]。~
 または[[自分]]から見て右の[[エクストラモンスターゾーン]]に[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]、[[自分]]の真ん中の[[フィールド]]に[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]、[[フィールド]]に任意の[[オルフェゴール]][[魔法・罠カード]]。~

+[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を[[リンク召喚]]し、その[[効果]]で[[デッキ]]、または[[手札]]から[[《幻獣機オライオン》]]を[[特殊召喚]]
+[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]と[[《幻獣機オライオン》]]の二体で[[《サモン・ソーサレス》]]を[[リンク召喚]]し、[[墓地]]に送られた[[《幻獣機オライオン》]]の[[効果]]で[[《サモン・ソーサレス》]]の[[リンク先]]に[[幻獣機トークン]]を[[特殊召喚]]
+[[《サモン・ソーサレス》]]の[[効果]]でもう一方の[[自分]][[フィールド]]上の[[リンク先]]に[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]を[[特殊召喚]]
+[[幻獣機トークン]]を素材に[[《リンク・スパイダー》]]を[[リンク召喚]]
+[[《リンク・スパイダー》]]と[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]で[[《オルフェゴール・ガラテア》]]を[[リンク召喚]]
+[[墓地]]の[[《オルフェゴール・ディヴェル》]][[効果]]を[[発動]]し[[デッキ]]から[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]を[[特殊召喚]]
+[[《オルフェゴール・ガラテア》]][[効果]]で[[除外]]された[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]を[[デッキ]]に戻し、[[デッキ]]から[[《オルフェゴール・バベル》]]を[[セット]]し、[[発動]]~
([[手札]]に[[《オルフェゴール・バベル》]]が存在する場合は[[手札]]からそのまま[[発動]]する)~
または[[デッキ]]から任意の[[オルフェゴール]][[魔法・罠カード]]を[[セット]]
+[[《オルフェゴール・ガラテア》]]と[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]で[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]を[[リンク召喚]]
+[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]と[[《サモン・ソーサレス》]]で右側の[[エクストラモンスターゾーン]]に[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]を[[リンク召喚]]~
または右側の[[エクストラモンスターゾーン]]に[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]を[[リンク召喚]]し、[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]の[[効果]]で[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]を真ん中の[[メインモンスターゾーン]]に[[特殊召喚]]

―パターン2~

 条件:[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]の[[リンク召喚]]が可能。~
 [[デッキ]]、または[[手札]]に[[《ジェット・シンクロン》]]、[[《オルフェゴール・バベル》]]、[[デッキ]]に[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]、[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]、[[《ジェット・シンクロン》]]の[[効果]]を[[発動]]していない。~
 [[手札コスト]]一枚。~

 結果:[[自分]]から見て右の[[エクストラモンスターゾーン]]に[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]、[[フィールド]]に[[《オルフェゴール・バベル》]]、[[墓地]]に[[《オルフェゴール・ガラテア》]]、[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]、[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]、[[除外]]ゾーンに[[機械族]][[モンスター]]一枚。~
 または[[自分]]から見て右の[[エクストラモンスターゾーン]]に[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]、[[自分]]の真ん中の[[フィールド]]に[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]、[[フィールド]]に[[《オルフェゴール・バベル》]]、[[除外]]ゾーンに[[機械族]][[モンスター]]二枚。~

+[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を[[リンク召喚]]し、その[[効果]]で[[デッキ]]、または[[手札]]から[[《ジェット・シンクロン》]]を[[特殊召喚]]
+[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]と[[《ジェット・シンクロン》]]の二体で[[《サモン・ソーサレス》]]を[[リンク召喚]]し、[[墓地]]に送られた[[《ジェット・シンクロン》]]の[[効果]]で[[《サモン・ソーサレス》]]の[[リンク先]]に[[《ジェット・シンクロン》]]を[[特殊召喚]]
+[[《サモン・ソーサレス》]]の[[効果]]でもう一方の[[自分]][[フィールド]]上の[[リンク先]]に[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]を[[特殊召喚]]
+[[《ジェット・シンクロン》]]と[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]で[[《オルフェゴール・ガラテア》]]を[[リンク召喚]]
+[[墓地]]の[[《オルフェゴール・ディヴェル》]][[効果]]を[[発動]]し[[デッキ]]から[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]を[[特殊召喚]]
+[[《オルフェゴール・ガラテア》]][[効果]]で[[除外]]された[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]を[[デッキ]]に戻し[[デッキ]]から[[《オルフェゴール・バベル》]]を[[セット]]し、[[発動]]~
([[手札]]に[[《オルフェゴール・バベル》]]が存在する場合は[[手札]]からそのまま[[発動]])~
+[[《オルフェゴール・ガラテア》]]と[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]で[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]を[[リンク召喚]]
+[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]と[[《サモン・ソーサレス》]]で右側の[[エクストラモンスターゾーン]]に[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]をリンク召喚~
または右側の[[エクストラモンスターゾーン]]に[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]を[[リンク召喚]]し、[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]の[[効果]]で[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]を真ん中の[[メインモンスターゾーン]]に[[特殊召喚]]

 パターン1と2との最終的な違いは[[手札コスト]]の有無と[[除外]]ゾーンの[[機械族]]の量だが、パターン2では補佐なしで[[相手]][[ターン]]に[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]の[[効果]]を[[発動]]できるという強みがある。~
 以上の展開パターンで[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]を展開した場合には、[[相手]][[ターン]]に[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]で[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]を真ん中の[[メインモンスターゾーン]]に[[特殊召喚]]し[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]で[[メインモンスターゾーン]]を一掃、[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]で[[相手]]の[[エクストラモンスターゾーン]]の[[カード]]を[[除去]]できる。~
 [[《オルフェゴール・ロンギルス》]]と[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]を展開した場合には両者に[[耐性]]が付き、[[相手]]の[[リンク状態]]の[[モンスター]]を[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]で[[除去]]できる。~

**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
 [[メタカード]]としては[[墓地]]封じと[[特殊召喚]]封じに弱い。~
 ただしある程度のデッキスペースは確保できるのである程度の対策は可能。~
 また[[メインデッキ]]の[[モンスター]]の量が少なく、展開の道が細く長いので[[手札誘発]]で一度行動を封じられただけで何もできずに敗北する事もある。~

**サンプルレシピ [#sample]
-第3回遊戯王金沢野々市CS ベスト8~
https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=320635~

**関連リンク [#link]
-[[オルフェゴール]]
-[[【闇属性】]]
-[[【機械族】]]

-[[デッキ集]]