*【サラマングレイト】 [#top]

#contents

**[[デッキ]]の概要 [#abstract]
 [[炎属性]]・[[サイバース族]]で統一された[[サラマングレイト]]を軸とする[[ビートダウン]]。~
 [[自己再生]][[効果]]や[[《転生炎獣の意志》]]などの[[カテゴリ]]サポートを駆使して[[蘇生]]・[[サルベージ]]等を行う、[[墓地]]を大きく活用する[[デッキ]]である。~
 また、[[リンクモンスター]]及び[[サポートカード]]には「[[同名カード]]を[[リンク素材]]とした場合」に関係した[[効果]]を持つものが多いのも特徴。~

 《転生炎獣ガゼル/Salamangreat Gazelle》
 効果モンスター(制限カード)
 星3/炎属性/サイバース族/攻1500/守1000
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
 このカードを手札から特殊召喚する。
 (2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
 デッキから「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送る。

 《転生炎獣ベイルリンクス/Salamangreat Balelynx》
 リンク・効果モンスター
 リンク1/炎属性/サイバース族/攻 500
 【リンクマーカー:下】
 レベル4以下のサイバース族モンスター1体
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
 デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。
 (2):自分フィールドの「サラマングレイト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、
 代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 《転生炎獣の炎陣/Salamangreat Circle》
 速攻魔法(準制限カード)
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
 ●デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を手札に加える。
 ●自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した
 自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
 このターン、そのリンクモンスターは自身以外のモンスターの効果を受けない。

 《転生炎獣の意志/Will of the Salamangreat》
 永続魔法
 このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
 (1):自分メインフェイズに発動できる。
 自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
 (2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、
 自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した自分フィールドの
 「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターのリンクマーカーの数まで、
 自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する。

**[[デッキ]]構築に際して [#introduction]
***[[メインデッキ]]の[[モンスター]]について [#monster]

―[[サラマングレイト]][[モンスター]]~
-[[下級モンスター]]~
[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]の[[リンク素材]]にできる。~
--[[手札]]から展開する[[カード]]~
[[手札]]消費は荒くなるが、初手に[[手札]]に来ても使いやすく[[サーチ]][[カード]]とも相性が良い。~

---[[《転生炎獣ガゼル》]]~
場所を問わず[[同名カード]]以外の[[サラマングレイト]]が[[墓地へ送られた]]場合と緩い条件で[[特殊召喚]]できる。~
更に[[召喚・特殊召喚に成功した]]場合に[[サラマングレイト]]を[[デッキ]]から[[墓地へ送る]]利便性の高い[[墓地肥やし>墓地を肥やす]][[効果]]も持つ。~
特に[[《転生炎獣スピニー》]]との相性が抜群に良く、[[手札]]のこの2枚から[[1ターンキル]]も可能(詳細は下記の展開例を参照)。~
[[魔法・罠カード]]も[[墓地へ送る]]事ができるので、[[《転生炎獣ファルコ》]]や[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]とも[[シナジー]]する。~

---[[《転生炎獣ミーア》]]~
[[効果]]で[[手札]]に加わった場合、または他の[[サラマングレイト]][[カード]]を[[手札コスト]]にして[[特殊召喚]]できる。~
(1)の[[トリガー]]には[[サラマングレイト]][[カード]]以外にも[[《レディ・デバッガー》]]等の[[サイバース族]]の[[モンスター]]も存在する。~
(2)の[[コスト]]に下記の[[自己再生]]可能な[[サラマングレイト]]を利用できれば理想的。~

---[[《転生炎獣モル》]]~
[[リンク召喚に成功した]][[ターン]]に[[リンク先]]に[[特殊召喚]]できる。~
[[特殊召喚]]のタイミングを[[自分]]で選びやすく、[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]の[[サルベージ]][[効果]]の[[トリガー]]にも適する。~
(2)の[[効果]]は[[ハンド・アドバンテージ]]2枚を得る代わりに[[墓地アドバンテージ]]を大きく失うので状況は見極めたい。~
[[発動条件]]を満たす場合は基本的に劣勢時なので、後がない状況で一か八かの[[ドロー]]に賭ける事になるか。~

---[[《転生炎獣フォウル》]]~
[[同名カード]]以外の[[サラマングレイト]]の[[召喚]]・[[特殊召喚]]を[[トリガー]]として[[特殊召喚]]できる。~
(2)の[[相手]]の[[魔法・罠カード]]を封じる[[効果]]は[[アドバンテージ]]面では今一つなので、[[手札]]の[[サラマングレイト]]を[[墓地へ送る]]手段と見た方が良いか。~
[[守備力]]200の[[モンスター]]なので受けられる[[炎属性]]サポートの数が多い。~

--[[自己再生]]可能な[[カード]]~
[[手札コスト]]や[[デッキ]]から[[墓地へ送る]][[カード]]として適する。~

---[[《転生炎獣スピニー》]]~
[[同名カード]]以外の[[サラマングレイト]]の存在という非常に緩い条件で[[自己再生]]が可能。~
[[自己再生]]後は[[除外]]される[[デメリット]]があるものの、[[エクシーズ素材]]にしてしまえば次の[[ターン]]も再び利用できる。~
(1)の[[表側表示]][[モンスター]]の[[強化]]は数値が小さいものの、[[手札]]から能動的に[[墓地へ送る]]手段として利用できる。~

---[[《転生炎獣フォクシー》]]~
不確定だが[[サラマングレイト]]を[[サーチ]]する(1)の[[効果]]と、[[永続カード]]が存在している場合に[[自己再生]]及び任意の[[魔法・罠除去]]の(2)の[[効果]]を持つ。~
[[相手]]が[[永続カード]]を使用しているなら[[除去]]と合わせて好都合だが、使用していない場合でもこの[[デッキ]]は[[永続カード]]の[[サポートカード]]を多用するため、[[自己再生]]自体は狙いやすい。~
1[[ターン]]にどちらかしか[[発動]]できないので、[[デッキ]]内の[[サラマングレイト]]の比率が少ない場合は(1)の[[効果]]を使わず、(2)の[[効果]]を狙うプレイングも考えられる。~

---[[《転生炎獣ファルコ》]]~
[[墓地へ送られた]]場合に[[墓地]]の[[サラマングレイト]][[魔法・罠カード]]を[[セット]]する(1)の[[効果]]、[[フィールド]]の[[サラマングレイト]]を[[バウンス]]し[[自己再生]]できる(2)の[[効果]]を持つ。~
(1)の[[効果]]で[[セット]]する候補としては[[《転生炎獣の意志》]]が最有力であり、[[墓地へ送られた]]この[[カード]]を直接[[蘇生]]できる。~
また、(2)の[[自己再生]][[効果]]で[[《転生炎獣ミーア》]]や[[《転生炎獣フォウル》]]を[[バウンス]]すれば、少ない消費で[[モンスター]]が2体並ぶ。~
ただし、1[[ターン]]にどちらかしか[[発動]]できないので、(1)で[[永続カード]]を[[セット]]&[[発動]]して即座に(2)の[[自己再生]]に繋げる事はできない。~

---[[《転生炎獣Jジャガー》]]~
(1)の[[貫通]][[効果]]と[[墓地]]の[[サラマングレイト]]を[[デッキ]]に戻す事で[[サラマングレイト]]の[[リンク先]]に[[自己再生]]する(2)の[[効果]]を持つ。~
[[墓地リソース]]を消費する点は難点だが、見方を変えれば[[墓地]]の[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]を[[エクストラデッキ]]に回収する手段にもなる。~
//また、[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]とは相性がいいため、採用する場合は併用したい。~
//墓地の炎属性を減らすので特別相性が良いわけではないかと。他にトリガーにできるカードも増えたし

---[[《転生炎獣フォクサー》]]~
[[相手]]の[[魔法&罠ゾーン]]の[[カード]]が[[破壊]]され[[墓地へ送られた]]場合に[[自己再生]]できるため、[[《転生炎獣フォクシー》]]等と[[シナジー]]がある。~
(1)の[[魔法・罠除去]]の[[発動条件]]を満たすためには[[墓地]]がある程度肥えていなければならないので狙えるのは中盤以降だろう。~

---[[《転生炎獣フェネック》]]~
[[エクストラデッキ]]から出された[[サイバース族]]が[[戦闘]]・[[相手]]の[[効果]]で[[破壊された]]場合に[[手札]]・[[墓地]]から[[特殊召喚]]できる。~
[[発動]]機会自体は多いが、性質上[[相手]][[ターン]]に出すことが多いので生き残らせて返しの[[自分]][[ターン]]に素材にできるかは状況次第の面が強い。~
また、[[除外]][[デメリット]]により(2)の[[サーチ]][[効果]]を使用できない点にも注意が必要。~
[[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]による[[リクルート]]は、あちらも[[リンク素材]]になった場合の[[効果]]を持つことから相性がいい。~

---[[《転生炎獣ゼブロイドX》]]~
[[墓地]]のこの[[カード]]と[[レベル]]4[[サラマングレイト]]で[[《転生炎獣ブレイズ・ドラゴン》]]を[[エクシーズ召喚]]し、その[[攻撃力]]を600[[強化]]できる。~
[[墓地リソース]]だけで[[破壊]][[耐性]]付きの2900打点を用意できるのはそれなりだが、[[発動条件]]が受動的な点がネック。~

--その他の働きをする[[カード]]~
---[[《転生炎獣ウルヴィー》]]~
自身を[[リンク素材]]に使った[[モンスター]]に[[破壊]][[耐性]]を付与する[[効果]]、[[蘇生]]または[[サルベージ]]された場合に[[炎属性]]を[[サルベージ]]できる[[効果]]を持つ。~
[[効果]]はいずれも汎用的であり、[[《転生炎獣の意志》]]等の[[蘇生]]手段にも長ける[[デッキ]]なので[[効果の発動]]を狙う事も容易い。~

---[[《転生炎獣ラクーン》]]~
比較的緩い条件で自己[[サルベージ]]が可能なので[[手札コスト]]として有用。~
(1)の[[手札誘発]]により[[相手]][[ターン]]の防御札としてもまずまず機能する。~

---[[《転生炎獣コヨーテ》]]~
[[リンク素材]]となった[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]に[[同名カード]]以外の[[サラマングレイト]]を[[蘇生]]または[[サルベージ]]できる。~
[[発動]]タイミングが遅いのが欠点だが[[発動]]自体は容易であり、[[《転生炎獣ガゼル》]]等の主要[[カード]]を回収すれば次の[[ターン]]の動きが強くなる。~

-[[上級>上級モンスター]]・[[最上級モンスター]]~
[[《フォーマッド・スキッパー》]]による[[サーチ]]に対応している。~

--[[《転生炎獣パロー》]]~
[[相手]]の[[攻撃宣言]]時に[[手札]]から[[特殊召喚]]できるため[[フィールド]]に出すこと自体は簡単。~
[[墓地]]に高[[攻撃力]]の[[サラマングレイト]]がいれば(2)の[[効果]]で[[アタッカー]]にできるが、いない場合は単なる中途半端な打点に過ぎないのが難点。~

--[[《転生炎獣Bバイソン》]]~
[[墓地]]に[[サラマングレイト]]が3体以上存在すれば[[手札]]から[[守備表示]]での[[特殊召喚]]が可能。~
(2)の[[無効]][[効果]]は[[墓地]]の[[炎属性]][[リンクモンスター]]の数を減らしてしまうが、[[エクストラデッキ]]に回収して使い回す手段にもなる。~
[[効果]]を意識せず高打点の[[アタッカー]]や[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]の[[融合素材]]として利用するのも良い。~

--[[《転生炎獣エメラルド・イーグル》]]~
[[《転生炎獣の降臨》]]・[[《サイバネット・リチューアル》]]両方に対応する[[レベル]]8の[[儀式モンスター]]。~
[[特殊召喚]]された[[モンスター]]の[[全体除去]]と、[[単体除去]]+[[バーン]][[効果]]を持つが、どちらも[[発動条件]]が厳しく非常に扱いにくい。~
この[[モンスター]]を採用する場合、[[サーチ]]が容易で高い[[攻撃力]]を持つ[[儀式モンスター]]であることを活かすのが良いだろう。~

―相性の良い[[炎属性]][[モンスター]]~
 [[《転生炎獣ウルヴィー》]]や[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]で[[サルベージ]]できる等、[[属性]]サポートを併用できる。~
 また、[[リンク]]2以上の[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]の[[リンク素材]]に転用できるのも利点。~

-[[《フレイム・バッファロー》]]~
緩い条件で[[手札交換]]が可能であり、[[サイバース族]]なので[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]の[[リンク素材]]にも利用できる。~
[[手札]]に存在する[[自己再生]][[効果]]を持つ[[サラマングレイト]]を[[墓地へ送る]]事ができる点でも非常に相性が良い。~

-[[《魔境のパラディオン》]]~
[[リンクモンスター]]が必要だが[[手札]]から[[特殊召喚]]可能であり、自身を犠牲に[[単体除去]]も行えるので使い勝手は良い。~
[[レベル]]3なので[[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]の[[エクシーズ素材]]にも利用できる。~

-[[《レッド・リゾネーター》]]~
[[手札]]の[[下級モンスター]]を展開できる[[チューナー]]であり、[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を用いた展開を取り入れられる。~
[[自己再生]][[効果]]を持つ[[サラマングレイト]]を[[特殊召喚]]し、この[[モンスター]]と共に素材として[[墓地へ送る]]、といった動きが理想的。~

-[[《ジェット・シンクロン》]]~
同じく[[チューナー]]であり、[[手札コスト]]1枚で[[自己再生]]できる。~
[[サラマングレイト]]を[[コスト]]にしつつ、あちらの[[自己再生]]につなげるのが理想的。~

-[[《機巧蹄−天迦久御雷》]]~
[[リンク]]1の[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]の存在により、[[相手]]の[[デッキ]]に関わらず[[特殊召喚]]は高確率で可能であろう。~
[[後攻]]1[[ターン]]目などの[[相手]]有利の盤面で出すのが最も効果的だが、[[先攻]]1[[ターン]]目でも緩い条件で出せるため使いやすい[[リンク素材]]として利用できる。~

―相性の良い[[サイバース族]][[モンスター]]~
 [[種族]]サポートを共有でき、[[下級モンスター]]は[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]の[[リンク素材]]にもなれる。~
-[[《レディ・デバッガー》]]~
[[《転生炎獣ミーア》]]を[[サーチ]]すれば即座に、自身を[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]にすれば[[《転生炎獣モル》]]や[[《転生炎獣フォウル》]]を[[サーチ]]しても展開できる。~
この[[デッキ]]は[[手札コスト]]を要求する[[カード]]も多いので、[[召喚・特殊召喚に成功した]]場合に[[手札]]を補充できる点でも有用。~

-[[《ドットスケーパー》]]~
緩い条件で[[自己再生]]できるため[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]の[[リンク素材]]としても使いやすい。~
下記の[[《フォーマッド・スキッパー》]]ともども[[攻撃力]]が0なので、[[《転生炎獣ヒートライオ》]]の(2)の[[効果]]による[[弱体化]]を狙う[[対象]]としても有用である。~

-[[《フォーマッド・スキッパー》]]~
後述の[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]の(2)の[[効果]]の[[適用]]条件をサポートできるのが最大の利点。~
上記の通り自身の(2)で[[サーチ]]できる[[サラマングレイト]]も複数存在し、[[手札コスト]]用立てできる点でも[[シナジー]]する。~
ただ、[[召喚権]]をこの[[カード]]に割くのはあまり効率的とは言えないので、採用する場合はこの[[カード]]の展開手段も別に用意しておきたい。~

-[[《コード・ラジエーター》]]~
[[コード・トーカー]]の[[リンク素材]]となった場合に[[相手]]の[[攻撃力]]を0にできるため、[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]に繋げればそのまま[[1ターンキル]]も可能となる。~
[[手札]]からも[[リンク素材]]にできるので他の[[モンスター]]に[[召喚権]]や展開[[カード]]を回せるのも利点。~

-[[《サイバース・ガジェット》]]~
[[墓地]]の[[レベル]]2以下の[[モンスター]]と、[[ガジェット・トークン]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]を持つので、[[《フレイム・アドミニスター》]]を経由する事で、この[[カード]]1枚で[[《転生炎獣ヒートライオ》]]に繋げる事ができる。

―それ以外で相性の良い[[モンスター]]~
-[[特殊召喚]]しやすい[[レベル]]3[[モンスター]]~
[[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]の[[エクシーズ召喚]]に利用できる。~
主な候補は[[【ランク3】]]を参照してもらいたいが、実際の[[環境]]では[[《SRベイゴマックス》]]&[[《SRタケトンボーグ》]]の[[出張]]セットがよく利用されていた。~
[[《SRベイゴマックス》]]が[[制限カード]]になって以降は[[《サイコウィールダー》]]・[[《サイコトラッカー》]]・[[《バックアップ・セクレタリー》]]等の採用が目立つ。~

-[[《幻創龍ファンタズメイ》]]~
元々[[汎用性]]が高い[[カード]]だが、この[[デッキ]]の場合は[[デッキ]]に[[戻す]][[カード]]としてうってつけの[[《転生炎獣の聖域》]]が存在する点でも相性が良い。~
[[《転生炎獣の聖域》]]は[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]で[[サーチ]]可能なので非常に[[手札]]に加えやすいが、[[フィールド魔法]]故にダブつくと[[腐る]]ため[[ピン挿し]]が望ましい面もある。~
[[《転生炎獣の聖域》]]が特に必要でない状況下では[[デッキ]]に戻し、次の[[ターン]]に2枚目以降の[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]で再度[[サーチ]]すれば[[アドバンテージ]]となる。~
[[手札コスト]]を払っての防御[[効果]]も[[自己再生]]持ちが多い[[サラマングレイト]]と[[シナジー]]しやすく、上記の流れで[[サーチ]]し直した[[《転生炎獣の聖域》]]を[[コスト]]にあてても良い。~

***[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]について [#extradeck]

―[[サラマングレイト]][[モンスター]]~
-[[リンクモンスター]]~
[[リンク]]2以上は[[リンク素材]]に[[炎属性]][[効果モンスター]][[縛り]]と[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした場合の[[効果]]を持つ。~
[[同名カード]]を[[リンク素材]]にするのは真っ当に狙うと消費が嵩みやすいので[[《転生炎獣の聖域》]]や[[《フォーマッド・スキッパー》]]等でサポートするのが望ましい。~
ちなみに、[[サラマングレイト]][[魔法・罠カード]]には「[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]」に関係する[[効果]]も複数見られる。~

--[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]([[リンクマーカー]]:下)~
[[レベル]]4以下の[[サイバース族]]1体の[[縛り]]を持つ[[リンク]]1。~
[[サラマングレイト]]は全て[[サイバース族]]であり、相性の良い[[下級]][[サイバース族]]も少なくないので[[リンク召喚]]は非常に容易い。~
[[炎属性]]ではない[[下級]][[サイバース族]]をこの[[カード]]に変えて、上位[[リンク]]の[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]につなげる役目も果たせる。~
(1)の[[《転生炎獣の聖域》]]の[[サーチ]][[効果]]により出しただけで[[アドバンテージ]]となり、「[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]」も簡単に作れる。~
[[永続カード]]の[[《転生炎獣の聖域》]]を用意できるという点で、自身の[[リンク素材]]にもなれる[[《転生炎獣フォクシー》]]や[[《転生炎獣ファルコ》]]の[[自己再生]]もサポートできる。~
また、[[フィールド]]の[[サラマングレイト]]の[[破壊]]の[[身代わり]]として[[墓地]]から[[除外]]できるため、序盤に[[墓地へ送って>墓地へ送る]]おけば戦線維持にも貢献する。~

--[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]([[リンクマーカー]]:上/下)~
(1)は自身の[[リンク先]]の[[召喚]]・[[特殊召喚]]を[[トリガー]]とした[[炎属性]]の[[サルベージ]]、[[同名カード]]を素材にした(2)は[[サラマングレイト]][[魔法・罠カード]]の[[サルベージ]]。~
[[サルベージ]]した[[モンスター]]は同一[[ターン]]では[[フィールド]]に出せないものの、[[効果]]は有効なので[[手札誘発]]の[[モンスター]]等と相性が良い。~
[[相手]][[ターン]]に[[蘇生]]や[[帰還]]などで[[発動]]させてやればより多くの[[モンスター]]を回収できるため[[アドバンテージ]]の獲得にもつながる。~
[[リンク素材]]に[[《転生炎獣ガゼル》]]を使えば[[デッキ]]から[[墓地へ送られた]][[カード]]を2つの[[効果]]で回収する事で疑似的な[[サーチ]]にもなる。~

--[[《転生炎獣ヒートライオ》]]([[リンクマーカー]]:上/左下/右下)~
(1)は[[リンク召喚に成功した]]場合の[[デッキ]][[バウンス]]による[[魔法・罠除去]]、[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした場合の(2)は[[フィールド]]の[[モンスター]]の[[攻撃力]]を変動させる[[効果]]。~
(1)は[[チェーン]][[発動]]の恐れはあるものの、再利用の難しい[[デッキ]]への[[バウンス]]であり、回数制限がないので[[《転生炎獣の聖域》]]などで再度[[リンク召喚]]すればもう1枚[[除去]]できる。~
(2)は[[自分]]の[[モンスター]]の[[強化]]だけでなく[[相手]][[モンスター]]の[[弱体化]]もでき、[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]との相性もいい。~
いずれの[[効果]]も悪い性能ではないのだが、[[耐性]]もなく[[リンク]]3という事も踏まえるとフル投入するのは流石に[[重い]]ので、多くても2枚に留めたい。~

--[[《転生炎獣パイロ・フェニックス》]]([[リンクマーカー]]:上/左/右/下)~
[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした場合の(1)は[[相手]][[フィールド]]の[[全体除去]]、(2)は[[相手]][[リンクモンスター]]の[[蘇生]]、(3)は[[リンクモンスター]]の[[特殊召喚]]を[[トリガー]]とした[[バーン]]。~
理想的な流れとしては1体目に(2)(3)の[[コンボ]]で[[バーン]]を与え、[[《転生炎獣の聖域》]]等で[[同名カード]]を[[リンク素材]]にする形で2体目を[[リンク召喚]]して(1)を[[発動]]。~
[[蘇生]]した[[相手]][[リンクモンスター]]毎[[相手]][[フィールド]]を洗い流し、そのまま[[直接攻撃]]を決める流れであろう。~
(2)(3)の[[コンボ]]は単体でも成立するため、(1)を無視して[[ピン挿し]]に留めておき、[[メインフェイズ]]2のトドメ役に専念させるのも手ではある。~

-[[融合モンスター]]~
--[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]~
[[サラマングレイト]]+[[リンクモンスター]]の[[融合素材]]を持つ。~
3つの[[効果]]全てが[[戦闘ダメージ]]を稼ぐ性能に特化しており、フルに発揮されれば単体での[[1ターンキル]]も可能にするほど高い爆発力を有する。~
明確な勝ち筋を持つ[[サラマングレイト]]は貴重であり、この[[モンスター]]を主軸にする構築も十分考えられる。~
[[効果]]が活かされない場合でも[[《フュージョン・オブ・ファイア》]]や[[《超融合》]]で[[相手]]の[[リンクモンスター]]を[[除去]]する手段にもなる。~

-[[エクシーズモンスター]]~
--[[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]~
(1)は[[サラマングレイト]]の[[リクルート]]、(2)は自身が[[リンク素材]]として[[墓地へ送られた]]場合の[[バウンス]][[効果]]。~
(1)の[[発動]]後は[[炎属性]]以外の[[効果]]が[[発動]]できない制約があるので[[発動]]タイミングは考えたいが、(1)から(2)へと繋げれば[[除去]]が行える。~
[[《転生炎獣ガゼル》]]で[[《転生炎獣スピニー》]]を[[墓地へ送れ>墓地へ送る]]ば1枚から[[エクシーズ召喚]]でき、更に次[[ターン]]以降も[[《転生炎獣スピニー》]]を使い回せる。~
[[《転生炎獣フォクサー》]]と[[《転生炎獣フォクシー》]]で[[魔法・罠除去]]を行いつつ[[エクシーズ素材]]を揃えるのも良い。~

--[[《転生炎獣ブレイズ・ドラゴン》]]~
[[バトルフェイズ]]中に[[エクシーズ召喚]]ができ、[[同名カード]]を[[エクシーズ召喚]]することで[[除去]]ができるので[[戦闘ダメージ]]を稼ぎやすい。~
[[リンク素材]]にして[[蘇生]]することで[[効果の発動]]に繋げやすくなる。~
反面、単体では[[破壊]][[耐性]]しか活用できず、[[エクストラデッキ]]も圧迫するので他の[[ランク]]4と役割を考えて採用したい。~

―それ以外の[[モンスター]]~
-[[リンクモンスター]]~
--[[炎属性]]~
[[サラマングレイト]][[モンスター]]の[[リンク素材]]に転用しやすい。~
---[[《ドリトル・キメラ》]]~
[[炎属性]]2体で[[リンク召喚]]可能な[[リンク]]2。~
[[効果]]はいずれも[[炎属性]]のサポートでありこの[[デッキ]]にとっては有用。~

---[[《灼熱の火霊使いヒータ》]]~
[[炎属性]]を含む[[モンスター]]2体と[[《ドリトル・キメラ》]]より[[縛り]]が緩い。~
[[相手]]の[[墓地]]に[[炎属性]](基本的には群を抜く[[汎用性]]と採用率の[[《灰流うらら》]])があれば、[[蘇生]]後すぐに[[《転生炎獣ヒートライオ》]]に繋げられる。~
[[ミラーマッチ]]では特に有用性が高く、[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]を奪えばそのまま転生[[リンク召喚]]に繋げられ、[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]等を(一時的ではあるが)[[墓地]]からどかす役割も担える。~

---[[《トロイメア・フェニックス》]]~
[[カード名]]の異なる[[モンスター]]2体と[[縛り]]が非常に緩い。~
[[汎用性]]の高い[[伏せ除去]]の[[効果]]を持ち、[[手札コスト]]に[[自己再生]][[効果]]を持つ[[サラマングレイト]]を使用できれば理想的。

---[[《フレイム・アドミニスター》]]~
[[サイバース族]]2体で[[リンク召喚]]できる[[炎属性]]。~
[[サイバース族]]2体で[[リンク召喚]]できる[[リンク]]2。~
[[全体強化]]によりラッシュをかける際には有用であり、汎用[[サイバース族]]を多めに採用した構築では[[《転生炎獣ヒートライオ》]]に繋ぐための中継役にもなる。~

---[[《プロキシー・F・マジシャン》]]~
[[効果モンスター]]2体で[[リンク召喚]]できる[[リンク]]2。~
[[フィールド融合]]によって[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]を[[融合召喚]]できる。~
[[リンク先]]に[[融合召喚]]した場合には[[手札]]から[[攻撃力]]1000以下の[[モンスター]]1体を[[特殊召喚]]できる。~

---[[《ファイアフェニックス@イグニスター》]]~
[[サイバース族]][[縛り]]のある[[リンク]]3。~
[[攻撃]]すれば2300の[[バーン]]を与えられるため[[フィニッシャー]]性能は高く、仕留められずとも実質1度きりの[[破壊]][[耐性]]を持つため粘り強さも備える。~

---[[《デコード・トーカー・ヒートソウル》]]~
[[属性]]の異なる[[サイバース族]][[縛り]]のある[[リンク]]3。~
[[自分]]・[[相手]][[ターン]]に1000の[[ライフコスト]]で[[ドロー]]できるため、維持や使い回しができればかなりの[[ハンド・アドバンテージ]]を稼げる。~

--[[炎属性]]以外~
---[[《サイバース・ウィッチ》]]~
[[サイバース族]]の[[儀式召喚]]をサポートする[[リンクモンスター]]。~
この[[デッキ]]では[[儀式召喚]]のサポートよりも、[[手札コスト]]の確保と、[[サイバース族]]を[[蘇生]]させる(2)の[[効果の発動]]が狙いとなる。~
[[《サイバネット・リチューアル》]]を採用する必要があるので[[デッキ]]構築のバランスに注意。~

---[[《クロック・スパルトイ》]]~
[[サイバース族]]の[[融合召喚]]をサポートできる[[リンクモンスター]]。~
[[《サイバネット・フュージョン》]]を[[サーチ]]すれば容易に[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]につながる。~

---[[《クロック・リザード》]]~
[[墓地]]に存在する[[融合モンスター]]を[[融合召喚]]する[[リンクモンスター]]。~
[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]をメインに据える場合、再利用する手段として使える。~

---[[《アンダークロックテイカー》]]~
緩い[[縛り]]で出せる上に[[相手]][[モンスター]]を[[弱体化]]できるため[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]の[[融合素材]]として適する。~

***[[魔法・罠カード]]について [#spell_trap]
 [[《転生炎獣フォクシー》]]の[[自己再生]][[効果]]を重視する場合は[[永続カード]]を多めに採用しておきたい。~

―[[サラマングレイト]][[魔法・罠カード]]~
 [[《転生炎獣ファルコ》]]や[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]の[[効果]]で再利用が可能。~

-[[《転生炎獣の炎陣》]]~
2つの[[効果]]を選べるが、大抵は[[サラマングレイト]][[モンスター]]を[[サーチ]]できる1つ目の[[効果]]を選択することになるだろう。~
その[[ターン]]中に勝負を決めたい場合や[[手札]]が潤沢な場合は2つ目の[[耐性]]付与の[[効果]]も視野に入るか。~
[[速攻魔法]]なので[[相手]][[ターン]]でも[[発動]]できるが、代わりに[[《転生炎獣ファルコ》]]で[[セット]]した[[ターン]]に[[発動]]できない点に注意。~

-[[《転生炎獣の意志》]]~
[[手札]]・[[墓地]]から[[サラマングレイト]]を[[特殊召喚]]できる[[永続魔法]]であり、この[[デッキ]]の展開の要。~
[[自己再生]][[効果]]を持つ[[サラマングレイト]]をこの[[カード]]で[[特殊召喚]]し、[[リンク素材]]としてそれらの[[モンスター]]を[[墓地へ送る]]ことで[[自己再生]]に繋げるのが、序盤の理想的な動き。~
[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]が存在している場合は、自身を[[墓地へ送る]]代わりに複数の[[サラマングレイト]]を[[特殊召喚]]できるようになる。~

-[[《転生炎獣の聖域》]]~
[[同名カード]]を[[リンク素材]]に[[サラマングレイト]]を[[リンク召喚]]できるようになる[[フィールド魔法]]。~
[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]や他の[[サラマングレイト]][[魔法・罠カード]]の追加[[効果]]の[[発動条件]]を満たすためには、この[[カード]]の併用が望ましい。~
[[リンク]]1の[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]で[[サーチ]]できるので[[手札]]に加えやすく、複数採用してダブついた場合は[[手札コスト]]として利用すると良い。~

-[[《転生炎獣の再起》]]~
[[墓地]]の[[カード名]]が異なる[[サラマングレイト]][[モンスター]]2体を[[サルベージ]]できる[[通常魔法]]。~
単純に使うだけでも[[アドバンテージ]]となるが、状況次第では[[リンクモンスター]]を[[対象]]として[[エクストラデッキ]]に回収するのも手。~
[[セット]]状態で[[破壊される]]と[[同名カード]]以外の[[サラマングレイト]][[魔法・罠カード]]を[[サーチ]]できるため[[ブラフ]]としても有用。~

-[[《フュージョン・オブ・ファイア》]]~
ルール上[[サラマングレイト]]として扱う[[通常魔法]]。~
[[相手]][[フィールド]]の[[モンスター]]も[[融合素材]]にできるのが最大の特徴であり、[[相手]]の[[リンクモンスター]]を[[除去]]しつつ[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]を[[融合召喚]]できる。~

-[[《フューリー・オブ・ファイア》]]~
ルール上[[サラマングレイト]]として扱う[[通常魔法]]。~
[[サラマングレイト]]2種を[[墓地]]から[[特殊召喚]]できるため[[1:2交換>1:1交換]]が狙えるが、[[発動]]後の[[エクストラデッキ]]からの展開に制約がかかるのが欠点。~
なるべく展開の最後に[[発動]]し、布陣の詰めの局面を担わせるのが1番良い使い方であろう。~

-[[《逆巻く炎の宝札》]]~
[[フィールドのカード]]の数が[[相手]]より少ない場合に[[発動]]でき、[[相手]][[リンクモンスター]]1体の[[リンクマーカー]]の数だけ[[ドロー]]できる[[通常魔法]]。~
[[発動条件]]や[[相手]][[フィールド]]に左右される点で不安定さは否めないが、状況次第では大きな[[アドバンテージ]]を得られるので[[環境]]によって採用の有無を見極めたい。~

-[[《転生炎獣の超転生》]]~
[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]1体のみを素材として[[同名カード]]の[[リンク召喚]]を行う[[速攻魔法]]。~
基本的な使い方は[[《転生炎獣の聖域》]]と同じだが、こちらは使い捨ての代わりに[[フリーチェーン]]なので[[バトルフェイズ]]での追撃や[[サクリファイス・エスケープ]]に利用できる。~
[[《転生炎獣ヒートライオ》]]や[[《転生炎獣パイロ・フェニックス》]]の[[除去]]を[[相手]][[ターン]]に[[発動]]して[[相手]]の思惑を狂わせるのも面白い。~

//-[[《転生炎獣の炎虞》]]~
//[[手札]]の[[サラマングレイト]]を[[効果]]を[[無効]]にして[[特殊召喚]]し、そのまま[[自分]][[フィールド]]の[[モンスター]]とで[[リンク召喚]]を行う[[速攻魔法]]。~
//しかし、[[リンク召喚]]した[[モンスター]]の[[攻撃]]と[[効果]]が封じられるため、その[[ターン]]の使い道よりは次の[[ターン]]以降の使い道まで考慮して使いたい。~

//-[[《転生炎獣の降臨》]]~
//[[《転生炎獣エメラルド・イーグル》]]の[[儀式召喚]]に必要な[[儀式魔法]]。~
//[[炎属性]][[リンクモンスター]]が存在する場合は[[墓地]]の[[サラマングレイト]]を[[リリース]]の代わりに[[デッキ]]に[[戻す]]ことができる。~
//また、自身が[[破壊された]]場合に[[手札]]から[[《転生炎獣エメラルド・イーグル》]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]も持つので、[[発動]]を[[無効]]にする[[効果]]にも強い。~
//しかし、肝心の[[《転生炎獣エメラルド・イーグル》]]の使い勝手がイマイチなので、基本的には[[効果]]は無視して[[《儀式の下準備》]]であちらと共に[[サーチ]]できる[[手札コスト]]として活用するのが良い。~
//カードプールが増えたので使い勝手が悪いものはCOにした

-[[《転生炎獣の烈爪》]]~
[[サラマングレイト]]にのみ[[装備]]可能な[[装備魔法]]。~
[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした[[《転生炎獣ヒートライオ》]]に[[装備]]させて[[3回攻撃>2回攻撃]]&[[貫通]]で戦況を逆転するのが理想的。~

-[[《サラマングレイト・レイジ》]]~
2つの[[破壊]][[効果]]のどちらかを選択する[[通常罠]]。~
1つ目の方は状況を選ばないが役割としては[[《サンダー・ブレイク》]]と同じなのでやや旨味が少ない。~
2つ目の方は[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした[[サラマングレイト]]が必要だが、[[対象をとらない>対象をとらない効果]]上に複数枚の[[破壊]]も可能なので基本的にはこちらを狙いたい。~

-[[《サラマングレイト・ギフト》]]~
[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]と[[手札交換]]を行う[[永続罠]]。~
この[[デッキ]]は[[墓地リソース]]の確保がそのまま[[アドバンテージ]]に繋がるので、1度に2体の[[サラマングレイト]]を[[墓地へ送れ>墓地へ送る]]るこの[[カード]]は有用。~
また、[[同名カード]]を素材にした[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]が存在している場合は[[ハンド・アドバンテージ]]も稼げるようになる。~
ただ、[[罠カード]]なので遅く、[[手札コスト]]が必要であるため[[フリーチェーン]]の[[魔法・罠除去]]に弱いという弱点があることも頭に入れておきたい。~

-[[《サラマングレイト・ロアー》]]~
[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]が存在する場合に[[発動]]可能な[[カウンター罠]]。~
[[モンスター効果]]・[[魔法・罠カード]]の[[発動]]を[[無効]]にして[[破壊]]と優秀な[[カウンター]]能力であり防御・[[制圧]]に貢献する。~
[[同名カード]]を[[リンク素材]]に[[リンク召喚]]を行えば再利用もできるが、使用後は[[除外]]されるので他の[[サルベージ]]手段が無い場合に利用したい。~

―その他で相性の良い[[魔法・罠カード]]~
-[[《サイバネット・マイニング》]]~
[[手札コスト]]1枚で[[下級>下級モンスター]][[サイバース族]]を[[サーチ]]できる。~
[[自己再生]]可能な[[サラマングレイト]]を[[コスト]]にすれば効率的であり、初動の安定化にもつながる。~

-[[《おろかな副葬》]]~
[[サラマングレイト]][[魔法・罠カード]]は[[《転生炎獣ファルコ》]]や[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]で[[セット]]・[[サルベージ]]できるので擬似的な[[サーチ]]として使用できる。~

-[[《融合識別》]]~
[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]の(3)の[[適用]]条件を満たすサポートができる。~
あちらの[[効果]]が全て通れば大抵は[[1ターンキル]]となるので採用する価値はある。~

-[[《超融合》]]~
[[相手]]の[[リンクモンスター]]を[[除去]]しつつ[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]を[[融合召喚]]できる。~
後述の[[弱点の項目>#weakpoint]]の通り[[ミラーマッチ]]では特に有用な[[カード]]となる事は覚えておきたい。~

-[[《儀式の下準備》]]~
[[《転生炎獣エメラルド・イーグル》]]を採用する場合、併せて採用したい[[カード]]。~
この[[カード]]1枚から[[サラマングレイト]]2枚を[[サーチ]]できるので、[[手札コスト]]の確保に役立つ。~

-[[《群雄割拠》]]・[[《御前試合》]]~
[[種族]]・[[属性]]が統一されている[[デッキ]]なので[[サイドデッキ]]の候補にはなる。~
採用する場合は[[エクストラデッキ]]の構築も踏まえる必要がある点には注意。~

-[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]を下げる[[カード]]~
[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]の(2)の[[発動条件]]を満たすのに利用できる。~
[[《フォース》]]は[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]を下げつつ[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]を[[強化]]するので極めて高い爆発力となる。~
[[《魔界の足枷》]]は[[相手]][[モンスター]]の攻守を100にできるため、[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]の[[攻撃力]]が4050以上ならば[[1ターンキル]]となる。~
下げる数値は然程ではないが、[[禁じられた]][[速攻魔法]]は[[汎用性]]が高く防御にも使えるので採用が検討できる。~

**戦術 [#strategy]
 基本的には[[手札]]・[[墓地]]に[[カード]]を集め、豊富な[[蘇生]]・[[サルベージ]]手段により[[リンク召喚]]等を行い[[アドバンテージ]]をとっていくオーソドックスな動きとなる。~
 [[魔法・罠カード]]を再利用しやすいのが特徴であり、場面に応じた[[カード]]で守りながら[[フィールド]]を整え、最終的には高[[リンク]]の[[リンクモンスター]]や[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]により[[ビートダウン]]を行う。~

 【サラマングレイト】特有の戦術としては、「[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]」を立たせることで[[魔法・罠カード]]に追加[[効果]]を与える動きがある。~
 追加[[効果]]は強力なものが多く、特に[[制圧]]に利用できる[[《サラマングレイト・レイジ》]]・[[《サラマングレイト・ロアー》]]を活用するには[[リンクモンスター]]の存在は不可欠である。~
 素早く「[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした[[サラマングレイト]][[リンクモンスター]]」を準備し、それを維持していくことが重要となる。~

***展開例 [#strategy1]
 [[手札]]の[[《転生炎獣ガゼル》]]1枚から「[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした[[《転生炎獣ヒートライオ》]]」を用意できる。~
>
条件:[[手札]]に[[《転生炎獣ガゼル》]]~
結果:[[手札]]に[[《転生炎獣ガゼル》]]、[[フィールド]]に「[[同名カード]]を[[リンク素材]]にした[[《転生炎獣ヒートライオ》]]」・[[《転生炎獣の聖域》]]、[[モンスター]]1体の[[バウンス]]、[[相手]]の[[魔法&罠ゾーン]]2枚の[[バウンス]]~
+[[《転生炎獣ガゼル》]]を[[召喚]]し、[[効果]]で[[《転生炎獣スピニー》]]を[[墓地へ送る]]。
+[[墓地]]の[[《転生炎獣スピニー》]]の[[効果]]で自身を[[蘇生]]し、2体を素材に[[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]を[[エクシーズ召喚]]。
+[[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]の[[効果]]で[[《転生炎獣Jジャガー》]]を[[リクルート]]し、2体を[[リンク素材]]に[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]を[[リンク召喚]]。
+[[墓地]]の[[《転生炎獣Jジャガー》]]の[[効果]]で[[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]を[[エクストラデッキ]]に[[戻し>戻す]]自身を[[蘇生]]。
+[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]の[[効果]]で[[《転生炎獣ガゼル》]]を[[サルベージ]]。
+[[《転生炎獣Jジャガー》]]を[[リンク素材]]に[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]を[[リンク召喚]]し、[[効果]]で[[《転生炎獣の聖域》]]を[[サーチ]]。
+[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]と[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]を[[リンク素材]]に[[《転生炎獣ヒートライオ》]]を[[リンク召喚]]。
+[[《転生炎獣の聖域》]]を[[発動]]し、[[効果]]を[[適用]]して[[《転生炎獣ヒートライオ》]]を[[リンク素材]]に再び[[《転生炎獣ヒートライオ》]]を[[リンク召喚]]。
<
 過程で[[《転生炎獣ガゼル》]]を[[サルベージ]]できるので、一切[[手札]]を消費することなく[[コンボ]]可能。~
 [[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]と[[《転生炎獣ヒートライオ》]]による[[バウンス]]を含めて、これだけで[[ボード・アドバンテージ]]は最大+5となる。~

 [[手札]]にもう1枚何らかの[[サラマングレイト]]があるだけで様々な展開が考えられる。~
 例えばそのもう1枚が[[《転生炎獣スピニー》]]で、且つ[[相手]][[フィールド]]に[[モンスター]]が存在する場合、[[1ターンキル]]も狙える。~
>
条件:[[手札]]に[[《転生炎獣ガゼル》]]・[[《転生炎獣スピニー》]]~
+[[《転生炎獣スピニー》]]を[[召喚]]し、それを[[リンク素材]]に[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]を[[リンク召喚]]。
+[[《転生炎獣スピニー》]]が[[墓地へ送られた]]ことで[[《転生炎獣ガゼル》]]を[[特殊召喚]]し、[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]の[[効果]]で[[《転生炎獣の聖域》]]を[[サーチ]]。
+[[《転生炎獣ガゼル》]]の[[効果]]で[[《フュージョン・オブ・ファイア》]]を[[墓地へ送る]]。
+[[墓地]]の[[《転生炎獣スピニー》]]の[[効果]]で自身を[[蘇生]]し、[[《転生炎獣スピニー》]]と[[《転生炎獣ガゼル》]]を素材に[[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]を[[エクシーズ召喚]]。
+[[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]の[[効果]]で[[《転生炎獣Jジャガー》]]を[[リクルート]]。
+[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]と[[《転生炎獣ミラージュスタリオ》]]を[[リンク素材]]に[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]を[[リンク召喚]]。
+[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]と[[《転生炎獣Jジャガー》]]を[[リンク素材]]に再び[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]を[[リンク召喚]]。
+[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]の[[効果]]で[[《フュージョン・オブ・ファイア》]]を[[サルベージ]]。
+[[墓地]]の[[《転生炎獣Jジャガー》]]の[[効果]]で自身を[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]の[[リンク先]]に[[蘇生]]し、[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]の[[効果]]で[[《転生炎獣ガゼル》]]を[[サルベージ]]。
+[[《転生炎獣サンライトウルフ》]]と[[《転生炎獣Jジャガー》]]を[[リンク素材]]に[[《転生炎獣ヒートライオ》]]を[[リンク召喚]]。
+[[《転生炎獣の聖域》]]を[[発動]]し、[[効果]]を[[適用]]して[[《転生炎獣ヒートライオ》]]を[[リンク素材]]に再び[[《転生炎獣ヒートライオ》]]を[[リンク召喚]]。
+[[《転生炎獣ヒートライオ》]]の[[効果]]で[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]を[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]と同じ([[攻撃力]]500)にする。
+[[《フュージョン・オブ・ファイア》]]を[[発動]]し、[[《転生炎獣ヒートライオ》]]と[[手札]]の[[《転生炎獣ガゼル》]]を[[融合素材]]に[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]を[[融合召喚]]。
<
 [[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]の[[攻撃力]]は、[[《転生炎獣ヒートライオ》]]と[[《転生炎獣ガゼル》]]により、2800+(2300+1500)/2=4700になる。~
 [[《転生炎獣ヒートライオ》]]の[[効果]]で[[攻撃力]]500に変更した[[モンスター]]を[[攻撃]]すれば、4700×2−500=8900で[[1ターンキル]]となる。~

//**[[デッキ]]の種類 [#decktype]
//***[[《》]]軸 [#decktype1]

//**[[デッキ]]の派生 [#variation]
//***【】 [#variation1]

**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
 [[墓地]]利用が中心なのでそれを封じられると致命的。~
 [[自己再生]]を含めた[[蘇生]]手段を丸ごと封じる[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]、[[墓地]]そのものが使えなくなる[[《マクロコスモス》]]などは天敵となる。~

 また、[[デッキ]]構築の都合上[[同名カード]]を[[エクストラデッキ]]に複数採用することになり、[[エクストラデッキ]]の枠が埋まりやすく[[サラマングレイト]]だけでは対処できない場面への対応力にやや難がある。~
 [[エクストラデッキ]]の[[デッキ破壊]]にも弱く、特に[[《浮幽さくら》]]を使われると挽回が困難となってしまう。~
 この点に関しては[[サイドデッキ]]から[[《墓穴の指名者》]]や[[《大欲な壺》]]などで対処したい。~

 細かいところで言えば、[[《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》]]の存在はこの[[デッキ]]の[[メタ]]にもなり得る。~
 [[フィールド]]に[[リンクモンスター]]と任意の[[サラマングレイト]]を並べた状態で[[《超融合》]]を使われると大きな損害になるだけでなく、返しの[[ターン]]に一気にやられかねない。~
 (特に[[マッチ]]2戦目以降では)[[伏せカード]]に注意して動くのが望ましい。~

**この[[デッキ]]の歴史 [#history]
 登場当初はカードプールの少なさから完全な[[ファンデッキ]]だったが、[[ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー−]]により大幅に強化され、一転して[[環境]][[主流デッキ]]となる。~
 結果、[[19/07/01>リミットレギュレーション/2019年7月1日]]に[[《転生炎獣ガゼル》]]と[[《レディ・デバッガー》]]が[[制限カード]]に規制されて弱体化した。~

 2019年世界大会では参加者の過半数がこの[[デッキ]]を使用しており、一般・小学生の両方の部の決勝戦はこの[[デッキ]]の[[ミラーマッチ]]であった。~
 大会全体でも[[ミラーマッチ]]が頻繁に行われ、上述した[[《超融合》]]や[[《灼熱の火霊使いヒータ》]]の活躍も見られた。~

**代表的なカード [#keycard]
-[[《転生炎獣ガゼル》]]

-[[《転生炎獣ベイルリンクス》]]

-[[《転生炎獣の炎陣》]]
-[[《転生炎獣の意志》]]

//**サンプルレシピ [#sample]

**関連リンク [#link]
-[[サラマングレイト]]

-[[【サイバース族】]]
-[[【炎属性】]]

-[[デッキ集]]