*【スクラップ】 [#top]

#contents

**[[デッキ]]の概要 [#abstract]
 [[DUELIST REVOLUTION]]より登場した[[スクラップ]]と名のついた[[カード]]群で構成される[[ビートダウン]][[デッキ]]。~
 [[破壊]]や[[蘇生]]を繰り返しつつ、[[スクラップ]][[シンクロモンスター]]を[[シンクロ召喚]]し、[[フィールド]]を[[制圧]]することが主な戦術となる。~

 《スクラップ・キマイラ/Scrap Chimera》
 効果モンスター
 星4/地属性/獣族/攻1700/守 500
 このカードをS素材とする場合、
 「スクラップ」モンスターのS召喚にしか使用できず、
 他のS素材モンスターは全て「スクラップ」モンスターでなければならない。
 (1):このカードが召喚に成功した時、
 自分の墓地の「スクラップ」チューナー1体を対象として発動できる。
 そのモンスターを特殊召喚する。

 《スクラップ・ドラゴン/Scrap Dragon》
 シンクロ・効果モンスター
 星8/地属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
 チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
 (1):1ターンに1度、自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ対象として発動できる。
 そのカードを破壊する。
 (2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、
 Sモンスター以外の自分の墓地の「スクラップ」モンスター1体を対象として発動する。
 そのモンスターを特殊召喚する。

 《スクラップ・ワイバーン》
 リンク・効果モンスター
 リンク2/地属性/ドラゴン族/攻1700
 【リンクマーカー:左/下】
 「スクラップ」モンスターを含むモンスター2体
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分の墓地の「スクラップ」モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターを特殊召喚する。
 その後、自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
 (2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
 フィールドの表側表示の「スクラップ」モンスターが効果で破壊された場合に発動できる。
 デッキから「スクラップ」モンスター1体を特殊召喚する。
 その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 《スクラップ・ファクトリー/Scrap Factory》
 フィールド魔法
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):フィールドの「スクラップ」モンスターの攻撃力・守備力は200アップする。
 (2):フィールドの「スクラップ」モンスターが効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
 自分はデッキから「スクラップ」モンスター1体を特殊召喚する。

**[[デッキ]]の構築 [#introduction]
 それぞれの[[スクラップ]]は[[種族]]にバラつきがあるものの、[[地属性]]で統一されており、[[サーチ]]や[[サルベージ]]手段も豊富である。~
 また、[[効果破壊]]に関する[[カード]]が多く、[[効果破壊]]をトリガーとする[[カード]]を投入することで、多彩な[[コンボ]]につなげることができる。~
 ただ多彩な[[コンボ]]につなげるだけでは勝てないので的を絞った構築が必要不可欠となる。~

***[[モンスターカード]]について [#monster]

―[[スクラップ]]~
-[[スクラップ]][[チューナー]]~
[[スクラップ]]によって[[破壊]]される事で[[スクラップ]]を[[サルベージ]]できるという共通の[[効果]]を持ち、[[《スクラップ・エリア》]]によって[[サーチ]]できる。

--[[《スクラップ・ビースト》]]~
準[[アタッカー]]級の[[攻撃力]]を持った[[レベル]]4[[チューナー]]であり、[[《スクラップ・キマイラ》]]で[[蘇生]]することで、即座に[[《スクラップ・ドラゴン》]]の[[シンクロ召喚]]につなげることができる。~

--[[《スクラップ・オルトロス》]]~
[[《スクラップ・ビースト》]]よりも[[攻撃力]]が少し高めな[[レベル]]4[[チューナー]]であり、[[《スクラップ・キマイラ》]]で[[蘇生]][[コンボ]]を行える。~
[[《スクラップ・ビースト》]]とは違い、[[自分]][[フィールド]]上に[[スクラップ]]さえいれば自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]でき、自身を[[破壊]]することで速効性のある[[サルベージ]]を行える[[メリット]]がある。~
反面、[[通常召喚]]できないという[[デメリット]]を持つため、序盤だと[[腐り>腐る]]やすい点には注意が必要である。~
また、[[スクラップ]]の[[サルベージ]][[効果]]を利用し、常に[[手札]]に握っておけば毎[[ターン]][[《スクラップ・ファクトリー》]]の[[効果]]で[[スクラップ]]を[[リクルート]]できる。~

--[[《スクラップ・ゴブリン》]]~
[[ステータス]]の低い[[レベル]]3[[チューナー]]ではあるが、[[戦闘破壊]][[耐性]]により[[コンボ]]が見込める。~
[[《スクラップ・ゴーレム》]]と相性が良く、[[戦闘破壊]][[耐性]]を活かすことで、[[リリース]]要員としつつ[[蘇生]]に繋げることができる。~
この場合、即座に[[シンクロ召喚]]するのもいいが、場合によっては[[相手]]に[[送りつける>送りつけ]]事で[[サルベージ]][[効果]]を[[発動]]したり、[[サンドバッグ]]にすることもできる。~
[[《スクラップ・ファクトリー》]]が[[発動]]していれば、[[相手]]もこの[[カード]]を[[攻撃]]しにくくなり、[[効果破壊]]も躊躇わざるをえないため、強固な[[壁]]となりうる。~

--[[《スクラップ・ソルジャー》]]~
[[上級モンスター]]としては[[攻撃力]]が低い[[レベル]]5の[[チューナー]]。~
[[《スクラップ・キマイラ》]]による[[蘇生]]から、[[《スクラップ・ツイン・ドラゴン》]]への[[シンクロ召喚]]を積極的に狙う事ができる。~

-非[[チューナー]]の[[下級>下級モンスター]][[スクラップ]]~
その他の[[スクラップ]][[モンスター]]には[[スクラップ]][[チューナー]]を[[サポート>サポートカード]]する[[効果]]を持った[[カード]]が多い。~

--[[《スクラップ・キマイラ》]]~
この[[カード]]1枚で[[スクラップ]][[シンクロモンスター]]を[[シンクロ召喚]]できるので、可能な限り[[積む]]べきだろう。~
[[レベル]]4の[[チューナー]][[モンスター]]を[[蘇生]]すればそのまま[[エクシーズ召喚]]も狙える。~

--[[《スクラップ・シャーク》]]~
[[カードの効果]]が[[発動]]しただけで[[自壊]]するため場持ちは良くないが、[[自壊]]の際に[[デッキ]]の[[スクラップ]]を[[墓地へ送る]]ことができる。~
[[攻撃力]]2100の[[下級モンスター]]であり、[[デメリット]][[アタッカー]]と同じような感覚で使用するのも良いだろう。~
[[《スクラップ・オルトロス》]]とともに[[《スクラップ・ファクトリー》]]の重要な起点となる。~
この[[カード]]を出してから[[《スクラップ・ファクトリー》]]を[[発動]]するだけで[[チューナー]]を[[墓地]]へ送りつつ[[《スクラップ・ゴーレム》]]を展開し[[シンクロ召喚]]することが可能。~
ただし、[[セット]][[カード]]や[[《エフェクト・ヴェーラー》]]・[[《増殖するG》]]などによる妨害を警戒しなければならない。~

--[[《スクラップ・サーチャー》]]~
[[スクラップ]]が[[破壊]]される事で[[自己再生]]を行う[[効果]]を持つ。~
[[《スクラップ・スコール》]]等で失い易い[[フィールド]][[アドバンテージ]]を補う事が可能であり、[[リンク素材]]としても優秀。~
また[[デメリット]]とも取れる後半の[[効果]]は【スクラップ】自身にはあまり影響は及ぼさない。~
さらには[[《スクラップ・ゴーレム》]]や[[《ギブ&テイク》]]により、疑似[[《ライトニング・ボルテックス》]]としても使える。~
総じて[[コンボ]]向けの[[カード]]であると言える。

--[[《スクラップ・リサイクラー》]]~
[[《幻獣機オライオン》]]や[[《水晶機巧−ローズニクス》]]を[[墓地へ送れ>墓地へ送る]]ば[[手札]]1枚且つ下準備無しで[[《スクラップ・ワイバーン》]]の[[リンク召喚]]が可能。~
[[手札]]に[[墓地へ送り>墓地へ送る]]たい[[モンスター]]がある場合は[[《ジェット・シンクロン》]]を利用するのも良い。~
こうした[[機械族]]の[[出張]]と合わせて各種素材として用いるにあたっては非常に便利だが、各種[[スクラップ]]の[[効果]]や[[サポートカード]]との[[シナジー]]はほとんどない点には留意しておきたい。~

-非[[チューナー]]の[[上級>上級モンスター]][[スクラップ]]~
--[[《スクラップ・ブレイカー》]]~
[[相手]][[フィールド]]に[[モンスター]]がいれば[[手札]]から[[特殊召喚]]でき、そのあと[[スクラップ]][[モンスター]]を[[破壊]]する[[効果]]を持つ。~
[[《スクラップ・オルトロス》]]と違い[[自分]][[フィールド]]の[[モンスター]]に関係なく[[特殊召喚]]でき、[[《スクラップ・ファクトリー》]]の[[効果]]の[[トリガー]]にできる。~
ただしあちらは[[サルベージ]][[効果]]を持つので、2100の打点・[[レベル]]6の非[[チューナー]]であることを活かしたい。

--[[《スクラップ・ゴーレム》]]~
[[蘇生]]と[[送りつけ]]を行える[[効果]]を持つ。~
[[ステータス]]は少々心許無いが、[[スクラップ]][[チューナー]]を[[蘇生]]して[[シンクロ召喚]]の補助に用いると良い。~
さらに[[《スクラップ・ゴブリン》]]を[[送りつけ]]て[[サンドバッグ]]にしたり、[[サルベージ]][[効果]]を使用したりとなかなかに汎用性が高い。~
[[上級モンスター]]であるため敬遠されがちではあるが、[[スクラップ]][[シンクロモンスター]]の[[蘇生]][[効果]]を最大限活かす事ができる。~
[[手札]]にダブつくと困るので、この[[カード]]を採用する場合は[[リリース]]要員や[[手札コスト]]として[[墓地へ送れる>墓地へ送る]][[カード]]も同時に採用しておくと良いだろう。~
[[《スクラップ・ファクトリー》]]の登場により、大幅に有用性が上がった。~
//[[《巌征竜−レドックス》]]と[[《スクラップ・ファクトリー》]]の登場により、大幅に有用性が上がった。~

―[[スクラップ]]以外の[[モンスター]]~
-[[効果破壊]]を[[トリガー]]とする[[モンスター]]~
[[自分]]の[[モンスター]]を[[効果破壊]]することが多いこの[[デッキ]]にとって、[[効果破壊]]を[[トリガー]]とする[[モンスター]]とは相性が良い。~
[[機皇帝]]は優秀な[[効果]]を持ち[[攻撃力]]も高く、戦線維持に非常に役立てることができる。~
[[《森の番人グリーン・バブーン》]]は[[獣族]][[モンスター]]を多めに投入することで、[[自己再生]]する[[アタッカー]]として使用することができる。~
[[TG]][[モンスター]]も[[破壊]]を[[トリガー]]とする[[効果]]を持つ他、[[シンクロ召喚]]を戦術とする共通点がある。~
全体的に安定性や展開力の向上が見込め、一部の[[モンスター]]は[[属性]]や[[種族]]での[[シナジー]]も存在する。~

-[[シンクロ召喚]]・[[エクシーズ召喚]]を補助する[[モンスター]]~
これらを補助する[[カード]]は数多く存在するが、特に【スクラップ】との相性の良い物を挙げる。~

--[[《ゴブリンドバーグ》]]~
[[手札]]からさらに[[モンスター]]を展開できる[[効果]]を持つ。~
さらに[[地属性]]なので【スクラップ】と[[シナジー]]がある。~
[[《スクラップ・エリア》]]の存在から、[[手札]]に[[チューナー]]を確保し易いため[[シンクロ召喚]]に繋げ易い。~
また、[[レベル]]4であるため[[エクシーズ召喚]]にも繋がる。~

--[[《召喚僧サモンプリースト》]] ~
[[《スクラップ・ビースト》]]は[[レベル]]4であるため、この[[カードの効果]]により[[特殊召喚]]できる。~
そのまま[[《スクラップ・ドラゴン》]]や別の[[レベル]]8の[[シンクロ召喚]]を行うも良し、[[エクシーズ召喚]]を行うのも良い。~

--[[《サイバー・ドラゴン》]]・[[《フォトン・スラッシャー》]]・[[《H・C 強襲のハルベルト》]]~
この[[カード]]を[[特殊召喚]]した後に[[チューナー]]を[[召喚]]することで[[シンクロ召喚]]に繋げられる上、[[リリース]]要員として扱い、[[《スクラップ・ゴーレム》]]を[[アドバンス召喚]]するのにも役立つ。~
この[[デッキ]]の問題の一つである打点不足を補うこともできる。~

--[[《チェーンドッグ》]]~
[[自分]][[フィールド]]上に[[獣族]][[モンスター]]が2体存在する場合、[[墓地]]から[[特殊召喚]]する[[効果]]を持つ。~
条件は[[《スクラップ・キマイラ》]]を[[召喚]]し、[[《スクラップ・ビースト》]]か[[《スクラップ・オルトロス》]]を[[蘇生]]させることで容易に満たすことができ、[[レベル]]4の[[モンスター]]を3体要求する[[エクシーズ召喚]]も難なく行える。~
自身を[[除外]]する[[デメリット]][[効果]]は、[[エクシーズ素材]]にしてしまえば問題なく、[[蘇生]][[効果]]を繰り返し狙うことができるようになる。~

-その他の相性の良い[[モンスター]]~

--[[リリース]]要員・[[《スクラップ・ドラゴン》]]の的~
---[[《黄泉ガエル》]]~
[[魔法・罠カード]]に一定の制約ができるものの、[[フリーチェーン]]の[[カード]]を多用するこの[[デッキ]]では[[《スクラップ・ドラゴン》]]の[[破壊]][[対象]]や[[《スクラップ・ゴーレム》]]の[[リリース]]等の無限[[コスト]]として活躍する。~

//---[[《レベル・スティーラー》]]~
//[[《スクラップ・ドラゴン》]]などの[[シンクロモンスター]]の[[レベル]]を下げるだけで[[特殊召喚]]でき、[[スクラップ]][[シンクロモンスター]]の[[破壊]][[効果]]を[[発動]]させやすくする。~
//この[[カード]]を[[リリース]]することで[[《スクラップ・ゴーレム》]]を[[アドバンス召喚]]し、[[シンクロ召喚]]に繋げるのもいい。~
//[[《黄泉ガエル》]]とは[[相互互換]]であるが、[[罠カード]]を多く採用する場合ならこちらを優先することになるだろう。~

---[[《ヴェルズ・サンダーバード》]]~
回避[[効果]]を持つ[[レベル]]4[[モンスター]]であり、[[《スクラップ・ドラゴン》]]の[[効果]]に[[チェーン]]してこの[[カード]]をゲームから[[除外]]する事で、損失なしで[[相手]][[フィールドのカード]]を[[破壊]]できる。~

--[[墓地肥し>墓地を肥やす]]~
---[[《カードガンナー》]]~
1[[ターン]]に3枚[[カード]]を[[デッキ]]から[[墓地]]へ送れるため、[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]要員として使える。~
また、[[破壊]]されれば1枚[[ドロー]]できるので、[[《スクラップ・ドラゴン》]]の[[効果]]とも相性が良い。~
//また、[[《巌征竜−レドックス》]]との相性もいいのもポイント。~

---[[《マスマティシャン》]]~
[[召喚に成功した]]時に[[《スクラップ・キマイラ》]]や[[《スクラップ・ビースト》]]を[[墓地へ送る]]事ができる。~
初動は遅くなるものの、高くはないこの[[デッキ]]の安定性を上昇させることができる。~
//こちらも同様に[[《巌征竜−レドックス》]]との相性がいい。~

--[[《王虎ワンフー》]]~
[[攻撃力]]1400以下の[[モンスター]]を封殺する[[レベル]]4[[モンスター]]。~
[[《スクラップ・ビースト》]]・[[《スクラップ・キマイラ》]]・[[《スクラップ・オルトロス》]]・[[《スクラップ・ゴブリン》]]とともに[[《幻獣の角》]]を共有できる。~

//--[[《ファイヤー・ハンド》]]・[[《アイス・ハンド》]]~
//お互いを[[リクルート]]しあいながら、[[相手]]の[[フィールド]]を[[破壊]]し尽くす優秀な[[モンスター]]。~
//[[フィールド]]に残りやすいため[[《スクラップ・ドラゴン》]]の[[シンクロ素材]]となるのはもちろん、不利な状況で[[自爆特攻]]を繰り返し[[アドバンテージ]]を稼ぐこともできる。~

//--[[《巌征竜−レドックス》]]~
//[[地属性]]を強力にサポートする[[征竜]]。~
//この[[デッキ]]では特に[[《スクラップ・ゴーレム》]]と非常に相性がよく、[[手札]]からの展開サポート、[[手札]]で[[腐った>腐る]][[スクラップ]][[チューナー]]を[[墓地]]へ落としつつ[[蘇生]]、[[シンクロ召喚]]の後に[[蘇生]]させ[[レベル]]8〜9の[[シンクロモンスター]]2体で畳み掛けるなどの事ができる。~
//ただし、[[スクラップ]]は[[サーチ]]に優れているため、[[デッキ]]に搭載される[[モンスター]]の数はそう多いわけではなく、[[コスト]]の調達が難しい他、序盤で引いてしまうと[[腐って>腐る]]しまうなどの問題もある。~


***[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]について [#extradeck]

―[[スクラップ]][[モンスター]]~
-[[スクラップ]]の[[シンクロモンスター]]~
[[《スクラップ・デスデーモン》]]を除けば、[[自分]]の[[カード]]を[[破壊]]しつつ、[[相手]]の[[カード]]を[[除去]]するという共通の[[効果]]を持つ[[モンスター]]である。~
複数存在するが、それぞれの特性が異なるため戦況によって使い分けることになるだろう。~

--[[《スクラップ・ドラゴン》]]~
[[《スクラップ・キマイラ》]]で簡単に[[シンクロ召喚]]でき、万能[[除去]][[効果]]を持つ優秀な[[モンスター]]である。~
この[[カード]]を[[シンクロ召喚]]する事こそがこの[[デッキ]]の目標であり、様々な場面で活躍するので、[[エクストラデッキ]]には最低でも2枚は積んでおきたい。~

--[[《スクラップ・ツイン・ドラゴン》]]~
[[《スクラップ・ドラゴン》]]より[[レベル]]が1つ高いため[[《スクラップ・キマイラ》]]を使用する場合は[[《スクラップ・ソルジャー》]]と、もしくは[[《スクラップ・ゴーレム》]]で[[レベル]]4の[[スクラップ]][[チューナー]]を[[蘇生]]することで[[シンクロ召喚]]しやすい。~
[[《スクラップ・ドラゴン》]]とは違い[[バウンス]]する[[効果]]を持つため、戦況によって使い分けると良いだろう。~

//--[[《アトミック・スクラップ・ドラゴン》]]~
//[[相手]][[フィールド]]上には影響を与えず、[[相手]]の[[墓地アドバンテージ]]を奪う[[効果]]を持つ。~
//[[シンクロ召喚]]には3体以上の[[シンクロ素材]]を必要とするため、扱いにくい部類の[[モンスター]]である。~

--[[《スクラップ・デスデーモン》]]~
[[効果]]は持たないが、[[《スクラップ・キマイラ》]]で[[《スクラップ・ゴブリン》]]を[[蘇生]]させることで[[シンクロ召喚]]できる唯一の[[シンクロモンスター]]。~
[[ステータス]]も高いため、[[《スクラップ・ゴブリン》]]を採用する場合はぜひ[[エクストラデッキ]]に1枚は用意しておきたい。~

-[[スクラップ]][[リンクモンスター]]~
--[[《スクラップ・ワイバーン》]]~
[[スクラップ]]を含む[[モンスター]]2体と緩い[[縛り]]であり、[[《スクラップ・キマイラ》]]や[[《スクラップ・リサイクラー》]]ならば[[手札]]1枚で出せる。~
2つの[[特殊召喚]][[効果]]と[[効果破壊]]、及び(2)の[[除去]]で大きな[[アドバンテージ]]を稼ぐ事ができる。~
[[《スクラップ・ゴーレム》]]を[[特殊召喚]]することで、高[[レベル]][[シンクロモンスター]]も簡単に出せる。~
[[効果]]・[[リンクマーカー]]の向きといずれも[[必須カード]]と呼べる性能なので、複数枚の採用も十分に考えられる。~


―[[スクラップ]]以外の[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]~
-[[ランク]]4の[[エクシーズモンスター]]~
―[[スクラップ]]以外の[[シンクロモンスター]]~

-[[レベル]]8~
--[[《ヴァレルロード・S・ドラゴン》]]~
[[《スクラップ・ワイバーン》]]や[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を[[装備]]する事で、2回まで[[効果の発動]]を[[無効]]にする事ができる。~

-[[レベル]]9~
--[[《浮鵺城》]]~
[[墓地]]の[[《スクラップ・ツイン・ドラゴン》]]を[[蘇生]]し、この[[カード]]を[[破壊]]して[[《スクラップ・ツイン・ドラゴン》]]の[[効果]]を[[発動]]したり、[[ランク]]9の[[エクシーズモンスター]]を[[エクシーズ召喚]]する事ができる。~

―[[エクシーズモンスター]]~
[[《スクラップ・キマイラ》]]の[[効果]]によって[[レベル]]4の[[モンスター]]を2体並べ、容易に[[エクシーズ召喚]]できる。~
【スクラップ】にとっては[[シンクロ召喚]]以外の新たな戦術となる。~

//--[[《ラヴァルバル・チェイン》]]~
//[[デッキ]]から[[モンスター]]1体を[[デッキトップ]]に[[サーチ]]する[[効果]]と[[デッキ]]の[[カード]]1枚を[[墓地へ送る]]ことのできる[[効果]]を持つ。~
//1つ目の[[効果]]で[[《スクラップ・キマイラ》]]の[[サーチ]]を、2つ目の[[効果]]で[[蘇生]]対象の[[スクラップ]]の[[チューナー]]や[[《スクラップ・ゴーレム》]]などを[[墓地へ送る]]ことができる。~

--[[《No.101 S・H・Ark Knight》]]~
[[特殊召喚]]された[[表側攻撃表示]][[モンスター]]を[[エクシーズ素材]]にしてしまう[[除去]][[効果]]と、[[エクシーズ素材]]を1つ取り除く事で[[破壊]]を免れる[[効果]]を持つ。~
前半の[[効果]]は[[汎用性]]が高く扱いやすく、後半の[[効果]]は[[《スクラップ・ドラゴン》]]の[[破壊]][[コスト]]を賄えるため、相性が良い。~

-[[リンクモンスター]]~
―[[リンクモンスター]]~
[[シンクロ>シンクロモンスター]]・[[エクシーズモンスター]]を複数並べるならば必要となる。~
【スクラップ】は展開力に欠けるので、[[リンク召喚]]の際は[[自己再生]]が容易な[[《スクラップ・サーチャー》]]などを[[リンク素材]]にして消費を抑えたい。~

--[[《ミセス・レディエント》]]~
[[地属性]]2体で[[リンク召喚]]できる[[リンクモンスター]]。~
[[地属性]]で統一されている[[スクラップ]]では[[リンク召喚]]は難しくない。~
[[破壊]]時の[[サルベージ]][[効果]]では主に[[《スクラップ・キマイラ》]]を[[サルベージ]]する事になるだろう。~

--[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]~
[[デッキ]]の[[スクラップ]][[チューナー]]を[[リクルート]]出来るので、[[《スクラップ・ゴーレム》]]で[[蘇生]]したい[[スクラップ]][[チューナー]]を[[リクルート]]したり、[[《スクラップ・ワイバーン》]]から[[リクルート]]した[[《スクラップ・ゴーレム》]]を使ってこの[[カード]]を出して、[[リンク]]4の[[リンク召喚]]に繋げる事も出来る。

***[[魔法・罠カード]]について [#spell_trap]
―[[スクラップ]]の[[サポートカード]]~
//[[スクラップ]][[チューナー]]を[[破壊]]することによって[[サルベージ]][[効果]]の[[トリガー]]となる。~

-[[《スクラップ・スコール》]]~
[[《おろかな埋葬》]]同様に、実質[[カード]]1枚分の損失で[[デッキ]]から[[スクラップ]]を[[墓地]]へ送れる。~
また[[スクラップ]][[チューナー]]を[[破壊]]した場合は[[ノーコスト>コスト]]での[[サーチ]][[カード]]として用いることができる。~
特に[[《スクラップ・ビースト》]]を[[破壊]]しつつ[[《スクラップ・キマイラ》]]を[[墓地]]へ送り、[[《スクラップ・ビースト》]]の[[効果]]で[[《スクラップ・キマイラ》]]を[[サルベージ]]すれば[[《スクラップ・ドラゴン》]]の[[シンクロ召喚]]の準備が完了する。~
[[速攻魔法]]であるため、[[サクリファイス・エスケープ]]が可能なことも優秀な点の一つである。~
ただし、[[サクリファイス・エスケープ]]では後述の[[《スクラップ・ファクトリー》]]の[[効果]]の[[発動]][[タイミングを逃す]]ことがあるので注意。~

-[[《スクラップ・エリア》]]~
[[スクラップ]][[チューナー]]を[[サーチ]]できる。~
[[サーチ]]先は[[《スクラップ・ゴブリン》]]・[[《スクラップ・ビースト》]]・[[《スクラップ・ソルジャー》]]・[[《スクラップ・ワーム》]]・[[《スクラップ・オルトロス》]]・[[《スクラップ・マインドリーダー》]]の6種類。~
[[《スクラップ・スコール》]]と合わせて行動の起点とすることができる。~

-[[《スクラップ・ファクトリー》]]~
[[スクラップ]]の[[全体強化]]と[[リクルート]]が行える。~
自ら積極的に[[スクラップ]]を[[破壊]]し展開でき、また[[相手]]にとっても[[強化]]された[[モンスター]]を[[効果破壊]]しづらくなる。~
[[リクルート]]する[[モンスター]]の筆頭候補は[[《スクラップ・ゴーレム》]]だろう。~
[[シンクロモンスター]]が存在しない場合に[[発動]]するのは少々難だが、[[《スクラップ・スコール》]]、[[《スクラップ・オルトロス》]]、[[《スクラップ・シャーク》]]、[[《スクラップ・ブレイカー》]]などは使いやすく有用。~
[[シンクロモンスター]]が存在する場合に[[発動]]し[[《スクラップ・ゴーレム》]]を[[リクルート]]できれば、圧倒的な[[アドバンテージ]]差を得る事ができ、そこから勝利することも難しくはないだろう。~
ただし、この[[効果]]に[[《サイクロン》]]などを[[チェーン]]され[[破壊]]されてしまうと、[[フィールド]]の[[モンスター]]を1体失い、[[効果の発動]]もできなくなってしまうので要注意。~

―その他、相性のいい[[カード]]~
-[[《補給部隊》]]~
能動的な[[効果破壊]]をするこの[[デッキ]]では強力な[[ドローソース]]になりうる[[永続魔法]]。~
いざという時には、[[《スクラップ・ドラゴン》]]の[[破壊]][[対象]]にもできるため相性は抜群。~
[[戦闘破壊]]にも対応し、[[効果]]は重複するので複数枚の投入も検討できる。~
ただし役割としては[[《スクラップ・ファクトリー》]]と大きく被るので、一緒に採用するならば採用枚数は吟味したい。~
逆に後述する[[【メタビート】]]型であればこちらの方を優先することも考えられる。~

-[[《おろかな埋葬》]]~
[[《スクラップ・ビースト》]]をピンポイントで[[墓地]]へ送り、[[《スクラップ・キマイラ》]]を[[召喚]]することで、スピーディに[[《スクラップ・ドラゴン》]]を[[シンクロ召喚]]することができる。~
[[《スクラップ・サーチャー》]]、[[《森の番人グリーン・バブーン》]]とも相性が良い。~
//、[[《レベル・スティーラー》]]

-[[《幻獣の角》]]~
[[《スクラップ・キマイラ》]]等、あまり[[攻撃力]]の高くない[[獣族]]・[[獣戦士族]][[モンスター]]を[[強化>単体強化]]できる。~
[[《王虎ワンフー》]]や[[《森の番人グリーン・バブーン》]]を採用する場合には重要な戦力となる。~

//-[[フィールド魔法]]~
//[[《スクラップ・ファクトリー》]]と[[《テラ・フォーミング》]]を共有できるのもポイント。~
-[[《歯車街》]]~
[[《スクラップ・ドラゴン》]]で[[破壊]]させる事で、[[相手]]の[[フィールドのカード]]を1枚[[破壊]]しつつ、[[《古代の機械熱核竜》]]を[[特殊召喚]]する事ができる。~
だが[[マスタールール3]]では[[フィールド魔法]]の張替えでは[[効果]]が[[発動]]しないので投入枚数には一考の余地がある。~

//--[[《クローザー・フォレスト》]]~
//【スクラップ】が苦手とする[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]への[[メタカード]]として機能する。~
//単純に[[《スクラップ・キマイラ》]]等[[獣族]][[モンスター]]の[[全体強化]]にも使える。~

-[[《貪欲な壺》]]~
[[《スクラップ・ファクトリー》]]や[[《スクラップ・ワイバーン》]]の[[効果]]で[[リクルート]]したい[[スクラップ]][[モンスター]]を[[デッキ]]に戻すことができる。~

-展開補助~
--[[《精神操作》]]~
この[[デッキ]]には優秀な[[チューナー]]である[[《スクラップ・ゴブリン》]]・[[《スクラップ・ビースト》]]と、それらを[[サーチ]]する[[《スクラップ・エリア》]]がある。~
そのため、[[相手]]の[[モンスター]]を[[奪い>コントロール奪取]][[シンクロ召喚]]に繋げるのは容易である。~
また、[[《スクラップ・ドラゴン》]]の[[効果]]によって、[[奪った>コントロール奪取]][[モンスター]]を[[破壊]]してもいい。~

--[[《エアーズロック・サンライズ》]]~
ほぼ[[《スクラップ・ビースト》]]専用の[[蘇生]][[カード]]である。~
その他、[[《王虎ワンフー》]]の[[蘇生]]や[[《チェーンドッグ》]]の[[蘇生]][[条件>発動条件]]を満たすためにも使用できる。

--[[《復活の福音》]]~
【スクラップ】は優秀な[[ドラゴン族]]である[[《スクラップ・ドラゴン》]]らを駆使し[[アドバンテージ]]を得る[[デッキ]]である。~
そのため、[[墓地]]からこれらの[[ドラゴン族]]を[[蘇生]]する戦術を取ることは有効であり、採用が検討できる。~

//--[[《星屑のきらめき》]]~
//[[《復活の福音》]]に比べて追加[[効果]]もなく、[[墓地アドバンテージ]]も失うので基本は[[《復活の福音》]]に[[《死者蘇生》]]を加えた5枚目以降の採用となる。~
//ただこちらは[[《スクラップ・ツイン・ドラゴン》]]などの[[レベル]]7・8以外の[[ドラゴン族]]の[[蘇生]]が可能。

--[[《スケープ・ゴート》]]~
一度に[[トークン]]を4体[[特殊召喚]]する。~
緊急の[[壁]]として使える上、[[《スクラップ・ドラゴン》]]の[[破壊]][[効果]]の[[対象]]にもできる。~
さらに[[《スクラップ・ビースト》]]と[[シンクロ素材]]にすれば、[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]を行える[[《ナチュル・ビースト》]]を[[シンクロ召喚]]できる点も見逃せない。~

-[[スクラップ]][[シンクロモンスター]]の[[効果]]の的となる[[カード]]~
[[自分]][[フィールドのカード]]を[[破壊]]する[[効果]]を有効活用する。~

--[[破壊]]が[[トリガー]]となる[[カード]]~
[[モンスター]]同様[[スクラップ]][[シンクロモンスター]]の[[効果]]を活かせる。~
[[モンスター]]と異なり[[召喚権]]を使用しないで済み、[[ブラフ]]としても有効なため比較的扱い易い。~
特に苦手な[[《マクロコスモス》]]・[[《スキルドレイン》]]への[[メタ]]となる[[《荒野の大竜巻》]]・[[《連鎖旋風》]]は有用である。~

--[[フリーチェーン]]で[[発動]]できる[[カード]]~
[[スクラップ]][[シンクロモンスター]]の[[効果]]に[[チェーン]]して[[発動]]することで[[アドバンテージ]]を得ることが可能。~
[[《サンダー・ブレイク》]]・[[《鳳翼の爆風》]]・[[《因果切断》]]・[[《強制脱出装置》]]等はいずれも[[汎用性]]の高い[[除去]][[カード]]である。~
しかし[[コスト]]の有無、[[除去]]できる種類や[[除去]]の方法はそれぞれ異なるため[[デッキ]]や[[環境]]に応じて使い分けたい。~


**戦術 [#strategy]
 基本的には以下の2点が中心の戦術となる。~
>
+[[《スクラップ・キマイラ》]]と[[《スクラップ・ビースト》]]により[[《スクラップ・ドラゴン》]]を[[シンクロ召喚]]または[[ランク]]4の[[エクシーズ召喚]]
+[[《スクラップ・ゴーレム》]]と[[《スクラップ・ゴブリン》]]により[[サンドバッグ]]または[[スクラップ]][[チューナー]]により[[レベル]]8か[[レベル]]9の[[シンクロモンスター]]の[[シンクロ召喚]]

 上記の[[コンボ]]を成立させる[[カード]]として[[《スクラップ・スコール》]]が有効である。~
 [[《スクラップ・ビースト》]]が[[手札]]にある場合は[[《スクラップ・キマイラ》]]を、[[《スクラップ・ゴブリン》]]が[[手札]]にある場合は[[《スクラップ・ゴーレム》]]を[[墓地へ送り>墓地へ送る]]それぞれの[[効果]]で[[サルベージ]]するだけで比較的簡単に準備が可能である。~

 [[シンクロ召喚]]の柔軟性という観点から見れば[[《スクラップ・ゴーレム》]]と[[スクラップ]][[チューナー]]の方が強力ではある。~
 しかし[[《スクラップ・ゴーレム》]]が[[上級モンスター]]であるため[[事故]]の危険性が存在する。~
 反面[[《スクラップ・キマイラ》]]と[[《スクラップ・ビースト》]]の方は、[[シンクロ召喚]]は[[《スクラップ・ドラゴン》]]にしか使えないため柔軟性は無い。~
 しかしどちらも[[下級モンスター]]であるため[[事故]]の危険性は少なく、また、[[エクシーズ召喚]]に関しては何の制限も無いため、そちらを狙っても良いだろう。~
 各々の好みにあわせて戦術の重きを考えると良いだろう。~

**[[デッキ]]の種類 [#decktype]
***【ファクトリー軸】 [#decktype1]
 [[《スクラップ・ファクトリー》]]の[[効果]]を最大限に活かすため、自ら積極的に[[スクラップ]]を[[破壊]]していくタイプ。~
 このタイプでは、「[[スクラップ]][[モンスター]]」・「[[スクラップ]]を[[破壊]]する手段」・「[[《スクラップ・ファクトリー》]]」を揃えることが何よりも重要。~
 「[[スクラップ]]を[[破壊]]する手段」には[[《スクラップ・スコール》]]のほか、自身を[[破壊]]する[[効果]]を持つ[[《スクラップ・オルトロス》]]・[[《スクラップ・シャーク》]]・[[《スクラップ・コング》]]等が考えられる。~
 一度[[《スクラップ・ドラゴン》]]・[[《スクラップ・ツイン・ドラゴン》]]を展開してしまえば、[[相手]]はこれらに対処しにくくなり、こちらから[[破壊]]していくことでさらなる展開も望める。~
 逆に、これらを揃えられなければいつまでも[[スクラップ]]を展開することができないのが難点。~
 これを防ぐため、[[《スクラップ・エリア》]]も含め[[スクラップ]][[モンスター]]は多めになり、[[《テラ・フォーミング》]]も必須となる。~
 さらに[[事故]]率は上がってしまうものの、[[《補給部隊》]]も同様に相性は最高であるため、余裕があれば[[積んで>積む]]おきたい。~
 [[《竜星の具象化》]]や[[《憑依解放》]]と対応する[[モンスター]]を採用し、[[スクラップ]]の[[破壊]]から即座に[[シンクロ召喚]]・[[エクシーズ召喚]]に繋ぐのも面白い。~

***【メタビート型】 [#decktype2]
 [[【メタビート】]]に[[汎用性]]の高い[[スクラップ]]パーツを搭載するタイプ。~
 [[スクラップ]]は[[《スクラップ・キマイラ》]]・[[《スクラップ・ビースト》]]・[[《スクラップ・エリア》]]・[[《スクラップ・スコール》]]・[[《スクラップ・ドラゴン》]]程度の採用に留め、残りを[[汎用性]]の高い[[カード]]や[[メタカード]]で固める。~
 [[スクラップ]]以外の[[カード]]の選択は自由性が高く、[[環境]]に適応させた構築にできることが強み。~
 対応力や安定性が向上する他、採用する[[カード]]次第で[[《スクラップ・キマイラ》]]への依存度の低下も見込める。~
 [[《フォトン・スラッシャー》]]や[[《ゴブリンドバーグ》]]等で展開力を上げたり、[[《ライオウ》]]等で[[相手]]に拘束をかけ[[回転]]を落としたり、[[《ファイヤー・ハンド》]]と[[《アイス・ハンド》]]で[[アドバンテージ]]を得たりして、確実に[[《スクラップ・ドラゴン》]]に繋げていく。~
 [[スクラップ]]以外を[[TG]]・[[《王虎ワンフー》]]・[[《フレムベル・ヘルドッグ》]]等の[[【ビースト】]]の要素を取り入れ[[《幻獣の角》]]を最大に活かす戦略なども考えられる。~

***【サーチャー軸】 [#decktype3]
 [[《スクラップ・サーチャー》]]を軸に据えた型。~
 [[《スクラップ・ゴーレム》]]・[[《ギブ&テイク》]]による[[送りつけ]]から[[相手]]の[[モンスター]]を一掃する[[コンボ]]が狙い目。~
 また、場に[[特殊召喚]]できる[[鳥獣族]][[モンスター]]であるため[[《ゴッドバードアタック》]]も採用できる。~
 [[《スクラップ・サーチャー》]]を[[墓地へ送れる>墓地へ送る]][[《スクラップ・シャーク》]]や[[特殊召喚]]のトリガーとなる[[《スクラップ・オルトロス》]]を複数枚採用することで、比較的容易にこれらの[[コンボ]]を成立させられるだろう。~

//**[[デッキ]]の派生 [#variation]

**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
***[[墓地]]封じ [#weakpoint1]
 [[スクラップ]]は共通[[効果]]の[[サルベージ]][[効果]]や、[[キーカード]]である[[《スクラップ・キマイラ》]]など、[[墓地]]の特定の[[カード]]を使いまわすことを得意とする[[デッキ]]である。~
 しかし逆に、[[《次元の裂け目》]]・[[《マクロコスモス》]]などはもちろん、[[《D.D.クロウ》]]や[[《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》]]などで[[《スクラップ・キマイラ》]]や[[スクラップ]]の[[チューナー]]が例え1体でも[[除外]]されてしまうだけで、かなり苦しくなる。~
 [[サルベージ]]に対してのみにはなるが、[[《深淵に潜む者》]]や[[《ソウルドレイン》]]なども比較的注意。~

***[[特殊召喚]]封じ [#weakpoint2]
 [[特殊召喚]]を行わない場合【スクラップ】における最高打点は[[《スクラップ・ゴーレム》]]の2300である。~
 決して低いという訳ではないが[[上級]]のラインに達しておらず、[[耐性]]も持っていないためすぐに[[除去]]されてしまう。~
 よって上記と同様に[[《サイクロン》]]や[[《地砕き》]]等で確実に処理したい。~

**代表的なカード [#keycard]
-[[《スクラップ・キマイラ》]]
-[[《スクラップ・ビースト》]]
-[[《スクラップ・ドラゴン》]]
-[[《スクラップ・ワイバーン》]]

**サンプルレシピ [#sample]
--【スクラップ】~
10.08.27 DO大会EXPART26 ベスト16進出~
http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=1283~
--【スクラップ】~
11.05.04 レジェンドチャンピオンシップ 優勝~
http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=11530~
--【スクラップ】~
12.08.25 第7回ミルキーチャンピオンシップ 2位~
http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=68309~


**関連リンク [#link]
-[[スクラップ]]

-[[デッキ集]]

-[[【地属性】]]