*【ドラグニティ】 [#top]

#contents

**[[デッキ]]の概要 [#abstract]
 [[DUEL TERMINAL]]で登場した[[カテゴリ]]である[[ドラグニティ]]を用いた[[ビートダウン]][[デッキ]]。~
 [[下級モンスター]]の[[鳥獣族]][[モンスター]]と[[ドラゴン族]][[モンスター]]を駆使して、[[シンクロモンスター]]の[[ドラグニティナイト>ドラグニティ]]を[[召喚]]して[[デュエル]]を進める。~

 《ドラグニティ−ファランクス/Dragunity Phalanx》
 チューナー・効果モンスター
 星2/風属性/ドラゴン族/攻 500/守1100
 (1):1ターンに1度、このカードが装備カード扱いとして
 装備されている場合に発動できる。
 装備されているこのカードを特殊召喚する。

 《ドラグニティ−ドゥクス/Dragunity Dux》
 効果モンスター
 星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1000
 (1):このカードが召喚に成功した時、
 自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族の「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。
 そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
 (2):このカードの攻撃力は、自分フィールドの「ドラグニティ」カードの数×200アップする。

 《ドラグニティアームズ−ミスティル/Dragunity Arma Mystletainn》
 効果モンスター
 星6/風属性/ドラゴン族/攻2100/守1500
 このカードは自分フィールド上に表側表示で存在する
 「ドラグニティ」と名のついたモンスター1体を墓地へ送り、
 手札から特殊召喚する事ができる。
 このカードが手札から召喚・特殊召喚に成功した時、
 自分の墓地に存在する「ドラグニティ」と名のついた
 ドラゴン族モンスター1体を選択し、
 装備カード扱いとしてこのカードに装備する事ができる。

 《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ/Dragunity Knight - Vajrayana》 
 シンクロ・効果モンスター
 星6/風属性/ドラゴン族/攻1900/守1200
 ドラゴン族チューナー+チューナー以外の鳥獣族モンスター1体以上
 (1):このカードがS召喚に成功した時、
 自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族の
 「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。
 そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
 (2):1ターンに1度、このカードに装備された
 装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
 このカードの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

 《竜の渓谷/Dragon Ravine》
 フィールド魔法
 (1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、
 以下の効果から1つを選択して発動できる。
 ●デッキからレベル4以下の
 「ドラグニティ」モンスター1体を手札に加える。
 ●デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。

**[[デッキ]]構築に際して [#introduction]
 [[ドラグニティ]]は[[鳥獣族]]と[[ドラゴン族]][[モンスター]]で構成されている。~
 構築する際はその両方のバランスに注意する必要があるが、個々の[[カード]]が上手く[[シナジー]]しているので組み立ては比較的簡単にできる。~
 特に[[《竜の渓谷》]]・[[《テラ・フォーミング》]]・[[《調和の宝札》]]・[[《ドラグニティ−ファランクス》]]の4枚は強い相互[[シナジー]]を発揮し事故を起こしにくい。~

***[[メインデッキ]]の[[モンスター]]について [#monster]
―[[下級>下級モンスター]][[ドラグニティ]]~
-[[鳥獣族]][[ドラグニティ]]~
[[鳥獣族]][[ドラグニティ]]は、[[ドラゴン族]][[ドラグニティ]]を装備しそこから[[シンクロ召喚]]や[[除去]]を行うのが主となる。~
基本的には、自身の[[効果]]で[[ドラゴン族]][[ドラグニティ]]を装備できる[[下級モンスター]]である以下の3種が中心となる。~
それ以外は[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]や[[ドラグニティ]][[シンクロモンスター]]等との連携が取り辛く、[[効果]]も使い勝手が悪いため、主流の構築では採用し辛い。~
それらを採用したい場合は、[[《ドラグニティの神槍》]]を軸に組む必要がある。~

--[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]~
[[自分]][[フィールド]]上の[[ドラグニティ]]の数だけ自身の[[攻撃力]]を上昇させる[[効果]]を持つ。~
前半の装備[[効果]]が[[適用]]できれば、それだけでも[[攻撃力]]は1900と優秀な[[アタッカー]]となる。~
[[装備カード]]状態の[[ドラグニティ]]も加算されるので、状況によってはかなりの[[攻撃力]]を得ることも。~
[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を装備すれば、実質この[[カード]]一枚で[[レベル]]6の[[ドラグニティナイト>ドラグニティ]]を[[シンクロ召喚]]できる。~
この[[デッキ]]においては中核となる[[カード]]であるため、3枚積みが必須となる。~

--[[《ドラグニティ−セナート》]]~
[[ドラグニティ]]を[[手札コスト]]に[[デッキ]]から[[ドラグニティ]][[モンスター]]を装備できる[[効果]]を持つ。~
[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を装備し、あちらの[[効果]]で[[特殊召喚]]して[[レベル]]6の[[ドラグニティナイト>ドラグニティ]]を[[シンクロ召喚]]するのが基本となる。~
展開の起点となるため、なるべく複数枚採用したい。~
もう一方の[[破壊]][[耐性]][[効果]]は使いどころが難しいが、[[《ドラグニティ−アキュリス》]]を装備し[[自爆特攻]]を行い1枚[[破壊]]するといった動きも可能。~

--[[《ドラグニティ−レギオン》]]~
[[自分]]の[[魔法&罠ゾーン]]に存在する[[ドラグニティ]]を[[コスト]]に[[相手]][[モンスター]]を[[破壊]]する[[効果]]を持つ。~
自身が装備してなくとも[[コスト]]にできるため一度に大量の[[モンスター]]を[[除去]]できる可能性もある。~
特に[[《ドラグニティ−アキュリス》]]を[[コスト]]にした場合は0:2交換という脅威の[[アドバンテージ]]を得られる。~
しかし自身の[[攻撃力]]は低いため、なるべく効率よく[[除去]][[効果]]を使用できる時に[[召喚]]するようにしたい。~
[[レベル]]5の[[シンクロモンスター]]しか出せないが、[[《ドラグニティ−ファランクス》]]との組み合わせも可能。~
ただし、[[レベル]]の面で他との連携が取り辛いため採用を見送られる事も多い。~

-[[ドラゴン族]][[ドラグニティ]]~
[[下級>下級モンスター]][[ドラゴン族]][[ドラグニティ]]は全て[[チューナー]]であり、ほとんどが[[《調和の宝札》]]に対応している。~
[[鳥獣族]][[ドラグニティ]]と異なりこちらは[[墓地]]に存在する事で真価を発揮する事が多い。~
種類は多いものの、【ドラグニティ】で活用できないものやサポートが合い辛いものが多いため、主流の構築では以下の種類を絞って採用した方が無難である。~

--[[《ドラグニティ−ファランクス》]]~
自身が装備されている場合[[フィールド]]上に[[特殊召喚]]できる[[効果]]を持つ。~
自身が[[チューナー]]であるため[[墓地]]にさえ存在していれば[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]や[[《ドラグニティ−レギオン》]]1枚だけで[[シンクロ召喚]]を行える[[モンスター]]に変える事ができる。~
【ドラグニティ】で[[シンクロ召喚]]を狙う場合非常に重要な[[カード]]となるため、フル投入が前提となる。~

--[[《ドラグニティ−クーゼ》]]~
[[《ドラグニティ−ファランクス》]]と同様の、[[装備カード]]状態からの自己[[特殊召喚]][[効果]]を持つ。~
[[レベル]]4として[[シンクロ素材]]にできるため、高[[レベル]]の[[ドラグニティ]][[シンクロモンスター]]の[[シンクロ召喚]]が狙える。~
[[ドラグニティ]]の[[シンクロ素材]]にしか使用できないため、[[カテゴリ]]外の[[シンクロモンスター]]を多用する場合は優先順位が下がる。~

--[[《ドラグニティ−アキュリス》]]~
[[召喚成功>召喚に成功した]]時、[[手札]]から[[ドラグニティ]]を[[特殊召喚]]できる[[効果]]を持つ。~
[[装備カード]]状態で[[墓地へ送られる>墓地へ送る]]と[[除去]][[効果]]が発動するが、裁定変更によりこの[[効果]]を能動的に使う事が難しくなってしまった。~
それでも[[除去]]ギミックが不足しがちなこの[[デッキ]]にとってかなり手軽な[[除去]]手段であり、[[《調和の宝札》]]の[[コスト]]にもできる[[メリット]]は大きい。~
相性のいい[[《ドラグニティ−レギオン》]]とともに採用したい。~

―[[上級>上級モンスター]][[ドラグニティ]]~
-[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]~
[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]と[[《ドラグニティ−ファランクス》]]とのコンボで[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]等の[[ランク]]6[[エクシーズモンスター]]の[[エクシーズ召喚]]が可能になる。~
[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]や[[《ドラグニティ−レギオン》]]が[[《エフェクト・ヴェーラー》]]などの妨害により[[フィールド]]に残った時のカバーができるのも大きい。~
主流の構築では、特殊な事情がない限りはフル投入が前提となる。~

-[[《ドラグニティアームズ−レヴァテイン》]]~
[[《ドラグニティ−ファランクス》]]と組み合わせて[[《トライデント・ドラギオン》]]につなぐことができる。~
[[ランク]]8[[エクシーズモンスター]]を使いたい場合にも有効だが、[[墓地]]からも[[特殊召喚]]が可能で[[《竜の渓谷》]]で簡単に[[墓地へ送る]]事ができるため、1枚あれば十分だろう。~

―[[ドラグニティ]]以外の[[モンスター]]~
 [[ドラグニティ]]と相性の良い[[モンスター]]は多く存在するが、[[《竜の渓谷》]]の[[サーチ]]能力の存在から[[モンスター]]の総数はなるべく抑えたい。~
 過剰な投入は[[魔法・罠カード]]のスペースを圧迫することになるため、多くは[[環境]]を見ながら投入を検討することになる。~
// ただし、[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]・[[《BF−精鋭のゼピュロス》]]に関しては、[[環境]]に関係なく投入が推奨される。~
 ただし、[[《BF−精鋭のゼピュロス》]]・[[《嵐征竜−テンペスト》]]に関しては、[[環境]]に関係なく投入が推奨される。~
//[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]・

-[[レベル]]4以下の[[鳥獣族]][[モンスター]]~
この[[デッキ]]では、[[《ドラグニティナイト−ガジャルグ》]]の[[効果]]で[[サーチ]]または間接的に[[墓地へ送る]]ことが可能である。~

--[[《BF−精鋭のゼピュロス》]]~
[[フィールドのカード]]を[[戻し>戻す]][[墓地]]から[[特殊召喚]]できる[[鳥獣族]][[モンスター]]。~
[[《竜の渓谷》]]を[[戻し>戻す]]もう一度[[発動]]しなおすことで擬似的に[[効果]]を1[[ターン]]に2回使えるようになる。~
[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]から[[リクルート]]された[[モンスター]]は[[攻撃力]]が0なので、この[[カード]]で[[手札]]に[[戻す]]ことで本来の高い[[攻撃力]]も活かすことができる。~
//[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]

--[[《風の精霊 ガルーダ》]]~
[[墓地]]の[[風属性]][[モンスター]]を[[除外]]することで[[特殊召喚]]できる[[レベル]]4[[モンスター]]。~
[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]と同じ[[レベル]]であるため、[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を用いた[[シンクロ召喚]]にそのまま利用できる。~

--[[《ハーピィ・ハーピスト》]]~
[[墓地へ送>墓地へ送る]]られた[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]に[[サーチ]]を行う事ができる[[鳥獣族]][[モンスター]]。~
[[墓地へ送る]]手段を問わないため、[[《ドラグニティナイト−ガジャルグ》]]の[[効果]]や[[《竜の渓谷》]]の[[手札コスト]]等から[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]を[[サーチ]]する事ができる。~

-相性の良い[[ドラゴン族]][[モンスター]]~
//--[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]~
//強力な[[効果]]で[[ドラゴン族]]の大量展開を可能にする。~
//[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]から[[リクルート]]が可能なので、そちらを採用するなら併せて採用したい。~
//[[《嵐征竜−テンペスト》]]を[[除外]]してこの[[カード]]を[[特殊召喚]]し[[サーチ]][[効果]]を[[発動]]させ、[[サーチ]]した[[ドラゴン族]]を[[特殊召喚]]するといった芸当も可能。~

--[[《嵐征竜−テンペスト》]]~
2種類の[[効果]]で[[ドラゴン族]]の[[サーチ]]を行う[[モンスター]]。~
[[手札]]の[[《ドラグニティ−ファランクス》]]等を[[コスト]]にでき、[[上級モンスター]]の[[サーチ]]も可能なため、安定した展開を狙いやすくなる。~
[[墓地]]に使い終わった[[風属性]]や[[ドラゴン族]]が貯まりやすいので[[特殊召喚]]も非常にしやすい。~
この[[カード]]を投入する場合、[[《封印の黄金櫃》]]や[[《風の精霊 ガルーダ》]]等の能動的に[[除外]]できる[[カード]]も投入するといい。~

--[[《Sin スターダスト・ドラゴン》]]~
打点の強化と[[《竜の渓谷》]]の維持が可能。~
これと[[鳥獣族]][[ドラグニティ]]を併用することで、[[《トライデント・ドラギオン》]]の[[シンクロ召喚]]と[[効果]]の[[コスト]]の確保を同時に行えるが、[[《竜の渓谷》]]がないと[[手札]]で[[腐る]]点が問題となる。~

--[[《コアキメイル・ドラゴ》]]~
[[維持コスト]]の確保が容易で[[光属性]]と[[闇属性]]の[[特殊召喚]]が少ないため、[[相手]]のみに[[デメリット]]を負わせることが可能。~
[[サイドデッキ]]に採用しておくといいだろう。~

-[[サイバー・ダーク]]~
[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]と同じく[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を装備する事で、[[レベル]]6の[[モンスター]]を[[シンクロ召喚]]できる。~
ただし、[[機械族]][[モンスター]]なので[[ドラグニティナイト>ドラグニティ]]を出すことができない事には注意。~


***[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]について [#extradeck]
―[[ドラグニティ]][[シンクロモンスター]]~

-[[レベル]]6~
起点となる[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]+[[《ドラグニティ−ファランクス》]]で出せるこの[[デッキ]]の主力。~

--[[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]~
[[装備カード]]を[[墓地へ送る]]事で[[攻撃力]]を倍にする[[効果]]を持つ。~
自身の[[効果]]で[[墓地]]の[[ドラゴン族]][[ドラグニティ]]を装備できるため、使い切りの[[火力]]としての運用も視野に入る。~
[[アタッカー]]として見た場合、[[《ドラグニティ−アキュリス》]]との併用で1枚[[除去]]した上で[[攻撃力]]倍加と抜群の[[シナジー]]を発揮する。~
他方では、[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を装備しそれを[[特殊召喚]]する事で、[[レベル]]8の[[シンクロモンスター]]を[[シンクロ召喚]]することが可能である。~
[[レベル]]6なので[[シンクロ召喚]]も容易であり、[[アタッカー]]と後続への橋渡しを柔軟に使い分けられるため[[汎用性]]が高く、フルで投入するのが望ましい。~

--[[《ドラグニティナイト−ガジャルグ》]]~
[[鳥獣族]]・[[ドラゴン族]]限定ではあるが[[サーチ]]と[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]を同時に行う[[効果]]を持つ。~
//現在は[[《竜の渓谷》]]が[[準制限カード]]であるため、[[サーチ]]・[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]の重要度は高い。~
[[サーチ]]手段の乏しい[[《BF−精鋭のゼピュロス》]]や[[《風の精霊 ガルーダ》]]も[[サーチ]]できるため、是非とも[[エクストラデッキ]]に入れておきたい。~

--[[《ドラグニティナイト−ゲイボルグ》]]~
[[墓地]]の[[鳥獣族]][[モンスター]]を[[除外]]することで自身の[[攻撃力]]を強化する[[効果]]を持つ。~
安定性では[[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]に劣るが、[[相手]][[ターン]]に[[攻撃力]]を上げられる。~
先出しの必要はあるが[[《ヴェルズ・オピオン》]]等に対抗できる数少ない1枚であり、構築次第では[[メタ]]を読んで採用する事も十分考えられる。~

-[[レベル]]7以上~
素材指定の関係から、主流の構築では非常に出し難い。~
採用する場合、[[レベル]]4として[[シンクロ素材]]にできる[[《ドラグニティ−クーゼ》]]の併用が必須となる。~

--[[《ドラグニティナイト−バルーチャ》]]~
[[レベル]]4[[鳥獣族]]と[[《ドラグニティ−クーゼ》]]の組み合わせか、[[《ドラグニティナイト−アスカロン》]]の[[効果]]で出すことになる。~
[[ドラグニティ]]を複数枚装備でき、[[攻撃力]]を補いつつ[[装備カード]]時の[[効果]]を組み合わせられる。~

--[[《ドラグニティナイト−アスカロン》]]~
[[レベル]]6の[[ドラグニティ]]に[[《ドラグニティ−クーゼ》]]を併用して出すのが基本となる。~
[[墓地]]の[[ドラグニティ]]を[[除外]]し[[相手]][[モンスター]]を[[除外]]する[[効果]]と、[[破壊された]]場合に[[ドラグニティ]]を[[シンクロ召喚]]する[[効果]]を持つ。~
[[除外]]に回数制限がなく、[[相手]][[フィールド]]を一掃して[[攻撃]]できる。~
[[破壊された]]場合の[[効果]]も[[《ドラグニティナイト−バルーチャ》]]などを[[特殊召喚]]しその[[効果]]で[[装備カード]]を増やすことでリカバリに用いられる。~

―[[ドラグニティ]]以外の[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]~

-[[シンクロモンスター]]~
前述の通り[[レベル]]6や、[[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]を経由して[[シンクロ召喚]]できる[[レベル]]8を優先したい。~

--[[《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》]]~
[[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]を経由することで容易に[[シンクロ召喚]]できる。~
[[攻撃力]]・[[効果]]共に強力で、[[種族]]と[[属性]]も噛み合うため優先して採用できる。~

--[[《トライデント・ドラギオン》]]~
単体の[[シンクロ召喚]]は得意だが複数体の[[シンクロモンスター]]を並べるのが苦手なので、どうしても[[デッキ]]の速度に限界がある。~
そこで状況がよければ[[1ターンキル]]が狙えるこれを採用しておきたい。~
[[1ターンキル]]せずとも、これがあるかないかで[[相手]]にとってのプレッシャーは大きく変わる。~
ただし大量の[[コスト]]や[[連続攻撃]]を行うための[[破壊]][[対象]]を要求されるため一度防がれると立て直しは困難であり、無闇にこれを出すことよりも堅実に[[アドバンテージ]]を得ることを優先して構築したい。~

-[[エクシーズモンスター]]~
[[レベル]]6の[[シンクロモンスター]]や[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]を用いる事で簡単に[[エクシーズ召喚]]ができる[[ランク]]6が中心となる。~
[[ランク]]8の[[エクシーズ召喚]]も容易な方ではあるが、この[[デッキ]]で[[レベル]]8の[[モンスター]]は展開の最終形であり、それらを素材にしてまで投入する意義は薄い。~

--[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]~
[[レベル]]制限なしで[[ドラゴン族]][[モンスター]]を[[リクルート]]できる。~
[[《迅雷の騎士ガイアドラグーン》]]を重ねれば、[[攻撃]]不可の[[デメリット]]も気にならない。~
[[《BF−精鋭のゼピュロス》]]で[[攻撃力]]0になった[[モンスター]]を[[バウンス]]してもいい。~
//[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]を[[リクルート]]して、大量展開に繋げるのが基本。~
//[[《BF−精鋭のゼピュロス》]]で[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]を[[バウンス]]してその[[特殊召喚]]のために[[除外]]したり

--[[《セイクリッド・トレミスM7》]]~
使用済みの[[ドラグニティ]]を回収することができる。~
//や[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]
[[手札]]からの[[通常召喚]]や[[特殊召喚]]または[[シンクロ召喚]]でないと[[効果]]を[[発動]]できない主力[[モンスター]]が多いこの[[デッキ]]ではかなり強力なサポートになりうる。~
この[[デッキ]]は[[除去]]性能に乏しいため、単純に[[除去]][[カード]]して使うのも有効である。~
状況に応じて[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]と上手く使いわけたい。~

--[[《迅雷の騎士ガイアドラグーン》]]~
全ての[[ランク]]5・6[[エクシーズモンスター]]を[[ドラゴン族]]に変換できる。~
//特に[[《セイクリッド・トレミスM7》]]との[[コンボ]]が強力で、[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]を回収してこの[[カード]]を重ねればそのまま[[特殊召喚]][[コスト]]になる。~


***[[魔法・罠カード]]について [#spell_trap]
―[[ドラグニティ]]の[[サポートカード]]~
-[[《竜の渓谷》]]~
[[ドラゴン族]]限定の[[《おろかな埋葬》]]と[[下級]][[ドラグニティ]]の[[サーチ]]を行う[[フィールド魔法]]。~
状況によって[[サーチ]]と[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]を使い分けられるのが最大の利点であり、小回りがよくきくようになる。~
この[[デッキ]]においては[[キーカード]]であり、これを簡単に[[サーチ]]できる[[《テラ・フォーミング》]]も投入が前提となる。~
さらに[[手札]]に余ったこの[[カード]]や[[《テラ・フォーミング》]]自体を[[コスト]]にできるので[[事故]]を起こしにくい。~

-[[《ドラグニティの神槍》]]~
[[ドラグニティ]]専用の[[装備魔法]]であり、[[デッキ]]から[[ドラグニティ]]を直接[[装備カード]]にできる。~
[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を[[装備カード]]にした後[[特殊召喚]]して[[シンクロ召喚]]に利用可能。~
それ以外にも[[《ドラグニティ−ブランディストック》]]を装備して[[2回攻撃]]可能な[[アタッカー]]にしたり、[[《ドラグニティ−レギオン》]]の[[コスト]]にして連続[[除去]]に繋げたりと用途は広い。~
[[罠カード]]への[[耐性]]は使い所は少ないが、[[《スキルドレイン》]]や[[《デモンズ・チェーン》]]への対策として役立つこともある。~

―それ以外の[[魔法・罠カード]]~
-[[ドラゴン族]]の[[サポートカード]]~
--[[《調和の宝札》]]~
【ドラグニティ】では[[デッキ]]を回すのに欠かせない[[カード]]である。~
下級[[ドラゴン族]][[ドラグニティ]]は全て[[チューナー]]であり、主力の2種類がこの[[カード]]の[[コスト]]になるため非常に使いやすい。~
[[《竜の渓谷》]]があるので[[腐る]]事が少ないため、フル投入もいいだろう。~

--[[《竜の霊廟》]]~
[[ドラゴン族]]専用の[[墓地肥し>墓地を肥やす]][[カード]]。~
[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を[[墓地へ送る]]ために採用したい。~

-妨害への対策~
--[[《禁じられた聖槍》]]~
[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]や[[《ドラグニティ−レギオン》]]を[[《月の書》]]や[[《奈落の落とし穴》]]等の妨害[[カード]]から守るために使える。~
【ドラグニティ】における[[魔法・罠カード]]の[[除去]]を間接的に補うのに一役買ってくれる[[カード]]でもある。~
[[攻撃力]]が800下がってしまうが、[[シンクロ召喚]]に繋げたり[[除去]]を行うのが主な運用なので問題ない。~

--[[《透破抜き》]]~
[[《エフェクト・ヴェーラー》]]や[[《D.D.クロウ》]]等を無効にできるため、安心して[[シンクロ召喚]]を行える。~
[[サイドデッキ]]での投入が主だが、この[[デッキ]]ならメインに投入しても活躍してくれるだろう。~

-[[《地獄の暴走召喚》]]~
[[《ドラグニティ−ファランクス》]]や[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]を絡めての展開に用いる。~
前者なら[[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]と[[《ダイガスタ・フェニクス》]]を並べて[[強化]]した上で2回[[攻撃]]したり、[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]と残り2体で[[《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》]]を[[シンクロ召喚]]できる。~
後者なら[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]から[[ランク]]6の[[エクシーズモンスター]]や[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を絡めての[[レベル]]8の[[シンクロモンスター]]を一気に展開できる。~
爆発力は凄まじいが、[[相手]]にも展開を許す関係でリスクも高いため、使い時はしっかり見極める必要がある。~

-[[《苦紋様の土像》]]~
[[装備カード]]化している[[ドラグニティ]]を[[特殊召喚]]するついでに[[破壊]]が行える。~
[[守備力]]も2500と[[壁]]としても活躍してくれるだろう。~

**戦術 [#strategy]

***基本的な動き [#combo1]
 まずは[[《竜の渓谷》]]の[[サーチ]]・[[墓地肥やし>墓地を肥やす]][[効果]]を利用し、[[キーカード]]を揃える。~
 [[手札]]に[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]または[[《ドラグニティ−レギオン》]]、[[墓地]]に[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を揃えた後は、以下の動きが基本となる。~
>
+[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]または[[《ドラグニティ−レギオン》]]を[[召喚]]し、[[墓地]]から[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を装備。~
+[[《ドラグニティ−ファランクス》]]の装備を解除し、[[レベル]]5・6の[[シンクロ召喚]]。~
<
 [[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]を[[シンクロ召喚]]した場合は[[墓地]]から[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を装備できる。~
 上記の手順と同様、[[《ドラグニティ−ファランクス》]]の装備を解除することで[[レベル]]8の[[シンクロ召喚]]が可能。~


***その他の動き [#combo2]

-[[上記基本コンボ>#combo1]]に絡めた動き~
[[基本コンボ>#combo1]]に加え、[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]が[[手札]]にあれば[[ランク]]6の[[エクシーズ召喚]]が可能。~
>
条件:[[手札]]に[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]、[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]、[[墓地]]に[[《ドラグニティ−ファランクス》]]~
//結果とわざわざ書く必要は無い
+[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]を[[召喚]]し、[[墓地]]から[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を装備。~
+[[《ドラグニティ−ファランクス》]]の装備を解除し、[[特殊召喚]]。~
+[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を[[墓地へ送り>墓地へ送る]]、[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]を[[特殊召喚]]。~
+[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]を[[手札]]から[[特殊召喚]]したことで、[[墓地]]から[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を装備。~
+[[《ドラグニティ−ファランクス》]]の装備を解除し、[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]とともに[[レベル]]6の[[シンクロ召喚]]。~
+[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]と[[レベル]]6[[シンクロモンスター]]で[[ランク]]6の[[エクシーズ召喚]]。~
<


-[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]・[[《BF−精鋭のゼピュロス》]]を絡めた動き~
上記手順で[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]を[[エクシーズ召喚]]でき、[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]を[[リクルート]]することで更なる展開が可能になる。~
>
+上記手順「5」にて[[《ドラグニティナイト−ガジャルグ》]]を[[シンクロ召喚]]。~
+[[《ドラグニティナイト−ガジャルグ》]]の[[効果]]で[[《BF−精鋭のゼピュロス》]]を[[手札に加え>サーチ]]、そのまま[[墓地へ送る]]。~
+[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]と[[《ドラグニティナイト−ガジャルグ》]]で[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]を[[エクシーズ召喚]]。~
+[[《ドラグニティナイト−ガジャルグ》]]を[[コスト]]に[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]の[[効果]]を[[発動]]し、[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]を[[リクルート]]。~
+[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]の[[効果]]で[[《ドラグニティナイト−ガジャルグ》]]を[[蘇生]]。~
+[[《ドラグニティナイト−ガジャルグ》]]の[[効果]]で[[サーチ]]・[[墓地肥し>墓地を肥やす]]を行う。~
+[[《BF−精鋭のゼピュロス》]]で[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]を[[バウンス]]し、[[自己再生]]。~
+[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]を[[除外]]して[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]を[[特殊召喚]]。~
+[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]で[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]を[[蘇生]]。~
+4体で[[直接攻撃]]すれば、総[[攻撃力]]1600+2100+2400+2800=8900の[[1ターンキル]]。~
<
手順「9」で[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を[[蘇生]]させ、[[《BF−精鋭のゼピュロス》]]とで[[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]を[[シンクロ召喚]]しても良い。~
[[シンクロ召喚]]時に装備した[[《ドラグニティ−ファランクス》]]を[[コスト]]に[[攻撃力]]を倍にする[[効果]]を使うことで、総[[攻撃力]]9000の[[1ターンキル]]となる。~
この場合、手順「6」で[[《ドラグニティ−アキュリス》]]を[[墓地へ送って>墓地へ送る]]おけば、それを装備・[[コスト]]にすることで[[相手]][[フィールド]]の[[カード]]1枚を[[破壊]]できる。~
また、[[《ドラグニティ−ファランクス》]]の装備を解除することで[[攻撃力]]2800以上の[[レベル]]8[[シンクロモンスター]]を[[シンクロ召喚]]しても良い。~


-切り返し~
多少追い込まれても、[[《ドラグニティ−レギオン》]]や[[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]と[[《ドラグニティ−アキュリス》]]の[[効果]]を組み合わせることで大抵の状況は突破できる。~
状況次第では[[《トライデント・ドラギオン》]]で一気に勝負をかけても良いだろう。~

//**[[デッキ]]の種類 [#decktype]

//**[[デッキ]]の派生 [#variation]

**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
-[[除外]]~
[[墓地]]を利用する[[デッキ]]の宿命だが、この[[デッキ]]もそれに該当する。~
[[《マクロコスモス》]]等を1枚張られるだけで[[デッキ]]を展開する[[《ドラグニティナイト−ガジャルグ》]]、[[戦闘]]を補助する[[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]等や[[蘇生]][[カード]]が全て[[腐る]]。~

-[[特殊召喚]]封殺~
[[特殊召喚]]を多用する[[デッキ]]なので、[[特殊召喚]]を封じる[[《フォッシル・ダイナ パキケファロ》]]・[[《大天使クリスティア》]]を出されると展開力が低下してしまう。~

-[[モンスター効果]]封殺~
[[《スキルドレイン》]]などで[[モンスター効果]]を封じられるのも痛いところ。~
ほとんどの[[モンスター]]が、一瞬で弱小[[モンスター]]となる。~
特に[[《エフェクト・ヴェーラー》]]や[[《デモンズ・チェーン》]]は採用率が高いので、なんらかの対策は必須といえる。~
また、[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を張られると、[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]・[[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]などが自身の[[効果]]で[[ドラグニティ]]を装備できなくなる。~
// [[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]は、上書きして[[《竜の渓谷》]]を[[破壊]]することもできるため天敵といえる。~
// ただし[[フィールド魔法]]についてはこちらも上書きが可能なので、弱点となるかは[[相手]]の採用枚数による。~

-[[種族]]変更・[[種族]]縛り~
[[《DNA改造手術》]]などで[[フィールド]]上の[[種族]]を変更されると、素材が[[種族]]で制限されているため[[ドラグニティナイト>ドラグニティ]]の[[シンクロ召喚]]ができなくなる。~
特に[[墓地]]における[[種族]]も変更させる[[《アンデットワールド》]]は相性最悪である。~
また、2種類の[[種族]]を使い分ける構成上、[[《群雄割拠》]]で[[種族]]を縛られると[[モンスター]]の展開や[[シンクロ召喚]]が封じられ身動きが取れなくなる。~

**この[[デッキ]]の歴史 [#history]
***第6期(2008年〜2010年) [#history6]
-[[09/03/01>禁止・制限カード/2009年3月1日]]~
[[DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−]]が稼働。~
[[《ドラグニティ−ファランクス》]]をはじめ優秀な[[カード]]も多く登場したが、【ドラグニティ】として構築するには不足が多く特に安定性に問題があった。~

***第7期(2010年〜2012年) [#history7]
-[[10/03/01>禁止・制限カード/2010年3月1日]]~
[[ストラクチャーデッキ−ドラグニティ・ドライブ−]]が発売。~
既存[[カード]]と[[《ドラグニティ−アキュリス》]]の相性の良さが注目され、[[《竜の渓谷》]]が安定性の問題を解決し、【ドラグニティ】の基盤が完成する。~
[[《ドラグニティアームズ−レヴァテイン》]]の活躍の一方で、一部を除く[[ドラグニティ]]の採用率は大幅に下がる事になった。~
その後[[《ドラグニティ−アキュリス》]]の裁定が変更されたが、主力[[カード]]と強い[[シナジー]]を形成していたため採用率の変化はなかった。~
一方[[《ドラグニティアームズ−レヴァテイン》]]等の[[カード]]は大きな影響を受け、採用率は低下の一途をたどることになる。~

***第8期(2012年〜2014年) [#history8]
-[[12/03/01>禁止・制限カード/2012年3月1日]]~
[[《聖刻龍王−アトゥムス》]]が登場。~
[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]や[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]などを絡めた新たな展開手段が模索され、それをメインとした構築が主流となる。~
さらに[[《No.6 先史遺産アトランタル》]]の登場で先攻[[1ターンキル]]を狙う構築も可能になった。~

-[[12/09/01>禁止・制限カード/2012年9月1日]]~
[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]が[[制限カード]]に指定される。~

-[[13/03/01>禁止・制限カード/2013年3月1日]]~
[[レベル]]制限なしに[[ドラゴン族]]を[[サーチ]]できる[[《嵐征竜−テンペスト》]]が登場。~
これにより、安定した展開を行えるようになり[[1ターンキル]]に特化した構築が可能になった。~
一方、これを用いた展開に特化するようになった影響で、展開に関係しない[[《ドラグニティ−レギオン》]]・[[《ドラグニティ−アキュリス》]]は[[メインデッキ]]からの採用率が低下することになる。~

-[[14/02/01>リミットレギュレーション/2014年2月1日]]~
[[《嵐征竜−テンペスト》]]が[[準制限カード]]に、[[サーチ]]要員だった[[《封印の黄金櫃》]]が[[制限カード]]に指定される。~
これにより、安定度が大幅に落ち、更に[[《嵐征竜−テンペスト》]]の[[制限カード]]化によって、[[1ターンキル]]が困難となった。

***第9期(2014年〜2017年) [#history9]
-[[14/07/01>リミットレギュレーション/2014年7月1日]]~
[[ドラグニティ]]にとっては重要な[[フィールド魔法]]だった[[《竜の渓谷》]]が[[制限カード]]に指定される。~
主に[[征竜]]の[[墓地]]肥やしに多用されてたため規制されたのだが、これにより[[ドラグニティ]]も大幅に弱体化し、とんだとばっちりとなってしまった。

-[[15/04/01>リミットレギュレーション/2015年4月1日]]~
[[《嵐征竜−テンペスト》]]が[[禁止カード]]となる。~
[[《竜の渓谷》]]は緩和されないままであり、さらにパワーダウンした。~

-[[15/10/01>リミットレギュレーション/2015年10月1日]]~
[[サポートカード]]である[[《ドラグニティの神槍》]]が登場し、[[墓地が肥えて>墓地を肥やす]]いなくとも展開が狙えるようになる。~

-[[16/01/09>シャイニング・ビクトリーズ]]~
[[《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》]]が登場。~
[[ドラグニティ]]と直接的な関係は無いものの[[属性]]・[[種族]]共に噛み合っている他強力な[[効果]]を持ち、制圧をする構築も行えるようになった。
[[ドラグニティ]]と直接的な関係は無いものの[[属性]]・[[種族]]共に噛み合っている他強力な[[効果]]を持ち、[[制圧]]をする構築も行えるようになった。

***第10期(2017年〜) [#history10]
-[[17/07/01>リミットレギュレーション/2017年7月1日]]~
この[[デッキ]]に限った話ではないが、[[新マスタールール]]の施行により、[[エクストラデッキ]]からの大量展開に[[リンクモンスター]]を挟む必要性が生じ、従来通りの動きはできなくなった。~
また、[[《竜の渓谷》]]が[[準制限カード]]に緩和される一方で、[[《竜の渓谷》]]を[[サーチ]]できる[[《テラ・フォーミング》]]が[[準制限カード]]に指定される。~
[[《竜の渓谷》]]と[[《テラ・フォーミング》]]の合計枚数は4枚のままであり、初動の安定性は変わらないが、[[《竜の渓谷》]]への[[除去]]にはやや強くなった。~

-[[17/10/01>リミットレギュレーション/2017年10月1日]]~
[[《竜の渓谷》]]が[[制限解除]]された。~
一方で[[《テラ・フォーミング》]]は[[制限カード]]に[[制限強化]]となった。~
[[《竜の渓谷》]]と[[《テラ・フォーミング》]]の合計枚数は4枚のままであるが、[[《竜の渓谷》]]のフル投入が可能となったことで[[除去]]への強さが増した。~

-[[18/04/01>リミットレギュレーション/2018年4月1日]]~
[[CYBERNETIC HORIZON]]が発売。~
[[《ドラグニティ−セナート》]]、[[《ドラグニティナイト−アスカロン》]]、[[《ドラグニティ−クーゼ》]]といった新規[[カード]]が登場し、高[[レベル]]の[[ドラグニティ]]の[[シンクロ召喚]]も戦術として組み込めるようになった。~

-[[18/10/01>リミットレギュレーション/2018年10月1日]]~
[[禁止カード]]だった[[《嵐征竜−テンペスト》]]が[[制限復帰]]を果たす。~

-[[19/04/01>リミットレギュレーション/2019年4月1日]]~
[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]が[[禁止カード]]に指定される。~
動きは大きく制限されることとなった。~

**代表的なカード [#keycard]
-[[《ドラグニティ−ファランクス》]]
-[[《ドラグニティ−ドゥクス》]]
-[[《ドラグニティアームズ−ミスティル》]]

-[[《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》]]

-[[《竜の渓谷》]]

**サンプルレシピ [#sample]
-【ドラグニティ】~
10.10.10 第2回札幌チャンピオンシップ 4位~
http://syelu.exblog.jp/14188791/

-【ドラグニティ】~
11.07.16 2011年度日本代表選考会 ベスト16~
http://duel-entrance-deck.seesaa.net/article/215164022.html

**関連リンク [#link]
-[[ドラグニティ]]

-[[【風属性】]]
-[[【鳥獣族】]]
-[[【ドラゴン族】]]

-[[デッキ集]]