*【&ruby(はかもり){墓守};】 [#top]

#contents

**[[デッキ]]の概要 [#abstract]
 「[[墓守]]」[[モンスター]]を主力として扱う[[デッキ]]。~
// [[墓守]]専用[[フィールド魔法]]の[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]の強い干渉力と関連[[カード]]の存在から実質【王家の眠る谷−ネクロバレー】とも言える。~

 第3期に登場した頃から根強い人気を誇っており、[[フィールド魔法]]を主軸とした[[デッキ]]でも[[【伝説の都 アトランティス】]]に次いで歴史がある。~
 [[ABSOLUTE POWERFORCE]]では、万能[[除去]][[カード]]である[[《墓守の末裔》]]や[[サルベージ]][[カード]]の[[《墓守の石版》]]が登場し、一層強化された。~
 [[LEGACY OF THE VALIANT]]でも再度強化され、[[ネクロバレー]]の登場によって[[ロック]]がさらに強固になった。~
 [[SOUL FUSION]]では、[[《ネクロバレーの玉座》]]の登場によって、安定性が大きく向上した。~

 《墓守の司令官/Gravekeeper's Commandant》
 効果モンスター
 星4/地属性/魔法使い族/攻1600/守1500
 このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。
 デッキから「王家の眠る谷−ネクロバレー」1枚を手札に加える。

// 《墓守の偵察者/Gravekeeper's Spy》
// 効果モンスター
// 星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2000
// リバース:自分のデッキから攻撃力1500以下の「墓守の」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

 《ネクロバレーの玉座》
 通常魔法
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
 ●デッキから「墓守」モンスター1体を手札に加える。
 ●手札から「墓守」モンスター1体を召喚する。

 《王家の眠る谷−ネクロバレー/Necrovalley》
 フィールド魔法
 フィールド上の「墓守の」と名のついたモンスターの
 攻撃力・守備力は500ポイントアップする。
 また、墓地のカードに効果が及ぶ
 魔法・罠・効果モンスターの効果は無効化され、
 お互いに墓地のカードをゲームから除外できない。

 《王家の生け贄/Royal Tribute》
 通常魔法
 「王家の眠る谷−ネクロバレー」が自分フィールド上に
 存在している時に発動する事ができる。
 お互いの手札にあるモンスターカードを全て墓地に捨てる。

**[[デッキ]]構築に際して [#introduction]
 この[[デッキ]]において最も重要な[[キーカード]]は[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]である。~
 [[墓地]]からの[[蘇生]]や[[墓地]][[除外]]から展開を狙う[[デッキ]]は多く、「[[墓地]]封じ」という[[効果]]は相当の拘束力を持つ。~
 更に、[[墓守]]を[[全体強化]]するこの[[カード]]は、[[デッキ]]構築に際しても大きな影響力を持つ。~
 特に、[[墓守]]単体の[[攻撃力]]は低く設定されているため、この[[カード]]をいち早く[[手札]]に[[加えて>加える]][[発動]]し、維持させることが重要である。~

***[[モンスターカード]]について [#monster]
―[[墓守]][[モンスター]]~
-[[下級モンスター]]~
--[[《墓守の司令官》]]~
[[デッキ]]の中核を担う[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を[[サーチ]]できる。~
[[アタッカー]]としても申し分ないが、他の[[墓守]]と[[属性]]が異なり、[[サポートカード]]が共有しづらい。~
しかし、[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]に依存するこの[[デッキ]]では3[[積み>積む]]が望ましい。~

--[[《墓守の偵察者》]]~
[[攻撃力]]1500以下の[[墓守]]を[[リクルート]]できる[[リバースモンスター]]。~
[[守備力]]が高いので、[[リリース]]要員・各種素材としても活躍してくれる。~
ただし、[[自分]]の[[ターン]]には[[裏側守備表示]]のため[[ネクロバレー]]とは相性が悪く、[[リバース]]できずに[[除去]]されてしまうとその後の展開が厳しくなってくる。~

--[[《墓守の番兵》]]~
[[相手]][[モンスター]]を[[バウンス]]できる[[リバースモンスター]]。~
[[守備力]]も高く[[上級モンスター]]や[[エクストラデッキ]]から[[特殊召喚]]された[[モンスター]]対策にもなるが、[[《墓守の偵察者》]]同様[[除去]]に弱いので過信は禁物。~

--[[《墓守の暗殺者》]]~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]][[適用]]下では、[[攻撃]]時に[[相手]][[モンスター]]の[[表示形式]]を変更できる。~
高[[攻撃力]]低[[守備力]]の[[モンスター]]を軒並み[[戦闘破壊]]することが可能となる。~
[[《オネスト》]]や[[《収縮》]]にも強く、[[《魔のデッキ破壊ウイルス》]]の媒体にもなる。~
ただし、[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]がなければ、[[バニラ]]同然となるため採用する場合は枚数を考えたい。~
また、[[リンクモンスター]]には無力である点も注意が必要。~

--[[《墓守の末裔》]]~
[[墓守]]を[[リリースする]]ことで、[[相手]][[フィールドのカード]]を[[破壊]]する[[効果]]を持つ。~
[[汎用性]]が高く、苦手とする高[[攻撃力]]の[[上級モンスター]]や厄介な[[メタカード]]対策になる。~
ただし、[[リリースする]][[モンスター]]も[[表側表示]]でなければならないため、[[罠カード]]を踏む危険性は高い。~

--[[《墓守の召喚師》]]~
かなり緩い条件で[[守備力]]1500以下の[[墓守]]を[[サーチ]]する。~
主に[[《墓守の司令官》]]が[[サーチ]]対象となるだろう。~
[[《王家の生け贄》]]の[[効果の発動]]が容易になる。~
[[相手]]もなかなか[[墓地]]へは送ってくれないので、[[《墓守の末裔》]]をはじめとした積極的に活用する手段も用意しておきたい。~

--[[《墓守の使徒》]]~
[[墓守]]を[[裏側守備表示]]で[[リクルート]]する。~
リターンが大きい分[[発動条件]]が若干厳しく、一筋縄では[[発動]]させてもらえない。~
[[ステータス]]も低いため、序盤以外では大きな活躍を期待できないのもネック。~
それらを割りきって実質的な[[戦闘破壊]][[耐性]]を持っていると考え、[[《墓守の偵察者》]]や[[《降霊の儀式》]]などで[[特殊召喚]]して[[相手]]の[[攻撃]]を中断させたり、[[上級>上級モンスター]]・[[最上級>最上級モンスター]][[墓守]]のための[[リリース]]としたり、[[ネクロバレー]]を維持させたり、という役割を見出すこともできる。~

--[[《墓守の伏兵》]]~
[[リバース]]時に[[相手]]の[[墓地]]の[[カード]]1枚を[[デッキの一番下]]に[[戻す]][[効果]]、さらに[[墓地へ送られた]]時に[[ネクロバレー]]を[[サルベージ]]する[[効果]]を持つ。~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]がある場合には[[《墓守の暗殺者》]]の方が[[戦闘]]には強くなる。~

--[[《墓守の神職》]]~
[[対象]]こそ狭いが非常に緩い条件で[[墓守]]を[[蘇生]]でき、各種素材や[[コスト]]など幅広い役割を見込める。~
[[ネクロバレー]][[カード]]の[[発動条件]]の緩和にも使える。~

--[[《墓守の霊術師》]]~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]][[適用]]下で、[[融合召喚]]を行える。~
[[召喚]]先は[[《墓守の異能者》]]一択だが[[カード]]の消費を少なくできることが強み。~
[[《墓守の石版》]]や[[《降霊の儀式》]]からでも[[効果の発動]]を狙うことができる。~
ただし[[《墓守の暗殺者》]]同様、[[バニラ]]となる危険性も含んでいるため採用は考えたい。~

-[[上級モンスター]]~
[[《墓守の末裔》]]の登場により、ある程度打点不足は解消されている。~
そのため、[[手札事故]]の要因となりうる[[上級モンスター]]の採用には注意が必要である。~
一緒に[[ネクロバレー]]を採用すれば、切り崩すことのできない強固な[[ロック]]を組む事ができる。~

--[[《墓守の長》]]~
[[アドバンス召喚]]時に、[[墓地]]の[[墓守]]を[[蘇生]]できる。~
状況によって切り札である[[《墓守の大神官》]]や[[《墓守の末裔》]]等を[[蘇生]]させたりと柔軟な対応が可能になる。~
[[《墓守の大神官》]]とは違い[[ボード・アドバンテージ]]を得られるので、用途によって使い分けるといいだろう。~
ただし[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]の[[適用]]下で[[アドバンス召喚]]した時に[[《奈落の落とし穴》]]や[[《強制脱出装置》]]などで[[フィールド]]から離されてしまった場合には[[効果]]が[[無効]]化されてしまうため注意。

--[[《墓守の大神官》]]~
[[墓守]]の中で最も高い[[攻撃力]]を誇る[[最上級モンスター]]で、[[リリース]]軽減[[効果]]により実質的には[[上級モンスター]]として運用できる。~
自身の[[攻撃力]]増加の[[効果]]に合わせ[[破壊]][[耐性]]も持っているため、非常に場持ちが良い。~
更に[[召喚条件]]が無いため、[[《墓守の長》]]や[[《降霊の儀式》]]、[[《マジシャンズ・サークル》]]等からの[[特殊召喚]]も可能である。~
[[特殊召喚]]で[[フィールド]]に出しても[[アタッカー]]になれるのは他の[[墓守]][[上級モンスター]]にない利点だろう。~
ただし、[[墓守]]の主要[[サーチャー]]である[[《墓守の召喚師》]]にも[[《墓守の偵察者》]]にも対応しない欠点があるので、そこは留意しておきたい。~

--[[《墓守の審神者》]]~
[[《墓守の大神官》]]同様の[[リリース]]軽減[[効果]]を持つ[[最上級モンスター]]。~
[[攻撃力]]と[[耐性]]においては[[《墓守の大神官》]]に譲るが、[[《墓守の召喚師》]]から[[サーチ]]可能であり、状況に応じて3つの[[効果]]を使い分ける事が可能。~
特に3つ目の[[効果]]は、高[[打点>攻撃力]]の[[モンスター]]を苦手とするこの[[デッキ]]において有用。~
2つ目の[[効果]]も、[[《墓守の末裔》]]などがない場合に活用できる。~
ただし、1つ目の[[効果]]を有効に活用できる場面はあまり無いので、そもそも[[アドバンス召喚]]を控えたほうが賢明。~
3体を[[リリース]]することで全ての[[効果]]を[[発動]]できるが、3つ全て[[発動]]したい場面は限られており、そのための[[リリース]]確保も難しいため、実質[[リリース]]は1体のみの運用となるだろう。~

--[[《墓守の祈祷師》]]~
[[《墓守の偵察者》]]の[[効果]]によって[[リクルート]]できる唯一の[[墓守]]の[[上級モンスター]]。~
[[墓地]]の[[墓守]]に応じて[[守備力]]をアップさせる[[効果]]を持ち、[[相手]]の[[フィールド魔法]]の[[破壊]]と[[発動]]に制限をかける[[効果]]も持つ。~
[[ネクロバレー]]とは非常に相性がよく、揃った時には絶大な拘束力を発揮するものの、[[アドバンス召喚]]では低い[[攻撃力]]を晒し、[[《墓守の偵察者》]]による[[リクルート]]では事前に[[《ネクロバレーの祭殿》]]を[[発動]]しておくのが難しくなってしまう。~

―その他の[[モンスター]]~
-[[下級モンスター]]~
--[[《月読命》]]~
[[《墓守の偵察者》]]などの[[誘発効果]]を再利用できる。~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]が無くても単独で[[《ライオウ》]]を突破できる。~
[[墓守]]とは[[種族]]・[[属性]]が一致するので[[《一族の結束》]]、[[《群雄割拠》]]、[[《御前試合》]]を阻害しないのもポイント。~

--[[《ライオウ》]]~
こちらもまた1900[[アタッカー]]で、[[墓守]]に欠ける打点を補ってくれる。~
また、[[サーチ]]・[[特殊召喚]][[メタ]]は[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]の隙を塞いでくれるのでぜひ採用したい。~
細かいところでは[[《聖なるあかり》]]への対策も兼ねる。~
ただし、[[《墓守の司令官》]]・[[《墓守の召喚師》]]の[[効果]]も阻害するので注意。~

--[[《召喚僧サモンプリースト》]]~
レベル4の[[下級>下級モンスター]][[墓守]]や[[チューナー]]を[[特殊召喚]]できる。~
[[手札]]で無駄になっている[[《王家の生け贄》]]等の[[サポートカード]]を無駄なく処理できるのも強み。~
[[効果]]使用後は[[エクシーズ素材]]に使えるので[[汎用性]]は高い。~

--[[《ヴァイロン・キューブ》]]~
[[下級]][[墓守]]とこの[[カード]]で[[《アーカナイト・マジシャン》]]や[[《エクスプローシブ・マジシャン》]]などを[[シンクロ召喚]]する事で、[[《ワンダー・ワンド》]]を[[サーチ]]できる。~
特に[[《アーカナイト・マジシャン》]]を[[シンクロ召喚]]すれば2枚[[破壊]]と[[《ワンダー・ワンド》]]の[[ドロー]]により、2枚の[[アドバンテージ]]を稼ぐ事ができる。~
[[リバース]]後の[[《墓守の偵察者》]]や[[《墓守の召喚師》]]を能動的に活用できる有効な手段だが、それは[[アドバンス召喚]]や[[《墓守の末裔》]]でも同様のことができる。~

--[[《稲荷火》]]・[[《デーモン・イーター》]]・[[《ジゴバイト》]]~
[[魔法使い族]]がいる時に[[手札]]から[[特殊召喚]]できる[[レベル]]4[[モンスター]]。~
手軽に[[ランク]]4の[[エクシーズ召喚]]に繋ぐことができ、[[《墓守の偵察者》]]と併用すれば素材が3体の[[エクシーズモンスター]]も出しやすい。~
ただし前者2体の[[自己再生]][[効果]]は[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]によって[[無効]]となる点は注意したい。

--[[《俊足なカバ バリキテリウム》]]~
条件を必要とせず手軽に[[特殊召喚]]できる[[レベル]]4[[モンスター]]。~
[[モンスター]]の[[蘇生]]を許してしまう点は[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]によって阻害させる事ができる。~

--[[《魔装戦士 ドラゴディウス》]]~
[[相手]]によって[[破壊]]されないといけないが、[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]に全ての[[墓守]]を対象に[[サーチ]]ができる。~
しかも[[ペンデュラムモンスター]]なので、[[《墓守の祈祷師》]]等の[[効果]]の圏外での[[発動]]となり、[[除外]]された場合でも[[破壊]]されていれば[[効果]]が[[発動]]する。~
また[[ペンデュラムゾーン]]に配置すれば、[[手札]]の不要な[[カード]]を[[ダメージステップ]]開始時に[[捨てる]]事により[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]と[[守備力]]を半減できるのも魅力的。~

--[[《沈黙の魔術師−サイレント・マジシャン》]]~
[[魔法使い族]][[モンスター]]を1体[[リリース]]することで[[手札]]から[[特殊召喚]]できる。~
[[元々の攻撃力]][[守備力]]は1000だが[[攻撃力]]は[[手札]]1枚につき500上がり、[[戦闘]]もしくは[[相手]]によって[[破壊]]された場合、[[デッキ]]または[[手札]]から[[《サイレント・マジシャン LV8》]]を[[特殊召喚]]することもできるので、打点不足を解消できる。~
さらに、[[1ターンに1度]][[魔法カード]]を[[無効]]にできるので、[[《コズミック・サイクロン》]]等から[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]の[[除去]]から守ることもできる。~
[[《墓守の召喚師》]]を[[リリース]]すれば、実質[[手札]]を減らさずに[[特殊召喚]]できる。~

--[[《紫毒の魔術師》]]・[[《黒牙の魔術師》]]~
[[闇属性]]・[[魔法使い族]]をサポートする[[効果]]を持つので[[墓守]]とも[[シナジー]]がある。~
それぞれの[[ペンデュラム効果]]によりこの[[デッキ]]に不足しがちな打点不足を補い、[[モンスター効果]]で[[除去]]と展開も可能。~
両者が[[ペンデュラムゾーン]]に揃えば[[レベル]]2〜7の[[ペンデュラム召喚]]も可能。~

--[[《百万喰らいのグラットン》]]~
[[エクストラデッキ]]からの展開に依存しない[[デッキ]]なので容易に採用できる。~
[[効果]]により再利用の難しい[[除去]]を狙うことができ、厄介な[[破壊]][[耐性]]・[[対象]][[耐性]]持ちのモンスターに対応できる。~

-[[上級モンスター]]~
--[[《Sin スターダスト・ドラゴン》]]~
[[《スターダスト・ドラゴン》]]同様、[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を守りつつ、[[アタッカー]]として使用できる。~
[[チューナー]]が不要なため使い勝手は[[《スターダスト・ドラゴン》]]より良いが、[[破壊]][[耐性]]もないのですぐ[[除去]]されてしまう事もある。~

--[[《ブリザード・プリンセス》]]~
[[召喚に成功した]][[ターン]]中だけ、[[相手]]にのみ[[《大寒波》]]に似た[[効果]]を適用させる。~
[[リリース]]軽減[[効果]]もあり、[[《墓守の偵察者》]]や[[《降霊の儀式》]]の存在から、[[リリース]]要員に困る場面は少ない。~
[[効果]]は使えないが、[[《ディメンション・マジック》]]で[[特殊召喚]]できるのも大きい。~
[[元々の攻撃力>元々の攻撃力(守備力)]]も高いので、[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]が来ない時でも戦線維持にも役立つだろう。~

--[[Sin]]~
[[《Sin スターダスト・ドラゴン》]]は特に相性がいいが、その他の[[Sin]]も採用に値する。~
特に[[サイドデッキ]]に[[《Sin スターダスト・ドラゴン》]]・[[《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》]]と[[《スキルドレイン》]]・[[ウイルス]]を忍ばせ、[[マッチ]]2戦目から構築を大幅に変え[[相手]]を錯乱させる戦法は有名である。~

***[[エクストラデッキ]]について [#extradeck]
[[墓守]]は[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]に依存するため、[[フィールド魔法]]を守れる[[カード]]、もしくは、[[フィールド魔法]]が[[発動条件]]等になっている[[カード]]が望ましい。~
一方で必須と言える[[モンスター]]も存在しないため[[エクストラデッキ]][[メタカード]]を採用するのも一つの手。~

-[[融合モンスター]]~
--[[《墓守の異能者》]]~
[[墓守]]2体を必要とする[[融合素材]]とする[[融合モンスター]]。~
[[《墓守の霊術師》]]から[[融合召喚]]するのが基本となる。~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を守りつつ、[[墓守]]の[[攻撃力]]不足も解消してくれる。~
自身にも[[耐性]]が付与されるため[[ネクロバレー]]の維持にも役に立つ。~
タイミングは遅いが[[サーチ]][[効果]]を持っており、[[《ネクロバレーの玉座》]]をはじめとしたキー[[カード]]を揃えることで後続の準備へ繋げられる。~

--[[《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》]]~
[[《融合》]]を使用する場合にはこの[[カード]]の採用を検討できる。~
[[自己強化]]による打点確保や[[全体除去]]など[[墓守]]に足りない性能を補うことができる。~
必ず[[フィールド]]から[[融合素材]]を揃える必要があるため[[《墓守の偵察者》]]や[[《墓守の神職》]]を使って素早く並べたい。~

-[[シンクロモンスター]]~
--[[《妖精竜 エンシェント》]]~
[[フィールド魔法]]の[[発動]]時に[[ドロー]]と[[フィールド魔法]]がある時[[攻撃表示]][[モンスター]]を[[破壊]]する[[効果]]があるので、[[攻撃力]]や[[除去]]が低い[[墓守]]を補うことができる。~

--[[《アーカナイト・マジシャン》]]~
[[墓守]][[モンスター]]は全て[[魔法使い族]]のため[[チューナー]]を採用する型の[[デッキ]]にはオススメ。~
上記の[[《妖精竜 エンシェント》]]と同[[レベル]]のため、状況に応じて使い分けることも。~

-[[エクシーズモンスター]]~
--[[《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》]]~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を守りつつ、[[ウイルス]][[カード]]の[[リリース]]もこなせる。~
[[《墓守の偵察者》]]から簡単に[[エクシーズ召喚]]することができ、相性はまさに抜群といえる。~
[[ウイルス]][[カード]]と併用する場合は複数枚用意しておきたい。~
[[《ネクロバレーの祭殿》]]の[[自壊]]も守ることができるが、[[エクシーズ召喚]]のタイミングには注意。~

-[[リンクモンスター]]~
--[[《見習い魔嬢》]]~
[[墓守]][[モンスター]]は多くが[[闇属性]]のため容易に[[リンク召喚]]できる。~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]の[[強化]]を合わせると[[下級モンスター]]だけでも十分な[[攻撃力]]を得ることが可能。~

***[[魔法・罠カード]]について [#spell_trap]
―[[墓守]]の[[サポートカード]]~
-[[ネクロバレー]]
--[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]~
この[[デッキ]]の軸であり、[[キーカード]]となる[[フィールド魔法]]。~
序盤から[[発動]]できるよう複数枚採用し、[[《墓守の司令官》]]の[[サーチ]][[効果]]も積極的に使いたい。~

--[[《ネクロバレーの玉座》]]~
[[墓守]][[モンスター]]全般の[[サーチ]][[カード]]。~
[[《墓守の司令官》]]を経由すれば[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]の[[サーチ]]も可能。~
デッキの安定性を大きく高めるため、特に理由がない限りはフル投入が望ましい。~
後半の[[召喚]][[効果]]も展開力が足りない[[墓守]]では活用できる。~

--[[《ネクロバレーの祭殿》]]~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]と[[墓守]]が存在していなければ[[自壊]]してしまうが、[[墓守]]以外のあらゆる[[特殊召喚]]を封じる[[永続魔法]]。~
維持の条件が厳しいため、完全な[[ロック]]は無理には狙わず、[[相手]]の展開を遅らせるつもりで採用したい。~

--[[《ネクロバレーの王墓》]]~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]と[[墓守]]が存在していなければ[[発動]]できないが、あらゆる[[効果]]を[[無効]]化する[[カウンター罠]]。~
性質上、守る対象は主に[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]となる。~
序盤では[[下級]][[墓守]]はもっぱら[[セット]]されることが多く、扱いは意外と難しい。~

--[[《ネクロバレーの神殿》]]~
[[全体弱体化]]・[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]の[[発動]]・[[ネクロバレー]]の[[サーチ]]を行う[[永続罠]]。~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を[[墓地]]から[[発動]]でき、[[除去]]された際の保険となる。~
[[発動条件]]はあるが[[墓守]]の打点を補うことができ、自身の[[効果]]で[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を用意できるためそこまで難しくはない。~
[[除去]]された際には[[ネクロバレー]]を[[セット]]でき、後続に備えることができる。~
3つの[[効果]]がかみ合っており、特に(2)の[[効果]]のために採用しておきたい。~

-[[《墓守の石版》]]~
[[《降霊の儀式》]]で[[特殊召喚]]する意義の薄い、[[《墓守の偵察者》]]・[[《墓守の番兵》]]を[[サルベージ]]するのに最適。~
[[ハンド・アドバンテージ]]を容易に稼げ、[[《王家の生け贄》]]使用後のリカバリーもできる。~
[[《墓守の司令官》]]を[[サルベージ]]することで間接的に[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を[[サーチ]]することも可能。~
[[《墓守の大神官》]]は[[攻撃力]]は下がるが身代わり[[効果]]が使いやすくなる。~
ただし、[[墓守]]に自身を[[手札]]から[[特殊召喚]]する[[効果]]を持つ[[モンスター]]は存在せず、絶対的に[[召喚権]]が足りないため、[[手札]]で持て余してしまうこともある。~

-[[《王家の生け贄》]]~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]がないと[[発動]]できないが、[[手札]]の[[モンスター]]を全て[[墓地へ送る]][[効果]]を持つ。~
[[手札誘発]]の[[モンスター]]に対する強力な[[メタ]]となり、特に[[《幽鬼うさぎ》]]・[[《灰流うらら》]]にも掛からずそれらを封じ込められる。~
[[墓地]]に落ちた[[モンスター]]は[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]によって利用を制限されることが多いため、[[デメリット]]になることも少ない。~
[[破壊]]を伴わないので対[[ペンデュラムモンスター]]軸にも強く、この[[カード]]が戦術の軸なら[[相手]]の[[手札]]に[[バウンス]]する[[カード]]と組み合わせると面白い。~

-[[《降霊の儀式》]]~
[[墓守]]を[[完全蘇生]]できる。~
[[《サイクロン》]]等に阻害されることもなく[[デメリット]]もないため、[[汎用性]]は非常に高い。~
[[《墓守の大神官》]]や[[《墓守の祈祷師》]]なども問題なく[[蘇生]]でき、それらの[[アドバンス召喚]]の補助にもなる。~
[[召喚権]]が足りない【墓守】では貴重な複数の[[墓守]]の展開手段であるが、[[《墓守の石版》]]とは若干役割が被りがち。~
[[《墓守の司令官》]]や[[《墓守の偵察者》]]は1度[[サルベージ]]しないと[[効果]]を[[発動]]できないため、それらには[[《墓守の石版》]]の方が相性が良い。~

―[[闇属性]]または[[魔法使い族]]の[[サポートカード]]~
 [[墓守]]は[[魔法使い族]]で統一されており、[[《墓守の司令官》]]以外は[[闇属性]]のため、これらの[[サポートカード]]を利用できる。~

-[[《ディメンション・マジック》]]~
[[フリーチェーン]]での[[モンスター除去]]と[[モンスター]]の[[特殊召喚]][[効果]]が可能。~
ただし、単純に使用すると[[ディスアドバンテージ]]となるので[[発動]]タイミングには注意。

-[[《ワンダー・ワンド》]]・[[《ルドラの魔導書》]]~
[[フィールド]]の[[魔法使い族]]を[[コスト]]に[[ドロー]]を行う[[カード]]。~
前者は[[墓守]]に足りない[[強化]]を持っており、後者は[[魔導書]][[サポートカード]]を共有できる。~
処理に困った[[《墓守の召喚師》]]を[[墓地へ送る]]事ができれば[[アドバンテージ]]を稼ぐことができる。~

-[[《ヒュグロの魔導書》]]~
[[魔法使い族]]の[[攻撃力]]を1000上昇させ、[[相手]][[モンスター]]を[[戦闘破壊]]すると[[魔導書]]を[[サーチ]]できる。~
【墓守】においては[[相手]]の高[[攻撃力]][[モンスター]]を突破できず[[デュエル]]が硬直してしまうこともしばしば起こるため、[[アドバンテージ]]を減らさずに[[攻撃力]]をアップできるこの[[カード]]は有用。~
[[同名カード]]も[[サーチ]]できるため、使い減りすることなく最大3回[[攻撃力]]1000上昇の恩恵を受けられる。~

-[[《トーラの魔導書》]]~
[[自分]][[フィールド]]の[[魔法使い族]]に[[魔法>魔法カード]]または[[罠>罠カード]]に対する[[耐性]]を付与する。~
展開力の乏しい【墓守】においては、1度の[[《奈落の落とし穴》]]・[[《激流葬》]]などで相当な痛手を負うことが多く、この[[カード]]はそれを防ぐ有効な手段となる。~

-[[《マジシャンズ・サークル》]]~
[[墓守]]はいずれも[[攻撃力]]2000以下なので[[特殊召喚]]が可能。~
[[相手]]にも[[特殊召喚]]させる点は気になるが、[[強制効果]]なので[[デッキ]]に眠る[[《エフェクト・ヴェーラー》]]の[[効果]]を[[不発]]にできる。~
[[《墓守の大神官》]]を採用する場合は[[デッキ]]から直接[[特殊召喚]]できるため採用を検討してもいいだろう。~

-[[《闇の誘惑》]]~
大半が[[闇属性]]で構成されているため、この[[カード]]も採用圏内となる。~
ただし、[[モンスター]]を[[除外]]する必要があるため[[《降霊の儀式》]]や[[《墓守の石版》]]との相性は良くない。~
少数の[[モンスター]]をそれらで使いまわすこの[[デッキ]]において、その絶対数を減らしてしまうのは考えものである。~

-[[《魔のデッキ破壊ウイルス》]]~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]][[適用]]下では、[[墓守]]の[[攻撃力]]が2000を超えることが多い。~
[[攻撃力]]の低い[[手札誘発]]が多く投入される現環境では活躍の場面は少なくない。~
どちらかというと[[サイドデッキ]]向けの[[カード]]だろう。~

-[[《影のデッキ破壊ウイルス》]]~
[[墓守]]は元々[[守備力]]が高く[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]][[適用]]下では[[守備力]]が2000を超えることは容易である。~
こちらも普段は[[サイドデッキ]]に忍ばせ、[[環境]]によって[[メインデッキ]]への採用を検討するといいだろう。~

-[[《憑依解放》]]~
[[墓守]]は[[守備力]]1500の[[魔法使い族]][[モンスター]]が多く、[[召喚権]]が少ない[[墓守]]の弱点を補う事ができる。~
但し、大半が[[闇属性]]のため他の[[属性]]を持つ[[モンスター]]も併用することをおすすめする。~
採用するものとしては[[《お注射天使リリー》]]や[[《玄武の召喚士》]]等が単純に[[汎用性]]があるが、[[戦闘]][[耐性]]を得られる上に[[デッキ]]が合えば[[コントロール奪取]]も狙える[[霊使い]]や[[攻撃]]時に[[攻撃力]]2650となり一部の[[メタ]]を突破できる[[憑依装着]]の採用も悪くない。~

//-[[《闇のデッキ破壊ウイルス》]]~
//[[《Sin スターダスト・ドラゴン》]]や[[《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》]]の登場で【墓守】でも[[リリース]]要員を用意しやすくなった。~
//[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を狙う[[《サイクロン》]]などを根こそぎ[[破壊]]できるため、[[メインデッキ]]からの採用も一考に値するカードだろう。~
//サイクロンだとチェーンされるから理由としては弱い
//そのうえ、環境によって左右されやすすぎるからco

―その他の[[魔法・罠カード]]
-[[《フィールドバリア》]]~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を[[破壊]]から守る。~
[[《鳥銃士カステル》]]などの[[バウンス]]には無力であり、返って再[[発動]]を阻害しかねない点には要注意。~

//-[[《一族の結束》]]~
//[[墓守]]は[[魔法使い族]]で統一されているため、この[[カード]]も難なく採用できる。~
//ただし、この[[デッキ]]のサポートとして採用度の高い[[モンスター]]には[[魔法使い族]]以外も多く、この[[カード]]が採用されることは少ないか。~
//それでも、[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]と合わせて[[攻撃力]]1300アップは魅力的、採用するならその高くなった[[攻撃力]]で一気に勝負を決めたい。~
//一応、他の[[種族]]の[[モンスター]]を出せなくなるわけではないので、状況によって「[[《Sin スターダスト・ドラゴン》]]で[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を守る」等の臨機応変な対応もできる。

-[[《帝王の烈旋》]]~
[[相手]][[モンスター]]を[[リリース]]して[[アドバンス召喚]]可能になる[[速攻魔法]]。~
[[除去]]手段として見た場合、この[[デッキ]]が苦手とする高[[打点>攻撃力]]の[[モンスター]]や[[破壊]][[耐性]]を持つ[[モンスター]]に対して非常に有効。~
[[発動]][[ターン]]の[[デメリット]]も、[[エクストラデッキ]]を活用せずとも戦えるこの[[デッキ]]にとっては無いに等しい。~
[[《墓守の長》]]、[[《墓守の祈祷師》]]はいずれも[[《墓守の召喚師》]]から[[サーチ]]でき、この[[デッキ]]でも活用しやすい。~
反面、[[《墓守の大神官》]]、[[《墓守の審神者》]]との相性は良くはないため、それを意識した構築が求められる。~

-[[《群雄割拠》]]~
[[相手]]の[[モンスター]]展開力が大幅に落ちるため、[[《墓守の末裔》]]の[[効果]]を[[魔法・罠カード]]に使用すれば[[相手]]の[[フィールド]]をガラ空きにしやすい。~
[[手札誘発]]であれば他の[[種族]]の[[モンスター]]も採用できるため、ある程度の共存はきく。~
[[エクストラデッキ]]に依存する[[デッキ]]ではないため、こちらに他の[[種族]]が混ざっていても気にはならない。~

//-[[《王宮の弾圧》]]~
//[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]による[[墓地]]封じに加え、[[相手]]の[[特殊召喚]]を阻害して相手の動きを徹底的に封じ込めることができる。~
//[[《裁きの龍》]]や[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]等も出せなくなるので戦況をひっくり返されず、安定した戦いが見込める。~
//[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]では対応しきれない、[[手札]]からの[[特殊召喚]]や[[自己再生]]に[[耐性]]を持っていることも特徴である。~
//逆にこちらの[[《マジシャンズ・サークル》]]・[[《ディメンション・マジック》]]・[[《降霊の儀式》]]・[[《墓守の長》]]・[[《Sin スターダスト・ドラゴン》]]なども阻害するので投入する場合は[[デッキ]]構築に注意しよう。~

-[[《スターライト・ロード》]]~
[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を特に[[《ハーピィの羽根帚》]]などの[[全体除去]]から守る。~
また、[[《ブラック・ホール》]]や[[《激流葬》]]などで立て直しが効かないことも多々あり、[[《スターダスト・ドラゴン》]]まで[[特殊召喚]]できるのでこの[[デッキ]]では積極的に採用したい。~
[[《ネクロバレーの王墓》]]とは若干役割が似てしまうが、十分に差別化できるレベルである。~

-[[《強欲で謙虚な壺》]]~
質の高い[[手札交換]]を可能にする。~
特定の[[カード]]に依存しがちなこの[[デッキ]]では、[[キーカード]]をいち早く揃えるために重宝する。~
[[特殊召喚]]できない[[デメリット]]も、[[下級モンスター]]主体ならばあまり気にならないだろう。~

-[[《皆既日蝕の書》]]~
[[《墓守の偵察者》]]を始めとした[[リバース]]の補助と防御を兼ねる。~
現[[環境]]では[[エクストラデッキ]]と[[モンスター効果]]への依存が強いため、それらをまとめて封じるこの[[カード]]は頼りになる。~
[[ドロー]]の[[デメリット]]も[[《王家の生け贄》]]を合わせれば軽減できる。~
一方で[[墓守]]を必要とする各種[[ネクロバレー]]と相性が悪い点には注意。~
[[表示形式]]変更[[カード]]の宿命として[[リンクモンスター]]に弱いのも悩み。~

**[[デッキ]]の種類 [#decktype]
***[[下級]][[墓守]]軸 [#decktype1]
 [[モンスター]]構成を[[下級]][[墓守]]に絞り、残りのスロットに[[除去]][[カード]]を多く搭載するタイプ。~
 採用する[[墓守]]は[[《墓守の偵察者》]]、[[《墓守の司令官》]]、[[《墓守の末裔》]]、[[《墓守の召喚師》]]程度でよく、残りを[[罠カード]]で埋め、手軽に強固な態勢を整える事ができる。~

***[[アドバンス召喚]]軸 [#decktype2]
 [[上級]][[墓守]]を積極的に活用するタイプ。~
 [[リリース]]確保のため、[[《墓守の偵察者》]]、[[《墓守の使徒》]]、[[《降霊の儀式》]]をできる限り搭載し、[[ネクロバレー]]なども併用して、絶対に崩せない強固な態勢を整える事を目的とする。~

***[[エクシーズ召喚]]軸 [#decktype3]
 [[《墓守の偵察者》]]の展開能力を活かし、[[ランク]]4の[[エクシーズ召喚]]を狙うデッキ。~
 [[《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》]]を中心に汎用[[エクシーズモンスター]]で脇を固める。~
 ただし[[リバースモンスター]]は現[[環境]]では遅いので、[[自分]]の[[ターン]]に即座に展開できる[[《召喚僧サモンプリースト》]]や[[《稲荷火》]]といった[[カード]]で補助するのが望ましい。~

***[[《墓守の大神官》]]軸 [#decktype4]
 [[最上級モンスター]]の[[《墓守の大神官》]]を軸とする。~
 [[《マジシャンズ・サークル》]]や[[《降霊の儀式》]]などを使い、[[《墓守の大神官》]]を使い回す。~
 身代わり[[効果]]の[[コスト]]は[[《墓守の石版》]]で補えるため比較的行い易い。~

**[[デッキ]]の派生 [#variation]
***[[【暗黒墓守】]] [#variation1]
 [[【暗黒界】]]をミックスした[[ビートダウン]][[デッキ]]。~
 [[《王家の生け贄》]]による[[ハンデス]]で戦闘力の低さをカバーし、同時に[[暗黒界]]の大量展開を狙う。~
 ただ、[[裁定変更]]により[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]が存在すると[[暗黒界]]の[[効果]]は使えなくなってしまった。~
 [[裁定変更]]後は[[《墓守の巫女》]]で[[《王家の生け贄》]]の条件を満たすか、[[《墓守の長》]]で[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を打ち消す必要がある。~

//***【墓守魔轟神】 [#variation2]
// [[【魔轟神】]]をミックスした[[デッキ]]。~
// [[【暗黒墓守】]]と似たギミックを使用するが、こちらは[[コントロール]]色の強い[[デッキ]]となる。~
// 素の打点は低めだが、展開力は大きく[[シンクロ召喚]]も狙いやすい。~
//[[裁定変更]]により[[墓地]]へ送られた[[暗黒界]]、[[魔轟神]]は[[特殊召喚]]出来なくなり、実質的に消滅した。
//[[裁定変更]]により[[墓地]]へ送られた[[暗黒界]]、[[魔轟神]]は[[特殊召喚]]できなくなり、実質的に消滅した。

//***【墓守ハンデス】 [#m8777e58]
// [[《王家の生け贄》]]と[[《追い剥ぎゴブリン》]]を投入した[[ハンデス]][[デッキ]]。~
// [[守備力]]の高い[[《墓守の偵察者》]]と[[《墓守の番兵》]]、[[貫通]]能力を持つ[[《墓守の長槍兵》]]、[[表示形式]]変更能力を持つ[[《墓守の暗殺者》]]は、[[戦闘ダメージ]]を与えやすく、[[《追い剥ぎゴブリン》]]と相性が良い。~
// [[墓守]]の長所をアレンジしているため、[[ハンデス]]に失敗してもそう戦況が悪化しないのがこの[[デッキ]]の特長である。~

***【墓守バーン】 [#m8777e58]
 [[《墓守の呪術師》]]と[[《墓守の大筒持ち》]]によって、[[効果ダメージ]]を狙う[[バーン]][[デッキ]]。~
 他の[[デッキ]]と違い、[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]が[[必須カード]]でない点が大きな特徴である。~
 [[《墓守の呪術師》]]は[[《地獄の暴走召喚》]]で大量展開し、[[《墓守の大筒持ち》]]で[[射出]]するのが基本的な動きとなっている。~
//記載モンスターのページからのリンクがあったので復活させました。

***【墓守パーミ】・【ギオン墓守】 [#variation3]
 [[カウンター罠]]を多く採用し、[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を守りやすくなった[[パーミッション]][[デッキ]]。~
 [[《不幸を告げる黒猫》]]が各種[[カウンター罠]]の[[サーチ]]に役立ち、[[《冥王竜ヴァンダルギオン》]]が打点を補う。~
 [[カウンター罠]]は[[墓守]]専用[[カード]]の[[《ネクロバレーの王墓》]]や、[[《魔宮の賄賂》]]・[[《天罰》]]・[[《闇の幻影》]]・[[《神の警告》]]等の採用が検討できるが、[[手札事故]]には注意が必要である。~

&aname(s8ffc6f6);
***【スキドレ墓守】 [#variation4]
 [[《スキルドレイン》]]を絡めることで、[[モンスター効果]]を封じ、[[墓守]]で[[ビートダウン]]を行う[[デッキ]]。~
 [[墓守]]の[[効果]]は[[無効化>無効]]されるものの、[[《スキルドレイン》]]下では[[ステータス]]が重要視されるので、[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]による[[全体強化]]が活きる。~
 [[《Sin スターダスト・ドラゴン》]]はもちろん、[[《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》]]でさらなる打点強化が見込める。~
 [[エクストラデッキ]]に余裕があれば、必要なパーツが[[サイドデッキ]]に十分収まるレベルなので、マッチ1戦目は通常の【墓守】で戦い、マッチ2戦目から[[相手]]の[[デッキ]]を見てこのタイプに構築を変えてしまうことも可能。~

//***【歯車墓守】[#y9u7k1g3]
// [[《歯車街》]]で[[《古代の機械巨竜》]]を[[特殊召喚]]することで、[[墓守]]に不足しがちな[[攻撃力]]をカバーした[[デッキ]]。~
// [[Sin]]等の[[フィールド魔法]]の関連[[カード]]も共有できる。~

//***その他 [#v542756b]
// [[【墓守猫】>【レスキューシンクロ】]]や[[【墓守ディーヴァ】>【海竜族】]]等、場持ちの良い[[《墓守の偵察者》]]・[[《墓守の番兵》]]が採用された[[シンクロ召喚]][[デッキ]]が存在する。~
// ただし、[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]を採用しないため、【墓守】の派生ではなく、こちらがおまけのような存在となる。~

**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
 [[キーカード]]である[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]が処理、無力化される[[カード]]が天敵と言える。~

***[[フィールド魔法]]への依存性の高さ [#weakpoint1]
 [[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]が[[除去]]されると途端に場が脆くなる。~
 今まで[[相手]]が[[手札]]に溜め込んでいた[[墓地]]利用系[[カード]]を使用され、戦況を逆転されやすい。~
 さらに、[[墓守]]が簡単に[[戦闘破壊]]され、[[アドバンテージ]]を失いやすくなる。~
 [[破壊]]や[[墓地送り>墓地へ送る]]ならば[[《ネクロバレーの神殿》]]である程度リカバリーが利くが、連発されたり[[《ハーピィの羽根帚》]]等の[[全体除去]]には対処が追い付かない。~
 [[《鳥銃士カステル》]]や[[《コズミック・サイクロン》]]のような再利用が難しくなる[[除去]]は最も警戒すべき点だろう。~

***[[墓地]]封じの抜け穴 [#weakpoint2]
 [[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]による[[墓地]]封じも完璧ではなく、[[効果]]以外の[[自己再生]]や[[《ダーク・アームド・ドラゴン》]]、[[《裁きの龍》]]等の[[特殊召喚]]を止めることはできない。~
 [[《ライトロード・ハンター ライコウ》]]や[[《ライトロード・マジシャン ライラ》]]等を含め、[[【ライトロード】]]には相性が悪い。~

***[[墓地]]を経由せずに[[召喚]]される高[[攻撃力]][[モンスター]] [#weakpoint3]
 [[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]の[[全体強化]]により底上げはされるが、その数値を上回る[[攻撃力]]を持つ[[モンスター]]は多い。~
 特に[[半上級モンスター]]や各種[[特殊召喚モンスター]]への対処は、重要度が高い。~
 [[シンクロ召喚に成功した]]時に[[モンスター効果の発動]]を行う[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]等は非常に厄介である。~

//[[《サイクロン》]]や[[《ゴッドバードアタック》]]等であれば[[《魔宮の賄賂》]]で対処できるが、[[モンスター効果]]による[[除去]]も多い。~
//[[《裁きの龍》]]や[[《氷結界の龍 トリシューラ》]]、[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]等は大型[[モンスター]]でもあるため、特に注意したい。~
//これらは[[《スターダスト・ドラゴン》]]や[[《Sin スターダスト・ドラゴン》]]、[[《スターライト・ロード》]]等で確実に対処したい。~

***[[墓地]]に依存しない[[デッキ]] [#weakponint4]
 [[【次元帝】]]のような[[墓地]]を経由しない[[除外]]を駆使して展開を行ってくる[[デッキ]]や、[[【クリフォート】]]のように[[ペンデュラム召喚]]を主軸とする[[デッキ]]など、そもそも[[墓地]]利用をあまり行なわない[[相手]]には[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]の[[メタ]][[効果]]は全く意味をなさない。~
 そういった[[相手]]には[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]は単なる[[全体強化]]を行う[[カード]]になり、高い[[攻撃力]]を持つ[[アタッカー]]を出されれば、そのまま押し切られてしまう可能性がある。~

**代表的なカード [#keycard]
-[[《王家の眠る谷−ネクロバレー》]]
-[[《王家の生け贄》]]
-[[《ネクロバレーの玉座》]]

**サンプルレシピ [#sample]
-【墓守】~
10.08.17 Yu-Gi-Oh! Championship Series Indy ベスト16進出~
http://ocg.bitc.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=1045~

-【墓守】~
10.08.29 CARD BOX全国大会 1位~
http://ocg.bitc.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=1324~

-【墓守魔導】~
「かーどビング通信」デッキレシピサンプル~
http://www.yugioh-card.com/japan/topics/?20130318~

**関連リンク [#link]
-[[墓守]]([[墓守の]])
-[[ネクロバレー]]

-[[【暗黒墓守】]]

-[[デッキ集]]