*【&ruby(れいじゅう){霊獣};】 [#top]

#contents

**[[デッキ]]の概要 [#abstract]
 [[ブースターSP−トライブ・フォース−]]で登場した[[霊獣]]を用いる[[ビートダウン]][[デッキ]]。~
 [[霊獣]]は、[[霊獣使い]]・[[精霊獣]]・[[聖霊獣騎]]の3グループを内包する[[カテゴリ]]である。~
 [[霊獣使い]]と[[精霊獣]]が[[融合]]して[[聖霊獣騎]]となり、[[聖霊獣騎]]は[[フリーチェーン]]で[[融合]]解除して[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]に戻ることができる。~
 変幻自在の[[融合]]分離を繰り返して[[除去]]をかわしつつ[[アドバンテージ]]を蓄え、[[相手]]の手数が尽きた所で反撃、物量差で[[相手]]を圧倒する。~

 《精霊獣 カンナホーク/Spiritual Beast Cannahawk》
 効果モンスター
 星4/風属性/雷族/攻1400/守 600
 自分は「精霊獣 カンナホーク」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
 (1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
 デッキから「霊獣」カード1枚を除外する。
 発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、
 この効果で除外したカードを手札に加える。

 《聖霊獣騎 カンナホーク/Ritual Beast Ulti-Cannahawk》
 融合・効果モンスター
 星6/風属性/雷族/攻1400/守1600
 「霊獣使い」モンスター+「精霊獣」モンスター
 自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
 (1):1ターンに1度、除外されている自分の「霊獣」カード2枚を対象として発動できる。
 そのカードを墓地へ戻し、デッキから「霊獣」カード1枚を手札に加える。
 (2):このカードを持ち主のEXデッキに戻し、除外されている自分の、
 「霊獣使い」モンスター1体と「精霊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
 この効果は相手ターンでも発動できる。

 《霊獣の連契/Ritual Beast Steeds》
 通常罠
 (1):自分フィールドに「霊獣」モンスターが存在する場合に発動できる。
 自分フィールドの「霊獣」モンスターの数まで、
 フィールドのモンスターを選んで破壊する。


**[[デッキ]]構築に際して [#introduction]
***[[モンスターカード]]について [#monster]
 [[融合モンスター]]である[[聖霊獣騎]]は、いずれも[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]を[[フィールド]]から[[除外]]することで[[エクストラデッキ]]から[[特殊召喚]]できる。~
 また、[[聖霊獣騎]]を[[エクストラデッキ]]に戻すことで、[[除外]]されている[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]を[[特殊召喚]]できる。~

 ただし、[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]はいずれも[[同名カード]]を[[1ターンに1度]]しか[[特殊召喚]]できないという制限がある。~
 したがって、[[除外]]されている[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]の種類が少ないと、[[聖霊獣騎]][[融合モンスター]]の分離[[効果]]の運用が制限される。~
 [[デッキ]]にはできるだけ多くの種類の[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]を採用し、[[デュエル]]ではこれらを早めに[[除外]]することが望ましい。~

 また、この[[デッキ]]は[[霊獣使い]]だけでも[[精霊獣]]だけでも全く動けないという大きな弱点がある。~
 両者をバランス良く[[手札]]に引き込めるよう、投入枚数のバランスには注意する必要がある。~
 [[《精霊獣使い ウィンダ》]]は両方に合致するため、複数枚入れても動きを阻害しにくい。~

-[[霊獣使い]]~
全て[[サイキック族]]であり、[[精霊獣]]を[[召喚]]・[[特殊召喚]]する[[効果]]を持つ。~
上記の通り種類が多いほど有利になる。~
一方で、[[精霊獣]]がいないと[[効果]]が使いにくく、[[ステータス]]も[[精霊獣]]より貧弱なものが多い。~

--[[《精霊獣使い ウィンダ》]]~
[[精霊獣]]にも属する[[霊獣使い]]であり、[[聖霊獣騎]]の[[特殊召喚]]の融通を効かせやすい。~
[[相手]]によって[[破壊された]]場合に[[デッキ]]・[[エクストラデッキ]]から[[霊獣]]を[[特殊召喚]]可能。~
この[[効果]]により単独で[[聖霊獣騎]]の[[特殊召喚]]を行える。~

--[[《霊獣使いの長老》]]~
[[手札]]から[[精霊獣]]を[[召喚]]できるため、初手から[[聖霊獣騎]]の[[特殊召喚]]が可能。~
[[精霊獣]]を[[特殊召喚]]ではなく[[召喚]]できるため、「[[1ターンに1度]]しか[[特殊召喚]]できない」という制限に引っかからずに並べられ、最重要の[[霊獣使い]]と言える。~

--[[《霊獣使い ウェン》]]・[[《霊獣使い レラ》]]~
それぞれ[[除外]]・[[墓地]]から[[精霊獣]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]を持ち、条件さえ整っていれば1枚で[[聖霊獣騎]]を出せる。~

--[[《英霊獣使い−セフィラムピリカ》]]~
[[《霊獣使い レラ》]]と同様の運用が可能な[[ペンデュラムモンスター]]。~
[[エクストラデッキ]]に送られた場合は[[《精霊獣 ラムペンタ》]]で[[除外]]するとよい。~

--[[《影霊獣使い−セフィラウェンディ》]]~
[[効果]]が完全に[[ペンデュラムモンスター]]向けであり、[[霊獣]]との[[シナジー]]が薄い。~
採用する場合はあくまで「[[霊獣使い]]の種類を増やす」事が主目的となる。~

-[[精霊獣]]~
[[種族]]はバラバラだが、いずれも[[霊獣]]を[[除外]]する[[効果]]を持つ。~
こちらも種類が多いほど有利であり、[[効果]]も有用なので全種類採用すべきだろう。~

--[[《精霊獣 カンナホーク》]]~
最も重要な[[精霊獣]]であり、[[《封印の黄金櫃》]]を[[内蔵]]する。~
[[サーチ]][[効果]]よりも[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]ならぬ「[[除外]]肥やし[[カード]]」として使用する。~
この[[カード]]で序盤から[[霊獣]]の枚数を増やせば、[[聖霊獣騎]]の分離[[効果]]が大幅に使いやすくなる。~

--[[《精霊獣 ラムペンタ》]]~
[[エクストラデッキ]]から[[霊獣]]を[[除外]]し、[[デッキ]]から同[[種族]]の[[霊獣]]1体を[[墓地へ送る]]。~
[[墓地]]に落とした[[霊獣]]は[[《霊獣使い レラ》]]の[[蘇生]]に繋げたり、[[《精霊獣 アペライオ》]]の[[除外]][[効果]]に繋げるのが主になる。~
任意で[[除外]]できる[[霊獣]]を選択できる[[《精霊獣 カンナホーク》]]と違い直接任意の[[霊獣]]を[[除外]]することはできないが、2体の[[霊獣]]を[[墓地]]・[[除外]]ゾーンに置くことが出来るので下準備としては十分。~

--[[《精霊獣 アペライオ》]]~
[[墓地]]の[[霊獣]]を[[除外]]して[[全体強化]]。~
自身も2300まで[[攻撃力]]が上がるので、[[下級]][[アタッカー]]程度なら[[戦闘破壊]]することが可能。~
この[[全体強化]]は後から場に出た[[霊獣]]にも反映されるので、分離した[[精霊獣]]と[[霊獣使い]]での[[ダメージ]]を稼ぐこともできる。~
[[攻撃力]]の上昇だけでなく、[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]で[[墓地]]に送った[[霊獣]][[カード]]を[[除外]]できる点も見逃せない。~
[[相手]][[ターン]]にも使用できるので、忘れずに[[発動]]しておきたい。~

--[[《精霊獣 ペトルフィン》]]~
[[手札]]の[[霊獣]]を[[除外]]して[[バウンス]]を行う。~
[[《霊獣の連契》]]で対処できない範囲の[[除去]]手段であるだけでなく、[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]で[[サーチ]]した[[モンスター]]を[[除外]]することも可能。~

-[[聖霊獣騎]]~
[[融合]]分離を自在に行う[[融合モンスター]]と[[リンクモンスター]]。~
[[《精霊獣 ラムペンタ》]]で[[デッキ]]の[[霊獣]]を自由に[[墓地へ送る]]ことができるようになるので、全種類採用しておくと良い。~

--[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]~
[[霊獣]][[カード]]の[[サーチ]]能力をもっており、この[[デッキ]]の[[アドバンテージ]]源となる[[聖霊獣騎]]。~
この[[カード]]の[[特殊召喚]]と[[サーチ]][[効果]]、[[霊獣]]の[[特殊召喚]]を繰り返し、大量に[[サーチ]]した[[カード]]で圧殺するのがこの[[デッキ]]の勝ち筋である。~

--[[《聖霊獣騎 ペトルフィン》]]~
[[守備力]]2800と[[効果破壊]][[耐性]]を持つ強固な[[壁]]。~
[[対象をとる>対象をとる(指定する)効果]][[バウンス]]等は自身の[[特殊召喚]][[効果]]でかわすことができる。~

--[[《聖霊獣騎 アペライオ》]]~
[[霊獣]]の中では高い[[攻撃力]]だが[[攻撃力]]2600はやや物足りなく、自身の[[効果]]が仇となり[[《精霊獣 アペライオ》]]で[[強化]]する事もできない。~
[[《霊獣の連契》]]で対処できない相手を叩いたり、[[直接攻撃]]の[[ダメージ]]を増やす際などに使用する。~

--[[《聖霊獣騎 ガイアペライオ》]]~
[[融合素材]]はかなり[[重い]]ものの、[[霊獣]]最強の[[攻撃力]]と優秀な[[効果]]を有しており、[[制圧]]力は高い。~
[[効果]]は使えなくなるが、[[《霊獣の相絆》]]で呼び出せる[[アタッカー]]としての役割もある。~
[[サイキック族]][[聖霊獣騎]]なので[[《精霊獣 ラムペンタ》]]の[[効果]]で[[霊獣使い]]を[[墓地へ送る]]ためにも必要。~

--[[《聖霊獣騎 キムンファルコス》]]~
[[サイキック族]][[聖霊獣騎]]の[[リンクモンスター]]。~
[[フィールド]]が「[[霊獣使い]]×2」や「[[精霊獣]]×2」でも展開できる。~
「[[霊獣使い]]+[[精霊獣]] 」なら[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]を経由すると良いだろう。~
[[効果]]により追加で[[霊獣]]を[[召喚]]でき[[リンク先]]も確保できるため、[[聖霊獣騎]]を複数展開するのに役立つ。~
また、他の[[聖霊獣騎]]と違って[[蘇生制限]]を満たせば[[蘇生]]や[[帰還]]が可能なのも大きな利点。~
//地味に[[聖霊獣騎]]も素材にできる。~
//[[相手]]の厄介な[[モンスター]]を潰すために[[《聖霊獣騎 ガイアペライオ》]]を[[《精霊獣使い ウィンダ》]]や[[《霊獣の相絆》]]から出した後、素材にしてどかす場合などに有用。~

-その他~
--[[《嵐征竜−テンペスト》]]~
[[除外]]枚数を増やしつつ[[特殊召喚]]できる[[最上級モンスター]]。~
[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]の[[サーチ]][[効果]]を使えば、[[特殊召喚]]の[[コスト]]には困らず、[[帰還]][[効果]]も[[発動]]しやすくなる。~
//[[1ターンキル]]能力が大幅に増すため、ぜひとも採用したい。~

--[[《ガーディアン・エアトス》]]~
[[墓地]]の[[モンスター]]が空になりやすいので、[[特殊召喚]]は容易。~
[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]との兼ね合いは難しいが、手軽に打点を強化できる。~

--[[《The blazing MARS》]]~
[[除外]]枚数を増やしつつ[[特殊召喚]]できる[[最上級モンスター]]。~
[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]の[[サーチ]][[効果]]を使えば、[[特殊召喚]]の[[コスト]]には困らず、[[帰還]][[効果]]も[[発動]]しやすくなる。~
かつての[[《嵐征竜−テンペスト》]]の代わりとはなるものの、[[持ち主]]の[[手札]]に戻る[[効果]]を持たない。~
また、[[自己再生]][[効果]]を阻害してしまう全体[[除外]][[メタ]]を積み難くなるという弊害が生じてしまうのが欠点。~
幾つか扱いにくい部分こそあるが[[自己再生]]も相まって、[[1ターンキル]]能力は大幅に増すため、出来れば採用したい。~

--[[《デブリ・ドラゴン》]]~
[[《嵐征竜−テンペスト》]]の[[サーチ]][[効果]]を[[腐る]]事の無い様にしたい場合は投入して良いだろう。~
[[《霊獣使い レラ》]]と[[《霊獣使いの長老》]]、そして[[《精霊獣 ペトルフィン》]]が[[蘇生]]対象になり、前者は[[レベル]]5・6の[[シンクロ召喚]]、後者は[[ランク]]4の[[エクシーズ召喚]]に繋がる。~

--[[《風霊神ウィンドローズ》]]~
[[墓地]]の[[風属性]][[モンスター]]の数を[[《精霊獣 アペライオ》]]や[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]などで調整しやすいため[[特殊召喚]]を狙いやすい。~
[[攻撃力]]も高く、伏せの[[除去]]もできるため、勝負を決める際に役立つ。~
[[攻撃力]]も高く、[[伏せ除去]]もできるため、勝負を決める際に役立つ。~


***[[魔法・罠カード]]について [#magic_trap]
-[[《霊獣の連契》]]~
この[[デッキ]]の攻守の要となる[[フリーチェーン]]の[[除去]][[カード]]。~
この[[カード]]を[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]で[[サーチ]]し、[[相手]][[ターン]]中の防御を兼ねつつ[[相手]][[モンスター]]を[[破壊]]、[[自分]][[ターン]]に[[直接攻撃]]を行うのが基本的な動きとなる。~

-[[《霊獣の相絆》]]~
[[霊獣]][[融合モンスター]]を[[フリーチェーン]]で[[特殊召喚]]できる[[カード]]。~
[[1ターンキル]]や[[サクリファイス・エスケープ]]などに使える他、[[霊獣使い]]×2や[[精霊獣]]×2から[[聖霊獣騎]]を出すこともでき、[[手札事故]]の回避にも繋がる。~
直接[[アドバンテージ]]になる[[カード]]ではないため、採用の可否や枚数は人による。~

-[[《霊獣の騎襲》]]~
[[精霊獣]]と[[霊獣使い]]を1体ずつ[[墓地]]・[[除外]]ゾーンから[[特殊召喚]]。~
これ一枚で[[聖霊獣騎]]を[[特殊召喚]]する準備が整い、劣勢を打破する一手となりうるが、[[霊獣]]の[[特殊召喚]]権のストックを消費してしまう[[デメリット]]も軽視できない。~
基本的には[[相手]][[ターン]]の[[エンドフェイズ]]などに[[発動]]して[[デメリット]]を踏み倒す使い方をすることになる。

-[[《セフィラの神託》]]~
[[発動]]時に[[セフィラ]]を[[サーチ]]する[[フィールド魔法]]。~
[[《英霊獣使い−セフィラムピリカ》]]を[[サーチ]]して[[召喚]]に繋げば[[聖霊獣騎]]の[[特殊召喚]]が可能。~
[[サーチ]]をメインとし、後半の[[効果]]は無理に活かす必要はない。~

-[[《緊急テレポート》]]~
[[デッキ]]から[[霊獣使い]]を[[特殊召喚]]できる。~
初手で[[霊獣使い]]がおらず動けないパターンを減らせる。~
また、[[《幽鬼うさぎ》]]等の[[サイキック族]][[チューナー]]を採用すれば[[シンクロ召喚]]も狙える。~

-[[《二重召喚》]]~
[[召喚権]]を増やし、[[霊獣]]を[[特殊召喚]]以外の方法で並べることができる。~
この[[カード]]1枚分の消費はあるが、[[霊獣使い]]を疑似的な[[《霊獣使いの長老》]]にできる。~
この[[カード]]の消費はあるが、[[霊獣使い]]を疑似的な[[《霊獣使いの長老》]]にできる。~

-[[《封印の黄金櫃》]]~
任意の[[カード]]を[[デッキ]]から[[除外]]できるのは、この[[デッキ]]においては非常に優秀。~
[[《精霊獣 カンナホーク》]]を[[除外]]して[[帰還]]させ、更に[[除外]]枚数を増やしていこう。~

-[[《おろかな埋葬》]]~
[[《霊獣使い レラ》]]の[[効果]]が[[腐る]]事を回避するために使える。~
//また、[[《嵐征竜−テンペスト》]]を[[墓地]]に落とすためにも使える。~
落とした[[カード]]を[[除外]]したい場合は[[《精霊獣 アペライオ》]]の[[効果]]を使えば良い。~

-[[《魂吸収》]]~
[[除外]]1回につき500ポイント[[ライフ]]を[[回復]]でき、順当に回れば毎[[ターン]]3000ポイント以上の[[回復]]が見込める。~
回ることが前提の[[カード]]のため[[オーバーキル]]ではあるが、ひたすら[[回復]]に徹して[[エキストラターン]]での勝利を狙うのも手である。~

-[[《魂の解放》]]~
[[墓地]]利用[[デッキ]]に対する[[メタカード]]の1枚。~
また、[[除外]]された[[霊獣]]が少ない時に[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]の[[サーチ]][[効果]]使用した場合の埋め合わせに使う事ができる。~
上記の[[《魂吸収》]]と合わせることで、大きな[[ライフ・アドバンテージ]]になる。~

-[[《激流葬》]]~
[[汎用性]]の高い[[除去]][[カード]]だが、この[[デッキ]]とは相性が特に良い。~
[[自分]]または[[相手]]が[[召喚]]・[[特殊召喚]]を行った時、[[チェーン]]1:[[聖霊獣騎]]の[[融合]]解除→[[チェーン]]2:[[《激流葬》]]と[[チェーン]]を組んで[[発動]]する。~
これにより、[[聖霊獣騎]]も[[特殊召喚]]した[[霊獣使い]]・[[精霊獣]]も[[破壊]]される事なく、[[相手]][[モンスター]]だけを一掃できる。~
また、[[《聖霊獣騎 ペトルフィン》]]は自身の[[耐性]]によりこの[[カード]]で[[破壊されない]]。~

-[[《無欲な壺》]]・[[《転生の予言》]]~
[[除去]]手段を[[《霊獣の連契》]]に頼り切るこの[[デッキ]]において、[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]で即座に[[サーチ]]し直すことが出来るため相性が良い。~
また、前者後者共々いざとなれば[[相手]]の[[墓地]]の[[メタを張れる>メタを張る]]ため、無駄になりにくい。~
入れすぎてはただ[[事故]]の元となるため、枚数の兼ね合いには注意が必要である。~

-[[《次元の裂け目》]]・[[《マクロコスモス》]]~
[[墓地]]利用[[デッキ]]に対して非常に[[刺さる]][[メタカード]]の1つ。~
前者後者ともに数多くの[[デッキ]]を機能不全に追い込めるため、採用しない手は無い。~
[[除外]]がこの[[デッキ]]と[[シナジー]]を生むため特に相性が良い。~
しかしこちらも入れすぎは[[事故]]の元になり、枚数の調整が必要となる。~

-[[《最終突撃命令》]]~
[[フィールド]]の全[[モンスター]]に[[攻撃表示]]を強制する[[永続罠]]。~
[[聖霊獣騎]]の[[攻撃]]から[[融合]]解除後に[[帰還]]した[[霊獣]]で追撃できる。~
ただし、[[《霊獣使い レラ》]]や[[《精霊獣 ペトルフィン》]]などの低[[攻撃力]]を晒すことにもなりかねないので注意が必要。~
同様の[[効果]]を持つ[[《召喚制限−猛突するモンスター》]]とは異なり、[[攻撃]]までは強制されない。~

**戦術 [#strategy]
 [[相手]]の[[除去]]などを[[融合]]解除[[効果]]でかわしながら[[アドバンテージ]]を蓄え、[[相手]]が息切れしたところで攻めに転じる。~
 基本的な動きは以下の通り。~

+自分[[フィールド]]に[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]を並べる。
+[[精霊獣]]の[[起動効果]]を[[発動]]。~
+[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]を素材に[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]を[[特殊召喚]]。~
+[[除外]]されている[[霊獣]]2枚を対象に[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]の(1)の[[効果]]を[[発動]]。~
+(1)の[[効果]]に[[チェーン]]し、[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]の(2)の[[効果]]を[[発動]]。~
対象は(1)の[[対象]]にした[[モンスター]]1枚と、別の[[霊獣]]1枚。~
+[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]の(2)の[[効果]]で[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]が1体ずつ[[帰還]]。~
(1)の[[効果]]により[[霊獣]][[カード]]1枚を[[サーチ]]。~
+2〜6を可能な限り繰り返し、[[アドバンテージ]]を稼ぐ。~
+[[聖霊獣騎]]が[[フィールド]]に出ている状態で[[ターン]]を終了する。~
+相手[[ターン]]を[[《霊獣の連契》]]で凌ぎ、[[相手]][[ターン]]中に[[聖霊獣騎]]の(2)の[[効果]]を[[発動]]、[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]を[[特殊召喚]]しておく。~
(自分[[ターン]]の[[特殊召喚]]回数を増やすため)~
+1に戻る。

 鍵となるのは[[サーチャー]]の[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]。~
 [[効果]]の[[発動]]は「[[1ターンに1度]]」であり「[[同名カード]]の[[効果]]は[[1ターンに1度]]」ではないため、一旦[[フィールド]]を離れ再び[[特殊召喚]]すればまた[[効果]]を使用できる。~
 よって、[[霊獣使い]]+[[精霊獣]]のセットをできるだけ多く[[除外]]し、[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]を[[特殊召喚]]できる回数を増やす事が[[アドバンテージ]]に直結する。~
 多くの[[デッキ]]が[[墓地を肥やす]]事で[[アドバンテージ]]を得るように、この[[デッキ]]では「[[除外]]を肥やす」事が[[アドバンテージ]]となる。~
 4〜5の動きも、通常なら(1)の[[効果]]で2枚の[[霊獣]]を[[墓地に戻す]]所を1枚に留める事で、[[除外]]枚数を減らさないようにするためである。~
 場に[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]がおり、[[霊獣]]1枚が[[除外]]されていれば4〜5の動きが可能になるので、[[デュエル]]序盤はまずこの状態を目指すとよい。~

 [[霊獣使い]]と[[精霊獣]]は[[同名カード]]を[[1ターンに1度]]しか[[特殊召喚]]できないが、[[精霊獣]]の[[効果]]の[[発動]]は単なる[[1ターンに1度]]であり、一旦[[フィールド]]を離れ再び[[特殊召喚]]すれば、また[[効果]]を使用できる。~
 よって、[[精霊獣]]を[[召喚]]→[[融合素材]]に→[[聖霊獣騎]]の[[効果]]で再度[[特殊召喚]]という流れで、[[効果]]を2回[[発動]]できる。~
 特に[[《精霊獣 カンナホーク》]]か[[《精霊獣 ラムペンタ》]]の[[効果]]を序盤で2度使用できればかなり有利になるため、ぜひとも覚えておきたい。~

**[[デッキ]]の種類 [#decktype]
***[[除外]][[メタビート>【メタビート】]]型 [#meta]
 [[《次元の裂け目》]]や[[《マクロコスモス》]]を採用するタイプ。~
 [[墓地]]への依存が低く、[[除外]]された[[霊獣]]を自由に[[墓地]]へ戻せるこの[[デッキ]]では、ほぼノーリスクで採用できる。~
 [[《霊獣使い ウェン》]]・[[《霊獣使い レラ》]]は使い勝手が変わり、[[《精霊獣 ラムペンタ》]]は1度の[[効果]]で2枚の[[除外]]が可能となる。~
 多くの[[墓地]]利用[[デッキ]]の動きを制限できるのみならず、初動が遅い[[霊獣]]への圧力となる[[《ライオウ》]]・[[《エフェクト・ヴェーラー》]]・[[《増殖するG》]]等を牽制することが可能。~
 当然ながら[[《次元の裂け目》]]・[[《マクロコスモス》]]は共に、単体では特に[[攻撃]]も防御もできない[[カード]]のため、構築と採用枚数には注意。~
 また、[[《虚無空間》]]や[[《王宮の鉄壁》]]がさらに苦手になるため[[《サイクロン》]]等も多めに入れておきたい。~

//***《カード名》軸 [#decktype1]

//**[[デッキ]]の派生 [#variation]
//***【(デッキ名)】[#variation1]
//特定の種族や属性・コンセプトへ派生する場合。

**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
 当然ながら、[[特殊召喚]]または[[除外]]ギミックを封じられると完全に機能が停止する。~
 前者なら[[《虚無空間》]]、後者なら[[《王宮の鉄壁》]]が代表的な[[メタカード]]であるため、[[《サイクロン》]]等の[[魔法・罠カード]]の[[除去]]手段は用意しておきたい。~

 また、[[霊獣使い]]と[[精霊獣]]のいずれか片方だけが[[手札]]に固まってしまうとほとんど動けないのも、宿命的な弱点である。~
 特に[[アドバンテージ]]源である[[《精霊獣 カンナホーク》]]を早々に確保できないと、[[デッキ]]の[[回転]]そのものに大きなブレーキがかかってしまう。~
 また、[[除去]]を[[《霊獣の連契》]]に強く依存しており、[[デッキ]]の[[《霊獣の連契》]]3枚を使いきっても敵陣を崩しきれなかった場合には厳しい戦いを強いられる。~

 最大の悩みはこの[[デッキ]]自体のプレイングの難しさにある。~
 [[1ターンに1度]]しか[[特殊召喚]]できない制限と、[[フリーチェーン]]の[[融合]]解除[[効果]]が絡み合い、「どの[[カード]]を[[特殊召喚]]しており、どの[[カード]]をまだ[[特殊召喚]]していないのか」が非常に把握しにくい。~
 [[特殊召喚]]してから[[除外]]された[[霊獣]]は置き方を変えるなど、何らかの方法で見分けが付くようにするとよいだろう。~

//**この[[デッキ]]の歴史 [#history]
//カードプールの変化でデッキ構築が著しく変化している場合、それに触れる

**代表的なカード [#typicalcard]
-[[《精霊獣 カンナホーク》]]

-[[《聖霊獣騎 カンナホーク》]]

-[[《霊獣の連契》]]

**サンプルレシピ [#sample]
-【霊獣】第26回神戸CS 1位(14.10.13)~
http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=188456

**関連リンク [#link]
-[[【風属性】]]

-[[デッキ集]]