*オルフェゴール/Orcust [#top]
 [[SOUL FUSION]]で[[カテゴリ]]化された「オルフェゴール」と名のついた[[カード]]群。~
 属する[[モンスター]]は全て[[闇属性]]・[[機械族]]で統一されている。~

-[[メインデッキ]]に入る[[下級モンスター]]は以下の共通[[テキスト]]を持つ。~
なお、対応する[[星遺物]]の[[《星遺物−『星杖』》]]も(以下の[[テキスト]]とは少々異なるが)同様の[[効果]]を持つので、オルフェゴールには属さないがここに併記する。~
 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):墓地のこのカードを除外し(〜を対象とし)て発動できる。
 (同名カード以外の「オルフェゴール」モンスター1体を)特殊召喚する。
 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
~
|>|>|>|CENTER:|c
|[[カード名]]|[[レベル]]|[[特殊召喚]]元の場所|備考|
|[[《オルフェゴール・カノーネ》]]|1|[[手札]]|[[チューナー]]|
|[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]|3|[[墓地]]|[[効果発動時]]に[[対象]]に取る|
|[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]|4|[[デッキ]]||
|||||
|[[《星遺物−『星杖』》]]|8|[[除外]]|[[星遺物]]|
~

-[[リンクモンスター]]は以下の共通[[テキスト]]を持つ。~
 「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体(以上)
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):リンク状態のこのカードは(戦闘・効果・その両方)では破壊されない。
 (2):除外されている自分の機械族モンスター○体を対象として発動できる。
 そのモンスターをデッキに戻す。
 (固有効果)
~
|>|>|>|>|CENTER:|c
|[[カード名]]|[[リンク]]数|(1)の[[耐性]]|(2)で[[デッキ]]に戻す数|(2)の[[効果]]|
|[[《オルフェゴール・ガラテア》]]|2|[[戦闘破壊]]|1体|[[デッキ]]からオルフェゴール[[魔法・罠カード]]1枚を[[セット]]|
|[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]|3|[[効果破壊]]|2体|[[リンク状態]]の[[相手]][[モンスター]]1体を[[墓地送り>墓地へ送る]]|
|[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]|4|[[戦闘破壊]]・[[効果破壊]]|3体|[[リンク状態]]の[[相手]]の[[表側表示]][[モンスター]]全ての無力化|
~
 また、これらの[[リンクモンスター]]はいずれも上方向(右上・上・左上)と下方向(右下・下・左下)の[[リンクマーカー]]を持ち、左右に伸びる[[リンクマーカー]]を持っていない。~
 そのため、[[カテゴリ]]内の[[リンクモンスター]]だけでは[[エクストラリンク]]ができず、[[EXモンスターゾーン>エクストラモンスターゾーン]]に出した場合、必ず[[相手]][[フィールド]]に[[リンクマーカー]]が向くことになる。~
 これは、[[相手]][[モンスター]]を[[リンク状態]]にして[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]等の固有[[効果]]に繋げやすくするためと思われる。~
 ただし、この特徴は[[相手]]に[[リンク先]]を提供する短所にもなりうる。~

-[[カテゴリ]]名の由来は「オルフェウス」+「オルゴール」+「ベルフェゴール」だろうか。~
--オルゴールは、自鳴琴と表記されることもある、機械仕掛けで自動的に演奏をする楽器である。~
劇伴として用いられる場合、過去の思い出や死に分かれた人物の生前のエピソードとともに用いられることがある。~

--オルフェウスはギリシャ神話に登場する吟遊詩人であり、妻を生き返らせようとしたエピソードで特に知られている。~
冥府へと出向いた彼は演奏技術の素晴らしさで冥府の神[[ハデス>《冥界の魔王 ハ・デス》]]らの心を動かし、死した妻を現世へ連れ戻す許可をもらったが「帰路の途中で振り返るな」という忠告を破ったため蘇生には失敗してしまった。~
また、アルゴー船探検隊の一員として冒険に参加し、歌で人に害なす怪物[[セイレーン>《セイレーン》]]と歌で渡り合ったという逸話を持つ。~
オルフェウスの琴は、彼の死後に琴座として星空に迎えられている。~

--[[ベルフェゴール>《インフェルノイド・ベルフェゴル》]]は[[七つの大罪>《No.77 ザ・セブン・シンズ》#sevensins]]において一般的には「怠惰」を司る悪魔とされるが、「色欲」を司る悪魔とする説もある。~
[[星遺物]]関連の中には音楽や[[七つの大罪>《No.77 ザ・セブン・シンズ》#sevensins]]と関連する[[トロイメア]]が存在することを考えると、「色欲」を[[《夢幻崩界イヴリース》]]と関連付けているのだろうか?

-上記のオルフェウスやオルゴールを意識してか、この[[カテゴリ]]に属する[[カード]]の[[カード名]]には音楽に関連した言葉が多く用いられている。~

--[[メインデッキ]]に入る[[下級モンスター]]の名前は楽曲のジャンルを表す言葉が由来となっている。~
また、全ての[[モンスター]]に共通して、[[&ruby(アスタリスク){*};>《機皇神龍アステリスク》]]型の網目と赤い先端の意匠がある。~
また、全ての[[モンスター]]に共通して、&ruby(アスタリスク){*};型の網目と赤い先端の意匠がある。~
//もう少し、上手な説明はないものか…

--オルフェゴールの[[罠カード]]に付けられている「[[アタック>《オルフェゴール・アタック》]]」「[[コア>《オルフェゴール・コア》]]」「[[リリース>《オルフェゴール・リリース》]]」はいずれも音楽用語で「音の出だし」⇒「音の響き」⇒「音の終わり」を意味する。~
[[イラスト]]の様子や他の[[カード]]の事を踏まえると時系列もこの順番になっているものと思われる。~

-[[英語名]]は「オーケストラ(Orchestra)」とローマ神話における死の神「オルクス(Orcus)」を組み合わせたものと思われる。~
また、[[下級モンスター]]3種は固有名の部分が韻を踏む2語という共通した形になっているほか、一部の[[カード]]では「Orcust」の部分が「管弦楽に作曲された」という意味の「Orchestrated」と組み合わせて「Orcustrated」となっている。~

-第10期から登場した[[星遺物]]を巡る背景ストーリーに関わる[[カテゴリ]]の1つ。~
2018年のVジャンプ9月号によると、[[ロンギルス>《オルフェゴール・ロンギルス》]]が自らの目的を達成するために作り上げた機械の軍隊であるとのこと。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連リンク [#link]
―「オルフェゴール」と名のついた[[モンスター]]~
 ※は「オルフェゴール」に関する[[効果]]を持つ[[モンスター]]
-[[効果モンスター]]
--※[[《オルフェゴール・カノーネ》]]
--※[[《オルフェゴール・スケルツォン》]]
--※[[《オルフェゴール・ディヴェル》]]

--[[《オルフェゴール・トロイメア》]]

-[[リンクモンスター]]
--[[《オルフェゴール・オーケストリオン》]]
--※[[《オルフェゴール・ガラテア》]]
--[[《オルフェゴール・ロンギルス》]]

―「オルフェゴール」と名のついた[[魔法・罠カード]]~
 ※は「オルフェゴール」に関する[[効果]]を持つ[[魔法・罠カード]]
-[[通常魔法]]
--※[[《オルフェゴール・プライム》]]

-[[永続魔法]]
--※[[《オルフェゴール・アインザッツ》]]

-[[フィールド魔法]]
--※[[《オルフェゴール・バベル》]]

-[[通常罠]]
--※[[《オルフェゴール・アタック》]]
--※[[《オルフェゴール・リリース》]]

-[[永続罠]]
--※[[《オルフェゴール・コア》]]

―「オルフェゴール」に関する[[効果]]を持つ[[カード]]
-[[《星遺物−『星杖』》]]

―その他のリンク
-[[星遺物]]

-[[【オルフェゴール】]]

-[[カテゴリ]]

//**FAQ [#faq]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。