*デッキ/Deck [#top]
 「デッキ」とは、[[自分]]が[[デュエル]]で使用する[[カード]]の束の事です。~
 40枚以上60枚以下の枚数で準備します。~

**デッキの作り方 [#deckmaking]
 デッキは以下のルールを守れば、[[自分]]の好みの[[カード]]を使って自由にデッキを作る事が可能です。~

-デッキの[[カード]]枚数は40枚以上60枚以下~
-[[同じ名前のカード>同名カード]]は3枚まで
-公式の大会で使用するデッキの場合、[[禁止・制限カード]]などの大会規定に沿って構築する。~

 <デッキを作る際のコツ>~
-できるだけ[[カード]]の枚数が40枚になるようにしてみよう~
枚数が多くなると狙いの[[カード]]が引きにくくなり、作戦が立てづらくなるためです。~
-オススメの割合は[[モンスター]]20枚、[[魔法>魔法カード]]10枚、[[罠>罠カード]]10枚~
最初は[[モンスター]]・[[魔法>魔法カード]]・[[罠>罠カード]]をバランスよく入れたデッキを作るのが勝利への近道です。~
-[[レベル]]5以上の[[モンスター]]の枚数に注意しよう~
[[レベル]]5以上の[[モンスター]]には強力な[[カード]]も多いですが、[[召喚]]が少し難しい[[カード]]も多くあります。~
切り札となる[[モンスター]]を決めて、[[レベル]]5以上の[[モンスター]]の枚数をなるべく少なくすると、より戦いやすくなります。~
(公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)
----
//山札としてのデッキを解説する項でありデッキタイプの話は場違い

-構築する段階での[[カード]]の束の事も、他のTCGにおける「山札」にあたるものも「デッキ」と呼称する。~
また、[[サイドデッキ]]や[[エクストラデッキ]]と明確に区別する必要がある時は、俗に「[[メインデッキ]]」と呼ぶ事もある。~

-[[テキスト]]上での「デッキ」は[[メインデッキ]]のことを指す。~
つまり、''「デッキの[[カード]]を○○する」と書いてあるときは、基本的に[[エクストラデッキ]]の[[カード]]を選択することはできない。''~
--例:[[《おろかな埋葬》]]で[[エクストラデッキ]]の[[カード]]を[[墓地へ送る]]ことはできない。~
//--例外:[[《連鎖破壊》]]・[[《連鎖除外》]]は[[エクストラデッキ]]の[[カード]]を[[破壊]]できる。~

-[[カード]]をデッキに[[戻す]]([[バウンス]]する)場合、「[[デッキの一番上]]に[[置く]]」「[[デッキの一番下]]に[[戻す]]」等の例外を除き、デッキに戻した後[[シャッフル]]しなければならない。~
なお、「デッキの中から○○を探して[[デッキの一番上]]に[[置く]]」([[サーチ]]する)場合は過程でデッキ内を確認しているため、[[カード]]を抜き出した後にデッキを[[シャッフル]]し、その後[[カード]]を[[置く]]手順になる。~

-プレイ中に[[自分]]や[[相手]]の残りデッキ枚数を確認する事は可能だが、その際はデッキを置いたまま上から滑らせて確認する。~

--特定の[[カード]]の[[ドロー]]確率や[[デッキ切れ]]を案じる際などでは重要な数字なのだが、デッキ・[[エクストラデッキ]]・[[手札]]・[[モンスターカードゾーン]]・[[魔法&罠カードゾーン]]・[[フィールドゾーン]]・[[ペンデュラムゾーン]]・[[墓地]]・[[除外]]の9ヶ所の[[カード]]配置場所の中で、「デッキの[[カード]]数」を参照する[[カードの効果]]は、極端に数が少ない。~
[[《隣の芝刈り》]]が登場するまではそういった[[カード]]は皆無であり、[[相手]]に[[デッキ]]の残り枚数を確認された場合、[[デッキ切れ]]を狙っている可能性が高いと見て間違いなかった。~

-[[ノーリミットデュエル>ショップデュエル#nolimit]]で海外版[[カード]]を使用する場合は、事前に「日本語版の[[テキスト]]が確認できるもの」を準備しなければならない。~
詳しくは[[公認大会規定]]を参照。~

-「[[メインデッキ]]の[[カード]]枚数はできるだけ40枚程度にしておく」というのは、遊戯王[[OCG]]のセオリーの1つである。~
[[確率]]の面からみるとこれは理に適っており、考え無しにデッキ枚数を増やすと勝率は落ちる。~
これはデッキとして狙う特定の動きが行える[[カード]]を、[[使用]]できない可能性が高くなるためである。~
アニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンTurn27を見ると解りやすい。~

--ただし、[[キーカード]]が[[手札]]で重複すると困る[[【除去ガジェット】]]や[[【水精鱗】]]では、それらを同時に引く可能性を減らすため、あえてデッキ枚数を増やす場合がある。~
また[[【マジカルエクスプロージョン1キル】]]のように、特殊なギミックのために[[カード]]枚数が非常に多くなるデッキもある。~
[[環境]]に入るようなデッキは[[サーチ]]手段や[[ドロー]]手段が多いためデッキ枚数を増やすデッキもあるが、逆に特定の[[カード]]があれば勝てるデッキもあり、2極化している。~
また第9期からは[[サーチ]][[カード]]及び[[サーチ]][[カード]]を[[サーチ]]できる[[カード]]が増加した事によって[[事故]]の可能性は格段に減っており、上記の同時に引く確率を下げることも考慮し、45枚前後が最も安定するというデッキも増加している。~

--デッキ枚数を減らす場合、単純にデッキ内の[[カード]]の枚数・種類が減るため「特定の状況に弱くなる(対抗できる[[カード]]をデッキに入れる余地がなくなる)」「[[デッキ破壊]]に弱くなる」といった[[デメリット]]も僅かながら存在する。~

-[[テキスト]]に「[[自分]]」「[[相手]]」「[[お互い]]」と明記されていない場合―~
「デッキから〜を[[手札]]に[[加える]]、[[特殊召喚]]する。」等と表記されている場合、そのデッキとは[[自分]]のデッキの事を指す。~
また、「デッキに戻す」と表記されている場合で、元々の[[持ち主]]が[[自分]]でない[[相手]]の[[カード]]を[[コントロール]]してその[[カード]]をデッキに[[戻す]]場合は、元々の[[持ち主]]である[[相手]]のデッキに[[戻す]]。~
[[サーチ]][[効果]]や[[リクルート]][[効果]]等で「自分のデッキから」と表記されるのが通例であったが、[[ORDER OF CHAOS]]から「デッキから」と省略されるようになった。~
これ以降に再録された[[カード]]も、この表記に倣って[[エラッタ]]されている。~

//-商品として売られているデュエルディスクも、多少仕様の違いはあれどデッキ枚数を40枚にすることが前提として作られている。

-Vジャンプで[[公開]]された流星デッキは39枚であった。~
デッキは40枚以上60枚以下である必要があり、これではルール違反である。

--[[公式で推奨・実施されている>http://www.yugioh-card.com/japan/howto/speedduel/]]スピードデュエルではデッキ枚数が20枚ちょうどに設定されているため、既存のいくつかの[[カード]]が非常に扱いにくくなっていたり、またその逆の例も存在する。~

-原作・アニメにおいて―~
初めてデッキという言葉が使われたのは「DEATH-T編」の「遊戯vs海馬」戦。~
それ以前は「山」もしくは「[[手札]]」と呼んでいた。~

--多くのキャラクターは1種類のデッキをその都度構築し直しているが、アニメGXの万丈目や三沢のように複数の種類のデッキを持つ者もいる。~
特に三沢は、([[神属性]]を除く)6[[属性]]それぞれのデッキと十代[[対策>メタ]]用のデッキの計7種類を所持していることを公言しており、うち3種を作中で使用している。~
アニメ5D'sに登場する多くのデュエリストは、ライディング用とスタンディング用の合計2つを所有している。~

--特定の[[カード]]には世界の創造に関わる、封印装置の鍵と言った設定があるようなものも多いが、デッキにもそういった設定がある事も多い。~
アニメGXの[[サイバー・ダーク]]はサイバー流道場に封印されているという設定があり、アニメ5D'sの[[時械神]]は選ばれた聖者のみが扱えるデッキらしい。~
また、アニメ5D'sのセキュリティは支給されたデッキを使用しているが、その中でも格上の特殊追跡部隊には[[《ゴヨウ・ガーディアン》]]や[[《ゲート・ブロッカー》]]等が含まれたより強力なデッキが支給されている。~

--大幅な[[デッキ破壊]]が行なわれる回では登場人物のデッキ枚数を確認できるが、多くの場合は40枚丁度であることがわかる。~
アニメ5D'sでは、「Z-ONEvsアポリア」戦で遊星が使われた[[カード]]の枚数から残りのデッキ枚数を計算していたが、最初からアポリアのデッキが計40枚であることを前提にしており、デッキ枚数=40枚ということが相当メジャーなようだ。~
また、バトルシティなどの作中の大会ではデッキ枚数が40枚とルールで決められていることもある。~
ただし、デュエル前に[[カード]]を追加したりデュエル中に[[カード]]が増える事で、41枚以上になる事もある。~

---「バトルシティ編」のバトルロイヤルでは、[[ターン]]の順番を決める為に[[デュエル]]前に[[モンスターカード]]1枚を予め抜き出しており、39枚で[[デュエル]]を行っている。~

---映画「光のピラミッド」の「闇遊戯vs海馬⇒アヌビス」戦では、特にそれらしい理由もなく闇遊戯のデッキ枚数が41枚であった。~
40枚であった場合、海馬の[[デッキ破壊]]により闇遊戯は敗れていたのでその辻褄合わせだろう。~

---アニメDMのダーツは30枚以上の[[カード]]を使用した後にも多くの[[カード]]がデッキに残っていた。~
彼の切り札の[[《蛇神ゲー》]]は[[デッキトップ]]から10枚の[[カード]]を[[墓地へ送らな>墓地へ送る]]ければ[[攻撃]]できないので、設定上デッキ枚数を多くしていた可能性が高い。~
(因みに放送当時の[[OCG]]ルールではデッキ枚数の上限は無かったのでルール上は問題ない。)~

--デッキの枚数が重要になるケースは稀であるため、基本的に画面表示はされず、[[デッキ切れ]]寸前になった際にのみ「あと○枚」と口頭で確認されることが殆どである。~
例外的に、アニメGXの「十代vsエックス」戦では、途中から[[ライフポイント]]と同じウィンドウでデッキ枚数の表示が行われていた。~

--アニメARC-Vでは遊矢の中のユートの感情が強く表れるとデッキが入れ替わる現象が起きている。~
ただ、デッキの中には遊矢の[[カード]]も確認できるため、作中での「入れ替わる」という表現よりはデッキが混ざるといった方が正しい。~

--アニメ5D'sでは、収容所送りにされるとデッキを没収されてしまう。~
一方、ARC-Vのシンクロ次元における収容所では、収監される際でもデッキは没収されない。

--劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』では、童実野町ではデッキを所持していなければ住民登録ができないという衝撃的な事実が藍神によって語られている。~
この件に関し、このような規則を作った海馬を藍神は「狂った独裁者」と評している。~

--アニメ遊戯王VRAINS6話では、遊作が自分がplaymakerであることを隠す為にダミーのデッキを持ち歩いており、デュエル部の人間に公開している。~
デッキの内容を見た島からは、「お粗末なデッキ」と嘲笑されている。~
なお、デュエル部の部長は「デッキはデュエリストの魂」だと発言しており、遊作のデッキを馬鹿にした島を叱咤している。~

-コナミのゲーム作品において―~
デッキ上限枚数のない[[新エキスパートルール]]準拠のゲームでも最大枚数の制限がされている。~
プレイヤーデータ容量の制限のためであろう。~
作品によって数は異なるが、晩期は「40枚以上80枚以下」の場合が多かった。~
古い作品では「40枚」固定のものもあった。~
ゲーム作品では支給デッキや[[ストラクチャーデッキ]]といった、特定のデッキで戦う必要があるイベントがある。~

--[[DUEL TERMINAL]]で遊ぶことができるスピードデュエルのルールはデッキ枚数が10枚に設定されているため上記のスピードデュエルよりさらに影響が強く、既存の[[デッキ破壊]]を行う[[カード]]等の殆どが収録されていない。~
また、どちらかが[[ドローフェイズ]]に[[ドロー]]できなくなった場合でも[[デッキ切れ]]での敗北は起こらず、その時点で[[ライフポイント]]が多い方が勝利となる。

**関連カード [#card]
 ※[[デッキの一番上]]([[デッキの一番下]])に[[戻す]][[効果]]は当該ページを参照。~
 ※[[エクストラデッキ]]に[[戻る(戻す)>戻す]][[効果]]は当該ページを参照。

***[[フィールドのカード]]をデッキに[[戻す]][[カード]] [#jf0e4be6]
-[[剣闘獣]]([[コスト]])~

-[[コンタクト融合]]体([[コスト]])

-[[《青き眼の巫女》]]
-[[《インフェルノイド・シャイターン》]]
-[[《カオスポッド》]]([[加える]])
-[[《スレイブタイガー》]]
//コストではなく効果なので、剣闘獣とは別枠で
-[[《グレイヴ・キーパー》]]
-[[《サブテラーの射手》]]
-[[《デルタトライ》]]
-[[《ファイバーポッド》]]([[加える]])
-[[《ヴェルズ・アザトホース》]]
-[[《バックリンカー》]]([[エクストラモンスターゾーン]]の[[モンスター]])
-[[《マドルチェ・エンジェリー》]]
-[[《ライトロード・モンク エイリン》]]
-[[《レスキューフェレット》]]([[コスト]])
-[[《Subterror Nemesis Archer》]]

-[[《ダイナミスト・レックス》]]

-[[《火車》]]
-[[《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》]]
-[[《時械神カミオン》]]
-[[《時械神ザフィオン》]]
-[[《時械神メタイオン》]]
-[[《創星神 tierra》]]
-[[《地縛神 Wiraqocha Rasca》]]
-[[《冥帝エレボス》]]

-[[《イビリチュア・ジールギガス》]]
-[[《イビリチュア・ソウルオーガ》]]
-[[《霊魂鳥神−姫孔雀》]]
-[[《ブリューナクの影霊衣》]]

-[[《E・HERO ストーム・ネオス》]]
-[[《レインボー・ネオス》]]

-[[《輝竜星−ショウフク》]]
-[[《爆竜剣士イグニスターP》]]
-[[《彼岸の詩人 ウェルギリウス》]]

-[[《イビリチュア・メロウガイスト》]]
-[[《間炎星−コウカンショウ》]]
-[[《クイーンマドルチェ・ティアラミス》]]
-[[《鳥銃士カステル》]]
-[[《超量機神王グレート・マグナス》]]
-[[《電子光虫−コアベージ》]]

-[[《天架ける星因士》]]
-[[《U.A.ターンオーバー・タクティクス》]]
-[[《おとり人形》]]
-[[《幻界突破》]]
-[[《サイバーダーク・インパクト!》]]
-[[《ジャックポット7》]]
-[[《シャッフル・リボーン》]]
-[[《シューティング・ソニック》]]
-[[《緊急発進》]]
-[[《真竜の目覚め》]]
-[[《スターライト・ジャンクション》]]
-[[《セフィラの輝跡》]]
-[[《セフィラの神託》]]
-[[《超量必殺アルファンボール》]]
-[[《ネオス・フォース》]]
-[[《フェザー・ウィンド・アタック》]]([[コスト]])
-[[《ブンボーグ・ベース》]]
-[[《マジェスペクター・ストーム》]]
-[[《ミラクル・コンタクト》]]
-[[《モンスター回収》]]([[加える]])
-[[《遺言の仮面》]]
-[[《ラス・オブ・ネオス》]]
-[[《輪廻転生》]]
-[[《レベルダウン!?》]]

-[[《イタチの大暴発》]]
-[[《王家の財宝》]]([[加える]])
-[[《牙竜咆哮》]]
-[[《儀水鏡の反魂術》]]
-[[《ギャクタン》]]
-[[《キャッシュバック》]]
-[[《強制退出装置》]]
-[[《Kozmo−エピローグ》]]
-[[《時空の落とし穴》]]
-[[《自由解放》]]
-[[《侵略の侵喰感染》]]([[コスト]])
-[[《星遺物に蠢く罠》]]([[加える]])
-[[《セイクリッドの流星》]]
-[[《セフィラの聖選士》]]
-[[《タキオン・トランスミグレイション》]]
-[[《チェーン・ヒーリング》]]([[加える]])
-[[《チェーン・ブラスト》]]
-[[《DDDの人事権》]]
-[[《トゥーンのかばん》]]
-[[《パーソナル・スプーフィング》]]([[コスト]])
-[[《波紋のバリア −ウェーブ・フォース−》]]
-[[《パワー・ブレイク》]]
-[[《マドルチェ・ハッピーフェスタ》]]
-[[《猛突進》]]
-[[《竜星の九支》]]

***[[手札]]の[[カード]]をデッキに[[戻す]][[カード]] [#tbb42b72]
-[[《エア・サーキュレーター》]]([[加える]])
-[[《エヴォルド・エルギネル》]]
-[[《切り盛り隊長》]]
-[[《バスター・マーセナリ》]]
-[[《ファイバーポッド》]]([[加える]])
-[[《レガシーハンター》]]

-[[《暗黒界の軍神 シルバ》]]
-[[《ダイナミスト・レックス》]]
-[[《フォトン・レオ》]]([[加える]])

-[[《花札衛−芒−》]]
-[[《禁忌の壺》]]
-[[《創星神 tierra》]]
-[[《冥帝エレボス》]]

-[[《イビリチュア・ガストクラーケ》]] 
-[[《イビリチュア・プシュケローネ》]]

-[[《アーティファクト−デュランダル》]]
-[[《聖光の宣告者》]]
-[[《No.56 ゴールドラット》]]

-[[《イグナイト・リロード》]]
-[[《打ち出の小槌》]]
-[[《EMキャスト・チェンジ》]]
-[[《カードトレーダー》]]([[コスト]])
-[[《記憶抹消》]]([[加える]])
-[[《休息する剣闘獣》]]
-[[《軽量化》]]([[加える]])
-[[《謙虚な壺》]]
-[[《謙虚な番兵》]]
-[[《原初のスープ》]]
-[[《強引な番兵》]]
-[[《強欲なウツボ》]]
-[[《Kozmo−エメラルドポリス》]]
-[[《再機動》]]([[コスト]])
-[[《サイバーダーク・インパクト!》]]
-[[《D・スピードユニット》]]
-[[《バスター・テレポート》]]([[コスト]])
-[[《フォトン・ベール》]]
-[[《武神集結》]]
-[[《ブンボーグ・ベース》]]
-[[《ミラクル・コンタクト》]]
-[[《モンスター回収》]]([[加える]])
-[[《竜の交感》]]
-[[《リロード》]]([[加える]])
-[[《輪廻転生》]]

-[[《攪乱作戦》]]([[加える]])
-[[《ギャクタン》]]
-[[《キャッシュバック》]]
-[[《局地的大ハリケーン》]]
-[[《差し戻し》]]
-[[《侵略の侵喰感染》]]([[コスト]])
-[[《星遺物に蠢く罠》]]([[加える]])
-[[《セフィラの聖選士》]]
-[[《大暴落》]]([[加える]])
-[[《ダスト・シュート》]]
-[[《ディザーム》]]
-[[《DDDの人事権》]]
-[[《パーソナル・スプーフィング》]]([[コスト]])
-[[《パリィ》]]
-[[《ボンディング−DHO》]]([[コスト]])
-[[《魔導人形の夜》]]
-[[《竜星の九支》]]
-[[《輪廻のパーシアス》]]

***[[墓地]]の[[カード]]をデッキの中に[[戻す]][[カード]] [#w819bd6e]
-[[マドルチェ]]

-[[《青き眼の祭司》]]([[コスト]])
-[[《アマゾネスの斥候》]]
-[[《イエロー・ダストン》]]
-[[《炎帝近衛兵》]]
-[[《ガスタの神官 ムスト》]]
-[[《ガスタの静寂 カーム》]]([[コスト]])
-[[《ケルドウ》]]([[加える]])
-[[《星因士 シリウス》]]
-[[《十二獣クックル》]]
-[[《スクラップ・リサイクラー》]]([[コスト]])
-[[《聖騎士の三兄弟》]]([[加える]])
-[[《超量士ブルーレイヤー》]]
-[[《デスグレムリン》]]([[加える]])
-[[《トラミッド・ダンサー》]]
-[[《ナチュル・マロン》]]
-[[《バスター・マーセナリ》]]
-[[《氷結界の輸送部隊》]]
-[[《ファイバーポッド》]]([[加える]])
-[[《伝説の黒石》]]
-[[《ペンギン・ナイト》]]
-[[《魔界発現世行きバス》]]
-[[《魔導戦士 フォルス》]]([[コスト]])
-[[《迷犬マロン》]]([[加える]])
-[[《メタボ・シャーク》]]
-[[《ライトロード・シーフ ライニャン》]]
-[[《レアル・ジェネクス・ウルティマム》]]
-[[《レグルス》]]

-[[《霞の谷の大怪鳥》]]([[加える]])
-[[《創世竜》]]
-[[《堕天使アムドゥシアス》]]

-[[《花札衛−柳−》]]
-[[《究極封印神エクゾディオス》]]([[コスト]])
-[[《巨大戦艦 ビッグ・コアMk−III》]]
-[[《時械神ラツィオン》]]
-[[《創星神 tierra》]]
-[[《堕天使イシュタム》]]
-[[《堕天使テスカトリポカ》]]
-[[《堕天使マスティマ》]]
-[[《戒めの龍》]]
-[[《冥帝エレボス》]]

-[[《イビリチュア・マインドオーガス》]]
-[[《サイバー・エンジェル−美朱濡−》]]([[コスト]])

-[[《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》]]
-[[《メタルフォーゼ・ミスリエル》]]
-[[《レインボー・ネオス》]]

-[[《アトミック・スクラップ・ドラゴン》]]
-[[《PSYフレームロード・Ω》]]
-[[《ダイガスタ・ガルドス》]]([[コスト]])
-[[《彼岸の詩人 ウェルギリウス》]]
-[[《ライトロード・アーク ミカエル》]]
-[[《ラヴァルバル・ドラゴン》]]([[コスト]])

-[[《間炎星−コウカンショウ》]]
-[[《ダイガスタ・エメラル》]]([[加える]])
-[[《No.49 秘鳥フォーチュンチュン》]]
-[[《マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード》]]

-[[《おろかな転生》]]
-[[《ガスタの交信》]]([[加える]])
-[[《ガルドスの羽根ペン》]]
-[[《機械天使の絶対儀式》]]
-[[《急転直下》]]([[加える]])
-[[《驚天動地》]]
-[[《緊急合成》]]([[コスト]])
-[[《金満な壺》]]([[加える]])
-[[《速攻魔力増幅器》]]
-[[《グラディアル・リターン》]]
-[[《剣闘獣の底力》]]([[コスト]])
-[[《サイバーダーク・インパクト!》]]
-[[《サイバー・リペア・プラント》]]
-[[《サイバネット・ユニバース》]]
-[[《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》]]([[コスト]])
-[[《召喚魔術》]]
-[[《真竜凰の使徒》]]([[加える]])
-[[《貪欲な壺》]]([[加える]])
-[[《貪欲で無欲な壺》]]([[加える]])
-[[《ヴァイロン・マター》]]([[加える]])
-[[《武神集結》]]
-[[《フリント・アタック》]]
-[[《ブンボーグ・ベース》]]
-[[《ホープ・オブ・フィフス》]]([[加える]])
-[[《マドルチェ・シャトー》]]
-[[《ミラクル・コンタクト》]]
-[[《無欲な壺》]]
-[[《錬装融合》]]([[加える]])
-[[《四次元の墓》]]([[加える]])
-[[《リゾネーター・エンジン》]]
-[[《リチュアの儀水鏡》]]([[コスト]])
-[[《竜星の輝跡》]]
-[[《SPYRAL Resort》]](維持[[コスト]])

-[[《悪魔の嘆き》]]
-[[《隠された魔導書》]]([[加える]])
-[[《ガスタのつむじ風》]]
-[[《ガスタへの祈り》]]([[加える]])
-[[《希望の光》]]([[加える]])
-[[《ギャクタン》]]
-[[《キャッシュバック》]]
-[[《局地的大ハリケーン》]]
-[[《サイコ・チャージ》]]([[加える]])
-[[《十二獣の方合》]]([[加える]])
-[[《真源の帝王》]]([[加える]])
-[[《星遺物に蠢く罠》]]([[加える]])
-[[《セフィラの聖選士》]]
-[[《TGX3−DX2》]]([[加える]])
-[[《DDDの人事権》]]
-[[《転生の予言》]]([[加える]])
-[[《古代遺跡の目覚め》]]([[加える]])
-[[《貪欲な瓶》]]
-[[《パワー・ブレイク》]]
-[[《ヒーロー・メダル》]]([[加える]])
-[[《ヴォルカニック・チャージ》]]
-[[《ボンディング−DHO》]]([[コスト]])
-[[《マジェスペクター・スーパーセル》]]([[加える]])
-[[《マドルチェ・マナー》]]
-[[《リターンソウル》]]
-[[《竜星の九支》]]
-[[《輪廻のパーシアス》]]

***ゲームから[[除外]]されている[[カード]]をデッキに[[戻す]][[カード]] [#q65c174b]
-[[《ネクロフェイス》]]

-[[《ライトレイ ソーサラー》]]

-[[メタファイズ]](自身を戻す・[[コスト]])
--[[《メタファイズ・ダイダロス》]]
--[[《メタファイズ・タイラント・ドラゴン》]]
--[[《メタファイズ・ネフティス》]]

-[[《戒めの龍》]]
-[[《魔導獣士 ルード》]]

-[[《E・HERO エリクシーラー》]]

-[[《刀神−不知火》]]

-[[《大欲な壺》]]
-[[《平行世界融合》]]

-[[《ギャクタン》]]
-[[《キャッシュバック》]]
-[[《ギョッ!》]]
-[[《不知火流 輪廻の陣》]]
-[[《星遺物に蠢く罠》]]([[加える]])
-[[《DDリビルド》]]
-[[《竜星の九支》]]
-[[《輪廻のパーシアス》]]

***[[エクストラデッキ]]の[[カード]]をデッキの中に[[戻す]][[カード]] [#t8673092]
-[[《創星神 tierra》]]

-[[《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》]]

-[[《金満な壺》]]([[加える]])

***[[ペンデュラムゾーン]]の[[カード]]をデッキに[[戻す]][[カード]] [#xc7b0992]
-[[《DDDの人事権》]]

***その他の「デッキに戻る」の関連[[カード]] [#gc70edb8]
-[[《虚空の騎士》]]
-[[《G・B・ハンター》]]
-[[《ナーガ》]]

-[[《マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード》]]

-[[《転生断絶》]]

-[[闘器]]

**関連リンク [#link]
-[[メインデッキ]]
-[[サイドデッキ]]
-[[エクストラデッキ]]

-[[デッキの一番上]]([[デッキトップ]])
-[[デッキの一番下]]([[デッキボトム]])
-[[デッキアドバンテージ]]
-[[デッキゾーン]]
-[[デッキパワー]]
-[[デッキ圧縮]]
-[[デッキ切れ]]
-[[デッキ破壊]]([[デッキデス]])
-[[デッキ融合]]

-[[主流デッキ]]
-[[ガチデッキ]]
-[[メタデッキ]]
-[[テーマデッキ]]
-[[デザイナーズデッキ]]
-[[ファンデッキ]]
-[[ストラクチャーデッキ]]

-[[公式用語集]]
-[[公式ルールブック:http://www.yugioh-card.com/japan/howto/rule_book.php]]