*バーン [#top]
 英単語の「Burn(燃える、燃やす)」から。~
 相手に[[ダメージ]]を与える[[効果]]を持つ[[カード]]、及びそのような[[カード]]を駆使し、ビートダウン以外の方法で相手の[[ライフポイント]]を0にする[[デッキ]]を指す。~

-以前は有名大会の上位に[[【ロックバーン】]]が入賞することもあったが、[[魔法・罠除去]]が増えてからは凋落している。~
また、[[【キャノンバーン】]]が新規[[カード]]を得るなどして安定したループ[[コンボ]]が開発されるとその[[キーカード]]を一気に[[禁止カード]]に指定する[[制限改訂]]例も散見され、[[《キャノン・ソルジャー》]]や[[《マスドライバー》]]等がそのパターンを被っている。~
「[[戦闘]]([[バトルフェイズ]])を行わなくても[[ライフ・アドバンテージ]]を稼げる」というバーンの特質上、[[先攻]][[1ターンキル]]に容易に結び付き易くなった[[カード]]プールの影響も大きいが、あくまで[[ビートダウン]]が中心になるようゲームがデザインされているようだ。

-[[魔法・罠カード]]の使い切りのバーン[[カード]]は、[[《ジェルエンデュオ》]]と[[1:1交換]]できる。~
[[《火の粉》]]や[[《雷鳴》]]の数少ない使い道と言える。

-元々は「Magic: the Gathering」に由来する語である。~

-原作・アニメにおいて―~
原作・アニメ共に、多くのデュエリストがバーンを中心とした戦術を用いている。~
1話完結のエピソードでは、放送時間内に終わらせるためにバーンで[[デュエル]]を終わらせる事がよくある。~
英語圏では、[[モンスター]]の[[ダイレクトアタック]]が暴力描写と捉えられるのを回避するための事情もある。~
初期[[ライフポイント]]が4000のルールであるあちらの世界では、倍の8000あるOCGより重要度が高いのだろう。~
初期[[ライフポイント]]が4000のルールであるあちらの世界では、倍の8000ある[[OCG]]より重要度が高いのだろう。~
[[攻撃]]できない[[先攻]]1[[ターン]]目から[[相手]]の[[ライフポイント]]を削っていくことも少なくはない。~
逆に現実の[[OCG]]よりもバーン[[効果]]に対する[[メタ]][[効果]]を持つ[[カード]]も多く登場している。~

--[[戦闘破壊]]した時に[[破壊]]した[[モンスター]]の[[ステータス]]分のバーンを行う[[効果]]は、アニメと[[OCG]]で処理が微妙に異なる。~
アニメでは、「元々の」と記されていない限り[[破壊された]]時の[[フィールド]]での[[ステータス]]を参照するが、[[OCG]]では元々の[[ステータス]]を参照する。~

--原作・アニメDMの「バトルシティ編」では[[プレイヤー]]に直接バーン[[ダメージ]]を与える[[魔法カード]]は[[禁止カード]]となっている。~
ただし、違法参加していたグールズのメンバーや闇バクラは[[《エクトプラズマー》]]等のバーン[[魔法カード]]も使用している。~
また、アニメ版ではマリクに洗脳された城之内の[[デッキ]]をリシドが「[[禁止カード]]で火力を高めたバーン[[デッキ]]」と評している。~
また、アニメ版ではマリクに洗脳された城之内の[[デッキ]]をリシドが「[[禁止カード]]で[[火力]]を高めたバーン[[デッキ]]」と評している。~

--アニメGXでは、事実上の初[[デュエル]]である「十代vsクロノス」(1戦目)において[[《E・HERO フレイム・ウィングマン》]]のバーン[[効果]]で決着した。~
「十代vsオブライエン」戦や「ヨハンvs無表情の仮面」戦では、片側のプレイヤーが一切[[攻撃宣言]]を行わないままバーン[[ダメージ]]のみで相手を敗北寸前まで追い込んでいる。
「十代vsオブライエン」戦や「ヨハンvs無表情の仮面」戦では、片側の[[プレイヤー]]が一切[[攻撃宣言]]を行わないままバーン[[ダメージ]]のみで相手を敗北寸前まで追い込んでいる。

--アニメ5D'sでは[[フィールド魔法]]《スピード・ワールド2》によるバーンで決着を付けようとするシーンが多く、同時に[[メタカード]]も頻出する。~
遊星、ジャック、クロウ、アキ等のメインキャラもバーン[[カード]]によるフィニッシュや駆け引きをしている事がある。~
全体的に細かいバーン[[効果]]を持つ[[カード]]が多いのも特徴である。

--アニメZEXALシリーズでは前作に比べるとやや登場頻度が少ないが、その分[[ギミック・パペット]]や[[《CNo.39 希望皇ホープレイV》]]等の大きい[[ダメージ]]を与える[[効果]]が多いのが特徴である。~
また、&ruby(ブイ){V};はWDC決勝戦で[[モンスター]]を(トロンの策略によって)あえて出さず、バーン[[カード]]で度々決着を付けていた。~

--アニメARC-Vでは、アクションフィールドを主体としたアクション[[デュエル]]内に設置された[[アクショントラップ>罠カード]]にバーン[[効果]]を持ったものが多い。~
その為、遊矢は不用意に[[効果ダメージ]]を受けることが多い一方、「vs九庵堂」戦では[[アクショントラップ>罠カード]]による5000ものバーン[[ダメージ]]を逆手に取った[[コンボ]]を使い、反撃のきっかけを作った。~
また、同じ監督の繋がりからか前々作の5D's同様にバーン[[カード]]の出現頻度が高く、特に複数の[[プレイヤー]]を[[相手]]にするバトルロイヤルルールでの登場が多い。

--アニメVRAINSでも、ハノイの騎士の[[《クラッキング・ドラゴン》]]を皮切りに多数のバーン[[カード]]が登場している。~
またメインキャラクターにも、バーンに特化した[[トリックスター]]を使う財前 葵/ブルーエンジェルのようなデュエリストが存在する。~

---「葵/ブルーエンジェル vs プロトタイプAIデュエリストB」戦では[[お互い]]が微弱なバーンを打ち合うという珍しい[[デュエル]]となり、実に6500もの[[ライフ]]を500以下のバーンだけで削り合っている。~
劇中でも「[[効果ダメージ]]で殴り合いなら負けない」「[[効果ダメージ]]で確実に[[ライフ]]を削り取るこの戦術こそAIの真骨頂」とバーンが強調されていた回であった。~

--バーンの[[メタカード]]と、[[効果ダメージ]]の[[デメリット]]を持つ[[カード]]とを併用するデュエリストも多い。~
アニメZEXAL&ruby(セカンド){II};のミザエル、アニメGXのカイザー亮やアニメARC-Vの赤馬零児・デニスらが挙げられる。~
特に赤馬零児は、[[デッキ]]コンセプトからして[[効果ダメージ]]持ちの[[契約書]]とそれを[[メタ]]る[[DD]]を組み合わせたものである。~

-コナミのゲーム作品において―~
[[DUEL TERMINAL]]では[[ライフポイント]]が4000制であるため、オブライエン、ボマー、EXステージのマリクの前ではあっという間に削られてしまう。~
また、[[《スフィア・ボム 球体時限爆弾》]]、[[《魔法の筒》]]、[[【シモッチバーン】]]の使い手にも注意しなければならない。~
TAG FORCEシリーズの2から3までに登場したミニゲーム「深淵からの訪問者」では、[[ライフ]]の少ない[[相手]]と連戦するというシステム上[[【フルバーン】]]での挑戦が安定的となっている。

**バーンデッキ一覧 [#list]
-[[【フルバーン】]]
--[[【フルバーン1キル】]]
--[[【連弾バーン】]] 

-[[【キャノンバーン】]]
--[[【アンデットオーム】]]([[【ビートバーン】]]にも分類できる)
--※[[【混黒1キル】]]
--※[[【サイエンカタパ】]]

-[[【ビートバーン】]]
--[[【炎属性】]]
---[[【ヴォルカニック・バーン】]]
---[[【スピード・キング☆スカル・フレイム】]]
--[[【アンデットオーム】]]([[【キャノンバーン】]]にも分類できる)
--[[【シザースバンカー】]]
--[[【ライトニングパニッシャー】]]

-※[[【マジカルエクスプロージョン1キル】]]
---※[[【ドグマブレード】]]

-[[【ウォールバーン】]]
-[[【キュアバーン】]]
-[[【グリードバーン】]]
-[[【シモッチバーン】]]
-[[【チェーンバーン】]]
-[[【ハンデスバーン】]]
-[[【ロックバーン】]]
-[[【アレクチェイン】]]
-[[【カオスループ】]]
-[[【ジャンク天使】]]
-[[【大逆転クイズ】]]
-[[【ヘル・サターン1キル】]]
-[[【マテリアル1キル】]] 

-[[【自爆スイッチ】]](一種の[[バーン]]デッキ)
**関連リンク [#link]
-[[デュエルの勝利条件]]

-[[効果ダメージ]]

-[[火力]]
-[[射出]]

-[[用語集]]