*モンスター/Monster [#qd777d29]
*モンスター/Monster [#top]
 [[モンスターカード]]のこと。~
 「[[通常モンスター]]」「[[効果モンスター]]」「[[融合モンスター]]」「[[儀式モンスター]]」「[[シンクロモンスター]]」「[[エクシーズモンスター]]」「[[ペンデュラムモンスター]]」「[[リンクモンスター]]」に大別される。~
 [[フィールド]]にある時は「モンスター1体、2体・・・」と数えられる。~
 昨今では、[[サーチ]]・[[リクルート]]・[[サルベージ]]の際にも「1体、2体・・・」と数えることが多くなっている。~

-[[テキスト]]で「[[モンスターカード]]」「モンスター」と書かれている場合、「[[魔法&罠ゾーン]]に存在する[[モンスターカード]]」は含まない([[装備カード]]扱いのモンスター等)。~
//「1体」という表現は時期によって意味が異なるように見える。8期の鳳凰の陣や9期テキストを確認の事
それらは「モンスター」ではなく「[[装備魔法]](または[[永続魔法]])」として扱う。~
--[[《剣闘獣ガイザレス》]]は[[融合素材]]として[[《剣闘獣ベストロウリィ》]]と[[剣闘獣]][[モンスター]]を指定している。~
さらに「[[自分]][[フィールド]]の''上記[[カード]]を''[[デッキ]]に[[戻した>戻す]]場合」と[[手順>コストと効果]]を指定しているため、[[装備魔法]]扱いの[[《剣闘獣ベストロウリィ》]]を[[デッキ]]に[[戻す]]事も可能。~
「[[剣闘獣]][[モンスター]]」としては上記の通り、[[魔法&罠ゾーン]]の[[剣闘獣]]を使用する事ができない。~

--同様に[[エクシーズ素材]]となった[[モンスターカード]]も含まれない。~
[[エクシーズ素材]]は[[カード]]として扱われないからである。~

-[[戦士>戦士族]]や[[魔法使い>魔法使い族]]などの人間だろうが、[[天使>天使族]]だろうが[[建物>《王立魔法図書館》]]だろうが、「モンスター」でひとくくりにされている。~

-[[《アイツ》]]([[天使族]])や[[《団結するレジスタンス》]]([[雷族]])を始め、見た目だけでは[[種族]]が判別できないモンスターも多い。~

-遊戯王カードゲームの顔とも言える存在であり、様々なモンスターが数々のデュエリストに使われている。~
遊戯王のアニメや原作を見ていなくとも[[《青眼の白龍》]]や[[《ブラック・マジシャン》]]といった有名なモンスターの名前を聞いた事のある人も多いのではないだろうか。~
キャラクターとしての人気も高いものもあり、[[カードプロテクター]]や下敷きなど、モンスターが単体で何らかの商品に登場する事も多い。~

--また、モンスターの中には独自の世界観を形成しているものもあり、[[デュエル]]とは違った楽しみを見出す[[プレイヤー]]も少なくない。~
こういった世界観はマスターガイド等の書籍で紹介される他、[[カード]]の[[イラスト]]や最近では[[フレイバー・テキスト]]から読み取ることもできる。~

-パックの表紙を飾るのも基本的にモンスターであり、アニメや原作で多くのキャラクターが使う主要[[デッキ]]もモンスターを利用した[[ビートダウン]]である。~

-上記8種のモンスター全種を使用したキャラクターは漫画・アニメには未だに登場していない。~
[[OCG]]においても長らく全てを包括した[[カテゴリ]]は存在しなかったが、2018年に[[デーモン]]が初の記録達成を成し遂げた。~
次点は[[リンクモンスター]]以外が存在する[[オッドアイズ]]が該当する。~

-原作・アニメにおいて―~
言うまでもなく、多数のモンスターが露払いから[[コンボ]]パーツ、[[フィニッシャー]]に至るまで様々に活躍している。~
デュエルディスク等により全てのモンスターのソリッドビジョン(3D映像)が存在するためか、[[ビートダウン]]志向のプレイヤーや観客は多い。~
城之内の[[デッキ]]は当初、全て[[モンスターカード]]のみの[[【フルモンスター】]]であった。~
逆にリシドの本来の[[デッキ]]にはモンスターが入っていない。~
また、アニメでは切り札モンスターの[[召喚]]に成功すると、それ以降[[モンスターの召喚]]をあまり行わず、[[魔法・罠カード]]や他のモンスターで守る傾向がある。~
その他、尺や出番の都合上もあってか、特に敵サイドはそのまま[[攻撃]]した方が有効な場合でも[[シンクロ召喚]]や[[エクシーズ召喚]]に繋ぐ事が多い。~

--モンスターを全く[[メインデッキ]]に入れていないデュエリストとして、アニメGXで無表情の仮面、ZEXAL&ruby(セカンド){II};でアストラル、エリファスが登場している。~
無表情の仮面は[[【ドローゴー】]]使いであり、後者二人は[[カードの効果]]で[[エクストラデッキ]]から[[エクシーズモンスター]]を[[特殊召喚]]し、[[RUM]]で新たな[[エクシーズモンスター]]を[[特殊召喚]]する戦術の使い手である。~

--シリーズ全体を通して、主人公サイドは仲間の結束や[[カード]]との絆を重んじる考えから自分のモンスターを自分の仲間同様大切に扱う。~
逆に敵サイドは、仲間や家族を「所詮は目的を果たすための駒」と切り捨て、自分のモンスター同様軽んじる傾向が強い(例としては5D'sのZ-ONEやZEXALのトロンなど)。~
もちろん、自分や仲間、そのモンスターを大事に扱うキャラクターも存在する(DMのラフェールやZEXALIIのナッシュなど)。~
---[[モンスター]]に精霊が宿っている世界観の場合もあるアニメでは、この点はしばしばストーリー上でクローズアップされる。~
[[《エクトプラズマー》]]や[[《カタパルト・タートル》]]、[[《CX 冀望皇バリアン》]]なども参照のこと。

--ソリッドビジョンの映像は、[[イラスト]]やゲーム作品のポリゴン等と姿が異なっていることがある。~
特にアニメARC-Vでは、[[OCG]]既存の[[エクストラデッキ]]に入るモンスター、[[DUEL TERMINAL]]出身のモンスター等のデザインで[[色が異なっていたり>《H−C エクスカリバー》]]、[[細かな形状が異なっていたり>《ジェムナイトマスター・ダイヤ》]]するものが登場するケースがあった。~
「主人公たちの住む世界が元々[[エクストラデッキ]]を使用しない世界だった」等、世界観との関連性もあると思われるが、詳細は言及されることなかった。~
上記以外では、[[召喚]]時などの声もゲーム作品と異なっており、モンスターによっては作品毎に声が変わっている事もある。~
作品や登場回によっては[[女性なのに野太い声を充てられたり>《TG ワンダー・マジシャン》]]、[[年齢とかけ離れた声をしていたり>《XX−セイバー フラムナイト》]]するものも少なからず存在しており、再登場時に修正されることも多い。~

--特定人物や唯一神など、背景ストーリー上では1体しか存在しない[[モンスター]]も、ゲーム展開によっては2体以上[[フィールド]]に並ぶ事がままある。~
原作やアニメでも普通は取り沙汰されないが、[[あまりに度が過ぎる場合>《切り込み隊長》]]にはツッコミが入ることもある。~
//↑ツッコミって誰が?
//GXの万丈目vs4人戦のことでしょ
---逆に、その世界に1枚しか存在しないはずの[[モンスターカード]]が[[プロキシ]]などの理由や事情で複数体登場する展開もある。~
例えば[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]は偽ジャックにより3体[[特殊召喚]]された。

--作品によっては一部のモンスターが精霊など一人のキャラクターとして登場する事がある。~
基本的にモンスターの声優は明かされないが、この場合はキャストの一覧にクレジットされる。~
例外として、劇場版『遊戯王〜超融合!時空を越えた絆〜』では[[《ジャンク・ウォリアー》]]等もキャスト一覧に含まれている。~

-コナミのゲーム作品において―~
WCSシリーズや真DMシリーズ、[[DUEL TERMINAL]]などではモンスターに3Dのポリゴンが存在する。~
特に後者2つでは[[攻撃]]モーション等も存在している。~

**関連リンク [#x658020b]
**関連リンク [#link]
-[[モンスターカード]]
-[[モンスター効果の発動]]
-[[モンスターの召喚]]

-[[モンスター除去]]

-[[【フルモンスター】]]

-[[公式用語集]]