*攻撃力/ATK(Attack Points) [#top]
 ATKは[[モンスター]]の攻撃力を表しています。~
 この数値が高いほど、[[モンスター]]同士の[[戦闘]]では有利になります。

 (公式ルールブック バージョン 1.0 より引用)~

----

-[[フィールド]]上の[[モンスター]]の攻撃力が変動したとしても、[[フィールド]]から離れれば[[リセット]]される。~
「[[元々の攻撃力>元々の攻撃力(守備力)]]の変化」であっても、同様である。~

-[[《コアラッコ》]]等の「指定した数値にする[[効果]]」は、後から別に受ける場合上書きされる。~
--「攻撃力が〜になる」永続的[[効果]]の後に、「攻撃力が〜アップ(ダウン)する」永続的[[効果]]が[[適用]]される。~
--「攻撃力が〜になる」[[効果]]は、複数[[適用]]された場合後から[[適用]]された値になる。~
--「攻撃力が〜アップする」[[効果]]は累積する。~

>(その他数値変動については「[[元々の攻撃力(守備力)]]」や「[[ステータス]]」も参照のこと)~

-攻撃力「?」は、[[デッキ]]・[[墓地]]・[[手札]]では判定できない。~
よって、「[[デッキ]]から攻撃力1500以下の[[モンスター]]を〜〜」などのような「数値を限定する」[[効果の対象]]にできない。~
「攻撃力?」の[[モンスター]]は、「攻撃力1500以上」でもなければ「攻撃力1500以下」でもないからである。~
他方で、「[[元々の攻撃力>元々の攻撃力(守備力)]]」等で、どうしても攻撃力を参考にしなければならない場合は0として処理する。~

-攻撃力0同士の[[モンスター]]が[[戦闘]]した場合、「両者[[戦闘ダメージ]]を受けていない」という事で両方とも[[破壊]]されない。~
滅多にないケースではあるが、覚えておくのもよいだろう。~
ちなみに海外やゲーム作品では[[戦闘破壊]]されるので注意したい。~

-攻撃力([[守備力]])を半減させる[[効果]]が[[発動]]されて小数点以下が発生した場合、小数第一位を四捨五入する。~
//邪神ドレッドルートから転載

-攻撃力0の状態で攻撃力が倍・半分にする[[効果]]を受けた場合でも、その攻撃力は倍・半分にされた扱いになる。~
//--攻撃力0の[[機械族]][[モンスター]]が存在する時に[[《リミッター解除》]]を[[発動]]した場合、攻撃力は変化してないが、攻撃力を倍にして[[効果]]を受けた扱いなり、[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]される。
//テキストを見ればわかるがリミッター解除の自壊処理は攻撃力を変化させる事を要件としない。グローリアス・ヘイローとはそもそもの考え方が異なる。
[[《No.102 光天使グローリアス・ヘイロー》]]の[[効果]]で攻撃力0の[[モンスター]]に対して[[発動]]した場合、攻撃力は変化してないが、攻撃力を半分にした扱いになり、[[無効]]にする[[効果]]が[[適用]]される。

//↓攻撃力が変化しないように効果を発動する事は原則として空撃ちにあたる。「0にした扱いにできない」んじゃなくて、そもそも攻撃力0のモンスターに「0にする」効果を適用する事ができない。半分・倍はその例外。
//-攻撃力0の状態で攻撃力を0にする[[効果]]の処理を行なう場合、その[[カード]]の[[効果]]によって[[攻撃力]]を0にした扱いにする事ができない。
//--[[《輝光子パラディオス》]]の攻撃力0になる[[効果]]処理の時に、他の[[効果]]によって既に[[対象]][[モンスター]]の攻撃力が0になってしまうと、[[《輝光子パラディオス》]]の[[効果]]によって攻撃力を0にした扱いにする事ができず、[[無効]]にする[[効果]]が[[適用]]されない。

-[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》]]など[[攻撃力]]を参照する[[効果]]は、[[効果処理時]]に[[効果]]を[[発動]]した[[モンスター]]が[[フィールド]]を離れると[[不発]]になる。~

-[[主流デッキ]]、[[必須カード]]の変化により、「攻撃力の基準」が生まれる事がある。~
もちろんこれは、[[環境]]によっていくらでも変化するものである。~
[[デッキ・カードプールの変遷]]も参照。~
--かつて[[【帝コントロール】]]が流行していた頃には、この[[帝]]の「攻撃力2400」が通称「[[帝]]ライン」と呼ばれていた。~
これを超えていないものは採用を見送られる事もあり、逆にこれを超える[[《冥界の魔王 ハ・デス》]]等はそれだけでも評価された。~
また[[《ゴヨウ・ガーディアン》]]が[[環境]]で活躍していた頃は、この「攻撃力2800」が[[コントロール奪取]]されず安心して[[モンスター]]を展開できる指標とされた。~

--[[下級モンスター]]の攻撃力の指標としては、古くは[[《ヂェミナイ・エルフ》]]や[[《ブラッド・ヴォルス》]]、後には[[《ライオウ》]]や[[《E・HERO アナザー・ネオス》]]が作り出した「攻撃力1900」のラインが有名である。~
これがあったために、[[《ジェネティック・ワーウルフ》]]や[[半上級モンスター]]の[[《サイバー・ドラゴン》]]の登場は革新的であった。~

--[[自己強化]]を行える[[効果モンスター]]は、[[レベル]]毎の攻撃力の基準を超えられるかどうかが評価の分かれ目になっている。~
[[元々の攻撃力>元々の攻撃力(守備力)]]と[[強化]]値を足してもそれに届かない場合、あるいはその[[強化]]に手間がかかる場合は、元々基準を満たしているものを使った方が良いとされる。~

--[[テーマデッキ]]や[[デザイナーズデッキ]]が[[主流デッキ]]となってからは、「攻撃力の基準」が以前ほどは注目されなくなった。~
多少攻撃力が低くとも、よりテーマ、戦術に沿ったものが採用されるようになったためである。~
汎用的な[[シンクロモンスター]]や[[エクシーズモンスター]]が登場したのも大きい。~
もちろん、[[【ライトロード】]]のように[[切り札>キーカード]]の攻撃力が高いために評価を受ける例も、いまだに存在している。~

-俗に「打点」とも呼ばれる。~

-原作・アニメにおいて―~
絵面が派手なためか、攻撃力の高い[[モンスター]]をより攻撃力の高い[[モンスター]]で倒す展開が好まれる。~
これにより、[[OCG]]ではありえないほどの高攻撃力を記録する事も少なくない。~

--原作・アニメでは、特殊能力「ゴッド・ハンド・インパクト」を[[発動]]した[[《オベリスクの巨神兵》]]の攻撃力は∞(無限大)となる。~
また、「ドーマ編」の「闇遊戯&海馬vsダーツ」戦でダーツの使用した[[《蛇神ゲー》]]は、[[元々の攻撃力]]が∞であった。~
同[[デュエル]]では[[《合神竜ティマイオス》]]も攻撃力∞になっている他、遊戯王Rの「闇遊戯vs天馬夜行」では[[《邪神アバター》]]も攻撃力∞となっている。~
これらが原作・アニメにおける攻撃力の最高記録であり、今後も1位タイが登場することこそあれ、これを上回る記録は登場しないだろう。~

--「無限」を除くと、アニメZEXAL&ruby(セカンド){II};の「遊馬&ナッシュvsドン・サウザンド」戦で[[《No.39 希望皇ホープ》]]が記録した攻撃力204000が史上最高攻撃力となる。~
その他の各シリーズにおける最高攻撃力は以下の通り。~

---DM:劇場版「光のピラミッド」の「闇遊戯vsアヌビス」戦における、[[《スフィンクス・アンドロジュネス》]]の攻撃力35000~
(アニメ本編に限定すれば「闇遊戯vs人形(マリク)」戦における、[[《オシリスの天空竜》]]の攻撃力が少なくとも29000である。)

---GX:アニメGXの「十代vsカイザー亮」(2戦目)における、[[《サイバー・エンド・ドラゴン》]]の攻撃力36900

---5D's:アニメ5D'sの「遊星vsZ‐ONE」戦における、[[《スターダスト・ドラゴン》]]の攻撃力23000

---ARC-V:アニメARC-Vの「北斗vs真澄vs刃vs黒咲」戦における、[[《RR−ライズ・ファルコン》]]の攻撃力16400

---VRAINS:アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vs了見/リボルバー」(4戦目)における、[[《デコード・トーカー》]]・[[《トランスコード・トーカー》]]の攻撃力9200

--基本的に「攻撃力の低い[[モンスター]]=[[弱いカード>紙]]」と認識するキャラクターがシリーズを通して散見される。~
攻撃力が低くとも[[効果]]が優秀な[[モンスター]]と過去に対戦、あるいはその存在を知っているはずなのにその様な認識を改めない人物も多く、その存在を軽んじた[[モンスター]]によって予想外の事態に見舞われたり、手痛いしっぺ返しを食らうのがある種のお約束となっている。~
ただ、一部のデュエリストは攻撃力の大小だけでは判断せず、そのことがその人物の強さや経験値の豊富さを示唆する描写にも繋がっている。~

-コナミのゲーム作品において―~
最強カードバトル!では、ストロング十九が攻撃力1900の[[下級モンスター]]に対して強い拘りを見せており、[[デッキ]]に多数該当[[モンスター]]を投入しているほか、その[[モンスター]]の[[召喚]]時には専用ボイスを喋る演出がある。

**攻撃力の主な指標 [#list1]
//比較的遭遇率が高いものやデッキ構築で考慮できるもの
//未満の対義語は超過です。

-0:[[レプティレス]]・[[《ゴルゴニック・ガーディアン》]]等の[[効果]][[対象]]。

-500以下:[[《デブリ・ドラゴン》]]の[[効果]][[対象]]。

-1000以下:[[《ドラゴラド》]]・[[《リミット・リバース》]]・[[《タンホイザーゲート》]]らの[[対象]]。[[《連鎖除外》]]の影響を受ける。~
[[闇属性]]ならば、[[《死のデッキ破壊ウイルス》]][[発動条件]]。

-1000以上:[[《落とし穴》]]の[[対象]]となる。

-1400以下:[[《王虎ワンフー》]]の[[効果]][[対象]]。

-1400:一般的な[[リクルーター]]ライン。

-1500以下:[[《魔のデッキ破壊ウイルス》]]の影響を受ける。[[《地獄の暴走召喚》]]の[[対象]]。多くの[[リクルーター]]の[[対象]]範囲。

//-1500:[[《魔のデッキ破壊ウイルス》]]・[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]両方で[[破壊]]される。

//-1500以上:[[《奈落の落とし穴》]]・[[《平和の使者》]]の影響を受ける。
-1500以上:[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]・[[《奈落の落とし穴》]]・[[《平和の使者》]]の影響を受ける。

//-1600:[[《魔導戦士 ブレイカー》]]・[[《ドリルロイド》]]等、準[[アタッカー]]ながら優秀な[[効果]]を持つ[[モンスター]]が多く存在する。

-1700:[[《ジュラック・ヴェロー》]]らと[[相打ち]]になる。
//-1700:[[《ジュラック・グアイバ》]]らと[[相打ち]]になる。
//裁定変更により、相打ちでは初動不可に。

//-1800:[[メリット]][[効果]]付き[[アタッカー]]のライン。

-1800未満:[[《H・C 強襲のハルベルト》]]に[[戦闘破壊]]され、[[効果]]を[[適用]]される。

-1900:[[デザイナーズデッキ]]の[[アタッカー]]一般[[通常モンスター]]、[[《インヴェルズ・ローチ》]]・[[《ライオウ》]]・[[《E・HERO アナザー・ネオス》]]ライン。~

-2000:[[《アレキサンドライドラゴン》]]・[[《ジェネティック・ワーウルフ》]]・[[《幻のグリフォン》]]といった、[[下級]][[通常モンスター]]の最大[[攻撃力]]。

-2000以上: [[直接攻撃]]4回で初期[[ライフ]]8000を削る。[[《煉獄の落とし穴》]]の影響を受ける。
//[[《魔のデッキ破壊ウイルス》]]の[[発動条件]]

-2100未満:[[《イビリチュア・メロウガイスト》]]に[[戦闘破壊]]される。

//-2100以下:[[《No.50 ブラック・コーン号》]]に[[除去]]される。

-2100:[[《サイバー・ドラゴン》]]・[[《フォトン・スラッシャー》]]といった[[汎用性]]の高い[[特殊召喚]][[効果]]を持つ[[モンスター]]に多い数値。

//-2300以下:[[《ゴブリン突撃部隊》]]、[[《スチームロイド》]]等の[[下級]][[デメリット]][[アタッカー]]に[[戦闘破壊]]される。~

//-2300:[[《氷結界の龍 ブリューナク》]]、[[《カオス・ソーサラー》]]ライン。

-2400:[[帝]]や[[《人造人間−サイコ・ショッカー》]]をはじめとした一般[[上級モンスター]]ライン。
//↑帝は書いておいた方いいと思いますけど…
//帝の強化やSS封じが増えた事により復帰

-2500:[[《真六武衆−シエン》]]・[[《氷結界の龍 グングニール》]]・[[《マシンナーズ・フォートレス》]]といった[[デザイナーズデッキ]]のエース[[モンスター]]、[[《No.17 リバイス・ドラゴン》]](≒[[レベル]]3[[モンスター]]2体)ライン。

//-2500以上:[[《闇のデッキ破壊ウイルス》]]の[[発動条件]]。

-2600:[[《フロストザウルス》]]等[[上級>上級モンスター]][[通常モンスター]]の最大値、[[《ジェムナイト・パール》]](≒[[デメリット]]のない[[レベル]]4×2体)・[[《迅雷の騎士ガイアドラグーン》]]、[[《BF−疾風のゲイル》]]単体に[[戦闘破壊]]されるライン。~

-2700:[[《冥府の使者ゴーズ》]]の他、[[《マスター・ヒュペリオン》]]・[[《暗黒界の龍神 グラファ》]]を初めとする[[デザイナーズデッキ]]の最大攻撃力ライン。

-2700以上:[[直接攻撃]]3回で初期[[ライフ]]8000を削る。

-2800:[[最上級]][[帝]]・[[《ダーク・アームド・ドラゴン》]]・[[《大天使クリスティア》]]・[[《椿姫ティタニアル》]]・[[《神竜騎士フェルグラント》]]ライン。~
//征竜でのギガンテックの活躍により復帰
//--[[《ゴヨウ・ガーディアン》]]は特にお手軽な[[シンクロモンスター]]で、この[[カード]]未満の攻撃力の有用性は大幅に下がった。~
//戦闘で負けるだけでなく、[[コントロール奪取]]もされるのである。~
//--[[《ゴヨウ・ガーディアン》]]の禁止と[[《大天使クリスティア》]]の規制でこの[[カード]]未満の攻撃力を持つ[[モンスター]]の有用性は上がり、採用が見送られていたカードを再び採用する機会が増える。~

-2800以上:[[《神竜騎士フェルグラント》]]を[[戦闘破壊]]できる。~

-2950:[[《覚醒の勇士 ガガギゴ》]](≒[[効果モンスター]]ではない3体素材の[[ランク]]4)の数値。

-3000:[[効果]]使用時の[[《No.52 ダイヤモンド・クラブ・キング》]](≒[[レベル]]4[[モンスター]]2体)、[[通常モンスター]]最大[[攻撃力]]の[[《青眼の白龍》]]とこれを基準とする[[切り札>フィニッシャー]][[モンスター]]ライン。

-3200以下:[[《アーマード・ビー》]]・[[《機皇兵グランエル・アイン》]]・[[《BF−星影のノートゥング》]]単体に[[戦闘破壊]]される。

-3200:[[《ナイト・バタフライ・アサシン》]](≒[[レベル]]4[[モンスター]]3体)・[[《星態龍》]]の数値。

-3300:[[召喚制限]]と[[デメリット]]がない[[モンスター]](=[[《超伝導恐獣》]]・[[《壊星壊獣ジズキエル》]]・[[《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》]])の[[元々の攻撃力]]の最大値。~

-3800:[[召喚制限]]がない[[モンスター]](=[[《獣神機王バルバロスUr》]])の[[元々の攻撃力]]の最大値。~

-4000以下:[[《ゴーストリック・デュラハン》]]を素材にした[[《ゴーストリックの駄天使》]](≒[[レベル]]1[[モンスター]]2体)に[[戦闘破壊]]される。

-4000:3体を[[リリース]]する「[[神>三幻神]]」系統の[[モンスター]]ライン。~

-4000以上:[[直接攻撃]]2回で初期[[ライフ]]8000を削る。~

-4400以下:[[《スプレンディッド・ローズ》]]・[[《No.94 極氷姫クリスタル・ゼロ》]]単体に[[戦闘破壊]]される。

-4500以下:[[《捕食植物キメラフレシア》]]単体に[[戦闘破壊]]される。

-5000以下:[[《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》]](≒[[レベル]]4[[モンスター]]2体)に[[戦闘破壊]]される。

-5000:[[《究極竜騎士》]]・[[《F・G・D》]]・[[《Sin トゥルース・ドラゴン》]]・[[《爆走特急ロケット・アロー》]]等、普通の[[デュエル]]に使用できる[[モンスター]]の[[元々の攻撃力]]の最大値。~

-5400以下:[[《怪粉壊獣ガダーラ》]]単体に[[戦闘破壊]]される。~

-5600以下:[[《地球巨人 ガイア・プレート》]]・[[《E・HERO Great TORNADO》]]単体に[[戦闘破壊]]される。

-8000以下:[[《邪神ドレッド・ルート》]]単体に[[戦闘破壊]]される。

-8000以上:[[直接攻撃]]1回で初期[[ライフ]]8000を削る。[[バトル>バトルフェイズ]]内での(後攻以降の)[[1ターンキル]][[コンボ]](=合計攻撃力[[ダメージ]])の指標ともいえる。~

-10000:[[ボスデュエル]]も含めた場合[[《ドン・サウザンド/モンスターB》]]が持つ[[攻撃]]可能な[[モンスター]]の[[元々の攻撃力]]の最大値。[[効果]][[適用]]中の[[《混沌幻魔アーミタイル》]]もこの値。

**攻撃力を指定する[[カード]] [#list2]
―攻撃力3000以上対象
-[[《ドラゴン・目覚めの旋律》]]
-[[《臨時ダイヤ》]]

―攻撃力3000以下対象
-[[《ZS−幻影賢者》]]

-[[《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》]]

-[[《メタルフォーゼ・カーディナル》]]

-[[《No.93 希望皇ホープ・カイザー》]]

-[[《悪のデッキ破壊ウイルス》]]

―攻撃力2800対象
-[[《再臨の帝王》]]
-[[《真帝王領域》]]
-[[《帝王の開岩》]]
-[[《帝王の深怨》]]

―攻撃力2500以上対象
-[[《ヘルフレイムゴースト》]]

-[[《ジュラック・インパクト》]]
-[[《闇のデッキ破壊ウイルス》]]

―攻撃力2500以下対象
-[[《メタルフォーゼ・アダマンテ》]]

-[[《竜の束縛》]]

―攻撃力2400以上対象
-[[《天帝アイテール》]]
-[[《冥帝エレボス》]]

-[[《帝王の凍気》]]

-[[《ダーク・アドバンス》]]

―攻撃力2400対象
-[[《再臨の帝王》]]
-[[《帝王の開岩》]]
-[[《帝王の深怨》]]

―攻撃力2100以上
-[[《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》]]

―攻撃力2000以上対象
-[[《華麗なる密偵−C》]]
-[[《ナチュル・ドラゴンフライ》]]

-[[《炎獄魔人ヘル・バーナー》]]
-[[《オーバーレイ・ブースター》]]

-[[《銀河眼の光子竜》]]
-[[《限界竜シュヴァルツシルト》]]

-[[《ブラック・イリュージョン》]]
-[[《魔のデッキ破壊ウイルス》]]
-[[《煉獄の落とし穴》]]

―攻撃力2000以下対象
-[[《静寂のサイコウィッチ》]]
-[[《ヘルウェイ・パトロール》]]
-[[《魔装戦士 ドラゴディウス》]]
-[[《魔装戦士 ドラゴノックス》]]
-[[《メンタルプロテクター》]]

-[[《威圧する魔眼》]]

-[[《悪のデッキ破壊ウイルス》]]
-[[《連鎖破壊》]]
-[[《ブラック・バック》]]
-[[《マジシャンズ・サークル》]]

―攻撃力2000未満対象
-[[《華麗なる密偵−C》]]

―攻撃力1900以上対象
-[[《ゴラ・タートル》]]
-[[《氷結界の修験者》]]
-[[《翻弄するエルフの剣士》]]
-[[《ロードランナー》]]

-[[《ヒーロー・ヘイロー》]]

―攻撃力1900以下対象
-[[《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》]]

―攻撃力1850対象
-[[《妖精伝姫−カグヤ》]]

―攻撃力1800以上対象
-[[《かつて神と呼ばれた亀》]]

-[[《転回操車》]]

―攻撃力1800以下対象
-[[《後に亀と呼ばれる神》]]

―攻撃力1800未満対象
-[[《聖騎士トリスタン》]]

―攻撃力1700以下対象
-[[《ジュラック・ヴェロー》]]
-[[《ジュラック・グアイバ》]]

-[[《ジュラック・タイタン》]]

―攻撃力1600以上対象
-[[《ドリラゴ》]]

―攻撃力1600以下対象
-[[《ONeサンダー》]]
-[[《カオスエンドマスター》]]
-[[《サンダー・シーホース》]]

―攻撃力1500以上対象
-[[《デス・ウイルス・ドラゴン》]]

-[[《平和の使者》]]

-[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]
-[[《奈落の落とし穴》]]
-[[《闇の閃光》]]
-[[《螺旋式発条》]]

―攻撃力1500対象
-[[《ジゴバイト》]]

―攻撃力1500以下対象
-[[《応戦するG》]]
-[[《巨大ネズミ》]]
-[[《キラー・トマト》]]
-[[《グリズリーマザー》]]
-[[《クリッター》]]
-[[《荒野の女戦士》]]
-[[《コーリング・ノヴァ》]]
-[[《ゴキポン》]]
-[[《ジェネクス・サーチャー》]]
-[[《シャインエンジェル》]]
-[[《朱雀の召喚士》]]
-[[《テレポンD.D.》]]
-[[《ドラゴンフライ》]]
-[[《ハーピィ・ハーピスト》]]
-[[《共鳴虫》]]
-[[《墓守の偵察者》]]
-[[《風来王 ワイルド・ワインド》]]
-[[《BF−蒼炎のシュラ》]]
-[[《仮面竜》]]
-[[《魔装戦士 アルニス》]]
-[[《UFOタートル》]]

-[[《ユーフォロイド》]]

-[[《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》]]
-[[《闇霊神オブルミラージュ》]]

-[[《サルベージ》]]
-[[《地獄の暴走召喚》]]
-[[《ダーク・バースト》]]
-[[《バッテリーリサイクル》]]
-[[《遺言状》]]

-[[《ヒーロー・ヘイロー》]]
-[[《補充要員》]]
-[[《魔のデッキ破壊ウイルス》]]

―攻撃力1300以上対象
-[[《明鏡止水の心》]]

―攻撃力1400以下対象
-[[《王虎ワンフー》]]

―攻撃力1200以下対象
-[[《ジェイドナイト》]]
-[[《ファルシオンβ》]]

―攻撃力1000以上対象
-[[《オートマチック・レーザー》]]
-[[《落とし穴》]]

―攻撃力1000以下対象
-[[《EMコン》]]
-[[《幻影の魔術士》]]
-[[《ドラゴラド》]]
-[[《バイオファルコン》]]
-[[《ミスター・ボンバー》]]

-[[《財宝への隠し通路》]]
-[[《召喚制限−パワーフィルター》]]
-[[《タンホイザーゲート》]]
-[[《調和の宝札》]]
-[[《バスターランチャー》]]

-[[《アサルト・スピリッツ》]]
-[[《オーバーリミット》]]
-[[《死のデッキ破壊ウイルス》]]
-[[《連鎖除外》]]
-[[《リミット・リバース》]]

―攻撃力800以上対象
-[[《ロケットハンド》]]

―攻撃力800対象
-[[《地帝家臣ランドローブ》]]
-[[《天帝従騎イデア》]]
-[[《風帝家臣ガルーム》]]
-[[《冥帝従騎エイドス》]]

―攻撃力500対象
-[[《古代の機械箱》]]

―攻撃力500以下対象
-[[《オシャレオン》]]
-[[《デブリ・ドラゴン》]]

-[[《機械複製術》]]
-[[《ブレイズ・キャノン》]]

-[[《ねずみ取り》]]

―攻撃力300対象
-[[《緊急救急救命レスキュー》]]

―攻撃力100対象
-[[《花合わせ》]]

―攻撃力0対象
-[[《アンブラル・グール》]]
-[[《暗躍のドルイド・ドリュース》]]
-[[《闇竜星−ジョクト》]]
-[[《おもちゃ箱》]]
-[[《デス・ドーナツ》]]
-[[《腐乱犬》]]
-[[《レプティレス・スキュラ》]]
-[[《レプティレス・バイパー》]]

-[[《レプティレス・ヴァースキ》]]

-[[《レプティレス・ラミア》]]

-[[《ゴルゴニック・ガーディアン》]]

-[[《ゼロゼロック》]]

-[[《スネーク・チョーク》]]

―攻撃力?対象
-[[《カトブレパスと運命の魔女》]]

**関連リンク [#link]
-[[モンスターカード]]
--[[カード名]]
--[[レベル]]
--[[ランク]]
--[[属性]]
--[[種族]]
--[[カードナンバー]]
//--[[攻撃力]]
--[[守備力]]
--[[モンスター情報]]

-[[元々の攻撃力]]
-[[元々の攻撃力(守備力)]]

-[[ステータス]]

-[[公式用語集]]
-[[公式ルールブック:http://www.yugioh-card.com/japan/howto/rule_book.php]]

**FAQ [#faq]
Q:攻撃力2450の[[モンスター]]に[[《BF−疾風のゲイル》]]の攻撃力半減[[効果]]を2度[[適用]]した場合、攻撃力の値は何になりますか?~
A:1度目には攻撃力1225となり、2度目には攻撃力613となります。(12/01/13)~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。