*重い [#n88ff5e0]
 「-[[カード]]」「-[[デッキ]]」。~
 [[召喚条件]]や[[発動条件]]を満たすことが厳しいことを表す言葉。~
 [[カード]]が機能をするまでに時間がかかり、動き始めが遅いことを指す。~

 「[[リリース]]する数が多い」「[[ライフコスト]]が莫大」等、プレイヤーにとって負担が大きい[[カード]]も「重い」といえる。

-重い[[カード]]は序盤に[[手札]]に来ると[[腐って>腐る]]しまい、[[自分]]にとって[[ディスアドバンテージ]]となりやすい。~
[[紙]]である期間が長く、複数枚[[ドロー]]してしまうと[[手札事故]]にも繋がる。~

-重いデッキは重いカードが多数投入されている[[デッキ]]のこと。~
[[上級モンスター]]や[[最上級モンスター]]が[[デッキ]]に多すぎると重くなる。~
回転が悪い[[デッキ]]や詰め込みすぎな[[デッキ]]も「重い[[デッキ]]」と呼ばれる。

-逆に条件がありつつも、それを満たすことが簡単な場合は「軽い」と呼ばれる。~
しかし[[コスト]]や条件がある時点で軽くはないので、こちらはあくまで重いものと比較された時に使われる事がほとんどである。

-必ずしも「[[コスト]]のある[[カード]]」「[[ディスアドバンテージ]]となる[[カード]]」が「重い[[カード]]」というわけではない。~
[[手札コスト]]が多ければ[[インフェルニティ]]の[[効果]]が[[発動]]しやすい。~
大量の[[ライフコスト]]を支払ったとしても、それで結果的に[[相手]]の[[ライフ]]が0になれば必要経費と言える。~
何を「重い[[カード]]」とするかはプレイヤー次第とも言えるだろう。

-原作・アニメに影響されてこのゲームを始めた[[プレイヤー]]が重い[[デッキ]]を組む傾向にある。~
これらでは[[切り札>フィニッシャー]]として重い[[モンスター]]が用いられがちな他、ろくに[[シナジー]]のない[[カード]]を詰め込んだ[[回る>回転]][[確率]]の低い[[デッキ]]も多いからである。
これらでは[[切り札>フィニッシャー]]として重い[[モンスター]]が用いられがちな他、ろくに[[シナジー]]のない[[カード]]を詰め込んだ[[回る>回転]][[確率]]の低い[[デッキ]]も多いからである。~
例えば[[神>三幻神]]含め[[上級モンスター]]を10枚以上入れる遊戯[[デッキ]]や、[[サイバー流>【サイバー・ドラゴン】]]と[[裏サイバー流>【サイバー・ダーク】]]を混合させたカイザー亮[[デッキ]]が挙げられる。~
実際の[[デュエル]]では、[[サポートカード]]を必然的に多めに入れる必要がある。~
[[ストラクチャーデッキ]]やコレクターズパックで、原作・アニメの流れを汲んだ[[サポートカード]]が追加されることもある。~

-原作・アニメにおいて―~
原作及び遊戯王DMでは[[最上級モンスター]][[召喚]]時、特に[[三幻神]]が[[手札]]にある場面で言われることがある。~
アニメ版「戦いの儀」においては、海馬が「アテムの[[デッキ]]は[[神三体>三幻神]]を擁するスーパーヘビーデッキ」と評していたことも。~
実際、遊戯の[[デッキ]]は、[[三幻神]]をはじめとした[[上級モンスター]]が10枚以上投入された、通常では考えられないような重い[[デッキ]]である。~
遊戯王Rにおいては、「遊戯vs月行(夜行)」戦等にて遊戯自身が神の重さを認める発言が度々見られる。~
自身が[[三幻神]]の使い手であるからこそ、その扱いにくさを自覚しているようで、それを克服するために様々な[[コンボ]]を披露する場面も多い。

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連リンク [#e5d01b72]
-[[手札事故]]

-[[用語集]]