*除去 [#top]
 主に何らかの方法で[[カード]]を[[フィールド]]から[[離れさせる>離れる]]ことを意味する非公式用語。~
 当wikiで単に「除去」と言えば[[モンスター除去]]を指す事が多いが、[[魔法・罠除去]]や種類を定めない除去も多数存在する。~
 除去を行う[[効果]]を持つ[[カード]]を「除去カード」と称する事も多い。~

 遊戯王[[OCG]]では多数の除去[[カード]]が存在しており、殆どの[[デッキ]]には何かしらの除去手段が投入されている。~
 当ゲームは一般的に[[モンスター]]の[[戦闘ダメージ]]で勝利を狙う[[ビートダウン]]が中心であり、当然[[相手]]の[[デッキ]]も[[ビートダウン]]である事が多い。~
 よって、相手の[[モンスター]]を除去して[[戦闘ダメージ]]を与えやすくすることは必須技能とも言え、同時に[[相手]]からの除去を防ぐ手段もまた重要となる。~
 [[【カウンタービート】]]のように[[カウンター]]を多用したり、[[【お触れホルス】]]のように[[効果を受けない]]、[[効果]]を[[無効]]にする[[モンスター]]を軸にするのが、その代表例だろう。~
 多数の[[モンスター]]を展開して[[アドバンテージ]]を稼ぎ、[[単体除去]]による[[ディスアドバンテージ]]を軽減する事で、相対的に除去による被害を減らす[[デッキ]]もある。~

-除去のおおまかな種別・用途~
:[[破壊]]|最も一般的な除去手段であり該当[[カード]]も最も多い。~
一方で[[《スターダスト・ドラゴン》]]や[[《大革命返し》]]など[[メタ]][[カード]]も数多く存在する。~
一方で[[《スターダスト・ドラゴン》]]や[[《大革命返し》]]など[[メタカード]]も数多く存在する。~
[[マジェスペクター]]の様に[[カテゴリ]]単位で[[効果破壊]][[耐性]]を持っていたり、[[《ネフティスの鳳凰神》]]や[[《ヴァンパイア・ロード》]]の様に[[破壊]]後に[[自己再生]]可能な[[モンスター]]も存在する。~
良くも悪くも対処しやすい(対処されやすい)除去手段と言える。~
なお、殆どは[[破壊された]]後は[[墓地へ送られる>墓地へ送る]]が、[[《奈落の落とし穴》]]の様に[[破壊]]後に[[墓地]]以外の場所へ送る[[カード]]も少数存在する。~
:[[バウンス]]|特定の場所に[[カード]]を[[戻す]]除去手段であり、[[戻す]]場所によって以下に細分化される。~
[[相手]]の[[墓地を肥やす]]こともなく、[[特殊召喚モンスター]]の[[蘇生制限]]も[[リセット]]するので[[蘇生]]や[[帰還]]を許さない利点がある。~
なお、[[融合>融合モンスター]]・[[シンクロ>シンクロモンスター]]・[[エクシーズ>エクシーズモンスター]]・[[リンクモンスター]]はいずれの場合でも[[エクストラデッキ]]に[[戻る>戻す]]事になる。~
--''[[手札]]に[[戻す]]''~
一般的に「バウンス」と言った場合はこの方法を指す事が多い。~
直接的な[[カード・アドバンテージ]]に繋がらない除去であり、[[相手]]に再利用されてしまう事もあり得る。~
逆に[[自分]]の[[モンスター]]に使用する事で再利用に繋げる事もでき、[[スペルスピード]]2以上ならば[[サクリファイス・エスケープ]]も兼ねた回収となる。~
[[バウンス]][[カード]]の中では最も数が多いため、上記の[[エクストラデッキ]]から[[特殊召喚]]される[[モンスター]]には有効である。~
~
--''[[デッキ]]に[[戻す]]''~
[[カード]]を[[持ち主]]の[[デッキ]]に[[戻して>戻す]][[シャッフル]]する除去。~
[[デッキ]]にある時に[[効果]]を発揮する[[カード]]は殆ど存在せず、[[フィールド]]を[[離れた>離れる]]時(場合)の[[効果]]すら[[発動]]させないため、除去の中では強力な部類に入る。~
ただし、[[ドロー]]・[[サーチ]]・[[リクルート]]で再利用される可能性があり、特に[[サーチ]]・[[リクルート]]手段が多い[[モンスターカード]]はその傾向にある。~
~
--''[[デッキの一番上]]([[デッキトップ]])に[[戻す]]''~
擬似的な[[ドローロック]]を行う除去。~
上記の「[[手札]]に[[戻す]]」に「次の[[相手]]の[[ドローフェイズ]]を[[スキップ]]する」という[[効果]]を加えると考えればその強力さがわかるだろう。~
ただし逆に言えば、次の[[ドロー]]で[[相手]]に確実に引かせてしまうため再利用を許しやすい事でもある。~
~
--''[[デッキの一番下]]([[デッキボトム]])に[[戻す]]''~
[[デュエル]]中に[[デッキの一番下]]の[[カード]]を[[ドロー]]する事はまず無いため、[[シャッフル]]されない限りはその[[デュエル]]中でその[[カード]]を再利用できない。~
しかし、現在は[[リクルーター]]や[[サーチャー]]ですぐに[[デッキ]]が[[シャッフル]]されてしまうので、再利用は封じられないことが多い。~
:[[除外]]|一般的には「[[表側表示]]での[[除外]]」を指す。~
[[除外]]された[[カード]]を再利用する手段は[[墓地]]の[[カード]]よりは少なく、[[墓地アドバンテージ]]も与えないため、除去の中でも比較的強力。~
[[破壊された]]場合・[[墓地へ送られた]]場合に[[効果]]を[[発動]]する[[カード]]や、[[墓地]]で[[発動]]する[[効果]]を持つ[[カード]]にとっては天敵といえる除去方法である。~
直接的な[[メタカード]]は[[《王宮の鉄壁》]]など少数しか存在しないが、[[帰還]][[カード]]や[[除外]]した[[カード]]を回収する手段自体は着実に増えてきてはいる。~
--''[[裏側表示で除外]]''~
[[裏側表示で除外]]された[[カード]]は[[カードの種類]]・[[種族]]・[[属性]]・[[レベル]]・[[カード名]]などが全て参照できないため、再利用する手段が極わずかしか存在しない。~
更に[[フィールド]]を[[離れた>離れる]]時(場合)の[[効果]]すら[[発動]]させない。~
なお、[[裏側表示で除外]]された[[カード]]は元々の[[持ち主]]のみが確認できる[[裁定]]である。~
:[[墓地へ送る]]|[[破壊]]を介さずに直接[[墓地へ送る]]除去。~
直接的な[[メタカード]]はほぼ存在しないが、[[墓地へ送られた]]場合の[[効果]]の[[トリガー]]にはなってしまう。~
:[[リリースする]]|[[カードの効果]]として[[リリースする]]場合と[[コスト]]として[[リリース]]する場合に分かれる。~
[[壊獣]]のように[[相手]][[モンスター]]を[[コスト]]で[[リリース]]する方法は、[[効果を受けない]][[モンスター]]も除去できる上に防ぐ手段も極限られるため優秀な除去手段である。~
(なお、ややこしいが[[《帝王の烈旋》]]や[[《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》]]は[[リリース]]そのものは[[効果]]によるものではないが、[[カードの効果]]を受けない[[モンスター]]は[[リリース]]できない。)~
直接的な[[耐性]]を持つ[[モンスター]]や[[メタカード]]の数は少ないが、[[《生贄封じの仮面》]]は[[環境]]次第では[[サイドデッキ]]に積まれやすい。~
:[[コントロール]]を得る([[コントロール奪取]])|[[相手]][[モンスター]]を減らしつつ[[自分]]の[[モンスター]]を増やす除去。~
2枚の[[ボード・アドバンテージ]]を得られるので強力な除去だが、それ故に永続的に[[コントロール]]を得る[[カード]]は少ない。~
期間が定められている場合は各種素材や[[コスト]]に当てて[[コントロール]]を返さないようにするのが一般的である。~
:[[装備カード]]化([[吸収]])|[[《サクリファイス》]]等のように[[相手]][[モンスター]]を[[装備カード]]にする除去。~
[[装備カード]]になった[[モンスター]]は[[装備魔法]]扱いとして[[フィールド]]上に残るため、[[墓地を肥やさず>墓地を肥やす]]、[[蘇生]]などを一時的に妨害できる。~
:[[エクシーズ素材]]化|[[《No.101 S・H・Ark Knight》]]等の一部の[[エクシーズモンスター]]に見られる[[相手]]の[[カード]]を自身の[[エクシーズ素材]]にする除去。~
上記の「[[コントロール奪取]]」や「[[装備カード]]化」に比べ、除去後の処理でも[[フィールド]]を[[離れる]]瞬間がないのが特徴。~
このため[[フィールド]]を[[離れた>離れる]]時(場合)の[[効果]]の[[トリガー]]にならないという利点がある。~
:各種[[特殊召喚]]の素材にする|[[融合>融合召喚]]・[[シンクロ>シンクロ召喚]]・[[エクシーズ召喚]]といった各種[[特殊召喚]]の素材に[[相手]][[モンスター]]を利用する除去。~
[[《超融合》]]や[[《SRアクマグネ》]]等が例に挙げられるのだが、その[[相手]][[モンスター]]を素材に使える各種[[モンスター]]が用意されていなければならない。~
故に[[縛り]]の緩い[[融合素材]]を持つ[[融合モンスター]]を採用しておくなど、[[デッキ]]・[[エクストラデッキ]]の構築を多少意識する必要がある。~
なお、多くの[[カード]]は[[効果]]で素材にするが、[[《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》]]の[[機械族]]の様に[[効果]]ではない方法で素材にできる[[カード]]も少数存在する。~
:[[プレイヤーに行為を強要させる>プレイヤー#must]]|[[《痛み分け》]]等の「プレイヤーは◯◯しなければならない」と[[テキスト]]に記載された除去手段。~
これらは[[モンスター]]でなく[[プレイヤー]]に影響を与える[[効果]]であるため、[[カードの効果]]としては扱われない。~
故に[[モンスター]]の持つ[[耐性]]を無視して除去できる上に、[[カードの効果]]で[[墓地へ送られた]]事にもならない。~

-原作・アニメにおいて―~
原作では除去[[カード]]はあまり登場しない。~
[[モンスター]]の除去合戦では話が盛り上がらず、見栄えが悪くなりやすいので致し方ないのであろう。~
アニメでは原作に比べれば登場している方ではあるが、いわゆる「かませ役」としての出番も多く失敗するシーンも多数見られる。~
それでも、DMでの[[《死者への手向け》]]やGXでの[[《シールドクラッシュ》]]等、大型[[モンスター]]があっさりと除去されるシーンも少なからず存在する。~
5D's以降は[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]や[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]のような除去[[効果]]を持つ[[モンスター]]をエースに据えたメインキャラも増えているが、[[効果]]を活かさないケースも多い。~
(ただし他の[[効果]]の存在や派生形態に繋げるなど、必ずしも無駄なプレイングやかませ役に甘んじているという訳ではない。)~

--原作の「バトルシティ編」では、「[[モンスター]]に直接[[ダメージ]]を与え除去する[[魔法カード]]は使用禁止」というルールが存在した。~
ただし、同編に登場する奇術師パンドラは[[《断頭台の惨劇》]]・[[《千本ナイフ》]]・[[《黒魔族復活の棺》]]・《闇への手招き》・《悪夢の天秤》と、原作キャラとしては多数の除去[[カード]]を使用している。~
パンドラを始めとしたグールズのメンバーは正式な参加手段で参戦しているわけではないため、ルールを守らずに[[デッキ]]構築を行った可能性がある。~
また、[[モンスター]]を直接[[墓地へ送る]][[魔法カード]]《埋葬の腕》や、[[生け贄]]にする[[《クロス・ソウル》]]や[[《ソウルテイカー》]]等は普通に使用されている。~
「[[モンスター]]に直接[[ダメージ]]を与えない=[[破壊]]以外の方法による除去」ならば許されていたのだろうか。~

---なお、アニメDMの「バトルシティ編」は原作と異なり、除去[[魔法カード]]が禁止だと示されていない。(該当部分は[[バーン]][[魔法カード]]のみが言及されている。)~

--アニメGXに登場するヨハン・アンデルセンは、[[カウンター>カウンター罠]]以外で除去[[カード]]を投入していないことを公言している。~
これ以外にも、明言はされていないが確認できる範囲で除去[[カード]]が無いデュエリストはどの作品にも複数存在し、アニメ・漫画における除去の普及率の少なさを物語っている。~

--一方、上記のパンドラやアニメARC-Vに登場したBBの様に除去を多用するデュエリストも少数存在する。~
特に「遊矢&権現坂vsBB」戦では、[[《剣闘獣ガイザレス》]]で4枚、[[《剣闘獣ベストロウリィ》]]で1枚、[[《剣闘獣ムルミロ》]]で2枚の計7枚もの[[カード]]を除去している。~
加えて[[《剣闘獣ムルミロ》]]は1枚[[破壊]]に失敗しているので実質8枚もの除去をBBは狙っており、アニメでは珍しいデュエリストだと言える。~

--シリーズ5作目のARC-V以降は劇中で「除去」という単語が実際に用いられる様になった。~
初出は第21話に登場した雑誌「Dステップ」において「[[《スナイプストーカー》]]の強力''除去''[[効果]]」という一文。~
[[デュエル]]での初登場は「遊矢(ユート)vsセレナ&瑠璃」戦における瑠璃の台詞である。~

**関連リンク [#link]
-[[モンスター除去]]
-[[魔法・罠除去]]
-[[伏せ除去]]

-[[単体除去]]
-[[全体除去]]
-[[バウンス]]

-[[破壊]]
-[[用語集]]

----

*除去[[デッキ]] [#deck]
 除去[[デッキ]]とは[[モンスター除去]]を大量に[[積んだ>積む]][[デッキ]]のこと。~
 [[相手]]の[[モンスター]]の[[攻撃]]や[[召喚]]を潰すことで[[自分]]の[[モンスター]]が[[戦闘で破壊>戦闘破壊]]されないようにして戦う。~
 [[ビートダウン]]・[[バーン]]・[[デッキデス]]・[[特殊勝利]]のいずれの[[デュエルの勝利条件]]を狙うにしても[[罠カード]]が主体の[[デッキ]]である。~
 最も[[罠>罠カード]]に頼る構成になる[[デッキ]]の1つは[[【除去反転】]]である。~

-汎用的な[[罠カード]]及び[[速攻魔法]]の[[モンスター除去]]
--[[攻撃宣言]]反応型[[罠>罠カード]]:[[《次元幽閉》]]・[[《聖なるバリア −ミラーフォース−》]]・[[《炸裂装甲》]]・[[《万能地雷グレイモヤ》]]
--[[召喚]]反応型[[罠>罠カード]]:[[《激流葬》]]・[[《奈落の落とし穴》]]・[[《落とし穴》]]
--発動タイミングなし:[[《破壊輪》]]・[[《強制脱出装置》]]
--[[速攻魔法]]:[[《死者への供物》]]

 また、[[ビートダウン]]の除去[[デッキ]]では、[[壁]]となる[[モンスター]]を能動的に除去できる[[魔法カード]]を使うことが多い。~
 その他の除去[[デッキ]]でも[[モンスター]]の大量展開を防ぐために多少なり[[積む]]ことがある。~
 [[《魂を削る死霊》]]が軸の[[【除去ハン】]]ではこちらになりやすい。~

-汎用的な[[魔法カード]]の[[モンスター除去]]
--[[表側表示]]:[[《地砕き》]]・[[《地割れ》]]
--[[表側攻撃表示]]:[[《ハンマーシュート》]]
--[[守備表示]]:[[《シールドクラッシュ》]]
--[[裏側表示]]:[[《抹殺の使徒》]]

 [[戦闘破壊]]を封じ込めるだけでなく、こちらから[[戦闘破壊]]を行い[[戦闘ダメージ]]を狙う除去[[デッキ]]も存在する。~
 それは[[【除去ガジェット】]]や[[《黒蠍−棘のミーネ》]]・[[《首領・ザルーグ》]]主体の[[【除去ハン】]]である。~
 その場合は[[相手]]の[[モンスター]]の[[攻撃力]]を減少させる、戦闘補助の[[速攻魔法]]や[[罠カード]]が投入される。~
 詳しくは[[戦闘破壊]]を参照。~

-基本的には[[1:1交換]]か、それ以上の取引きができる[[カード]]を選択・起用する。~

-1[[ターン]]限定の[[コントロール奪取]]や、[[バウンス]][[効果]]は、不完全な除去であると言える。~
しかし、前者は[[リリースする]]等、[[コントロール]]を返さないことで完全な除去として運用が可能。~
後者は、無条件で[[通常召喚]]ができない[[対象]]を選ぶことで完全除去となるだろう。~

**関連リンク [#link2]
-[[デッキ集/コントロール]]