*編集テストページ [#top]

#contents

 編集のテストが行えるページです。~
 新ページ作成の際の草案についてコメントで意見を募集できます。~
 [[草案提出ページ]]と異なり、''草案提出者以外の方も編集できます''。~
 なお、''旧編集テストページの役割は[[草案提出ページ]]に移行しました''。~
 (今現在このページは試験運用中です。)~

**利用規約 [#terms]

 編集途中の草案(以下、途中草案と表記)をこのページに載せる事を許可する。~
 途中草案はリンクを付けず、文章を簡略化しても良い。~
 ''完成した草案は[[草案提出ページ]]に移動すること''。~
 途中草案は放置した場合、最終更新日(なければ草案作成日)から1か月で削除される。~
 途中草案に関するコメントについてはトップページではなくこのページのコメントフォームに書き込むこと。~


//2019年4月9日追記
//http://yowiki.yugioh-portal.net/bbs/read.cgi?no=1958
//↑こちらの議論結果を反映。編集テストページという名前に反して編集に自由度が薄いという意見も取り入れた。
//なお試験的な運用の面も強いので暫くは様子見も兼ねている。不都合が生じる様なら細かい調整を行うつもりである。

**記事の作成方法 [#udca2da1]
 下記のフォームより草案作成者の名前、草案ページ名、草案ページ本文を記入して記事の投稿を押してください。~
 現在の日付・時刻、コメントフォームは自動で挿入されます。~
 また、改行記号(~)は自動で付与されますので、なしの状態で貼り付けてください。~
 ''記事の題名は中見出し(**)で作成されるため、作成後大見出し(*)に変更してください''。~

#article
*【マリンセス】 [#top5]
> (2019-07-07 (日) 06:54:43)~

//#contents

**[[デッキ]]の概要 [#abstract]
 [[水属性]]・[[サイバース族]]で統一された[[水属性]]を中心とした[[ビートダウン]][[デッキ]]。~
 少ない[[手札]]消費で高[[リンク]]に繋げる事を得意とし、更に[[蘇生]]・[[サルベージ]]といった[[墓地]]からの再利用手段に長けるのが特徴。~

 (ページが長くなるのでキーカード《海晶乙女シーホース》《海晶乙女ブルータン》《海晶乙女波動》のテキストはここでは省略します。)

**[[デッキ]]構築に際して [#introduction]
***[[メインデッキ]]の[[モンスター]]について [#monster]
―[[マリンセス]]~
 全て[[攻撃力]]1500以下なので、[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]・[[《サルベージ》]]のどちらの[[効果]]にも対応する。~

-[[《海晶乙女シーホース》]]~
[[マリンセス]][[リンクモンスター]]の[[リンク先]]に[[手札]]から[[特殊召喚]]できる(1)の[[効果]]により展開役を担う。~
この[[カード]]が[[手札]]にあれば[[《海晶乙女ブルースラッグ》]]⇒[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]⇒[[《海晶乙女マーブルド・ロック》]]と繋げた上で[[手札]]に回収する[[コンボ]]も可能。~
[[同名カード]]含めて[[1ターンに1度]]しか利用できないが、多数の[[サルベージ]]手段に恵まれているため1[[デュエル]]で複数回の[[特殊召喚]]も容易い。~
[[手札]]の[[水属性]]を[[特殊召喚]]する(2)も[[汎用性]]は高いが、自身が[[墓地]]から[[除外]]されるため[[蘇生]]・[[サルベージ]]とはかみ合わせが悪い点に注意。~
展開の始動役を担う[[カード]]なので基本的にはフル投入が望ましい。~

-[[《海晶乙女ブルータン》]]~
[[召喚・特殊召喚に成功した]]場合に[[デッキ]]内の[[マリンセス]][[モンスター]]を[[墓地へ送る]]事ができる。~
この[[デッキ]]は[[蘇生]]・[[サルベージ]]手段に長けるのでそれらの補助となり、[[《海晶乙女シーホース》]]や[[《海晶乙女クラウンテイル》]]の(2)の[[発動]]も補助できる。~
自身が[[水属性]]の[[リンク素材]]として[[墓地へ送られた]]場合に[[デッキトップ]]3枚から[[マリンセス]][[カード]]1枚を[[サーチ]]できる(2)の[[効果]]も有用。~
[[ランダム]]性はあるが失敗しても軽微な[[情報アドバンテージ]]以外の損失はなく、[[《海晶乙女シーホース》]]を[[サーチ]]できれば大量展開も狙える。~
上記と同じく展開の始動役を担う[[カード]]なのでフル投入が望ましい。~

-[[《海晶乙女マンダリン》]]~
[[マリンセス]][[モンスター]]が複数存在する場合に[[手札]]・[[墓地]]から[[水属性]]の[[リンク先]]に[[特殊召喚]]できる。~
自身を素材に低[[リンク]]の[[マリンセス]]を[[リンク召喚]]すれば自ずと条件は満たしやすくなる。~
[[フィールド]]を[[離れる]]と[[除外]]されるため基本的に使い捨てになる事は認識しておきたい。~

-[[《海晶乙女シースター》]]~
[[手札]]から[[墓地へ送る]]事で[[マリンセス]]の[[攻撃力]]を800[[強化]]でき、1[[ターン]]に2度まで[[発動]]可能である。~
打点に難がある低[[リンク]]の[[マリンセス]]の[[戦闘]]補助となるが、[[相手]][[ターン]]の[[発動]]はできない点に注意。~
[[サルベージ]]手段に長ける[[デッキ]]なので1枚を使い回す事は容易く、採用枚数は少な目で機能する。~

-[[《海晶乙女クラウンテイル》]]~
[[メインデッキ]]の[[マリンセス]]では唯一[[上級モンスター]]であるため、[[リンク]]1[[マリンセス]]の[[リンク素材]]にはできない。~
[[手札]]からの[[特殊召喚]]及び[[戦闘ダメージ]]の半減の(1)は他の[[マリンセス]]を[[手札コスト]]にする関係上、[[手札]]消費がやや激しいのが欠点。~
[[墓地]][[除外]]で[[戦闘ダメージ]]を防ぐ(2)の方は消費が少なく[[1ターンキル]]の防止にもなるので、こちらをメインにするのが効率的か。~

―[[マリンセス]]以外の[[水属性]]~
 [[マリンセス]]とは[[属性]]サポートを共有できる他、[[リンク]]2以上の[[マリンセス]][[リンクモンスター]]の[[リンク素材]]にも利用可能。~
 更に[[《海晶乙女ブルースラッグ》]]・[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]の制約にも引っ掛からない。~
 [[攻撃力]]1500以下ならば[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]・[[《サルベージ》]]の両サポートにも対応する。~

-[[《グレイドル・スライムJr.》]]~
[[召喚に成功した]]時に[[同名カード]]を[[蘇生]]する事で[[リンク召喚]]・[[エクシーズ召喚]]が可能となり、特に強力な性能を誇る[[《餅カエル》]]を出せる利点は大きい。~
[[発動]]後の展開制限も[[《海晶乙女ブルースラッグ》]]・[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]と相殺するので殆ど問題にならない。~
[[チューナー]]でもあるため[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]の[[リンク素材]]及び[[リクルート]]先としても機能する。~

-[[《シーアーカイバー》]]~
[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]に[[モンスター]]が[[特殊召喚]]された場合に[[手札]]・[[墓地]]から[[特殊召喚]]が可能。~
[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]は[[リンク素材]]になる上に自身の[[効果]]で[[発動条件]]を満たせるので[[シナジー]]が強い。~
[[サイバース族]]なので[[種族]]サポートを[[マリンセス]]と共有できるのも利点。~

-[[《豪雨の結界像》]]~
[[水属性]]以外の[[特殊召喚]]を封じる[[永続効果]]を持つので[[制圧]]力が高い。~
弱点である[[戦闘破壊]]のされやすさを[[《海晶乙女マーブルド・ロック》]]の(2)で防ぐこともできる。~
[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]や[[《海晶乙女シーホース》]]で[[特殊召喚]]すれば[[守備表示]]で出せるので低い[[攻撃力]]を晒さずに済む。~

-[[《コード・ラジエーター》]]~
[[コード・トーカー]]の[[サポートカード]]であり、採用しやすい[[《シューティングコード・トーカー》]]の補助になる。~
[[攻撃力]]は1500を上回っているが、[[サイバース族]]なので[[マリンセス]]とは[[種族]]サポートを共有できる。~

-[[《神樹のパラディオン》]]~
[[リンク先]]に[[手札]]から[[特殊召喚]]が可能であり、[[レベル]]3[[チューナー]]なので[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]とも好相性。~

-[[ガエル]]~
[[《鬼ガエル》]]は(3)で自身を[[バウンス]]できるため、(2)による[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]を1[[ターン]]で複数回行う事も難しくない。~
[[墓地へ送られた]][[《粋カエル》]]を[[自己再生]]させれば両者が[[フィールド]]に揃うので、[[《餅カエル》]]を始めとした[[エクシーズ召喚]]や[[リンク召喚]]が可能。~
[[《鬼ガエル》]]は[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]の[[効果]]で[[蘇生]]した場合でも(2)を[[発動]]できるため、上位[[リンク]]に繋げる動きも補助できる。~

-[[手札]]から展開可能な[[水属性]]~
[[《サイレント・アングラー》]]・[[《ホワイト・スティングレイ》]]・[[《水の精霊 アクエリア》]]・[[《E・HERO バブルマン》]]・[[《ブリキンギョ》]]等が候補。~
いずれも[[レベル]]4なので[[《バハムート・シャーク》]]から[[《餅カエル》]]を出す[[コンボ]]も狙える。~
それぞれ一長一短の[[効果]]や[[ステータス]]を持つので[[自分]]の[[デッキ]]にあったものを優先したい。~

―[[水属性]]以外の[[モンスター]]~
-[[《プロフィビット・スネーク》]]~
[[サイバース族]][[リンクモンスター]]の[[戦闘]]時に自身を[[手札]]から[[墓地へ送る]]事で[[相手]][[モンスター]]を[[バウンス]][[除去]]できる。~
低[[リンク]]の[[マリンセス]]は出すのが非常に簡単なので[[発動]]機会は容易に作れるだろう。~
更に[[墓地]]に存在すれば[[下級>下級モンスター]][[サイバース族]]の[[サルベージ]]も行えるため、自身や[[マリンセス]]を使い回す事も可能となる。~

-[[《フォーマッド・スキッパー》]]~
[[エクストラデッキ]]の[[《海晶乙女クリスタルハート》]]を見せる事で[[水属性]]として扱いつつ[[《海晶乙女の闘海》]]の(2)による[[耐性]]付与を簡単に[[適用]]できる。~
[[リンク素材]]に使えば[[《海晶乙女クラウンテイル》]]を[[サーチ]]できるため[[手札コスト]]を稼ぐ事も可能。~
[[召喚権]]は[[マリンセス]]に使いたいので[[《海晶乙女マンダリン》]]と共有できる[[《ワン・フォー・ワン》]]で[[特殊召喚]]するのが望ましいだろう。~

***[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]について [#extradeck]
―[[マリンセス]]~

-[[リンク]]1~
--[[《海晶乙女ブルースラッグ》]]([[レベル]]4以下の[[マリンセス]]、[[リンクマーカー]]:下)~
[[リンク召喚に成功した]]場合に[[マリンセス]][[モンスター]]を[[サルベージ]]可能。~
[[手札]]から[[特殊召喚]]できる[[《海晶乙女シーホース》]]、[[サルベージ]][[対象]]を用意できる[[《海晶乙女ブルータン》]]とは抜群の相性を誇る。~
[[効果]][[発動]]後は[[水属性]]しか[[特殊召喚]]できなくなるが、この[[デッキ]]では然程問題にならない。~
[[リンクマーカー]]の向きも[[エクストラモンスターゾーン]]に置くのに適するため、まずはこの[[モンスター]]を足掛かりに展開するのが基本となる。~

--[[《海晶乙女シーエンジェル》]]([[レベル]]4以下の[[マリンセス]]、[[リンクマーカー]]:左)~
[[リンク召喚に成功した]]場合に[[マリンセス]][[魔法カード]]を[[サーチ]]可能。~
現状では[[《海晶乙女の闘海》]]だけだが、あちらの[[効果]]で[[全体強化]]は狙えるので上位[[リンク]]の[[戦闘]]を間接的にサポートできる。~
[[リンクマーカー]]の向きは[[メインモンスターゾーン]]に置いて機能するものなので、展開ルートの第2段階として出すのが望ましい。~

-[[リンク]]2~
--[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]([[水属性]]2体、[[リンクマーカー]]:左/下)~
[[効果]][[発動]]後は[[水属性]]しか[[特殊召喚]]できなくなるが、[[攻撃力]]1500以下の[[水属性]]を[[蘇生]]できる(1)の[[汎用性]]は非常に高い。~
[[効果]]も有効なので、[[起動効果]]や[[特殊召喚に成功した]]場合の[[効果]]を持つ該当[[モンスター]]を[[蘇生]]する事で大きな[[アドバンテージ]]も稼ぎ得る。~
[[フィールド]]から[[墓地へ送られた]]場合と緩い条件で[[マリンセス]][[カード]]を[[サルベージ]]できる(2)も有用性が高い。~
(1)で[[蘇生]]した[[モンスター]]とで[[水属性]]の[[リンク]]3または2に繋げて(2)で[[サルベージ]]を行う流れにするのが基本にして王道となる。~

--[[《海晶乙女クリスタルハート》]]([[水属性]]2体、[[リンクマーカー]]:左下/右下)~
[[攻撃力]]は0だが、(1)により[[モンスター効果]]に[[耐性]]を持ち、(3)により[[戦闘]]から身を守れる場持ちは中々に良い。~
ただしそのままでは[[手札]]を代償とした時間稼ぎにしかならず、[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]に比べると[[アドバンテージ]]を稼げない点で劣る。~
[[《海晶乙女の闘海》]]を[[発動]]した上で自身を[[リンク素材]]にすれば[[リンク先]]に強固な[[耐性]]を付与できるため、基本的にはそちらの使い方を狙いたい。~

-[[リンク]]3~
--[[《海晶乙女マーブルド・ロック》]]([[水属性]]2体以上、[[リンクマーカー]]:左/右/下)~
[[マリンセス]][[カード]]を[[サルベージ]]できる(1)の使い勝手が良く、[[魔法・罠カード]]も回収可能。~
特に[[《海晶乙女波動》]]とは抜群に相性が良く、繰り返し[[サルベージ]]する事で防御・[[制圧]]に繋がるので是非とも狙いたい。~
[[手札コスト]]を払う事で自軍を[[戦闘]]から守る(2)により戦線維持にも貢献できる。~

-[[リンク]]4~
--[[《海晶乙女ワンダーハート》]]([[水属性]]2体以上、[[リンクマーカー]]:左/右/左下/右下)~
自身に[[装備]]された[[マリンセス]][[モンスター]]を[[特殊召喚]]及び再[[装備]]する(1)がメインとなる[[モンスター]]だが、自身には[[装備]][[効果]]は無い。~
[[《海晶乙女の闘海》]]との[[コンボ]]が前提であり、その場合は高い打点と有用な展開[[効果]]・防御[[効果]]を持つ[[モンスター]]に化ける。~
逆に言えば[[装備]]時にあちらを[[除去]]・[[無効]]化されると機能しなくなるので使用時にはその事を肝に銘じるべき。~
一応、[[破壊]]されても(2)により戦線維持は可能だが、[[相手]]依存なのであまり期待はしない方が良い。~

―[[マリンセス]]以外の[[水属性]][[モンスター]]~
 [[《海晶乙女ブルースラッグ》]]・[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]の制約に引っ掛からないので他[[属性]]より優先的に採用したい。~

-[[リンクモンスター]]~
--[[《シューティングコード・トーカー》]]([[サイバース族]]2体以上、[[リンクマーカー]]:上/左/下)~
[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]で[[マリンセス]]を[[蘇生]]すれば即座に[[リンク召喚]]可能。~
[[リンク先]]に他の[[モンスター]]が必要となるが、上手くいけば複数回[[攻撃]]と[[ドロー]]により大きな[[アドバンテージ]]を稼げる。~
[[攻撃力]]は[[リンク]]3にしては低めなので、余裕があれば何らかの[[戦闘]]補助で補いたい。~

--[[《マスター・ボーイ》]]([[水属性]]2体、[[リンクマーカー]]:左下/右下)~
[[水属性]]の[[全体強化]]と[[破壊された]]場合の[[水属性]]の[[サルベージ]][[効果]]を持つ。~
低[[リンク]]の打点が低めで[[サルベージ]]とは滅法相性が良いこの[[デッキ]]にはどちらの[[効果]]も[[シナジー]]が強い。~

--[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]([[チューナー]]を含む[[モンスター]]2体、[[リンクマーカー]]:左下/右下)~
[[水属性]]なので制約にかからない[[パワーカード]]として利用できる。~
[[チューナー]]は上記で述べた[[《グレイドル・スライムJr.》]]・[[《神樹のパラディオン》]]以外にも汎用[[手札誘発]]などで賄える。~

-[[エクシーズモンスター]]~
--[[《餅カエル》]]([[レベル]]2の[[水族]]2体)~
[[ランク]]2では圧倒的な性能を誇るので多少構築を意識しても採用する価値のある[[モンスター]]。~
[[《海晶乙女波動》]]では防げない[[魔法・罠カード]]による[[除去]]や妨害を[[カウンター]]できる点も重要。~
[[エクシーズ素材]]としては上述した[[《グレイドル・スライムJr.》]]や[[《鬼ガエル》]]以外に[[バージェストマ]]を採用する手もある。~

―[[水属性]]以外の[[モンスター]]~
-[[リンクモンスター]]~
--[[《トランスコード・トーカー》]]([[効果モンスター]]2体以上、[[リンクマーカー]]:上/右/下)~
[[リンク]]2以下の[[マリンセス]]を素材に[[リンク召喚]]すれば即座にそれらを[[蘇生]]できる。~
500の[[強化]]と[[対象]][[耐性]]も扱いやすい[[効果]]であり、[[コード・トーカー]]なので[[《コード・ラジエーター》]]のサポートにも対応する。~

***[[魔法・罠カード]]について [#spell_trap]
―[[マリンセス]]~
-[[魔法カード]]~
[[《海晶乙女シーエンジェル》]]の[[効果]]で[[サーチ]]できる。~

--[[《海晶乙女の闘海》]]~
[[マリンセス]]の[[全体強化]]、限定条件下での[[耐性]]付与、[[マリンセス]][[リンクモンスター]]の[[装備カード]]化の3つの[[効果]]を持つ[[フィールド魔法]]。~
各[[効果]]の[[シナジー]]を踏まえると、[[《海晶乙女クリスタルハート》]]を素材に[[《海晶乙女ワンダーハート》]]を[[リンク召喚]]した場合に最大限[[効果]]を発揮する。~
もっとも、特にその[[コンボ]]を意識せずとも、[[墓地]]に自然と[[マリンセス]][[リンクモンスター]]が溜まる[[デッキ]]なので(3)の[[装備]]と(1)による[[強化]]は無理せずに狙える。~
また、[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]を[[装備カード]]にしておけば、[[装備モンスター]]が[[除去]]されてもあちらの(2)の[[サルベージ]][[効果]]に繋がる。~

-[[通常罠]]~
[[《海晶乙女雪花》]]以外は[[リンク]]3以上の[[マリンセス]]が存在する場合に[[手札]]から[[発動]]できる[[効果外テキスト]]を持つ。~

--[[《海晶乙女波動》]]~
[[相手]]の[[表側表示]][[モンスター]]1体の[[効果]]を[[無効]]化できるこの[[デッキ]]の守りの[[キーカード]]。~
また、[[リンク]]2以上が存在すれば[[自分]]の[[表側表示]][[モンスター]]全体に1[[ターン]]のみの[[効果]][[耐性]]を付与できる。~
この[[カード]]を如何に用意できるかで防御力・[[制圧]]力に大きな差が出ると言っても過言ではなく、積極的に[[サーチ]]・[[サルベージ]]したい。~
[[同名カード]]制限も無いので[[手札]]に複数枚抱えても問題にならず、[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]→[[《海晶乙女マーブルド・ロック》]]と繋げれば2枚の[[サルベージ]]も可能となる。~

--[[《海晶乙女瀑布》]]~
[[マリンセス]][[リンクモンスター]]を[[一定期間だけ除外]]した上で任意の[[モンスター]]1体を[[強化]]できる。~
[[サクリファイス・エスケープ]]で[[相手]]の[[除去]]をかわしつつ、残された[[自分]]の[[モンスター]]を[[強化]]して[[戦闘]]補助をするのが基本的な狙いとなる。~

--[[《海晶乙女潮流》]]~
[[マリンセス]][[リンクモンスター]]の[[戦闘破壊]]時に[[バーン]]を与え、[[リンクモンスター]]を[[戦闘破壊]]した場合は追加[[バーン]]を与えられる。~
[[《海晶乙女の闘海》]]等の[[戦闘]]サポートでこちらの高[[リンク]]を[[強化]]し、[[相手]]の高[[リンク]]を[[戦闘破壊]]した場合に[[発動]]できれば理想的。~

--[[《海晶乙女雪花》]]~
[[マリンセス]][[リンクモンスター]]が[[破壊された]]場合にそれ未満の[[リンク]]を持つ[[マリンセス]]を[[リンク召喚]]扱いで[[特殊召喚]]する。~
[[特殊召喚]]した[[モンスター]]には[[相手]]の[[効果を受けない]]強固な[[耐性]]が付与されるが、[[リンク]]2以下の[[マリンセス]]は[[攻撃力]]が低いためやや恩恵は薄い。~
[[《海晶乙女マーブルド・ロック》]]ならば(2)で[[戦闘破壊]]を防げるため非常に強固な[[耐性]]となるが、[[《海晶乙女ワンダーハート》]]を[[相手]]が[[破壊]]してくれるかは微妙なところ。~

―相性の良い[[カード]]~
-[[《サイバネット・マイニング》]]~
[[下級>下級モンスター]][[マリンセス]]を[[サーチ]]でき、特に[[《海晶乙女シーホース》]]・[[《海晶乙女ブルータン》]]は極力初手に握りたい[[カード]]である。~
それ以外にも[[《シーアーカイバー》]]・[[《コード・ラジエーター》]]等を[[サーチ]]できる。~

-[[《サルベージ》]]~
[[メインデッキ]]の[[マリンセス]]を含めて[[サルベージ]][[対象]]に困る事は無いだろう。~

-[[《ワン・フォー・ワン》]]~
[[手札コスト]]は必要だが[[《海晶乙女マンダリン》]]を[[リクルート]]できる。~
そこから[[《海晶乙女ブルースラッグ》]]⇒[[蘇生]]⇒[[《海晶乙女シーエンジェル》]]⇒[[自己再生]]と繋ぐ事により、[[召喚権]]を使わずに[[リンク]]3まで繋げられる。~

-[[《おろかな埋葬》]]・[[《おろかな副葬》]]~
[[サルベージ]]は得意だが[[サーチ]]はそれほど得意でない[[デッキ]]なので、[[墓地]]を経由する形での間接的[[サーチ]]札となる。~

-[[《トラップトリック》]]~
[[通常罠]]の[[サーチ]][[カード]]であり、[[マリンセス]]には[[通常罠]]が多いので[[シナジー]]が強い。~
特に[[《海晶乙女波動》]]はなるべく序盤から欲しい[[カード]]である。~

-[[《御前試合》]]~
元より採用する[[モンスター]]が[[水属性]]に偏りがちなのでこちらが受ける影響は少ない。~

-[[バージェストマ]]~
[[罠カード]]の[[発動]]を[[トリガー]]として[[自己再生]]する[[罠モンスター]]群。~
[[《海晶乙女波動》]]を始めとして[[罠カード]]を[[発動]]しやすい[[デッキ]]なので[[トリガー]]は満たしやすい。~
[[水属性]]なので[[リンク素材]]にも使いやすく、[[レベル]]2の[[水族]]なので[[《餅カエル》]]の[[エクシーズ素材]]にも転用可能。~


**戦術と基本の展開コンボ [#strategy]
 [[《海晶乙女シーホース》]]・[[《海晶乙女ブルータン》]]から[[リンク]]1[[マリンセス]]を[[リンク召喚]]し、それぞれの[[効果]]を重ねて高[[リンク]]に繋げるのが基本。~
 [[《海晶乙女シーホース》]]または[[《海晶乙女ブルータン》]]が[[手札]]にあれば以下の[[コンボ]]が成立する。~
>
+[[《海晶乙女シーホース》]]または[[《海晶乙女ブルータン》]]を[[召喚]](後者の場合は[[効果]]で[[《海晶乙女シーホース》]]を[[墓地へ送る]])。~
+[[《海晶乙女ブルースラッグ》]]を[[リンク召喚]]し、[[効果]]で[[《海晶乙女シーホース》]]を[[サルベージ]]。~
([[《海晶乙女ブルータン》]]を[[リンク素材]]にした場合は[[デッキトップ]]3枚に[[マリンセス]][[カード]]があれば[[手札]]に加えられる。)~
+[[《海晶乙女シーホース》]]を[[効果]]で[[《海晶乙女ブルースラッグ》]]の[[リンク先]]に[[特殊召喚]]し、[[《海晶乙女シーエンジェル》]]を[[リンク召喚]]して[[《海晶乙女の闘海》]]を[[サーチ]]&[[発動]]。~
+2体の[[リンク]]1で[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]を[[リンク召喚]]し、[[効果]]で[[マリンセス]]を[[リンク先]]に[[蘇生]]。~
+2体で[[《海晶乙女マーブルド・ロック》]]を[[リンク召喚]]し、[[《海晶乙女の闘海》]]の[[効果]]で[[《海晶乙女ブルースラッグ》]]・[[《海晶乙女シーエンジェル》]]・[[《海晶乙女コーラルアネモネ》]]を[[装備]]。~
+[[《海晶乙女マーブルド・ロック》]]の[[効果]]で[[マリンセス]][[カード]]を[[サルベージ]]。~
<
 結果、[[手札]]消費無しで[[攻撃力]]4500の[[《海晶乙女マーブルド・ロック》]]を出せる。~

 これに適当な[[水属性]][[モンスター]]を並べられる場合、上記4.の後で[[《海晶乙女クリスタルハート》]]を[[リンク召喚]]できるため、そこから[[《海晶乙女ワンダーハート》]]に繋げられる。~
 この場合は[[《海晶乙女ワンダーハート》]]&[[《海晶乙女の闘海》]]の[[コンボ]]を成立させた上で[[《海晶乙女の闘海》]]の(2)による[[耐性]]付与まで可能となる。~

//**[[デッキ]]の種類 [#decktype]
//***《カード名》軸 [#decktype1]

//**[[デッキ]]の派生 [#variation]
//***[[【】]][#variation1]

**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
 (まだです)

//**この[[デッキ]]の歴史 [#history]

**代表的なカード [#keycard]
-[[《海晶乙女シーホース》]]
-[[《海晶乙女ブルータン》]]

-[[《海晶乙女波動》]]

//**サンプルレシピ [#sample]

**関連リンク [#link]
-[[【水属性】]]
-[[【サイバース族】]]

-[[デッキ集]]

//
- マリンセス以外のカード及びその他の項目は随時追加予定。完成は発売後数日〜1週間を目安 --  &new{2019-07-07 (日) 07:00:52};
- 戦術の「結果、手札消費無しで攻撃力4500の《海晶乙女マーブルド・ロック》を出せる。」の部分。「消費無し」ではなく「損失無し」とか「[[ディスアドバンテージ]]無し」の方がいいかも。アド損無しとはいえカード自体は使っているわけですし --  &new{2019-07-18 (木) 20:19:37};

#comment


*リンク2 [#y9e8f38d]
//#contents
 [[リンク]]2は、[[リンクモンスター]]のリンクの1つ。~
 [[モンスター]]2体を素材として[[リンク召喚]]される。~
 このページでは[[リンク]]2の[[リンクモンスター]]のうち、[[汎用性]]が高く幅広い[[デッキ]]で採用しうるものを紹介する。~

 [[リンク]]2は、最も多用される[[リンクモンスター]]のリンク数である。~
 [[リンク召喚]]を主力とする[[デッキ]]は、まず[[リンク]]2の[[リンクモンスター]]を出し、高[[リンク]][[モンスター]]への足がかりとする事が多い。~
 また[[リンク召喚]]以外を主力とする[[デッキ]]は、[[リンク]]2を出して[[メインモンスターゾーン]]に[[リンク先]]2ヶ所を確保してから、主力となる[[召喚]]法の[[モンスター]]を展開する事が多い。~

 本項では以下の3種類に[[リンク]]2[[モンスター]]を大別する。~

-[[リンク先]]を増やせる[[モンスター]]~
[[リンクマーカー]]の方向が右下・左下であり、[[エクストラモンスターゾーン]]に置くことで、[[自分]]の[[メインモンスターゾーン]]2箇所を[[リンク先]]にできる[[モンスター]]。~
[[新マスタールール]]では、[[メインモンスターゾーン]]に[[エクストラデッキ]]から[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する場合、[[リンクモンスター]]の[[リンク先]]になっているゾーンにしか[[特殊召喚]]できない。~
よって、[[リンク召喚]]を主力とする[[デッキ]]はもちろん、[[融合召喚]]、[[シンクロ召喚]]、[[エクシーズ召喚]]、[[ペンデュラム召喚]]を主力とする場合も、このタイプの[[リンクマーカー]]を持つ[[モンスター]]は需要が高い。~

-単体で[[効果]]の有用性が高い[[モンスター]]~
単に[[効果]]の有用性が高い[[カード]]。~
[[リンクマーカー]]の向きを考慮せず、[[効果]]を使用するためだけに採用される事が多い[[カード]]がこのグループとなる。~
[[リンク召喚]]が主体でない[[デッキ]]でも、[[効果]]のために採用されうる。~
中には[[相互リンク]]等を活用すればより強力な運用ができるものもある。~

-[[リンク召喚]]系[[デッキ]]で有用性が高い[[モンスター]]~
ある程度[[リンク召喚]]に特化し、[[相互リンク]]など[[リンクマーカー]]を活用した戦略を主体とする[[デッキ]]で役立つ[[カード]]。~

**[[リンク先]]を増やせる[[モンスター]] [#type1]

***[[モンスター]]を[[リクルート]]できる[[リンクモンスター]] [#a94680e2]
自身の隣に別の[[モンスター]]を[[リクルート]]する[[効果]]を持つ[[リンクモンスター]]。~
自身と共に[[リンク]]3の[[リンクモンスター]]を出すこともでき、また[[リクルート]]した[[モンスター]]を用いて自身の[[リンク先]]に新たな[[シンクロ>シンクロモンスター]]・[[エクシーズ>エクシーズモンスター]]・[[リンクモンスター]]等を出すこともできる。~
極めて利便性が高く、積極的に採用したい。~

-[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]:[[水属性]]/[[機械族]]/攻1500~
素材指定:[[チューナー]]1体以上を含む[[モンスター]]2体~
1体でも[[チューナー]]を含む[[モンスター]]2体という極めて緩い指定で出せる[[リンクモンスター]]。~
(1)の[[誘発効果]]で[[リンク召喚]]時に[[レベル]]3以下の[[チューナー]]を[[リクルート]]できるので、この[[カード]]を出すだけで[[リンク]]3の素材が揃う。~
また[[自己再生]]能力を持つ[[《ジェット・シンクロン》]]を出せば、[[リンク]]4分の素材となる。~
[[【シンクロ召喚】]]系列の[[サポートカード]]としても有用だが、汎用的な[[リンク召喚]][[サポートカード]]としての性能も高く、[[シンクロ召喚]]要素のない[[デッキ]]がこの[[カード]]のために[[チューナー]]を採用する事さえある。~
また、自身を[[除外]]して[[シンクロチューナー]]を[[シンクロ召喚]]扱いで[[特殊召喚]]する(2)の[[誘発即時効果]]も有する。~
即座に[[リンク素材]]となる事が多い[[カード]]だが、[[シンクロ召喚]]系[[デッキ]]ではこちらの効果も有用。~

-[[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]:[[光属性]]/[[戦士族]]/攻1600~
【[[リンクマーカー]]:左下/右下】素材指定:[[戦士族]][[モンスター]]2体~
素材に[[戦士族]]縛りがあるものの、[[戦士族]]は数が多く、何より[[効果]]が有用なので、半ば汎用[[カード]]として扱われている[[カード]]。~
[[リンク召喚]]時に[[戦士族]]1枚を[[サーチ]]する(1)の[[誘発効果]]、[[デッキ]]から[[装備魔法]]を[[墓地]]へ送り、その枚数と同じ[[レベル]]の[[戦士族]]を[[リクルート]]する(2)の[[起動効果]]を持つ。~
(1)と(2)の[[効果]]で[[戦士族]]が2体増えるため、[[リンク召喚]]を行う前より[[アドバンテージ]]が増えるという破格の性能を持つ。~
(2)の[[効果]]は任意の[[レベル]]の[[戦士族]]を[[リクルート]]できるが、[[レベル]]の高い[[戦士族]]を出すためには多くの[[装備魔法]]を[[デッキ]]に搭載する必要がある。~
特に出したい[[モンスター]]が居るなら高[[レベル]]を狙ってもよいが、[[リンク素材]]に使うならば[[装備魔法]]1枚を落とし[[レベル]]1[[モンスター]]を[[リクルート]]するのがよい。~

***素材指定が緩い[[モンスター]] [#i25d1d04]
-[[《LANフォリンクス》]]:[[光属性]]/[[サイバース族]]/攻1200~
【[[リンクマーカー]]:左下/右下】素材指定:[[モンスター]]2体~
素材指定がまったくない代わりに、[[モンスター効果]]もない[[カード]]。~
[[モンスター効果]]がなく[[攻撃力]]も貧弱なので積極的に使いたい[[カード]]ではなく、[[属性]]や[[種族]]に統一性がなく、他の選択肢がない[[デッキ]]が[[リンク先]]確保のため仕方なく使用する傾向が強い。~
[[効果モンスター以外のモンスター]]なので[[天威]]サポートを受けられるのは強み。~

-[[《魔界の警邏課デスポリス》]]:[[闇属性]]/[[悪魔族]]/攻1000~
【[[リンクマーカー]]:左下/右下】素材指定:[[モンスター]]2体~
[[《LANフォリンクス》]]と同じ素材で出せ、[[モンスター効果]]がある代わりに[[攻撃力]]が低い。~
[[効果モンスター]]なので[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]などの素材にも使えることがメリット。~
[[モンスター効果]]自体は[[闇属性]]2体を素材にしないと使えず、実用性もイマイチ。

-[[《PSYフレームロード・Λ》]]:[[光属性]]/[[サイキック族]]/攻1700~
【[[リンクマーカー]]:左下/右下】素材指定:[[トークン]]以外の[[モンスター]]2体~
[[PSYフレーム]]の[[サポートカード]]としても性能は良いが、注目すべくは素材指定のゆるさ。~
[[トークン]]を利用しない[[デッキ]]であれば[[《LANフォリンクス》]]の[[上位互換]]として扱える。~

***特定の[[デッキ]]において有効な[[モンスター]] [#c8c85bae]
-[[《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》]]:[[炎属性]]/[[サイキック族]]/攻1800~
【[[リンクマーカー]]:左下/右下】素材指定:[[ペンデュラムモンスター]]2体~
以下の3つの[[効果]]を持つ。~
・(1):[[リンク召喚に成功した]]場合に[[デッキ]]から[[ペンデュラムモンスター]]を[[エクストラデッキ]]に加える[[誘発効果]]~
・(2):[[自分]][[フィールド]]の[[表側表示]][[カード]]を[[破壊]]して[[エクストラデッキ]]から[[ペンデュラムモンスター]]を[[手札]]に[[加える]][[起動効果]]~
・(3):[[自分]]の[[ペンデュラムゾーン]]の[[カード]]が[[フィールド]]から[[離れた>離れる]]場合に[[ドロー]]する[[誘発効果]]~
(1)で落とした[[カード]]を(2)で回収し、(2)による[[破壊]]が(3)の[[ドロー]]に繋がるという、1枚で完結した[[効果]]の持ち主。~
[[サーチ]]・[[エクストラデッキ]]肥やし・[[手札]]補充・[[リンク先]]確保などを一手に引き受ける、[[【ペンデュラム召喚】]]全般において極めて有用な[[カード]]。~

-[[《彼岸の黒天使 ケルビーニ》]]:[[闇属性]]/[[天使族]]/攻500~
【[[リンクマーカー]]:左下/右下】素材指定:[[レベル]]3[[モンスター]]2体~
[[デッキ]]から[[レベル]]3[[モンスター]]1体を[[墓地]]へ送り、その攻守の数値分[[彼岸]]1体を[[ターン]]終了時まで[[強化]]する[[起動効果]]を持つ。~
扱いやすい[[墓地肥やし>墓地を肥やす]][[効果]]を持ち、[[【彼岸】]]や[[【幻影騎士団】]]など[[【ランク3】]]系の[[デッキ]]では重宝する。~
[[攻撃力]]がとても低いので[[サンドバッグ]]化に注意。~

***[[属性]][[デッキ]]において有用なモンスター [#te7d8a33]
-[[《ミセス・レディエント》]]他、[[属性]]サポート[[リンクモンスター]]シリーズ~
[[闇>闇属性]]・[[光>光属性]]・[[地>地属性]]・[[水>水属性]]・[[炎>炎属性]]・[[風>風属性]]の各[[属性]]に1体ずつ存在し、ほぼ同様の[[効果]]を持つ[[リンクモンスター]]群。~
共通能力は以下の通り。~

--攻1400/【[[リンクマーカー]]:左下/右下】素材指定:自身と同じ[[属性]]の[[モンスター]]2体~
(1):自身と同じ[[属性]]の[[モンスター]]の攻守を500アップし、別の[[属性]]の攻守を400ダウンする[[永続効果]]~
(2):[[戦闘破壊]]・[[効果破壊]]された場合、同[[属性]][[モンスター]]1体を[[サルベージ]]する[[誘発効果]]

--[[全体強化]]・[[サルベージ]]のどちらの[[効果]]も使い勝手がよく、[[属性]]統一[[デッキ]]での採用率は高い。~
以下の6体が存在する。~

---[[《見習い魔嬢》]]:[[闇属性]]・[[魔法使い族]]/[[光属性]]を[[弱体化]]
---[[《ハイパースター》]]:[[光属性]]・[[天使族]]/[[闇属性]]を[[弱体化]]
---[[《ミセス・レディエント》]]:[[地属性]]・[[獣族]]/[[風属性]]を[[弱体化]]
---[[《マスター・ボーイ》]]:[[水属性]]・[[水族]]/[[炎属性]]を[[弱体化]]
---[[《ドリトル・キメラ》]]:[[炎属性]]・[[獣族]]/[[水属性]]を[[弱体化]]
---[[《グレートフライ》]]:[[風属性]]・[[昆虫族]]/[[地属性]]を[[弱体化]]

-[[霊使い]]シリーズ:
以下の共通[[効果]]を持つ[[モンスター]]群。~
--[[魔法使い族]]/攻1850~
【[[リンクマーカー]]:左下/右下】素材指定:自身と同じ[[属性]]の[[モンスター]]を含む[[モンスター]]2体~
(1):[[相手]]の[[墓地]]から、自身と同じ[[属性]]の[[モンスター]]を[[蘇生]]する[[起動効果]]~
(2):[[リンク召喚]]した自身が[[戦闘]]または[[相手]]の[[効果]]で[[破壊]]された場合、[[守備力]]1500以下の自身と同じ[[属性]]の[[モンスター]]1体を[[サーチ]]する[[誘発効果]]~
--[[相手]]の[[墓地]]に同[[属性]]の[[モンスター]]が存在すれば、即座に[[リンク]]3を出すことができるのが特長~
現状以下の2体が存在する。~
---[[《灼熱の火霊使いヒータ》]]:[[炎属性]] 
---[[《蒼翠の風霊使いウィン》]]:[[風属性]]

***[[種族]][[デッキ]]において有用な[[モンスター]] [#d925ffc3]
 特定の[[種族]]を用いる[[デッキ]]で有用な[[カード]]。~
 数が多いため簡単に紹介する。~

-[[《天球の聖刻印》]]/素材指定:[[ドラゴン族]][[モンスター]]2体~
[[フリーチェーン]]の[[バウンス]][[効果]]と、[[ドラゴン族]]を[[リクルート]]する[[効果]]を持つ。~
-[[《ヴァンパイア・サッカー》]]/素材指定:[[アンデット族]][[モンスター]]2体~
[[相手]][[墓地]]の[[モンスター]]1体を[[自分]]の場に[[アンデット族]]扱いで[[蘇生]]する[[効果]]、[[アンデット族]]が[[蘇生]]するたびに1枚[[ドロー]]する[[効果]]を持つ。~
-[[《甲虫装機 ピコファレーナ》]]/素材指定:[[昆虫族]][[モンスター]]2体~
[[デッキ]]の[[昆虫族]]を[[装備カード]]化する[[効果]]、[[墓地]]の[[昆虫族]]3枚を[[デッキ]]に戻し1枚[[ドロー]]する[[効果]]を持つ。~
-[[《エーリアン・ソルジャー M/フレーム》]]/素材指定:[[爬虫類族]][[モンスター]]2体~
[[爬虫類族]]を大量に[[蘇生]]する[[効果]]を持つ。~
-[[《クリフォート・ゲニウス》]]/素材指定:[[機械族]][[モンスター]]2体~
[[自分]]と[[相手]]の[[表側表示]][[カード]]を1枚ずつ[[無効]]にできる。~
-[[《プラチナ・ガジェット》]]/素材指定:[[機械族]][[モンスター]]2体~
[[手札]]から[[下級>下級モンスター]][[機械族]]を[[特殊召喚]]できる。~
-[[《アロマセラフィ−ジャスミン》]]/素材指定:[[植物族]][[モンスター]]2体~
[[リンク先]]の[[モンスター]]を[[リリース]]し、[[植物族]]1体を[[リクルート]]できる。~
-[[《常夏のカミナリサマー》]]/素材指定:[[雷族]][[モンスター]]2体~
[[相手]][[ターン]]に[[雷族]]を[[蘇生]]する[[効果]]を持つ。~
-[[《水精鱗−サラキアビス》]]/素材指定:[[魚族]]・[[海竜族]]・[[水族]][[モンスター]]2体~
[[破壊]]時に[[水属性]]を[[蘇生]]できる。~
-[[《小法師ヒダルマー》]]/素材指定:[[獣族]]・[[獣戦士族]]・[[鳥獣族]][[モンスター]]2体~
[[獣族]]・[[獣戦士族]]・[[鳥獣族]]の[[全体強化]]と[[サルベージ]]、[[魔法・罠除去]][[効果]]を持つ。~

**単体で[[効果]]の有用性が高い[[モンスター]] [#g8221b53]
***[[除去]] [#ic109a50]
-[[《トロイメア・フェニックス》]]:[[炎属性]]/[[悪魔族]]/攻1900~
【[[リンクマーカー]]:上/右】素材指定:[[カード名]]が異なる[[モンスター]]2体~
[[リンク召喚に成功した]]時に[[手札コスト]]1枚を払い[[魔法・罠カード]]1枚を[[破壊]]できる[[モンスター]]。~
[[リンク]]2には[[魔法・罠除去]]を行える[[カード]]が少なく、この[[カード]]の存在は極めて貴重。~
[[エクストラデッキ]]に入れておくだけで[[デッキ]]の動きの幅が大きく広がる[[カード]]であり、[[デッキ]]タイプ問わず採用率は高い。~
自身が[[相互リンク]]状態の場合は[[魔法・罠除去]]時に1枚[[ドロー]]できるほか、[[相互リンク]]状態の自分[[モンスター]]に[[戦闘破壊]][[耐性]]を付与する[[効果]]もあり、展開力のある[[デッキ]]ならなお強力。~

-[[《トロイメア・ケルベロス》]]:[[地属性]]/[[悪魔族]]/攻1600~
【[[リンクマーカー]]:上/左】素材指定:[[カード名]]が異なる[[モンスター]]2体~
[[《トロイメア・フェニックス》]]と対をなす、[[手札コスト]]1枚で[[モンスター除去]]が可能な[[モンスター]]。~
こちらは[[相手]][[メインモンスターゾーン]]の[[特殊召喚]]された[[モンスター]]を[[破壊]]する。~
[[エクストラモンスターゾーン]]に手出しできない事を考慮しても、この素材指定の緩さでこの[[除去]]能力は破格である。~
こちらも自身が[[相互リンク]]状態の場合は[[モンスター除去]]時に1枚[[ドロー]]できるほか、[[相互リンク]]状態の[[自分]][[モンスター]]に[[効果破壊]][[耐性]]を付与する[[効果]]があり、展開力のある[[デッキ]]ならなお強力。~

-[[《落消しのパズロミノ》]]:[[光属性]]/[[魔法使い族]]/攻1300~
【[[リンクマーカー]]:右/下】素材指定:[[レベル]]が異なる[[モンスター]]2体~
自身の[[リンク先]]に[[特殊召喚]]された[[モンスター]]の[[レベル]]を1〜8のいずれかに変更する(1)の[[誘発効果]]、[[自分]]と[[相手]]の同[[レベル]][[モンスター]]1体ずつを[[破壊]]する(2)の[[起動効果]]を持つ。~
(1)の[[効果]]で[[リンク先]]の[[モンスター]]の[[レベル]]を変更し、(2)の[[効果]]でその[[モンスター]]と[[相手]][[モンスター]]を[[破壊]]できる。~
[[レベル]]を持たない[[エクシーズモンスター]]や[[リンクモンスター]]、[[レベル]]9以上の[[モンスター]]には通じないので、単体での使い勝手は[[《トロイメア・ケルベロス》]]の方が良い。~
だが、[[自分]][[モンスター]]を[[破壊]]する[[効果]]はコンボを組みやすいので、独自の強みがある。~

***[[戦闘]]補助 [#peb966ff]
-[[《アンダークロックテイカー》]]:[[闇属性]]/[[サイバース族]]/攻1000~
【[[リンクマーカー]]:左/下】素材指定:[[効果モンスター]]2体~
[[リンク先]]の[[モンスター]]の[[攻撃力]]分、[[相手]][[モンスター]]1体の[[攻撃力]]を下げる[[起動効果]]を持つ。~
この[[効果]]で[[相手]][[モンスター]]を[[弱体化]]させておき、この[[カード]]を素材に[[リンク]]3以上の[[モンスター]]を出すのが理想的。~
[[エクストラモンスターゾーン]]でも[[メインモンスターゾーン]]でも[[効果]]を使えるのも利点。~

***その他 [#l16a32ca]
-[[《ペンテスタッグ》]]:[[闇属性]]/[[サイバース族]]/攻1600~
【[[リンクマーカー]]:上/下】素材指定:[[効果モンスター]]2体~
[[リンク状態]]の[[モンスター]]に[[貫通]]能力を付与する[[永続効果]]を持つ。~
手軽に[[貫通]][[効果]]を付与でき、防戦に回った[[相手]]に強引に[[ダメージ]]を通して勝利できる。~
[[《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》]]など、対[[モンスター]][[戦闘]]に強い[[カード]]と組み合わせると、[[相手]]に不意の一撃を与えられる。~

**[[リンク召喚]]系[[デッキ]]で有用性が高い[[モンスター]] [#qa74271d]
ある程度[[リンク召喚]]に特化し、[[相互リンク]]など[[リンクマーカー]]を活用した戦略を主体とする[[デッキ]]で役立つ[[カード]]。~

***[[バウンス]] [#j0ea8289]
-[[《セキュリティ・ドラゴン》]]:[[光属性]]/[[サイバース族]]/攻1100~
【[[リンクマーカー]]:上/下】素材指定:[[モンスター]]2体~
自身が[[相互リンク]]状態の時、1度だけ[[相手]][[モンスター]]1体を[[バウンス]]できる[[モンスター]]。~
[[エクストラモンスターゾーン]]に[[《リンクリボー》]]等の下向きの[[リンク]]1[[モンスター]]を置き、その下にこの[[カード]]を配置するだけで[[相互リンク]]できるので、[[リンク召喚]]に特化した[[デッキ]]ならさほど難しい条件ではない。~
[[エクストラモンスターゾーン]]も[[除去]]できるので[[《トロイメア・ケルベロス》]]より[[除去]]範囲が広い。~
[[効果]]を使った後は速やかに[[リンク素材]]として消費するのが基本。~

-[[《アカシック・マジシャン》]]:[[闇属性]]/[[魔法使い族]]/攻1700~
【[[リンクマーカー]]:上/下】素材指定:[[トークン]]以外の同じ[[種族]]の[[モンスター]]2体~
[[リンク召喚に成功した]]時に[[リンク先]]の[[モンスター]]を[[バウンス]]できる[[誘発効果]]を持つ。~
[[エクストラモンスターゾーン]]に出し、[[《トーチ・ゴーレム》]]や[[壊獣]]を回収するのが主な仕事。~
[[《トーチ・ゴーレム》]]の使い回しセットとして上記[[《セキュリティ・ドラゴン》]]と一緒に採用される事が多い。~

***[[耐性]] [#kb9b0f0d]
-[[《プロキシー・ドラゴン》]]:[[光属性]]/[[サイバース族]]/攻1400~
【[[リンクマーカー]]:左/右】素材指定:[[モンスター]]2体~
[[自分]][[フィールド]]の[[カード]]が[[戦闘]]・[[効果]]で[[破壊]]される代わりに[[リンク先]]の[[モンスター]]を[[身代わり]]にできる[[カード]]。~
自身含めあらゆる[[カード]]を守れるが、[[リンクマーカー]]が左右なので[[メインモンスターゾーン]]に存在しなければ[[効果]]を発揮できない。~
[[効果]]を活かすには高い展開力が必要となる。~

-[[《星杯神楽イヴ》]]:[[水属性]]/[[魔法使い族]]/攻1800~
【[[リンクマーカー]]:左/右】素材指定:[[種族]]と[[属性]]が異なる[[モンスター]]2体~
[[リンク状態]]となっている場合、[[戦闘]]・[[効果]]で[[破壊]]されず[[相手]]の[[効果]][[対象]]にならないという、強固な[[耐性]]を得る。~
また[[リンク先]]の[[モンスター]]が[[効果破壊]]される場合に自身を[[身代わり]]にする[[効果]]も持つ、守備的な性能の[[カード]]である。~
[[リンク召喚]]自体は難しくないものの、[[リンクマーカー]]が横方向のみなので、この[[カード]]で守りたい[[モンスター]]の横に並べるのがやや難しいところ。~
一度[[墓地]]に落としておき[[蘇生]]すると扱いやすい。~

*リンク3 [#e6982621]
 [[リンク]]3は、[[リンクモンスター]]のリンクの1つ。~
 [[モンスター]]3体、または[[リンク]]2の[[リンクモンスター]]1体と他の[[モンスター]]1体を素材として[[リンク召喚]]される。~
 このページでは[[リンク]]3の[[リンクモンスター]]のうち、[[汎用性]]が高く幅広い[[デッキ]]で採用しうるものを紹介する。~

**アタッカー [#he8c2d77]
-[[《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》]]:[[地属性]]/[[戦士族]]/攻3000~
【[[リンクマーカー]]:左下/上/右下】素材指定:[[カード名]]が異なる[[モンスター]]3体~
[[リンク]]3では最強クラスの[[攻撃力]]3000を誇る[[モンスター]]。~
(1)の[[永続効果]]により、[[レベル]]7以上の[[モンスター]]を素材にすると[[効果破壊]]&[[対象]][[耐性]]が付与される。~
また、自身が[[戦闘破壊]]を行った時、[[攻撃力]]1500アップ、次ターンに[[2回攻撃]]、[[フィールド]]のカード1枚を[[除外]]のいずれか1つを行う(2)の[[誘発効果]]を持つ。~
[[攻撃力]]・[[効果]]の質が共に高く、[[リンク]]3の中でも図抜けた[[戦闘]]能力を持つ[[カード]]。~
[[《ダイナレスラー・パンクラトプス》]]などを搭載しておけば、手軽に[[攻撃力]]4500+[[効果破壊]]&[[対象]][[耐性]]の強力[[モンスター]]を繰り出せる。~
[[リンク先]]に関連する[[効果]]を1つも持たないため単騎で活躍させやすく、[[リンク召喚]]を重視しない[[デッキ]]でも1枚採用しておくと勝利のパターンを増やせるだろう。~

- [[《アークロード・パラディオン》]]:[[光属性]]/[[サイバース族]]/攻2000~
【[[リンクマーカー]]:上/左下/右下】素材指定:[[リンクモンスター]]を含む[[効果モンスター]]2体以上~
[[リンク先]]の[[モンスター]]の[[元々の攻撃力>元々の攻撃力(守備力)]]を自身に加算する[[永続効果]]を持つ。~
[[リンク先]]の[[モンスター]]は[[攻撃]]できない[[デメリット]][[効果]]があるので一斉[[攻撃]]の[[ダメージ]]を増やす事はできないが、対[[モンスター]]の突破力は[[リンク]]3の中でも随一である。~
[[リンクマーカー]]が1つ上に向いているので、[[壊獣]]を送りつけて大幅な[[強化]]も可能。~

-[[《デコード・トーカー》]]:[[闇属性]]/[[サイバース族]]/攻2300~
【[[リンクマーカー]]:上/左下/右下】素材指定:[[効果モンスター]]2体以上~
[[リンク先]]の[[モンスター]]数×500[[自己強化]]する(1)の[[永続効果]]と、[[リンク先]]の[[モンスター]]を[[リリース]]して[[自分]][[フィールド]]の[[カード]]を[[対象]]とする[[相手]]の[[効果]]を[[無効]]にする(2)の[[誘発即時効果]]を持つ。~
[[エクストラモンスターゾーン]]に[[リンク召喚]]し、[[自己強化]]しつつ[[耐性]]を味方に付与するのが基本。~
[[リンク]]3の最古参だが扱いやすい[[カード]]である。~

-[[《デコード・トーカー・エクステンド》]]:[[闇属性]]/[[サイバース族]]/攻2300~
【[[リンクマーカー]]:上/左下/右下】素材指定:[[効果モンスター]]2体以上~
[[パーミッション]]能力を捨てて[[攻撃]]性を増した[[《デコード・トーカー》]]。~
[[リンク先]][[モンスター]]が[[自分]][[バトルフェイズ]]中に[[墓地]]へ送られた場合、[[2回攻撃]]できる[[効果]]を得た。~
[[リクルーター]]の[[自爆特攻]]などをうまく使い、[[2回攻撃]]の権利を得たいところ。~
ただし、[[効果]]を使える状況では、同じく[[2回攻撃]]+[[自己強化]]が可能な[[《ヴァレルソード・ドラゴン》]]の[[リンク召喚]]も可能な事が多い。~

-[[《スリーバーストショット・ドラゴン》]]:[[闇属性]]/[[ドラゴン族]]/攻2400~
【[[リンクマーカー]]:上/左/下】素材指定:[[トークン]]以外の[[モンスター]]2体以上~
[[ダメージステップ]]中に[[発動]]した[[効果]]の[[発動]]を[[無効]]にする(1)の効果と、[[貫通]]の(2)の[[永続効果]]を備えた[[モンスター]]。~
(1)の[[効果]]は[[【竜星】]]など、(2)の[[効果]]は[[羊トークン]]などに刺さる。~
有効な[[相手]]には強いが、それ以外の[[相手]]には[[バニラ]]というタイプの[[カード]]なので、[[エクストラデッキ]]から必要な時だけ呼び出せる[[リンクモンスター]]の性質と合っている。~
ただ、それ以上に「素材の[[縛り]]がゆるい[[リンク]]3[[ドラゴン族]]」という点を買われて[[守護竜]]とセットで採用される事が多い。~

//-[[《パワーコード・トーカー》]]:[[炎属性]]/[[サイバース族]]/攻2300~
//【[[リンクマーカー]]:左/右/左下】素材指定:[[モンスター]]3体~
//(1):[[1ターンに1度]]、[[フィールド]]の[[表側表示]][[モンスター]]1体を[[対象]]として[[発動]]できる。
// その[[モンスター]]の[[効果]]を[[ターン]]終了時まで[[無効]]にする。
// (2):[[1ターンに1度]]、この[[カード]]が[[相手]][[モンスター]]と[[戦闘]]を行う[[ダメージ計算時]]に、
// この[[カード]]の[[リンク先]]の[[自分]]の[[モンスター]]1体を[[リリース]]して[[発動]]できる。
// この[[カード]]の[[攻撃力]]はその[[ダメージ計算時]]のみ、[[元々の攻撃力>元々の攻撃力(守備力)]]の倍になる。
//[[リンク先]]の[[モンスター]]を[[リリース]]することで[[攻撃力]]を4600にする[[効果]]を持ち、突破力に秀でる。~
//ただし、[[自己強化]][[効果]]が使える状況なら[[リンク]]4[[モンスター]]も狙える事は考慮したい。~

**[[除去]] [#rcbac6aa]
-[[《トロイメア・ユニコーン》]]:[[闇属性]]/[[悪魔族]]/攻2200~
【[[リンクマーカー]]:左/右/下】素材指定:[[カード名]]が異なる[[モンスター]]2体以上~
[[リンク召喚に成功した]]時に[[手札]]1枚を[[捨てる]]ことで、[[カード]]1枚を[[デッキ]][[バウンス]]できる[[誘発効果]]を持つ。~
[[リンク]]3の中では扱いやすい[[除去]][[効果]]を備えており、手軽に[[デッキ]][[バウンス]]できるため採用率は高い。~
[[リンク]]2の[[《トロイメア・ケルベロス》]]と異なり[[エクストラモンスターゾーン]]に干渉できるのがポイント。~
[[相互リンク]]状態の場合は[[除去]]に加えて1枚[[ドロー]]できるので、狙ってみるのも良い。~

-[[《トポロジック・トゥリスバエナ》]]:[[闇属性]]/[[サイバース族]]/攻2500~
【[[リンクマーカー]]:上/左下/右下】素材指定:[[効果モンスター]]2体以上~
[[リンク先]]に[[モンスター]]が[[特殊召喚]]された場合に、[[場]]の[[魔法・罠カード]]を全て[[除外]]し、[[除外]]した[[相手]]の[[カード]]の数×500の[[バーン]]を行う[[効果]]を持つ。~
[[除去]]力が高い上に[[相手]][[ターン]]に[[エンドサイク]]的に使うことも可能なので、立てておくだけで[[相手]]の[[魔法・罠カード]]の[[セット]]や、[[フィールド魔法]]等の[[発動]]を強く牽制できる。~
ただし[[自分]][[フィールド]]にも効力が及ぶ上に[[リンクマーカー]]が1つ上に向いているので、[[自分]]も[[魔法・罠カード]]使用が難しくなる。~
[[除去]]能力は高いが[[デッキ]]を選ぶ[[カード]]。~

-[[《星杯戦士ニンギルス》]]:[[地属性]]/[[戦士族]]/攻2500~
【[[リンクマーカー]]:上/左/右】素材指定:[[リンクモンスター]]2体以上~
3つの[[効果]]を持つが、(2)の[[お互い]]の[[場]]の[[カード]]を1枚ずつ[[墓地へ送る]][[起動効果]]のみ[[デッキ]]を選ばず使用できる。~
[[対象をとらない効果]]かつ[[墓地へ送る]]扱いなので、大半の[[耐性]]を突破して[[除去]]が可能。~
素材指定は[[リンクモンスター]]2体と重めに感じられるが、例えば[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]で[[レベル]]1[[チューナー]]を出し、その[[チューナー]]を[[《リンクリボー》]]にすれば素材指定を満たせるので、さほど難しいものではない。~
 
**[[墓地肥やし>墓地を肥やす]] [#z7d622e6]
-[[《ライトロード・ドミニオン キュリオス》]]:[[光属性]]/[[戦士族]]/攻2400~
【[[リンクマーカー]]:上/左下/右下】素材指定:同じ[[属性]]で[[種族]]が異なる[[モンスター]]3体~
以下の3つの[[効果]]を持つ。~
・(1):[[リンク召喚に成功した]]場合に任意の[[カード]]を[[墓地へ送る]][[誘発効果]]~
・(2):[[デッキ]]から[[カード]]が[[墓地へ送られた]]場合に[[デッキトップ]]から[[カード]]を[[墓地へ送る]][[誘発効果]]~
・(3):[[相手]]の[[効果]]によって[[除去]]された、または[[戦闘破壊]]された場合に任意の[[カード]]の[[サルベージ]]を行う[[誘発効果]]~
(1)の[[効果]]で任意の[[カード]]を1枚[[墓地]]へ落とし、更に(2)の[[効果]]で3枚の[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]、加えて(3)の[[効果]]で[[相手]]によって[[破壊]]されれば好きな[[カード]]の[[サルベージ]]が行える[[モンスター]]。~
どんな[[カード]]でも[[墓地]]に落とせる[[カード]]であり、[[効果]]の利便性は非常に高い。~
同[[属性]]別[[種族]]の[[モンスター]]3体を要求するため、[[召喚条件]]がやや厳しいのがネック。~

**[[制圧]] [#z4392e79]
-[[《トライゲート・ウィザード》]]:[[地属性]]/[[サイバース族]]/攻2200~
【[[リンクマーカー]]:上/左/右】素材指定:[[トークン]]以外の[[モンスター]]2体以上~
[[相互リンク]]している[[モンスター]]の数だけ[[効果]]を追加する[[モンスター]]。~
1枚で[[相互リンク]]している[[モンスター]]の[[戦闘ダメージ]]を倍にする[[永続効果]]、2枚で[[フィールドのカード]]1枚を[[除外]]する[[起動効果]]、3枚で[[カードの効果]]の[[発動]]を[[無効]]にして[[除外]]する[[誘発即時効果]]を得る。~
相当に展開力のある[[デッキ]]でなければすべての[[効果]]を発揮できないが、3つの[[効果]]全てを得られれば抜群の[[制圧]]力を発揮する。~
展開力のある[[ソリティア]][[デッキ]]で使用したい。~

-[[《星神器デミウルギア》]]:[[闇属性]]/[[サイバース族]]/攻3500~
【[[リンクマーカー]]:左/右/下】素材指定:[[レベル]]5以上の[[モンスター]]3体~
[[リンク召喚]]した場合、他の[[モンスター効果]]を受けない[[永続効果]]を持つ[[モンスター]]。~
素材は[[上級モンスター]]3体と重いが、出しにくさに見合った性能を持つ。~
更に[[種族]]・[[属性]]が異なる[[モンスター]]3体を素材に使った場合は[[全体除去]]を行う[[起動効果]]を得るものの、ここまで狙うのは容易ではないので無理はしなくてもよい。~
性能は高いのだが、[[レベル]]7以上の[[モンスター]]を使うなら[[《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》]]という選択肢もある。~

**その他 [#ecb915b4]
-[[《電影の騎士ガイアセイバー》]]:[[地属性]]/[[機械族]]/攻2600~
【[[リンクマーカー]]:左/右/下】素材指定:[[モンスター]]2体以上~
[[効果を持たない>効果モンスター以外のモンスター]][[リンク]]3[[モンスター]]。~
[[召喚条件]]が緩く、[[相互リンク]]を作りやすい[[リンクマーカー]]の向きをしている。~

-[[《トラフィックゴースト》]]:[[闇属性]]/[[サイバース族]]/攻1800~
【[[リンクマーカー]]:左下/下/右下】素材指定:[[モンスター]]3体~
[[効果がない>効果モンスター以外のモンスター]]上に[[攻撃力]]も低いが、[[リンクマーカー]]が3つとも下方向に向いているため[[エクストラデッキ]]からの大量展開に適する。~

*リンク4 [#m6f36f7c]
 [[リンク]]4は、[[リンクモンスター]]のリンクの1つ。~
 このページでは[[リンク]]4の[[リンクモンスター]]のうち、[[汎用性]]が高く幅広い[[デッキ]]で採用しうるものを紹介する。~

 [[リンク]]4は[[リンクモンスター]]の中でも最重量級であり、出しにくい分強力な[[効果]]を持つものが多い。~
 
**アタッカー [#j81e4f36]
-[[《ヴァレルソード・ドラゴン》]]:[[闇属性]]/[[ドラゴン族]]/攻3000~
【[[リンクマーカー]]:上/左/左下/下】素材指定:[[効果モンスター]]3体以上~
以下の3つの効果を持つ。~
・(1):[[戦闘破壊]]されない[[永続効果]]~
・(2):[[モンスター]]1体を[[守備表示]]にして自身を[[2回攻撃]]可能にする[[誘発即時効果]]~
・(3):[[1ターンに1度]]、[[攻撃宣言]]時に[[攻撃対象]]の[[攻撃力]]の半分[[自己強化]]し、[[攻撃対象]]の[[攻撃力]]を半分にする[[誘発効果]]~
[[2回攻撃]]能力+[[自己強化]]&[[弱体化]][[効果]]を持つ、超[[攻撃]]的なアタッカー。~
[[直接攻撃]]時はもちろん、[[攻撃表示]][[モンスター]]越しであっても3000+@の[[ダメージ]]を与える能力を持ち、[[フィニッシャー]]性能が極めて高い。~
[[リンク]]4の中でも随一の採用率を誇る[[カード]]。~

-[[《双穹の騎士アストラム》]]:[[光属性]]/[[サイバース族]]/攻3000~
【[[リンクマーカー]]:左/右/左下/右下】素材指定:[[エクストラデッキ]]から[[特殊召喚]]された[[モンスター]]2体以上~
以下の3つの[[効果]]を持つ。~
・(1):[[リンク召喚]]された場合、自身に[[対象をとる効果]]への[[耐性]]を付与し、他の[[モンスター]]を[[攻撃対象]]から外す[[永続効果]]~
・(2):[[特殊召喚]]された[[モンスター]]との[[戦闘]]時に、[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]分[[自己強化]]できる[[誘発即時効果]]~
・(3):[[相手]]によって[[墓地へ送られた]]場合に[[フィールドのカード]]1枚を[[デッキ]][[バウンス]]できる[[誘発効果]]~
(1)の[[対象]][[耐性]]により[[効果]]に強く、(2)の[[自己強化]]で[[戦闘]]にも強く、他の[[モンスター]]を[[攻撃]]から守り、もし撃破されても[[デッキ]][[バウンス]]を残していく。~
いずれの[[効果]]も扱いやすく高性能な[[カード]]。~
[[リンク]]2[[モンスター]]×2で出せるので、[[デッキ]]構築次第では[[ヴァレル]][[モンスター]]より出しやすいのも魅力。~

**[[制圧]] [#n8424c5f]
-[[《召命の神弓−アポロウーサ》]]:[[風属性]]/[[天使族]]/攻?~
【[[リンクマーカー]]:上/左下/下/右下】素材指定:[[トークン]]以外の[[カード名]]が異なる[[モンスター]]2体以上~
[[リンク素材]]数×800の[[攻撃力]]を得る[[永続効果]]と、[[攻撃力]]を800下げて[[モンスター効果]]の[[発動]]を[[無効]]にする[[パーミッション]]能力を持つ[[カード]]。~
発動するたびに[[攻撃力]]が下がるものの、[[パーミッション]][[効果]]に[[1ターンに1度]]の制限がなく、[[制圧]]力が高い。~
[[手札誘発]][[モンスター]]もまとめて[[無効]]にできる。~

-[[《トロイメア・グリフォン》]]:[[光属性]]/[[悪魔族]]/攻2500~
【[[リンクマーカー]]:上/左/右/下】素材指定:[[カード名]]が異なる[[モンスター]]2体以上~
以下の2つの[[効果]]を持つ。~
・(1):[[リンク召喚に成功した]]場合に[[墓地]]の[[魔法・罠カード]]1枚を[[自分]][[フィールド]]に[[セット]]し、[[相互リンク]]状態であれば[[ドロー]]できる[[誘発効果]]~
・(2):[[リンク状態]]でない[[特殊召喚]]された[[モンスター]]の[[効果の発動]]を封じる[[永続効果]]~
(2)の[[効果]]による強力な[[制圧]]力が魅力の[[モンスター]]。~
できれば[[メインモンスターゾーン]]に出し、この[[カード]]の[[リンクマーカー]]を[[相手]]に利用させないようにしたい。~
ちなみに自身も(2)の[[効果]]の影響を受けるので、[[リンク召喚に成功した]]時に[[リンク状態]]になっていないと(1)の[[効果]]が使用できない。~

**[[除去]] [#j5783d2f]
-[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]:[[闇属性]]/[[ドラゴン族]]/攻3000~
【[[リンクマーカー]]:左/右/左下/右下】素材指定:[[効果モンスター]]3体以上~
以下の3つの[[効果]]を持つ。~
・(1):[[モンスター]]の[[効果の対象]]にならない[[永続効果]]~
・(2):[[モンスター]]を攻守500ポイント[[単体弱体化]]する[[誘発即時効果]]~
・(3):[[攻撃]]する[[相手]][[モンスター]]を[[ダメージステップ開始時]]に[[リンク先]]に[[コントロール奪取]]し次の[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]に[[墓地へ送る]][[誘発効果]]~
3000打点と[[対象]][[耐性]]、500ポイントの[[戦闘]]補助、[[コントロール奪取]][[効果]]を持つ、堅実な[[効果]]の[[モンスター]]。~
[[《ヴァレルソード・ドラゴン》]]に比べ派手さはないが、居座りながら[[相手]][[モンスター]]の数を削っていくのに向いている。~

-[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]:[[闇属性]]/[[サイバース族]]/攻3000~
【[[リンクマーカー]]:上/左下/下/右下】素材指定:[[効果モンスター]]2体以上~
[[リンク先]]に[[モンスター]]が[[特殊召喚]]された場合に[[メインモンスターゾーン]]を一掃する[[全体除去]][[効果]]の持ち主。~
[[《リンクリボー》]]の[[自己再生]]など、[[フリーチェーン]]で[[特殊召喚]]できる[[モンスター]]を利用すれば、[[相手]]が素材を並べた所で一掃する[[制圧]][[効果]]としても機能する。~
また[[相手]][[リンクモンスター]]の[[リンク先]]に[[相手]]が[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する事でも[[全体除去]]が[[発動]]するので、[[相手]]の[[リンクモンスター]]を用いた展開をほぼ完封できる。~
[[攻撃]]後に[[相手]][[モンスター]]の[[元々の攻撃力]]の[[ダメージ]]を[[相手]]に与える(2)の[[効果]]の火力も高い。~

-[[《トポロジック・ゼロヴォロス》]]:[[闇属性]]/[[サイバース族]]/攻3000~
【[[リンクマーカー]]:左上/右上/左下/右下】素材指定:[[効果モンスター]]2体以上~
[[リンク先]]に[[モンスター]]が[[特殊召喚]]された場合に[[フィールド]]の[[カード]]すべてを[[除外]]する[[誘発効果]]と、この[[効果]]で[[除外]]された次の[[スタンバイフェイズ]]に[[自己再生]]する[[誘発効果]]を持つ。~
[[《トポロジック・ボマー・ドラゴン》]]と同じ[[発動条件]]で、[[除去]]能力は[[除外]]に強化されている。~
こちらは[[エクストラモンスターゾーン]]にも干渉できる代わりに、自身も一時的に[[除外]]されてしまう。~

//-[[《ラスタライガー》]]:[[光属性]]/[[サイバース族]]/攻2000~
//【[[リンクマーカー]]:上/左/右/下】素材指定:[[トークン]]以外の[[モンスター]]2体以上~
//この[[カード名]]の(1)(2)の[[効果]]はそれぞれ[[1ターンに1度]]しか使用できない。
// (1):[[自分]]または[[相手]]の[[墓地]]の[[リンクモンスター]]1体を[[対象]]として[[発動]]できる。
// この[[カード]]の[[攻撃力]]は[[ターン]]終了時まで、その[[モンスター]]の[[攻撃力]]分アップする。
// (2):この[[カード]]の[[リンク先]]の[[自分]][[モンスター]]を任意の数だけ[[リリース]]して[[発動]]できる。
// [[リリース]]した[[モンスター]]の数だけ、[[フィールド]]の[[カード]]を選んで[[破壊]]する。
//[[自己強化]]と[[対象をとらない>対象をとらない効果]][[除去]]ができる[[モンスター]]。~
//[[アドバンテージ]]的には[[1:1交換]]だが、十字方向の[[リンクマーカー]]を持つ[[リンク]]4の中では[[効果]]にクセがなく扱いやすい。~

**[[ドロー]] [#o4543b93]
-[[《鎖龍蛇−スカルデット》]]:[[地属性]]/[[ドラゴン族]]/攻2800~
【[[リンクマーカー]]:上/左下/下/右下】素材指定:[[カード名]]が異なる[[モンスター]]2体以上~
[[リンク素材]]の数によって以下の[[効果]]が追加される[[モンスター]]。~
●2体以上:[[リンク先]]に[[召喚]]・[[特殊召喚]]された[[モンスター]]の攻守を300[[強化]]する[[誘発効果]]~
●3体以上:[[手札]]から[[モンスター]]1体を[[特殊召喚]]する[[起動効果]]~
●4体:[[リンク召喚に成功した]]時に4枚[[ドロー]]して3枚を[[デッキボトム]]に戻す[[誘発効果]]~
特に3体以上の「[[レベル]]等の制限が一切なしの[[手札]]からの[[特殊召喚]]」と、4体の「4枚の[[手札]]入れ替え」の魅力が大きい。~
また、[[リンクマーカー]]が3つも下方向に向いているため、[[リンク先]]確保用の[[モンスター]]としても優秀。~
全体的に[[フィニッシャー]]が多い[[リンク]]4の中では珍しい「次の一手を打つ」ための[[カード]]であり、利便性・採用率共に高い。~

**[[ハンデス]] [#eca5b970]
-[[《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》]]:[[闇属性]]/[[サイバース族]]/攻3000~
【[[リンクマーカー]]:上/左/右/下】素材指定:[[効果モンスター]]2体以上~
[[リンク先]]に[[モンスター]]が[[特殊召喚]]された時、[[お互い]]に2枚までの[[手札]]を[[捨てる]][[誘発効果]]を持つ。~
極めて珍しい[[ハンデス]][[効果]]を持つ[[リンクモンスター]]。~
有利な状況でダメ押し的に出すのが基本運用である。~
[[自分]][[ターン]]に2枚[[ハンデス]]した後、[[相手]][[ターン]]にも[[モンスター]]を[[特殊召喚]]して更に2枚[[ハンデス]]できれば勝利は決定的と言える。~

**展開・[[蘇生]] [#nd0558be]
-[[《闇鋼龍 ダークネスメタル》]]:[[闇属性]]/[[ドラゴン族]]/攻2800~
【[[リンクマーカー]]:上/左下/下/右下】素材指定:同じ[[種族]]・[[属性]]の[[効果モンスター]]2体以上~
[[種族]]・[[属性]]等を一切問わず、[[モンスター]]1体を[[蘇生]]または[[帰還]]させる[[起動効果]]を持つ[[モンスター]]。~
[[守備表示]]限定で[[効果]][[無効]]での[[蘇生]]・[[帰還]]となる上、この[[効果]]使用後は[[リンク召喚]]ができなくなるので、[[蘇生]]した[[モンスター]]は[[シンクロ>シンクロ素材]]・[[エクシーズ素材]]として扱うのがよい。~
[[リンク]]2の[[同名モンスター>同名カード]]×2を素材にすることで簡単に出せる。~

-[[《ヴァレルガード・ドラゴン》]]:[[闇属性]]/[[ドラゴン族]]/攻3000~
【[[リンクマーカー]]:上/右/下/右下】素材指定:[[効果モンスター]]3体以上~
[[効果]]で[[破壊されない]](1)の[[永続効果]]、[[魔法&罠ゾーン]]の[[カード]]を[[コスト]]にこの[[ターン]]に[[破壊]]された[[モンスター]]を[[蘇生]]する(2)の[[起動効果]]、[[フィールド]]の[[モンスター]]を[[表側守備表示]]にする(3)の[[誘発即時効果]]を持つ。~
[[リンク]]4「[[ヴァレル]]」の中でも特に守備的な性能の[[カード]]。~
(1)の[[効果破壊]][[耐性]]と(3)の[[モンスター]]を[[守備表示]]にする[[効果]]により、[[効果]]と[[攻撃]]の両面に強い。~
また(2)の[[破壊]]された[[モンスター]]を[[蘇生]]する[[効果]]により、[[相手]][[モンスター]]を[[《ゴヨウ・ガーディアン》]]のように奪ったり、自らの[[モンスター]]を[[破壊]]する[[カード]]と[[コンボ]]したりできる。~
[[リバースモンスター]]のサポートや[[墓地]]へ送りたい[[魔法・罠カード]]の処分などできる事が多く、他の[[ヴァレル]]より優先度は低いものの独特の性能を持つ[[カード]]。~

-[[《揚陸群艦アンブロエール》]]:[[炎属性]]/[[機械族]]/攻2600~
【[[リンクマーカー]]:左/右/下/右下】素材指定:[[効果モンスター]]2体以上~
以下の3つの[[効果]]を持つ。~
・(1):[[お互い]]の[[墓地]]の[[リンクモンスター]]の数×200[[自己強化]]する[[永続効果]]~
・(2):自身が[[破壊された]]場合に[[リンク]]3以下の[[リンクモンスター]]を[[蘇生]]する[[誘発効果]]~
・(3):[[リンク]]3以下の[[リンクモンスター]]が[[破壊された]]場合に[[墓地]]の自身を[[コスト]]に[[フィールドのカード]]を[[破壊]]する[[誘発効果]]~
他の[[リンク]]4に比べ[[効果]]に派手さはないが継戦能力に優れている。~

**リンク4を効率的に出せる方法 [#ua559581]
 [[リンク]]4[[モンスター]]の[[リンク召喚]]には基本的に4体の[[モンスター]]が必要であり、かなり[[重い]][[モンスター]]である。~
 [[リンク]]4分の[[リンク素材]]を並べる事は[[【コード・トーカー】]]などの[[リンク召喚]]特化[[デッキ]]では難しくないが、それ以外の[[デッキ]]で狙うのは容易ではない。~
 以下のような[[モンスター]]を並べる方法を[[出張]]させれば、展開力が劣る[[デッキ]]でも[[リンク]]4[[モンスター]]を出すルートを確保できる。~

***[[《水晶機巧−ハリファイバー》]] [#z9ef5e93]
 「[[チューナー]]を含む[[モンスター]]2体」という緩い素材指定の[[リンクモンスター]][[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を使うルート。~
 以下の2つの選択肢がある。~

-パターン1
+[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を[[リンク召喚]]し、[[《幻獣機オライオン》]]を[[リクルート]]。~
+[[《幻獣機オライオン》]]と[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]で[[リンク]]3[[モンスター]]を[[リンク召喚]]する。~
+[[《幻獣機オライオン》]]の[[効果]]で[[幻獣機トークン]]を生成する。~

-パターン2
+[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を[[リンク召喚]]し、[[《ジェット・シンクロン》]]を[[リクルート]]。~
+[[《ジェット・シンクロン》]]を[[《リンクリボー》]]の[[リンク素材]]にする
+[[手札]]を1枚[[捨て>捨てる]]、[[《ジェット・シンクロン》]]の[[自己再生]][[効果]]を使う

 パターン1は[[モンスター]]2体を並べるだけで起動でき、[[カード]]・[[アドバンテージ]]に優れる。~
 その反面、最後に[[トークン]]が残るため、[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]などの[[リンク素材]]に[[効果モンスター]]を指定する[[カード]]を出すには、[[幻獣機トークン]]を[[《リンク・スパイダー》]]にする必要があり、[[エクストラデッキ]]を食う。~
 パターン2は[[手札]]コストが必要なので[[カード]]・[[アドバンテージ]]で劣る。~
 反面[[《ヴァレルロード・ドラゴン》]]などを出す際の[[エクストラデッキ]]消費が少なく、[[自己再生]]能力を持つ[[《リンクリボー》]]を[[墓地]]に置いておけるためその後の展開パターンが増える。~

-以下の流れで[[召喚権]]を残しながら1枚で[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を出せる。~
+[[《ジェムナイト・フュージョン》]]で[[《ジェムナイト・ラズリー》]]と[[《ギャラクシーサーペント》]]を素材に[[《ジェムナイト・セラフィ》]]を[[融合召喚]]
+[[《ジェムナイト・ラズリー》]]で[[《ギャラクシーサーペント》]]を回収
+[[《ジェムナイト・セラフィ》]]の[[効果]]で[[《ギャラクシーサーペント》]]を[[召喚]]
+[[《ジェムナイト・セラフィ》]]+[[《ギャラクシーサーペント》]]で[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を[[リンク召喚]]

***[[《スケープ・ゴート》]] [#y7af941d]
 [[羊トークン]]4体を生成できる[[速攻魔法]]。~
 手軽さと[[デッキ]]スペースを取らない点では随一の性能を持つ。~
 一方で[[発動]][[ターン]]は他の[[特殊召喚]]が封じられるため、[[相手]]の[[エンドフェイズ]]に[[発動]]するのが基本運用となり、即効性がない。~

***[[《創造の代行者 ヴィーナス》]] [#r53f7145]
 [[《創造の代行者 ヴィーナス》]]の[[効果]]を3回使用し、[[《神聖なる球体》]]3体を[[手札]]・[[デッキ]]から[[特殊召喚]]する。~
 [[《創造の代行者 ヴィーナス》]]は[[《神秘の代行者 アース》]]で[[サーチ]]できる。~
 [[デッキ]]スペースを取る点と、[[《神聖なる球体》]]が[[通常モンスター]]なのが欠点。~
 また2枚目以降の[[《創造の代行者 ヴィーナス》]]は[[効果]]が使えず腐りがちなので、[[《貪欲な壺》]]と併用できればなおよい。~

***[[《終末の騎士》]]+[[《D−HERO ディアボリックガイ》]] [#k01c9636]
 [[《終末の騎士》]]1枚から起動できるセット。~

+[[《終末の騎士》]]を[[召喚]]し[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]Aを[[墓地]]に送る
+[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]Aの[[効果]]で[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]Bを[[特殊召喚]]、[[《終末の騎士》]]と共に[[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]を[[リンク召喚]]
+[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]Bの[[効果]]で[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]Cを[[リクルート]]、[[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]の[[効果]]で[[戦士族]]Aを[[リクルート]]

 以上で[[リンク]]4分の素材が揃う。~
 [[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]の(1)の[[効果]]で[[戦士族]]1体を[[サーチ]]できるので、[[リンク]]4[[モンスター]]を出したにもかかわらず[[アドバンテージ]]は1枚のプラスである。~
 [[《D−HERO ディアボリックガイ》]]が[[手札]]に来ると腐るのが欠点。~

***[[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]+[[《ヒーロー・キッズ》]] [#af9fd133]
 [[特殊召喚]]されると同種[[モンスター]]を任意の数[[リクルート]]できる[[《ヒーロー・キッズ》]]を、[[リンク]]2の[[《聖騎士の追想 イゾルデ》]]で[[リクルート]]する組み合わせ。~
 [[《ヒーロー・キッズ》]]3体を展開すれば[[リンク]]5分の素材を供給できる。~
 [[手札]]に来ると使い途が乏しいのが欠点。~
 上記の[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]ルートに組み込めば、実に[[リンク]]6分の素材を[[《終末の騎士》]]1枚から稼げる。~
 
***[[《タツノオトシオヤ》]] [#jc0bab54]
 自身の[[レベル]]を下げることで[[トークン]]を最大3体生成できる[[最上級モンスター]]。~
 ただし[[幻竜族]][[モンスター]]の[[効果]]以外の方法で[[特殊召喚]]できない[[デメリット]]がある。~
 [[レベル]]7[[シンクロモンスター]][[《邪竜星−ガイザー》]]の[[効果]]で自身を[[破壊]]し、[[破壊]]された時に[[発動]]する[[リクルート]][[効果]]で[[《タツノオトシオヤ》]]を出すのが基本。~
 [[《破面竜》]]ならば[[自爆特攻]]により[[《タツノオトシオヤ》]]を[[リクルート]]できる。~

***[[《トーチ・ゴーレム》]] [#g361c918]
 [[自分]][[フィールド]]に[[トークン]]2体を生成し、[[相手]][[フィールド]]に[[特殊召喚]]できる[[モンスター]]。~
 [[リンク召喚]]登場初期に流行した[[カード]]。~
 [[制限カード]]化により使用しづらくなっていたが、[[《ダーク・オカルティズム》]]が登場した事で[[サーチ]]性が向上し実用度を回復した。~
 詳細は[[《トーチ・ゴーレム》]]のページを参照。~
 [[メインデッキ]]は[[《トーチ・ゴーレム》]]1枚から起動できるものの、[[エクストラデッキ]]を4枚ほど使うのが欠点。~

//
----
- これはデッキページにする予定?それとも用語集?作るなら2〜4をまとめて【リンク召喚】にした方が良い気がする。 --  &new{2019-06-26 (水) 23:03:04};
- 下記のリンク3・リンク4も含めての意見ですが、これはどういうページでしょうか? --  &new{2019-06-26 (水) 23:04:54};
- デッキページにするのならば反対ですね。なぜならリンクモンスターは低リンクから高リンクに繋げるのが基本なので同リンクに集中したデッキというのが基本的に存在しないからです --  &new{2019-06-26 (水) 23:06:07};
- あと、いずれにせよテキストの全文は必要ないかと。すぐ下に解説入るんだし、ページが冗長になる --  &new{2019-06-26 (水) 23:06:54};
- 単にリンクモンスターを紹介するというページならば一応理解はできます(需要があるのか否かは疑問ですが) --  &new{2019-06-26 (水) 23:07:49};
- リンク2にあったコメントが消されてしまってたのでここに復帰しました --  &new{2019-07-07 (日) 14:25:59};

#comment